2008年04月25日

ゾンビーノ (Fido)

監督 アンドリュー・カリー 主演 クサン・レイ
2006年 カナダ映画 93分 コメディ 採点★★

“ゾンビ”ってのは、便利ですよねぇ。恐怖の怪物として扱うも良し、愚かな人間の象徴として扱うも良し、笑い飛ばすも良しですもの。ゾンビ映画は山ほどありますが、それぞれのゾンビが持つ意味合いが違うってのも、この便利さの賜物なんですかねぇ。

fido3.jpg

【ストーリー】
突如発生したゾンビとの戦いに勝利した人類は、ゾムコム社が開発したゾンビを従順にする首輪を使い、ゾンビを使用人として飼っていた。ロビンソン家もゾンビ飼うことにしたが、いじめられっ子で友達の居ないティミーは無関心。しかし、そのゾンビがいじめっ子からティミーを救ったことをきっかけに、二人は大の仲良しに。だが、“ファイド”と名付けられたそのゾンビが近所のお婆さんをついつい食べてしまい…。

fido4.jpg

ゾンビブームになると必ず1〜2本は出てくる、変化球ゾンビコメディ。
豊かさと平和を象徴するかのように美しい50年代風の街並を舞台に、アットホームコメディとゾンビを共存させた本作。ノーマン・ロックウェルの絵の中に何食わぬ顔でゾンビがいるような違和感は強烈だし、見栄と自尊心に囚われて互いに向かい合うことのない家族の姿や、人種問題、上っ面の平和に隠された闇など、風刺もかなりきつめに効いていて、非常に良し。ただし、その風刺にしろブラックさにしろ、違和感と直球的な描写に頼りきっている感も強く、何気にゾンビが居る違和感からもう一歩のヒネりがないのは残念。ファイドが家庭に変化を与える様も、友情を育む様も、子供のちょっとしたワンパクが血塗れの大惨事を招く様も全く同じテンポで撮られているせいか、非常にマッタリとしたまどろっかしさも辛い。

fido2.jpg

“なんとかカルキン”にはまりそうなクサン・レイの可愛らしさが、本作を“ゾンビが出てくる『わんぱくデニス』”にしている大きな要因であるのだが、酸いも甘いもキレイゴトも汚点も全て曝け出す大人勢も頑張っている本作。『マトリックス』でも充分にお母さんっぽかったキャリー=アン・モスの見栄っ張りママぶりも、『ハピネス』以降、いつ「実はお父さん、若い男の子が大好きなんだよ」とカミングアウトするかハラハラしてしまう『愛についてのキンゼイ・レポート』のディラン・ベイカーの歯車の合わないパパぶりも、本作のシニカルさをベースアップしている。これでビリー・コノリーにもうちょっと“バブっぽい”ゾンビさがあれば、文句もないんですが。

fido1.jpg
臭くはないんですか?

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気ブログランキングへ

        


posted by たお at 00:25 | Comment(5) | TrackBack(9) | 前にも観たアレ■さ行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>臭くはないんですか?
なんだか急に臭そうに思えてきました(苦笑)
夏場はハエがたかったり・・・
ペットの犬程度の臭いに抑えるように、ちゃんと処理されているといいですね。

>全く同じテンポで撮られているせいか
まったり感が漂っていたのは、メリハリが無かったせいなんでしょうね(苦笑)
Posted by 哀生龍 at 2008年04月25日 06:04
哀生龍さま、こんにちは〜♪
基本的に奴ら腐ってますからねぇ。
首輪で腐敗をとどめているような感じではありますが、臭いに違いないと。その辺の“ゾンビは死んでいる”ってのをもうちょっといじっても良かったのかなぁとも。まぁ、それでメリハリが生まれるとも思えませんが^^;
Posted by たお at 2008年04月25日 15:04
こんばんは。
こちらもコメント欄にてTB代わりにさせていただきます。

http://cinechan.at.webry.info/200711/article_6.html
Posted by CINECHAN at 2008年05月01日 00:22
TB&コメントさせてもらっちゃいますねぇ〜。
なんとかカルキン・・・・w
私もカルキン一派(兄弟)だと思ってましたw
後で調べてびっくり、他人じゃん!(爆
ネタは面白いんですから、もう一捻り欲しかったですよね。
期待度が高すぎたので、ちょっと残念です。
Posted by oguogu at 2008年09月05日 18:40
全体に漂う抑揚の無さは、娯楽大作にせずファンタジーに留める意味で活きたし、しかし反面ワクワク感は消えてしまうし、良くも悪くも…って感じですね。
ゾンビ好きには笑えるけど、ホラー嫌いにはこの風刺は重すぎるかも?
Posted by junk at 2008年11月10日 04:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ゾンビーノ
Excerpt: 地球を襲った放射能のため世界中の死者が蘇り、人間VSゾンビの戦争が勃発。 ゾンビを従順にする首輪が発明された事により、地球に平和が戻り、ゾンビは人間に奉仕する存在となった。
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2008-04-25 05:59

ゾンビーノ
Excerpt: エドワード・シザーハンズも良いゾンビだったんだ(違) ゾンビーノ デラックス版posted with amazlet at 08.04.17ジェネオン エンタテインメント (2008-04-2...
Weblog: ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!
Tracked: 2008-04-25 12:50

ゾンビーノ/ FIDO
Excerpt: ゾンビは、もとは人間です{/heart_pink/} だから怖くないって言いたいけど、いきなり人に食らいついて肉を貪り食うんだからやっぱりほんとにいたら怖い(そりゃそうだ) でも、いっそ、首輪つけ..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2008-04-30 10:11

ゾンビーノ
Excerpt: ダメ!人間を食べちゃダメ!
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2008-04-30 21:20

「ゾンビーノ」
Excerpt: こんなゾンビが見られるなんて、長生きはするもんだ。・・・一度死ぬまでは。子どものころ、初めて「ゾンビ」のCMを目にしたとき感じた恐怖。通学路にあった映画館のポスターを見るのが怖くて、まわり道をしたり目..
Weblog: −☆ EL JARDIN SECRETO ☆−
Tracked: 2008-05-03 21:16

「ゾンビーノ」
Excerpt: 「ゾンビーノ」、DVDで観ていました。 ゾンビを電子装置を利用して家畜として家庭に1匹いる、そんな世界のコメディ映画。 何か奇妙な...
Weblog: クマの巣
Tracked: 2008-08-10 18:52

「ゾンビーノ」
Excerpt: やっぱり夏はホラーだよーーー。 でも何故か、カラフルなタイトル・ジャケットなのよね、この作品。
Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
Tracked: 2008-08-28 02:14

ゾンビーノ
Excerpt: 2007年11月上映 監督:アンドリュー・カリー 主演:キャリー・アン・モス他 ...
Weblog: 新!oguoguの日々映画&ビデオ
Tracked: 2008-09-05 18:42

『ゾンビーノ』'06・加
Excerpt: あらすじかつて宇宙からの放射線の影響で死体がゾンビとなり人々を襲う事態が発生。しかしゾムコン社が開発したゾンビを従順にする首輪によって地球に平和が戻った。それから数年後の小さな街ウィラード。ティミーの..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2008-11-16 21:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。