2015年03月18日

【予告編】アダム・サンドラー “Pixels”

pixels.jpg

1982年。出会うかもしれない地球外知的生命体に向け人類の歴史や文化、ゲームなんかの当時の娯楽などの情報満載に打ち上げられた無人惑星探査機。それを見た宇宙人がパックマンやドンキーコングのドットキャラを用いて侵略してくるっていう、「楽しいよ!」ってのだけは伝わってくるアクションコメディ。

80年代のゲームチャンピオンっていう主人公に『ウソツキは結婚のはじまり』のアダム・サンドラー、その主人公の幼馴染である大統領役に『闘魂先生 Mr.ネバーギブアップ』のケヴィン・ジェームズ、なんかの役回りで『ミッション:8ミニッツ』のミシェル・モナハンらが共演。
つまらなくはないが、心の底から「面白い!」と唸れる作品には出会えたことがない、『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』のクリス・コロンバスが監督ってのが気になるところですけど、imbdで調べてみるとキャストの中にショーン・ビーンの名前が!
ただまぁ、ビリング上は結構高い位置にいるくせに予告編には姿が見当たらず、役名すら載ってないんですよねぇ。
あれですか?サプライズキャラとかですか?それとも宇宙人側ですか?
まぁ、今年の7月公開っていう先の話だから詳細が出てないだけなんでしょうけど。

【Pixels Official Trailer】


なんか見覚えあるなぁと思ったら、フランスの映像作家パトリック・ジャンの短編がベースなんですねぇ。

【Pixels by Patrick Jean】


↓↓お帰りの際にでもピコピコと↓↓
blogramで人気ブログを分析   

        



posted by たお at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

Mr.ホームズ 予告編 (Mr. Holmes Teaser Trailer)

ミッチ・カリンの原作“シャーロック・ホームズ 最後の冒険”を『愛についてのキンゼイ・レポート』のビル・コンドンが映像化した、93歳の老シャーロックを描いたサスペンスドラマ『Mr. Holmes』の予告編をペタリと。

どんな役柄であろうが観客を納得させる説得力を持つ『ホビット 思いがけない冒険』のイアン・マッケランが老シャーロックに扮し、共演にビル・コンドンのお抱え女優なのかその逆なのか、一緒の仕事が多い『エミリー・ローズ』のローラ・リニー、ハリウッドで“怪しいアジア人”って立ち位置を確立した『サンシャイン2057』の真田広之らが。

正直なところこの予告編だけではピンと来ませんし、大まかなプロットにも食指を動かすものがないんですけど、劇中劇でシャーロックに扮してるのが『ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎』のニコラス・ロウってのには嬉しい驚きが。まぁ、同じシャーロックでも一番待ち遠しいのは今年末に予定されている“SHERLOCK(シャーロック)4”の方なんですけど

【Mr. Holmes Official Teaser Trailer】


↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogramで人気ブログを分析   

        

タグ:予告編
posted by たお at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

キングスマン:ザ・シークレット・サービス 予告編 (Kingsman: The Secret Service Trailer)

X-MEN:ファースト・ジェネレーション』を観た時に、監督のマシュー・ヴォーンが007やハリー・パーマーなんかが活躍するスパイ映画を撮ったらすっごく面白くなりそうだなぁなんて思ったんですけど、いやぁまさか本当に作ってくれるとは!マーク・ミラー、デイヴ・ギボンズらと共著した自身のグラフィックノベルを映像化する『キック・アス』方式のようで。
ジェームズ・ボンドの候補にも挙がっていたコリン・ファースを筆頭に、『アベンジャーズ』のサミュエル・L・ジャクソンと『ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲』のマーク・ハミルという“新旧ジェダイの騎士”コンビ、ハリー・パーマーその人である『ダークナイト ライジング』のマイケル・ケイン、ボンド映画だったら悪の首領の右腕役なんかが似合いそうな『シャーロック・ホームズ』のマーク・ストロングなど、非常に“わかってる”キャスティングも私の“観たいスイッチ”を押してくれるんですが、予告編でちらちら映る義足の美人暗殺者がそのボタンを更に連打
予告編のみの使用かもしれませんが、ドアーズの“ファイヴ・トゥ・ワン”、ザ・ナックの“マイ・シャローナ”、そして私の“観たいスイッチ”を高橋名人並みに連射してくるデヴィッド・ボウイの“サフラゲット・シティ”といった選曲も堪らない。

