2007年07月08日

リンプ・ビズキット/ローリン(エア・レイド・ヴィイクル) (Limp Bizkit/Rollin'(Air Raid Vehicle))

呪い村 436』でひたすらイイ奴を演じていたフレッド・ダースト。『ズーランダー』ではセレブの一人としてチョロリと出ていたが、その繋がりなのか、このPVにはベン・スティラーとスティーヴン・ドーフがチョロリと出演。ホント、チョロリとですが。アメプロファンには、アンダーテイカーの入場曲としての方が馴染み深いのかも。



↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気blogランキングへ

        

        
タグ:音楽
posted by たお at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

ナイン・インチ・ネイルズ/ジャスト・ライク・ユー・イマジンド (Nine Inch Nails/Just Like You Imagined)

追撃者』のタイラー・ベイツによるスコアも素晴らしかった『300 <スリーハンドレッド>』。しかしながら、予告編で使われていたナイン・インチ・ネイルズの“ジャスト・ライク・ユー・イマジンド”が、まるでこの映画のためだけに書かれた曲かのように見事にハマっていたので、オリジナルのスコアそっちのけで鑑賞中に脳内でひっきりなしに流れることに。力強さと切なさとカッコ良さが一体となったこの曲、ほんとピッタリだったんですもの。既製の曲を使うのはそぐわないのは分かるのだが、この曲が流れてこないのが唯一の不満であった『300 <スリーハンドレッド>』。そう思っちゃった人も少なくなかったのか、こんなのを作っちゃった人がいるようで。これはまさに、私の頭の中の『300 <スリーハンドレッド>』ですねぇ。ただし、映画のラストまで流れちゃうダイジェスト版になっちゃってるので、映画を観ていない方には強くオススメしませんが。



↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気blogランキングへ

        

        
タグ:音楽
posted by たお at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

PoP!/ポップ・ゴーズ・マイ・ハート (PoP!/Pop! Goes My Heart)

連日聴き続けているうちに、本当にそんなバンドが昔あったような気がしてきたラブソングができるまで』の劇中バンド“PoP”。いや、多分ホントにいたんですよ、あれは。きっと、ヒュー・グラントなんかじゃなく、デヴィッド・シルヴィアンかジョン・テイラーですもの、PVに出てるの。戯言はさておき、ここんとこの検索ワードで非常に多いのが“ポップ・ゴーズ・マイ・ハート 歌詞”というもの。それでわざわざサブタレに来て、手に入るのが私の戯言のみってのも大変失礼な話なので、PVと一緒に歌詞ものっけちゃおうと。まぁ大いに間違ってるかもしれませんが、これであなたもPoPだね、とこっ恥ずかしい締めで。


Pop! Goes My Heart

I Never Thought I Could Be So Satisfied
Everytime That I Look In Your Angel Eyes
A Shock Inside Me That Words Just Can't Describe
And There's No Explaining

Something In The Way You Move I Can't Deny
Every Word From Your Lips Is A Lullaby
A Twist Of Fate Makes Life Worthwhile
Your Gold And Silver

I Said I Wasn't Gonna Loose My Head
But Then Pop! Goes My Heart
I Wasn't Gonna Fall In Love Again
But Then Pop! Goes My Heart
And I Just Can't Let You Go
I Can't Loose This Feeling

These Precious Moments,We Have So Few
Let's Go Far Away Where There's Nothing To Do But Play
You've Shown To Me That My Destiny's With You
And There's No Explaining

I Said I Wasn't Gonna Loose My Head
But Then Pop! Goes My Heart
I Wasn't Gonna Fall In Love Again
But Then Pop! Goes My Heart
And I Just Can't Let You Go
I Can't Loose This Feeling

A Twist Of Fate Makes Life Worthwhile
Your Gold And Silver

I Said I Wasn't Gonna Loose My Head
But Then Pop! Goes My Heart
I Wasn't Gonna Fall In Love Again
But Then Pop! Goes My Heart
And I Just Can't Let You Go...



↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気blogランキングへ

        
タグ:音楽
posted by たお at 01:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

シンプル・マインズ/アップ・オン・ザ・キャットウォーク (Simple Minds/Up On The Catwalk)

デヴィッド・ボウイの名曲“ジーン・ジニー”の一節からバンド名が取られたって時点で、ボウイアドバンテージ採用となったお気に入りのバンドの一つがシンプル・マインズ。キレの良いビートをバックに、隙さえあれば歌詞をとことん詰め込むジム・カーの何ともキレの悪いメロディラインが魅力の彼らが、『ブレックファスト・クラブ』の挿入歌“ドント・ユー?”で大ブレークする直前である1984年にリリースした“スパークル・イン・ザ・レイン”からの一曲。プロデューサーのスティーヴ・リリーホワイトらしい乾いたドラムサウンドが印象的。まぁ、ジム・カーの鼻の穴がこちらを向いてる非常に人の良さそうな風貌も印象的ですが。こう見えてもジム・カー、女性に対してはかなりのワンパクらしく、この年にプリテンダーズのクリッシー・ハインド姐御と結婚もしてましたねぇ。



↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気blogランキングへ

        
タグ:音楽
posted by たお at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

キング/ラブ&プライド (King/Love & Pride)

いつかやろう、いつかやろうと言いつつ、ずーっと放ったらかしにしていた音楽関連の記事。まぁ、You TubeからPVとかを引っ張ってくるだけのお手軽なものにするつもりだったとはいえ、カタログ化するには結構早くリンクが切れてしまう場合も多いし、何よりも音楽にそこまで造詣が深くないのでまともな記事が書ける自信がなく躊躇をしてたんですが、考えてみりゃいつもの記事もまともじゃないんで「まぁ、いいか」と。で、新カテゴリーの初記事が「なんで、キングだ?」との疑問もありますが、浮かんじゃったんだから仕方がない。

カルチャークラブの前座として注目され、85年だったか86年だったかまぁその辺にこの曲でブレイク。この曲以外は全く知らないキングだが、靴下だったかブーツだったかを1000足持ってると自慢してた記憶が。あら、全部アヤフヤですねぇ



↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気blogランキングへ

  
タグ:音楽
posted by たお at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。