2008年06月05日

ミスト (The Mist)

監督 フランク・ダラボン 主演 トーマス・ジェーン
2007年 アメリカ映画 125分 ホラー 採点★★★★

この間まで勤めていた職場に、些細なことでイッパイイッパイになってパニックを起こし、ちょっとした事態を大混乱に陥れる才能に溢れた奴がおりまして。そこまでイレギュラーに弱い人間が、ただでさえイレギュラーな事が起きやすい接客業を選んだことを不思議に感じつつイライラハラハラと眺める中、もし大災害なんかの有事が起こった際には、真っ先にこいつの動きを封じなきゃなぁと決意を固める私でしたとさ。

thmis6.jpg

【ストーリー】
メイン州の田舎町を襲った激しい嵐の翌日、湖上に現れた濃密な霧が徐々に町中を包み込んでいく。そんな中、買い物客でごった返すスーパーマーケットに、一人の男が血塗れになりながら逃げ込んでくる。「霧の中に何かが居る!」。パニックに陥った人々は外へと逃げ出すが、霧に潜む何物かに襲われ、絶叫と共に霧の中へと消えていく。恐怖に襲われた残った人々は店内に篭城をするが、恐怖は店内にも潜んでおり…。

thmi1.jpg

スティーヴン・キングの傑作中篇“霧”を、今では『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』『マジェスティック』と感動ヒューマン作を撮る監督として名を知られているが、元々は『ブロブ/宇宙からの不明物体』『ザ・フライ2/二世誕生』などの傑作怪物映画を書いていたフランク・ダラボンが見事に映像化した一本。
敢えて書くまででもないのだろうが、『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』はゾンビの恐怖を描いた作品ではない。生ける屍の群れは登場人物を一軒家に追い込み篭城させる為の障害でしかなく、真の恐怖はその状況下で本性を剥き出しにする人間たちの姿である。本作の“霧に潜む何物”かも、部分的にしか現れずその先に何があるのか判らないだけに不気味だった巨大な触手や、そのあまりの巨大さに存在意義や意図が全く見えない奇異な巨象としか形容できない生物にこそ底知れぬ恐怖を感じることが出来たが、姿を明確に現すその他諸々の異界の生物に関しては、想像の範疇を全く超えていない分恐怖を感じるまででもない。まぁ、蚊刺過敏症持ちの私にとっては、あの巨大な蚊は勘弁して頂きたかったですが。しかし、本作において恐怖の対象となるのはもちろんそれら異界の生物ではなく、人間たちである。

thmis2.jpg

“地元の繋がり”という名の下につるんで陰口を叩くか虚勢を張るかしか出来ない田舎者、何であれ否定をすることで優位を保とうとする弁護士、主張が絵空事の範囲から逸脱しないリベラル、そして“神の名”と“正義”を振りかざし凶行に及ぶ狂信者。この現代アメリカの縮図としてだけではなく、何かにすがらないと生きていけない弱さを持つ人間そのものを描いているとも言える人々が、それぞれの主張を通し互いに交じり合わないばかりに、ボタンの掛け違いが延々と続くかの如くチグハグな行動をとり続け、結果的に事態が悪化するばかりという無情さと愚かさ。それはまるで、薄いガラス一枚を隔てているだけでしかないのにも関わらず、その向こう側とこちら側は別世界なんだと自分に言い聞かせようとする作品中の彼ら同様、ブラウン管や写真の向こう側は自分には関係ないと極めて狭い安全圏に身を置いて安心しきろうとする我々自身をも揶揄しているかのようでもある。

