2015年12月19日

2年連続で

人生の中で音楽がある程度の割合を占めてくれればいいなぁって願いから、名前に無理やり“音”の字をねじ込んだウチの長男も今年で小学6年生。これといって楽器を指導したわけでも音楽論を教えたわけでもなく、私の好きな曲を「コレ、カッコいいだろ?」「うん!カッコいいね!」、「このソロ、すげぇだろ?」「うん!すげぇね!」と聴かせてただけだったんですけど、アホなりの素直さ故か3年生の時に加入した学校のブラスバンドの中でみるみるスネアドラムが上達し、今では小学生としてはちょっと注目されるだけの腕前に。

DSCF7106.JPG

で、今日。去年に引き続き2年連続でマーチングの全国大会に出場した息子。そんでもって、2年連続でえっちらほっちら大宮に出向いた我が一家。学校としても初の連続出場だし、去年ちょっとスネアが注目されたせいかパーカッションをドドーンと前に出した曲編成で、6年生なので息子にとって最後の大会になるってのもあって緊張しながら観てたんですけど、やりやがりましたよ息子は。アホならではの緊張感のなさで、去年の銀賞を超える金賞を獲得しやがりましたよ。ちょっと調べたら、息子の学校史上でも初のようですよ。
大宮から戻って来てネットの中継で表彰式の様子を観てたんですけど、さぞかし息子も喜んでいるんだろうと思いきや、賞状を貰う部長の後を何故かついて行って係員に止められてみたり、渡されたトロフィーをまるでその辺で拾った木の枝のように持ってたりと、いつも通り何も考えてないアホっぷり全開である意味安心。

DSCF7109.JPG

それにしても、毎朝「おかーさーん、何着たらいーのー?」と自分で服を選べなかったり、やることを伝えるも20字を超えると途端に脳が溶け始めたり、スター・ウォーズを観ながら「オレ、小さい時オビ・ワンになりたかったんだよねぇ」と言ってたのに「オビ・ワンって緑のだっけ?」と、今目の前のユアンを観てオビ・ワンを思い出したはずなのにその記憶がすかさずヨーダにすり替わる、そんなアホな子なのに、お父さんの昔からの夢だったドーム公演ってのをあっさりアリーナ2年連続出場で超え、しかも現在モテ期に突入中。いつかは息子にありとあらゆる面で抜かれると思ってたんですけど、こんなにも早く抜かれてしまうとは。いやぁ、嬉しいもんですねぇ。
なんとも親バカ全開の記事ではありますけど、めでたい日だったのでご容赦を。アホ息子め!

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
ブログランキングならblogram   



タグ:雑記
posted by たお at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

息子、デートに行く

ブラスバンドでのスネアドラム姿がたまたまカッコいいのか、両親の個性的な顔のパーツを奇跡的に回避したポワンとした顔立ちがたまたま可愛く見えるのかは分かりませんけど、なんか息子最近モテモテ。女子の間で話題の的。お父さん、悔しいぞ

それはさて置き、本日息子がデートに出かけやがった。ブラスバンド内でも可愛いと噂の女子二人と、息子を連れだす口実に使われた不憫な男子一人の計四人で。実質三人の微妙なトライアングル。
それを聞いた私と女房は前の晩から大はしゃぎだったんですけど、当の本人は「カラオケ行っても歌うのないしぃ…DS持ってってダメかなぁ?」と、“女子とお出かけ”の意味を全く理解してないアホっぷり。「小遣い残ってるの?」の問いにも「400円くらいあるから余裕!」の珍回答。お父さん、黙って千円渡したよ。

で、本番の今日。微妙な寝ぐせのまま待ち合わせ場所に母親に送ってもらうってのはどうかと思いましたが、無事合流しカラオケへ。
夕方に帰って来た息子に、「ん?ん?で、どうだった?ん?ん?」と聞いてみるも、「ナンコツの唐揚げとポテト美味かったよ!」と、また珍回答。ゴメンな、女子。見た目に中身が伴うまであと数年は掛かりそうだから、それまで待っててもらえないかい?

なにはともあれ、今日が息子の初デート記念日だってのを記憶と記録に残し、ついでに記事にしちゃおうと。後ろで息子が「えー、書かないでよぅ。デートじゃないし」と抗議してるのを無視しつつ。では!