【Kingsman: The Secret Service Official Trailer】


【Kingsman: The Secret Service Official Trailer #2】


【Kingsman: The Secret Service Official Trailer #3】


↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
ブログランキングならblogram   

        

        

タグ:予告編
posted by たお at 09:35 | Comment(4) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

パシフィック・リム 予告編 (Pacific Rim Official Trailer)

昆虫にモンスターに亡霊に魔界と、好きな物しか撮らない男ギレルモ・デル・トロ。『パンズ・ラビリンス』でアカデミーを獲ろうが、その姿勢に一片の変わりもない筋金入りのブレない男ギレルモ待望の新作がコレ。

“怪獣vs巨大ロボ”

さすが!
『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』でも怪獣愛が溢れ出てたんですが、今回はそれを真正面から。もう期待で胸が張り裂けそうなほどパンパンでございます。怪獣やメカのデザインに関してはまぁ色々と意見もあると思いますが、ギレルモのことですからきっと『クローバーフィールド/HAKAISHA』よりも怪獣が怪獣してて、『トランスフォーマー』よりも見せるべきものをじーっくりと見せる作品に仕上がっているのではと。予告編では一瞬しか確認できなかったんですけど、菊地凛子(その幼少期を演じるのが芦田愛菜だとか)の使い方なんかも「正しい!」と唸らされましたし。あとは来年の夏までは地球が滅びない事を祈るばかりで。

【Pacific Rim Official Trailer】


↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
ブログランキングならblogram   

        

        

        
タグ:予告編
posted by たお at 10:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

ちょいと気になる予告編

【ダイ・ハード5/A Good Day to Die Hard】


前作『ダイ・ハード4.0』から6年振りとなるシリーズ第5弾。正直この特報だけでは面白いかどうか判断付きませんし、監督が『エネミー・ライン』のジョン・ムーアってのも不安材料なんですが、パトリック・“ジャン=リュック”・スチュワートが出演している可能性が高いんで、そこに関しては期待大。


ヒア・カムズ・ザ・ブーム/Here Comes the Boom


予算の大幅カットにより課外活動が出来なくなってしまった高校を救う為、ダメ教師のスコットが「負けても大金が貰えんだべ?」と総合格闘技の試合に挑むっていう、『Mr.ズーキーパーの婚活動物園』のケヴィン・ジェームズ製作/脚本/主演による、ハッピー・マディソン製コメディ。アダム・サンドラーは今回噛んでないっぽいんですけど、監督がフランク・コラチなんで蓋を開ける前から概ね安心。『Mr.ズーキーパーの婚活動物園』では声のみでの出演だったバス・ルッテンが、今回は彼ならではの役柄で登場しているようで。


七人の狂人/Seven Psychopaths


ちょいといかれた小悪党がとんでもない事態に巻き込まれるって感じの物語のようなんですが、その内容よりも、サム・ロックウェル&クリストファー・ウォーケン&コリン・ファレル&ウディ・ハレルソンって顔ぶれに思いっきり食指を動かされる一本。しまいにはトム・ウェイツにオルガ・キュリレンコにハリー・ディーン・スタントンまで出てますし。監督/脚本が『ヒットマンズ・レクイエム』のマーティン・マクドナーってのも期待値高し。


↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気ブログをblogramで分析   

        

タグ:予告編
posted by たお at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

007 スカイフォール 予告編 (SKYFALL - Official Teaser Trailer)

製作会社の倒産で一時はどうなるかと心配された007の新作ですが、今年の12月公開を目標に無事撮影が終了したようで一安心。ホント、一安心。で、その予告編が公開されてたんで、ここでもペタリとしとこうかと。