thmis4.jpg

霧が発生してから極めて早いスピードで物語に突入する本作。状況が飲み込めないまま混乱に陥るその様は、ほぼ原作に忠実である。霧とそこに潜む何物かが発生した因果関係は原作より明確にされてはいるが、情報源が舞台となる店内に限られているので、そのボンヤリ感には大きな違いがない。しかしながら、終盤まで原作どおりに進んでいく本作であるのだが、結末に関してだけは大きく異なる展開を見せる。
“この先どうなってしまうのか?”という、静かだが確実に終末感がひしひしと感じられる結末を迎えた原作。その読後の余韻は、まさに文字の力でしか味わうことの出来ないものであったが、映像としての結末となれば話は別。それまでのスピード感が嘘だったかのようにじっくりとジワジワと進んでいく本作の結末は、原作との大きな差異と救いのない絶望感に賛否が大きく分かれることが容易に想像できるが、ダラボン脚本による映画オリジナルの展開ながらも、キング作品随一の悲劇“ペット・セマタリー”を読んだ後に味わった胸が締め付けられるような絶望感と悲痛さ、そして皮肉めいた運命すら感じられるこの展開は、非常にキング的で見事。愛する息子との約束を守るが為に、そしてこの先に待ち構えるであろう悪夢に終止符を打つために最も辛く絶望的な選択をした父親と、僅かな希望を感じるまでもなく我が子の為に身を投げ出した母親が一線に並ぶその一瞬は強烈。

thmis3.jpg

幼い息子との心の繋がりを強く感じてはいるものの、その愛する息子が助けを必要としている一瞬に限って側にいない父親には、『ドリームキャッチャー』でもキング作品に主演し、なんだかハイランダーな人っぽくなってきたトーマス・ジェーン。その頼り甲斐はあるんだがイマイチ信用しきれない風貌が、作品に良い不安定さを与えているとも。
その他にも、マーガレット・ホワイトもかくやと言わんばかりの迫力とベクトルの狂いっぷりを披露する『アメリカン・ドリームズ』『臨死』のマーシャ・ゲイ・ハーデン、『サイレントヒル』でも霧に囲まれていたローリー・ホールデン、風貌とは裏腹に一番頼りになる人間だったトビー・ジョーンズ、『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』同様高い所からの物言いなアンドレ・ブラウアーら、非常にいい顔ぶれが揃った本作。しかしながら、それらの顔ぶれ以上に本作に大きな影響を与えたと言えるのが、トーマス・ジェーンの息子役で、バットマンの新作『ダークナイト』でゲイリー・オールドマンの息子役としても出演するネイサン・ギャンブル。もう、その愛くるしさは反則。『ペット・セメタリー』のミコ・ヒューズもそうだったのだが、“如何に可愛いか”を散々描いているからこそ、結末の衝撃度も上がるというもの。あれがクリント・ハワードのような風貌だったら、そこまで胸を打ったかどうか。

thmis5.jpg
誰にも渡したくない

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気ブログランキングへ

        

        



posted by たお at 01:36 | Comment(13) | TrackBack(62) | 前にも観たアレ■ま行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たおさん、こんにちは。
「スワロが映画を見た」のスワローテイルと申します。
おそらく・・・こめんとはお初だったと記憶しております。

たおさんの記事を拝読いたしました。
とても詳しく洞察なさっていて「うぉー!」と叫びたくなるほどでしたよ(笑)
>極めて狭い安全圏に身を置いて安心しきろうとする
人間には、受け入れがたい事実を
あたかも見えていないかのように振舞う防御機構が備わっています。
あの弁護士はもしかしたら重大な事態に陥ったことをなんとなく認識しつつも
受け入れられない状態にあったのかもしれませんね。
そして、コミュニティを形成することで人間は安心します。
そういう人間の心理を巧みに描いた秀作でしたよね。
Posted by swallow tail at 2008年06月07日 07:37
たおさん こんにちは♪
たおさん、いつものレビュー前の導入部分にニンマリしした私です(笑)

>ネイサン・ギャンブル。もう、その愛くるしさは反則
はい、ほんとに!