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogramによるブログ分析   

        

タグ:雑記
posted by たお at 20:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

ちょっとばかしお休みを

携帯からの投稿なので手短ですけど、愛用のPC(通称ピヨ美ちゃん)がまたまた壊れて入院しちゃいましたので、修理完了までちょいとお休みします。安物買いの銭失いってぇのは、まさにこのことだなぁと。
では、また近いうちにでも!
posted by たお at 01:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

レビュー、さっぱり書き終わらず

ヤバイ!
すげぇ面白い!!

ちょっとバカみたいな書き出しでアレなんですけど、先日『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観に行きまして、その日以来興奮状態が続いているんでこうなっちゃってます。
で、観た直後からレビューに取り掛かってるんですが、これがさっぱり終わらない。もう3日目。
常にそうなんですけど、面白過ぎる作品に出会うと「ヤバイ!すげぇ面白い!!」しか浮かばなくなるか、あれもこれも書きたくなって終わらなくなるかのどっちか。今回は後者の方で、書いても書いても終わらず、気がついたら普段のレビューの3倍以上の長さになってるのに、未だ着地点が見つけられないという状態に。あんまり長すぎるのもアレですし、そもそも書いてることも支離滅裂なので書き終わってから削る方向で添削するつもりなんですけど、そうなると尚更いつ終わるのか分からず。このままアベンジャーズやらトムちんのハンサムスパイに突入しちゃうのもなんなので、頑張って今月中に終わらせようかと。
まぁ、ただただ長いだけで、言ってる事は「ヤバイ!すげぇ面白い!!」だけなんですけどね。

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
ブログランキングならblogram   

タグ:雑記
posted by たお at 11:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

ビデオ屋跡地巡り 仙台市編

ビデオ屋がほとんどツタヤとゲオに二分され、かつての「ビデオ屋に行こう!」が「ツタヤ/ゲオに行こう!」になって“ビデオ屋”って言葉自体が消滅しつつある今日この頃。そもそもビデオなんて置いてないですし
まぁ、そんな大型店ばかりになったおかげで観たい作品は概ね観れるようにはなりましたが、その反面、チェーン店の弊害でもありますがどこもかしこも変わり映えのない、なんとも巡り甲斐のないお店ばかりになっちゃった印象も。ハシゴする理由も借りたいものがレンタル中だったからとか値段とか、お店そのものに由来する理由じゃない場合が多いですし。

“じゃぁビデオ屋巡りはいつ頃楽しかったんだい?”となると、個人的にはやっぱり商品の種類が爆発的に増えると同時に店舗も多様化/大型化し始めた90年代だったかなぁと。地理的な利便性だけではなく、特定のジャンルに特化したお店があったりもしたので目的別に使い分けたり、漠然と「何か観たい」ってだけでそれぞれを巡ってる内に莫大な量のビデオを借りちゃってたりと、お店そのものの魅力ってのが強かった時代でしたしねぇ。

今回はそんな楽しさを与えてくれたお店が、今どうなってるのかを巡ってみるだけの記事。20年以上も前の、それもある一定の地域で活動していた人以外には全く関係のない記事でアレなんですけど、少なくても私には興味があったんですよってのと、もともとサブタレが万人向けだったことは一度もないので、まっいっかと。
因みに、如何せんおぼろげな記憶を基に書いているんで、店名が正式にはカタカナなのか英語なのか定かじゃなく全部カタカナに統一しちゃってるのと、書いてる諸々の思い出話の頭には“たぶん”と、語尾には“だった気が”ってのがもれなく付くんですけど面倒なんで省略してるんで、なんかもうあしからず
あ、一応現在の写真も貼ってますけど、跡形もなくなってる様に「そうだよねぇ…」くらいの感想しかないんで、現状については特に触れず。

【トーワ】

towa01.JPG

仙台駅東口すぐの場所に、マンションのワンフロアを使う形であったお店。“東宝東和”の“東和”と関係あるのかどうかは不明。というか、何もかにもが不明
駅近くっていう利便性もあって、生まれて初めてビデオ屋のカードを作ったのがここ。100〜150坪位のそこそこ大きなお店で、ジャンルのバランスも話題作の入荷数も良かったのでしばらくの間はローテーションのトップを守ってたお店でも。確か最初に借りたビデオは、イーストウッドの『ペイルライダー』だったんじゃなかったっけかなぁ。話題作を中心に借りつつも、『フューチャー・キル』のジャケに大いに騙されてみたり、何故かそこでは一般作扱いで高校生だった私でも借りれた『ディープ・スロート II』なんかを観ちゃったのも思い出で。