三度目のジェームズ・ボンド役となる『ドラゴン・タトゥーの女』のダニエル・クレイグと、その人を見る目の無さから事態を悪化させてばかりいる“M”役のジュディ・デンチのレギュラー陣を中心に、『ノーカントリー』のハビエル・バルデム、『タイタンの戦い』のレイフ・ファインズ、『フェイク シティ ある男のルール』のナオミ・ハリス、『ボーン・アルティメイタム』のアルバート・フィニーと、遂に登場する“Q”役に『パフューム ある人殺しの物語』のベン・ウィショーといった顔ぶれがキャスティング。メガホンを握るのは、前作『007/慰めの報酬』のマーク・フォースター同様、どっちかと言えば非アクション系である『ジャーヘッド』のサム・メンデス。なにやら、アカデミー受賞監督がボンド映画を撮るのは初だとか。

まぁ、正直なところ予告編を見る限りはちょっとピンと来ない感じですし、またまた辛気臭い雰囲気に「そろそろジェイソン・ボーンシリーズの影響を受けてない、かつてのボンド映画を観たいよなぁ…」って思ったりもしちゃいましたが、そんなことは杞憂に過ぎないってことを期待しながら12月を待つとしましょうかねぇ。誰が主題歌を歌うのかも気になりますし。

【SKYFALL - Official Teaser Trailer】


↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogramによるブログ分析   

        

        

タグ:予告編
posted by たお at 01:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

2012年度版トータル・リコール 予告編 (Total Recall 2012 Trailer)

本国では今年の8月に公開が予定されている、『マイノリティ・リポート』のコリン・ファレル主演による“Total Recall”の予告編をぺたりと。
このタイトルを聞くと否応がなしにシュワの『トータル・リコール』を思い出しちゃいますが、たぶんコリン・ファレルの鼻からデッカイ発信機が出てきたり、デッカイおばさんの中からコリン・ファレルが出てきたり、コリン・ファレルの目玉が飛び出たりはしないと思うので、リメイクってよりは再映画化って感じなんでしょうねぇ。ってことは、おっぱい3つの人も出てこないんでしょうか?それは寂しいなぁ。まぁ、前回は筋肉が火星で革命を起こす筋肉SFと化してただけに、その活劇の部分も全部植え付けられた記憶であることを匂わすディックらしさが出てればいいなぁとも。敢えてベッタベタのヒーローアクション風にしたりして。シュワルツェネッガーという何が起きてもおかしくない特異なキャラが居ないだけに、そっちの方向性が期待できますねぇ。
因みに共演は、『ホワイトアウト』のケイト・ベッキンセイルに、『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』のジェシカ・ビール、『ワルキューレ』のビル・ナイ、『クロッシング』のイーサン・ホーク、『デビル』のボキーム・ウッドバイン、『スター・トレック』のジョン・チョーって顔ぶれ。メガホンを握るのは『ダイ・ハード4.0』のレン・ワイズマンなんで、派手なアクションだけは期待できますねぇ。あと、ケイト・ベッキンセイルだけはやたらと美人に撮られてたりとか。まぁ、いつもの嫁自慢。

【Total Recall 2012 Official Trailer [HD]】


↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogram投票ボタン   

        

タグ:予告編
posted by たお at 09:08 | Comment(4) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

ボーン・レガシー 予告編 (The Bourne Legacy Trailer)