これは私の中の今年のベストに入りそうです。
Posted by なぎさ at 2008年06月07日 16:44
たおさん おはようございます

この映画は久しぶりに満足しました。
スーパーマーケット内のあまりの切実感には、映画を見ながら「自分の身近にいる人間でコイツとは一緒に閉じ込められたリスト」考えてしまいました。
ある意味、「正当派怪獣映画」ですし(とくに“霧”の出現理由が…苦笑)
今はダラボン監督のコメンタリー付でDVDを見たい気持ちでいっぱいです。

そういえば、これを見てから「ブロブ」を久しぶりに見たくなったんですけど、日本ではDVDになってないんですね(残念)
Posted by あんの at 2008年06月08日 09:53
swallow tail様、こんにちは!
そのコミュニティで言ってることやってることがどんなに間違っているのか自覚していても、みんな一緒だと安心しちゃうんですよねぇ。それこそ、火事が起きてるってのに、誰かが落ち着いていると「大丈夫だ」と思い込もうとしちゃうように。
Posted by たお at 2008年06月14日 16:07
なぎさ様、こんにちは〜♪
奴を、それこそ息の根ごと封じ込めないと、こっちがえらい目に遭いそうですからねぇw
しかしまぁ、面白い作品でしたねぇ。
ベストに入るかどうかは別にしても、ネイサン・ギャンブルは間違いなく“今年最も可愛かった男の子ランキング”入り確実でしょうねぇ。
Posted by たお at 2008年06月14日 16:15
あんの様、こんばんは!
なんか“向こう側が開いちゃった”ってのは、クトゥルーっぽくも。『マウス・オブ・マッドネス』とか。
『ブロブ』は、常に“ふつーコレからDVD化するだろ!?”リストの上位に君臨している作品なので、さっさと出しやがれって感じですねぇ。
Posted by たお at 2008年06月14日 20:45
確かにあの少年の愛くるしさは
同情を誘いますよね〜。
そっか「ダークナイト」にも登場するんですね。
覚えておかなくっちゃ。
Posted by miyu at 2008年06月15日 09:25
たおさん、TBありがとうございます。こちらからのTBがうまく送られているといいんですが…。最近、TBの受け渡しがうまくいかないことが多くてねえ。

お父ちゃんにはもうちっとしっかりしてもらうとして(^^ゞ、映画としてはいろんなことを考えさせられましたね。元祖天才ダラボン監督、なかなかイケズな方のようで新作が楽しみだなあ。

天災の際に、真っ先に息の根を止められるようなオバハンにならぬよう、充分気をつけて生きようと決意した豆酢でした。

ところでたおさん。唐突ですが、「サブタレイニアン」を拙宅にリンクさせていただいてもよろしいでしょうか。よろしくご検討くださいませ<(_ _)>。ショーン・ビーン繋がりということで…ダメ(^^ゞ?
Posted by 豆酢 at 2008年06月17日 13:57
たおさん、こんばんは〜(^^)
私、これ最後はホントに叫びだしそうになっちゃいました〜。息子が可愛すぎただけに、最後のほうの絶望感がヒシヒシと……(T_T)
Posted by りら at 2008年06月17日 20:30
miyu様、こんばんは!
しかもゲイリー・オールドマンの息子役ですからねぇ。ってことは、あんなに愛くるしくても、やがてシド・ヴィシャスになっちゃって、そっからドレクセルみたいになっちゃうんでしょうねぇ。。。
Posted by たお at 2008年06月30日 01:26
豆酢さま、こんばんは!
まぁ、結果があぁだったからアレですが、あながちお父さんの行動も間違ってないんですよねぇ。。。「最善策をとっても・・・」って所に、考えさせられる所があった作品でしたねぇ。
で、リンク。
ウチみたいなとこでいいんでしたら、基本リンクフリーなんで、どーぞどーぞ^^
Posted by たお at 2008年06月30日 01:36
りら様、こんばんは〜♪
見た目ってのは大事ですねぇ。
あれで息子がさして可愛くなかったら、あそこまでの絶望感は湧かなかったんでしょうねぇ^^;
Posted by たお at 2008年06月30日 01:39
たおさんこんにちは、
遅ればせながらミストを拝見しました。
ラストで椅子からズリ落ちましたが・・ (笑)
途中の凶暴化した群集心理だけでも十分楽しめましたけどね。
TBさせてもらいます。
Posted by コンドウ at 2008年11月10日 15:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ミスト
Excerpt: 原題:THE MIST 製作年度:2007年 製作国:アメリカ 上映時間:125分 監督:フランク・ダラボン 原作:スティーブン・キング 脚本:フランク...
Weblog: スワロが映画を見た
Tracked: 2008-06-07 07:30