【スペース】

space01.jpg

愛宕上杉通、当時で言うFM仙台の真向かいにあったお店。1階と地下1階の二層式で、それぞれ合わせれば150坪位はあったのでは。トーワと同様ジャンルバランスの取れたお店でしたけど、何気に音楽系に強く、デヴィッド・シルヴィアンやピーター・マーフィのクリップ集なんかを何度となく借りたもので。また、店長さんに「○○ないの?」と聞くと即座に取り寄せてくれる気の良いお店で、『ネットワーク』や『ブルベイカー』なんかを取り寄せてもらいましたねぇ。私以外にそのビデオを借りてる人がいた気配がなかったのは、なんとも申し訳なかったですけど。ごめんね、店長
あと、当時大学の同級生がバイトをしてたんで何かと優遇してもらったのは良いんですけど、アダルトが借り辛いってデメリットもあったもので。

【ワープ】

warp01.JPG

一番丁のモール街から五ッ橋通へと向かう道中にあったお店。2階建てではありましたが2階部分がロフトみたいな感じで、見た目よりは思いのほか狭かったお店。街の中心部から程近く、大学なんかも近かったせいかアート系などとんがったジャンルに特化していた印象。『スティング/ブリムストン&トリークル』や『ウィッカーマン』など、尖がった気分の時には非常に重宝したお店。当時はまだコンビニのバイトの延長みたいな感じでビデオ屋でバイトする人間が多かった中、店員が揃いも揃ってジャジー&アート系で、下手なことを聞いたら恥かきそうなハードルの高さも魅力。アダルトがあった記憶もなし。特に繁盛していた記憶もない、今だったらすぐにでもツブれそうなこういうニッチなお店が結構な期間商売をしていたってのも時代なんでしょうかねぇ。
そういえば、久しぶりにこの場所に行ったら“スタジオワープ”とやらの大阪に本社を構える、ある意味ニッチなアーティスト関連商品を扱ってる会社の施設があったんですけど、なんか関係あるんですかねぇ。てことは、ワープって全国展開してたんでしょうか?ホントもう、なーんにも知らないまま過ごす20年余りで。

まぁ、こんな感じ。自分が懐かしむだけの記事なので、特に締めくくりも用意してないですし。この調子で今まで利用したことのあるビデオ屋ってのを巡っても良いかなぁと思ったりもしましたが、県を随分とまたいでたりもするんで、年に一回やれたらやる、もしくはストリートビューで行った気になるで済まそうかとも。
ではでは!

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogramによるブログ分析   


タグ:雑記
posted by たお at 02:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月27日

とりあえず優しい子には育ってるのか

先日女房が誕生日を迎えた朝、頭の中の7割がまだ夢の中の状態で起きてきた小5の長男に「今日はお母さんの誕生日だから、“大好き、お母さん!”ってハグしてあげな」と言ってた。
もういい加減大きいし流石に「エエェ!?」とか嫌がるかと思いきや、何の疑問も感じず台所にいた女房に抱きつき「ダ・イ・ス・キ・オ・カー・サ・ン」とロボ状態で。
まぁ、寝起きに「ちゃんとトイレ行って歯も磨きなよ!」と言えばトイレで歯磨きするほどのアホちゃんなので、言われたことをそのまんまやっただけなんでしょうけど、女房感激。

で、昨日。早くも春休みを持て余してそうだったんで、家にあった『サンシャイン2057』を長男と一緒に鑑賞。
時々展開に迷子になる長男に説明しながら観てたんですが、終盤、メンバーの一人を殺さないと人類救済の作戦が失敗する状況になり葛藤するシーンで長男にふと聞いてみた。
「もしお前がこの状況で、相手がお母さんだったらどうする?」と。
息子「ムリムリムリムリムリー!!!!」と即答。
まぁ、子供としては当たり前の反応なんですけど、その考えることもなく即答する様が可愛かったので仕事から帰ってきた女房にそのことを伝えると、感激して号泣。「アホなのに、なんて優しい子なの!」と。
感激してる旨を伝えるキーワードに“アホ”が入るのはどうかと思いましたが、実際アホだから仕方がないのかなと。
とりあえず、優しい子には育っているようなのでお父さんちょっと安心って話でした。