圧巻の完成度を誇った『ボーン・アルティメイタム』をもってシリーズの幕を下ろした、“ジェイソン・ボーン”シリーズ。まぁ、こんな虎の子をスタジオが易々と手放すわけもなく、早々と第4弾の製作を決定。ただ、マット・デイモンとポール・グリーングラスが「もう、ボーンはいいよぅ」と降りちゃったんで頓挫したかと思いきや、今年の8月公開を目指して撮影中だとか。
後日談や前日譚ではなく、同一世界を舞台にし別キャラクターが活躍するスピンオフの色合いが濃い様で、ジョーン・アレンやスコット・グレン、デヴィッド・ストラザーンにアルバート・フィニーら、お馴染のキャストも出演。メインのキャストには『ナイロビの蜂』のレイチェル・ワイズに、『インクレディブル・ハルク』のエドワード・ノートンの名も。否応が成しに期待が高まるんですが、シリーズの脚本を手掛けたトニー・ギルロイがメガホンを握り、エキスパート役専門俳優のようにもなってきた『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』のジェレミー・レナーが主演を張るという、なんというか「無難な組合せだなぁ」って感じもするので、過度の期待はせずホドホド楽しみにして待とうかと。
ところで、シリーズの原作者であったロバート・ラドラムと親交のあったエリック・ヴァン・ラストベーダーが引き継ぐ形で手掛けた同名小説の映画化かと思いきや、ざっと調べた限りではクレジットに名前は載ってないようですねぇ。まぁ、小説の方の評判は散々のようですが。

【THE BOURNE LEGACY Trailer】


↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogram投票ボタン   

        

    

タグ:予告編
posted by たお at 09:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

エクスペンダブルズ2 予告編 (The Expendables 2 Trailer)

焼肉屋で席に着くや否や、「とりあえずカルビ10皿!」と頼むかのような夢の高カロリー映画だった『エクスペンダブルズ』。その第2弾『The Expendables 2(原題)』の予告編が公開されたので、ここでもアップしておこうかと。
シルヴェスター・スタローンを筆頭に、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレンら、前作から引き続き使い捨て軍団が集結するほか、ブルース・ウィリスとアーノルド・シュワルツェネッガーももちろん登場。ミッキー・ロークと案の定ウェズリー・スナイプスの名前が見当たらないのは気になる所だが、その代わりにジャン=クロード・ヴァン・ダムとチャック・ノリスがいよいよ登場。夢の筋肉一座勢揃い
現在撮影中なので詳細は不明なんですが、一説ではシュワルツェネッガーを救い出したスタローンがブルース・ウィリスに仕事を依頼され、ヴァン・ダムと戦う途中でチャック・ノリスとすれ違うという、書いてるだけで目頭が熱くなる展開をするようで。
何はともあれ、公開予定の2012年夏までに筋肉映画を観まくって予習に励んでおこうかと。若い世代の皆さんにとってはチャック・ノリスが若干縁遠い存在かもしれませんので、今の内にチャック・ノリス作品を観ておくように。とりあえずは『野獣捜査線』と『地獄のヒーロー』と『ドラゴンへの道』だ!『トップ・ドッグ』からでも、まぁ止めはしない!

【The Expendables 2 - Official Trailer】


↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogram投票ボタン   人気ブログランキングへ

        

        

posted by たお at 07:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月14日

アベンジャーズ 予告編 (Marvel's The Avengers Trailer)

『アイアンマン』から始まった“マーベルキャンペーンも、現在公開中の『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』で一段落し、あとはメインディッシュである『アベンジャーズ』を待つばかりとなりましたねぇ。メインディッシュらしい豪勢な作品になるのか、はたまた前菜の詰め合わせになってしまうのかは皆目見当付きませんが、メガホンを握ってるのが生粋のオタク系監督であるジョス・ウェドンなので期待できるのかもと。彼の事だから、ヒーローそっちのけでブラック・ウィドーをネットリと撮ってしまう可能性もありますが、それはそれで嬉しいので問題なし。
で、その『アベンジャーズ』の予告編が公開されてたので、こちらでもペタリと。本編で使われるかどうか分かりませんが、ナイン・インチ・ネイルズの“ウィ・アー・イン・ディス・トゥゲザー”が流れてるのは、ちょいと嬉しい。

【Marvel's The Avengers- Trailer】



↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogram投票ボタン   

        

        

タグ:予告編
posted by たお at 12:18 | Comment(0) | TrackBack(1) | 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。