ミスト
Excerpt:  『この子と約束した 必ず守ると── 霧<ミスト>の中には“何”が待っていたのか── 映画史上かつてない、震撼のラスト15分』  コチラの「ミスト」は、スティーブン・キングの原作をフランク・ダラ..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2008-06-07 08:39

ミスト
Excerpt: 映画史上かつてない、震撼のラスト15分 ― この大変よくありがちなキャッチコピー
Weblog: C note
Tracked: 2008-06-07 14:36

ミスト
Excerpt: JUGEMテーマ:映画 2008年5月10日 公開 来るの遅いわ・・・あなたたち 「映画史上かつてない、震撼のラスト15分」・・・て、またまたぁ〜こればっかり! 最近これに..
Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ
Tracked: 2008-06-07 16:37

映画「ミスト」(THE MIST)
Excerpt: ダラボン監督は「ショーシャンクの空に」や「グリーンマイル」はどうでもいいけど、「ブロブ/宇宙からの不明物体」が大好きなので、今回はその映画芸に満足しました←鬼畜だ、お前は…【ネタバレしてますよ】
Weblog: DOWN IN SMOKE 猫馬鹿無用編
Tracked: 2008-06-08 09:15

ミスト/ The Mist
Excerpt: 『キャリー』、『ミザリー』、『シャイニング』、『ペットセメタリー』、、、、 これまで何度も何度も映画化されて来た、スティーブン・キングの小説。 『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のキング原..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2008-06-08 10:55

「ミスト」
Excerpt: 無念のエンドロールが無間地獄のように流れる。文学にまったく詳しくないけど、こういう展開って欧州の戯曲にあったような気がする。とはいえ、このラストの破壊力はすごい。どの程度脚色してあるのか知らないが、原..
Weblog: ☆ EL JARDIN SECRETO ☆
Tracked: 2008-06-11 20:34

ミスト
Excerpt: 本作は、『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のコンビ、≪原作:スティーヴン・キング≫と≪監督:フランク・ダラボン≫が描くパニック・ミステリーだ。なんでも、原作のラストを変えて驚愕のエンディングが..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★
Tracked: 2008-06-12 20:24

ミスト
Excerpt: どんな怪物よりも人間が怖い! 【Story】 ガラス窓を破るほどの嵐の翌日、スーパーへ買い出しに出掛けたデヴィッド(トーマス・ジェーン)...
Weblog: Memoirs_of_dai
Tracked: 2008-06-17 02:06

ミスト
Excerpt: 5月20日(火) 21:15〜 TOHOシネマズ川崎5 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:600円 『ミスト』公式サイト スティーヴン・キング原作、フランク・ダラボン監督という「..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2008-06-17 03:05

お父ちゃん、しっかりせえや!―「ミスト」
Excerpt: この映画を観てつくづく思いました。人類は近々滅亡(自滅)するよなって…。化け物の封印を解いてしまったのも人間なら、そこからさらに悲劇を増幅していくのも人間。思うにラストのオチは、そんな人間の愚行に下ろ..
Weblog: 豆酢館
Tracked: 2008-06-17 06:22