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogramで人気ブログを分析   

     

タグ:雑記
posted by たお at 13:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

新年のご挨拶

2015.jpg

正月気分を強制終了させなきゃなんない頃ではございますが、あけましておめでとうございます。昨年度はこんな気まぐれの塊みたいなサブタレのお相手をしていただき、誠にありがとうございました。本年度も是非その方向で。

で、ここんとこのアレコレ。
とは言っても、先月中頃にパソコンが壊れたのを良いことにサブタレをサボりまくりゲームばっかしてたので特にネタもなし。三が日も餅食って寝て、餅食って寝て、餅食って餅食って寝て寝ての繰り返しだったので「ちょっと太りましたよ♪」って位のご報告のみ。
まぁ、ぼちぼち更新はしていきますので、気長にお付き合いいただけたらと。
あ、今年の抱負を忘れてた。えーっと、とりあえず“よく寝てよく遊ぶ”でいいや。
では!

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
ブログランキングならblogram   

タグ:雑記
posted by たお at 07:52 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月14日

アリーナデビュー

DSCF4756.JPG

ウチの小5になる長男は、ザックリと言えばアホちゃん
4階建て以上の建物が建ち並んでいれば何処であろうと「ここ仙台?」だし、スカイツリーと東京タワーの区別はつくようになったようですが、東京タワーと他の鉄塔の区別はイマイチつかず。ご飯を食べてる最中に「この薬はお風呂から出たら塗るんだよ」と言えば、その“お風呂”って単語のみに反応して茶碗を持ったままお風呂に行こうとする始末。ザックリと言えば、やっぱりアホちゃん。

DSCF4757.JPG

そんなアホちゃんは小学校でマーチングバンドに所属していてスネアドラムをやってるんですけど、あれよあれよと大会を勝ち進み全国大会出場が決定。アホちゃんのくせに東京ドーム2デイズを昔から夢見ていたお父さんを差し置いて、さいたまスーパーアリーナのステージに立つことに。お父さん、アホちゃんに先越されたよ。トホホ!

DSCF4764.JPG

で、「そりゃあ一大事だ!」ってんで一家総出で片道400キロを車で飛ばし大宮へ。
「衣装の前と後ろを間違わないで着れるのか?」「他の学校のに混ざって出ちゃわないかい?」などなど心配しながら見ていたんですけど、思いのほかちゃんと演奏した上に入賞まで果たしちゃったアホちゃんにお父さんちょっと感激。アホでも立派に育つんだなぁと。
まぁ、帰ってきた息子に「どうだった?」と尋ねたら、「うん!大きかった!」としか返ってきませんでしたけど。

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogramのブログランキング   

タグ:雑記
posted by たお at 15:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

なんか変だ…

子供らと一緒に戦国武将が大暴れするゲームばっかやってる上に、数年に一度は訪れる“映画からちょっと興味が遠ざかる時期”ってのが重なって、ちょいとサブタレをサボりがちな今日この頃。まぁ、余暇を全て“楽しい”で埋め尽くそうとする姿勢には変わりないんですけど。
でも、それら以上にサボってしまってる原因となってるのがパソコンの絶不調っぷり。勝手に再起動しまくり。書いてたレビューが飛んじゃうこと幾度で、「もういい!書かん!」となったレビューも数多く。自分のパソコンが調子悪いんで娘のパソコンを使おうと思ったら、今度は娘のパソコンも「ブツリ…」と電源が切れたっきり立ち直らず。