「ミスト」
Excerpt: スティーブン・キング原作、フランク・ダラボン監督のコンビ作で有名なのは、「ショーシャンクの空に」(1994年)、「グリーンマイル」...
Weblog: 或る日の出来事
Tracked: 2008-06-17 07:05

私も最高点を「ミスト」
Excerpt: ノラネコさんが最高点をつけているのに気がついて、見逃さずにすみました。いやあ、怖かった。    考えさせられた。    楽しみました。監督・製作・脚本:フランク・ダラボン原作:スティーヴン・キング出演..
Weblog: 再出発日記
Tracked: 2008-06-17 07:59

ミスト/The mist
Excerpt: これから観る人は、まだ読まないでください。感動は呼ばないが絶望を呼ぶ逸品。 私の中では、非ホラーの『ショーシャンクの空に』は"よっし...
Weblog: 描きたいアレコレ・やや甘口
Tracked: 2008-06-17 08:06

人間が一番怖い〜『ミスト』
Excerpt:  THE MIST  湖の畔の家で暮らす画家のデヴィッド(トーマス・ジェーン)は、記録的な嵐の 翌朝、霧が立ち込め始める中を息子と買い物に...
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2008-06-17 08:31

『ミスト』
Excerpt: 原作:スティーヴン・キング 監督:フランク・ダラボン CAST:トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン 他 ある夜窓を突き破...
Weblog: Sweet*Days**
Tracked: 2008-06-17 08:38

『ミスト』 (2007) / アメリカ
Excerpt: 原題:THEMIST監督・製作・脚本:フランク・ダラボン原作:スティーヴン・キング出演:トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ローリー・ホールデン、アンドレ・ブラウアー、トビー・ジョーンズ公式..
Weblog: NiceOne!!
Tracked: 2008-06-17 09:09

ミスト(映画館)
Excerpt: この子と約束した 必ず守ると―――
Weblog: ひるめし。
Tracked: 2008-06-17 09:19

・・・残酷。『ミスト』
Excerpt: 小さな田舎町に突然発生した謎の霧を巡って描かれたサスペンス映画です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2008-06-17 10:06

『ミスト』
Excerpt: (原題:The Mist) ----「ミスト」って霧のことだっけ? 「うん。 原作がスティーヴン・キング。 それをフランク・ダラボンが監督したってわけ」 ----それって『ショーシャンクの空に』『グ..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2008-06-17 10:43

ミスト 霧の中には何が・・・・・!?
Excerpt:  霧の中に潜む化け物より、人間の方が恐ろしいと思いませんか? &nbsp; 「つぐない」、鑑賞後この“ミスト”を観たのですが・・・・・。あまりの衝撃とラストの展開などが頭に焼きつき、忘れられない状..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2008-06-17 11:09

ミスト
Excerpt: メイン州の田舎町。 ガラス窓を付き破るほどの激しい嵐が去った翌朝、 妻に頼まれ地元のスーパーへ息子ビリー(ネイサン・ギャンブル)と...
Weblog: 心のままに映画の風景
Tracked: 2008-06-17 15:41

ミスト
Excerpt: ノーム、気をつけろっ!外は濃霧だ!
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2008-06-17 18:24

映画「ミスト」
Excerpt: 本日はホラー映画二本立てになりました。一本目の紹介も見てくださいね♪2008年 158本目映画「ミスト」お父さん、世界は終わってしまうのストーリー7月19日のその夜、メイン州西部の全域が、未曾有の激し..
Weblog: 腹黒い白猫は見た!!
Tracked: 2008-06-17 19:03

映画を観た〜パンズ・ラビリンス〜
Excerpt: だいぶ前に『パンズ・ラビリンス』のDVDを購入。そして、だいぶ前に観賞。 だから少女は幻想の国で 永遠の幸せを探していた。 [parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU1NGJgs..
Weblog: 垂直落下式どうでもいい話
Tracked: 2008-06-17 19:20

映画を観た〜ミスト〜
Excerpt: 『ミスト』を観ました。 この子と約束した 必ず守ると―― [parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU1NGJgszSyPTNEsL3eSgAAPflPBQg0C1jBzb1Dwm..
Weblog: 垂直落下式どうでもいい話
Tracked: 2008-06-17 19:21

2008-33『ミスト』を鑑賞しました。
Excerpt: &amp;#63704;映画を鑑賞しました。&amp;#63893; 2008-33『ミスト』(更新:2008/05/19) 評価:★★★★☆ 「衝撃のラスト15..
Weblog: はっしぃの映画三昧!
Tracked: 2008-06-17 19:56

ミスト
Excerpt: スティーブン・キング原作の『ミスト』。 なんだか『サイレント・ヒル』っぽい雰囲気に、「今更か」と思いながらも、とりあえず観てきました。 ★★★★ ローリー・ホールデンも出てるし、まさに『サイレントヒ..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2008-06-17 20:06

ミスト
Excerpt: スティーブン・キングとフランク・ダラボンの3度目のコラボ!。今回は、霧の中に潜む得体の知れない怪物達を描くSFホラー。
Weblog: 夫婦でシネマ
Tracked: 2008-06-17 20:12

「ミスト」心の底から怖い
Excerpt: 監督 フランク・ダラボンこれってSFホラーでしょ。苦手なんだよね。いつもならスルーするんだけど、観た友人はえらくほめてるし、「ショーシャンクの空に」のフランク・ダラボンだし・・・というわけで目をつぶっ..
Weblog: ももたろうサブライ
Tracked: 2008-06-17 20:13

ミスト
Excerpt: 【ミスト】 ★★★★ 試写会(13) 2008/04/30ストーリー のどかな田舎町を襲った激しい嵐の翌日、デヴィッド(トーマス・ジェーン)
Weblog: りらの感想日記♪
Tracked: 2008-06-17 20:33

ミスト(評価:☆)
Excerpt: 【監督】フランク・ダラボン 【出演】トーマス・ジェーン/マーシャ・ゲイ・ハーデン/ローリー・ホールデン/アンドレ・ブラウアー/トビー・ジ...
Weblog: シネマをぶった斬りっ!!
Tracked: 2008-06-17 21:23

ミスト
Excerpt: 評価★★★★ ラスト15分!衝撃的な映像にしばらく席を立てなかった。
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2008-06-17 21:30

「ミスト」
Excerpt: 2008.5.21 公開中の「ミスト」を鑑賞。 監督・製作・脚本:フランク・ダラ...
Weblog: フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE
Tracked: 2008-06-17 21:52

「ミスト」 THE THING
Excerpt: 監督デビュー作『ショーシャンクの空に』が激絶賛。 いきなりアカデミー賞7部門にノミネートされ、スティーブン・キング作品の非ホラー、感動物担当監督みたいになったフランク・ダラボン。 続く同系統の『グリー..
Weblog: 『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記
Tracked: 2008-06-17 22:43

ミスト
Excerpt: スティーヴン・キング&フランク・ダラボンのコンビネーション。数々の傑作を生み出したが・・・。
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2008-06-17 22:48

ミスト◆閉鎖集団の狂気をえがく恐怖映画
Excerpt:        「ミスト」 (2007年・アメリカ) めずらしく映画をみて不快になった。不快になった原因は、隣りに座った中年カップルの笑い声だろうか? 霧の中から現れた触手を見て笑い、犠牲者の体が引..
Weblog: 好きな映画だけ見ていたい
Tracked: 2008-06-17 23:32

『ミスト』 (The Mist)
Excerpt: ある夏の夜、メイン州西部に激しい雷雨に見舞われた。だがその後に正体不明の霧が襲い掛かる。この霧こそが真の恐怖であった。デヴィッド・ドレイトンと息子のビリーは買い物をしていた地元のスーパーから他の買い物..
Weblog: Mooovingな日々
Tracked: 2008-06-17 23:45