考えてみればどうもここ数日間、ウチの様子がちょっとおかしい。
先週、4年生になるうちの長男が「昨日の夜、初めて金縛りになったー!スゲー!」とアホみたいにはしゃいでいたかと思えば、その2日後の夜には部屋で一人で踊ってた(何でかは不明)中1の娘が突然真顔で居間に戻って来てので理由を聞くと、「なんか目が合った…」と口をつぐむ。
詳しく話を聞くと視線を感じたから窓の方を向いたら目と目が合ったって言うんですけど、顔等の印象は無いそうで。その目があったって高さは地面から優に2メートルはあるし、そもそも窓の外は結構鬱蒼とした雑木林なんでそうそう人も入り込まず。本当に人が居たらそれはそれで怖いですけど、「まぁ気のせいでしょう。お年頃ですし」ってことで気にはしてなかったんですが、先日の夜、滅多な事では私の職場に電話をして来ない女房から3歳の末っ子の様子がおかしいと動転した感じで電話が。
聞いてみれば、ちょっと興奮気味で全然寝付こうとしない息子とベッドにいると、何もない方向を凝視しながら女房に「ママー!あれなにー?あの白いのなにー?かわいーねー!」と夢中になって喋ってるとか。で、今度は箪笥の上を見つめ「お兄ちゃん危ないよ!落っこちるよ!」と。また、ろれつの回らない様子でなにかと会話をしているように見えたかと思えば、突然「あっ!叩いた!」となにかに叩かれたご様子。
発熱もあると言うし、小さい子が熱にうなされそういう状況に陥ったり、何にもない所を凝視することはよくあることなので、とりあえず夜間当番医へ電話するように女房に伝え電話を切ったんですが、その後病院に電話している最中に末っ子が押し入れに向かって「お兄ちゃん行かないでー!」と号泣した後落ち着いたとか。

それ以降は特に変わったことは無いんですけど、一応部屋の片隅には盛り塩がされている我が家。その手の事は“信じたい”方ではあるものの熱心に信じる方ではないので「気のせいと偶然が重なったんだろうなぁ」とは思ってるんですけど、さすがにちょいと気味の悪い数日間でしたねぇ。

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気ブログをblogramで分析   

タグ:雑記
posted by たお at 10:40 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

値段が価値の全てではありませんけど…

私の住んでいる町は東京ドームの一塁側スタンドも埋まらぬ程度の人口しかいない田舎町なもんで、ビデオ屋なんぞありゃしないんですが、10キロ圏内には辛うじて大手のツタヤとゲオが一軒ずつ。

で、先日ゲオの方へ「どれどれ、なにか新作でも借りましょうかねぇ」と立ち寄ると、駐車場に入れぬほどの大混雑。「あらあら、こんな田舎でも映画を観る習慣が根付いたんですかねぇ」と思いつつ中に入ると、なにやら様子がおかしい。その作品がなにかしらの続編だったり前日譚だったりするのも関係なく、「いっぱいあるってことは人気あるってことだから、とりあえず借りていこ!」的に片っ端にDVDをカゴに入れる方々でごった煮。どのお客さんもカゴいっぱいのDVD。よくよく店内を見てみると、全品10円セールの真っ最中だったようで。「おぉ!じゃぁ、あれもこれも借りてみよ!」と喜ぶんだったら可愛げもあるんでしょうが、如何せん私はへそ曲がり。「何かが違う…」とモヤモヤした不満がふつふつと。

そもそも映画館にしろDVDにしろ、作品を一本しっかりと観るってのはそれなりの労力を要するもんですよねぇ。2時間程度のそれ以外は何もしないって時間を作り、途中中座を極力しないように準備するものは事前に揃え、リラックスしつつもそれなりに集中して観る。気分が重くなる作品だろうが軽くなる作品だろうが、基本的には同じ姿勢。そしてその時間で大きな喜びを得れるか失望を味わうのか分からない作品に対し、それなりの金額を払う。

ちょいと伝わり辛いかも知れないんですけど、400円を支払って借りたDVDと10円のDVDでは、例え同じ作品であってもそれに向き合う基本姿勢が大きく異なっちゃうんじゃないのかなぁと。そしてそこから得れる喜びや満足感も。400円なら返却期限までなんとか時間を作って観る(及び観れる時間がある時に限り借りる)んですけど、10円なら「まぁ、最悪観れなくてもいいか」って感じに。なんかそれって、作品の価値そのものまで貶めてる感じがするんですよねぇ。非常に厳しい状況の中、様々な努力をして売上を取る姿勢自体は否定するつもりは無いんですけど、自分たちが取り扱う商品の価値をそこまで落とすやり方ってのは個人的に好きじゃないなぁと。「今はそんな状況じゃない!」って言われそうですけど、自分たちの商品にその値段以上の価値を生み出す努力ってのを見せて欲しいと思った次第で。

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogramで人気ブログを分析   

タグ:雑記
posted by たお at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。