ミスト・・・・・評価額1800円
Excerpt: 打率10割! 稀代のベストセラー作家、スティーブン・キングの小説は極めて映像的で人気があるにも関わらず、実際の映画化が非常に難しい事で...
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2008-06-17 23:46

オリーブの枝
Excerpt: メイン州キャッスルロックは怪奇現象の見本市だ。魔界都市として知られる新宿とは怪異の出現の内容に違いが見られるが、規模の大きさにひけはとらない。万国びっくりショーだよ。
Weblog: MESCALINE DRIVE
Tracked: 2008-06-18 00:06

ミスト
Excerpt: ■ シネ・リーブル池袋にて鑑賞ミスト/THE MIST 2007年/アメリカ/125分 監督: フランク・ダラボン 出演: トーマス・ジェーン/マーシャ・ゲ...
Weblog: 映画三昧、活字中毒
Tracked: 2008-06-18 00:09

映画 【ミスト】
Excerpt: 映画館にて「ミスト」 『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のコンビ、原作スティーヴン・キングと監督フランク・ダラボンが描くパニック・ミステリー。 おはなし:メイン州の田舎町。荒れ狂った台風が..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2008-06-18 09:56

ミスト
Excerpt: ”The Mist”原作=スティーヴン・キング「霧」(『スケルトン・クルー〈1〉』収録)。脚本・監督=フランク・ダラボン。☆☆☆★★★
Weblog: ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!
Tracked: 2008-06-18 11:15

●ミスト(36)
Excerpt: 何が一番怖いって、あの女さ・・・
Weblog: 映画とワンピースのこでまり日記
Tracked: 2008-06-18 14:51

ミスト
Excerpt: THE MIST(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督・製作・脚本:フランク・ダラボン 出演:トーマス・ジェーン/マーシャ・ゲイ・ハーデン/ローリー・ホールデン/アンドレ・ブラウアー/トビー・ジョ..
Weblog: 小部屋日記
Tracked: 2008-06-18 22:23

ミスト
Excerpt: スティーブン・キング原作のホラーです。 本当に本当に… 怖かったです(T_T) 湖のほとりにある田舎町を嵐が襲った。 映画のポスターを描いて生計を立てているデヴィットと妻子は家の地下室へと逃げ、一夜..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2008-06-18 23:04

映画 「ミスト」
Excerpt: スティーブン・キングの原作でフランク・ダラボンが監督だからと 軽い気持ちで見に行ってしまいました…_| ̄|○
Weblog: ちょっとひとことええでっかぁ〜♪
Tracked: 2008-06-19 21:37

贖 〜「ミスト」〜
Excerpt: フランク・ダラボン監督作品、トーマス・ジェーン主演の、 映画 「ミスト」を観た。 霧の中には“何が”待っていたのか― 感想。 ?ノートンさん、残骸くらい見れば良かったのに。 ?ババァ、強..
Weblog: サナダ虫 〜解体中〜
Tracked: 2008-06-19 22:53

ミスト(ネタバレしてます)
Excerpt:  まさしく賛否両論のラスト!  スティーヴン・キング原作・フランク・ダラボン監督コンビの3作目。けど「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」とはちょっと毛色が違い、今回はSF色濃い目です。  あ..
Weblog: シネ吉の運命などない!
Tracked: 2008-06-20 09:32

ミスト 評価:★★★★★
Excerpt: レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
Weblog: 20XX年問題
Tracked: 2008-06-21 19:08

★  ミスト  ★
Excerpt: 観てきました。{/hamster_1/} うーーーーーん・・・。{/kuri_5/} 感想を一言。 単なる恐怖映画ではありませんでした。 迫り来る 得体の知れない恐怖もあるのですが、 それだけでは..
Weblog: 私の気ままな部屋 - ♪asitahatennki♪
Tracked: 2008-06-22 23:59

ミスト☆独り言
Excerpt: うっわ^^;;;立ち見ですか?新宿歌舞伎町の劇場で15時台の上映ですが^^;;;最近シネコンで鑑賞が多かったので、なんかある意味懐かしく新鮮に思えたりして(笑)あ、勿論、猫はその後の回で鑑賞しましたが..
Weblog: 黒猫のうたた寝
Tracked: 2008-06-25 00:47

「ミスト」
Excerpt: のどかな田舎町を襲った激しい嵐の翌日、デヴィッド(トーマス・ジェーン)は湖の向こう岸に発生した 異様に深い霧に懸念を抱きながら息子と共にスーパーマーケットへ。するとやはり、その濃い霧は 買い物客でごっ..
Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク
Tracked: 2008-09-25 17:14

ミスト
Excerpt: スティーブン・キング原作と聞くと 何故かやっぱり気になる。f(^^;) それにキャッチコピーは 「映画史上かつてない、震撼のラスト15分」 だそうです。 ほんとか〜?(笑) 激しい嵐..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2008-09-28 01:00

ミスト
Excerpt: THE MIST 2007年:アメリカ 原作:スティーヴン・キング 監督:フランク・ダラボン 出演:トーマス・ジェーン、ウィリアム・サドラー、ローリー・ホールデン、アンドレ・ブラウアー、ジ..
Weblog: mama
Tracked: 2008-10-24 16:40

ダラボン監督の・・ “ミスト”
Excerpt: “ THE MIST ”激しい嵐の翌朝、町のスーパーマーケットで生活用品を買い求める人々は、突然 発生した霧にあっという間に包まれ店から出られなくなる。町全体を包む謎のこの霧の中には、 どうやら 未知..
Weblog: -HOW STYLE- プジョー&アヴァンタイムのガレージライフ ブログ
Tracked: 2008-11-10 15:53

【映画】ミスト…最悪の気分になりたい方にオススメ
Excerpt: 寒いです{/face_hekomu/}。今朝うちの周囲は薄っすらと雪景色{/kaeru_snow/}でありました(※一部山沿いの地域では積雪も…って地域なのねうちって{/face_ase1/})。 ..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2008-12-09 23:15

mini review 08352「ミスト」★★★★★★★★☆☆
Excerpt: 『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のコンビ、原作スティーヴン・キングと監督フランク・ダラボンが描くパニック・ミステリー。霧の中に潜む謎の生物に恐怖し、常軌を逸していく人々の姿を描く。混乱する人..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2009-02-08 07:53

「ミスト」
Excerpt: 昨年末にブロガーの皆さんが、各々発表してた年間ランキングで結構上位にランキングされてたホラー。
Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
Tracked: 2009-03-01 01:39

ミスト
Excerpt: 「ミスト」 感想 ミスト 霧の中には”何”が待っていたのか 映画史上かつてない、震撼のラスト15分 恐ろしい…。さすがスティーヴン...
Weblog: むーびーふぁんたすてぃっく
Tracked: 2009-11-23 16:55

『ミスト』'07・米
Excerpt: あらすじガラス窓を破るほどの嵐の翌日、スーパーへ買い出しに出掛けたデヴィッド(トーマス・ジェーン)。軍人やパトカーが慌ただしく街を往来し、あっという間に店の外は濃い霧に覆われた・・・。感想映画史上かつ..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2009-12-28 23:08

「ミスト」
Excerpt: お勧め度:★★★★★ 製作年 : 2007年 製作国 : アメリカ 配給 : ブロードメディア・スタジオ 上映時間 : 125分 キャスト・スタッフ - ミスト 監督・製作・脚本 : フランク・..
Weblog: ドゥル的映画鑑賞ダイアリー
Tracked: 2010-08-01 01:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。