2008年02月29日

デス・プルーフ in グラインドハウス (Death Proof)

監督 クエンティン・タランティーノ 主演 カート・ラッセル
2007年 アメリカ映画 113分 アクション 採点★★★★

『溶解人間』とか『ジャイアント・スパイダー大襲来』とか大好きです。もちろん顔がドロドロと溶ける様や、台車に乗っかったでっかいハリボテから人々が笑いながら逃げ惑う様を見るのが好きってのもありますが、時間も金もなく、そして何よりも才能にも恵まれなかった映画人が、華やかさとは縁遠い現場で僅かな望みとヤケクソにまみれながら撮り上げた故に色濃くフィルムに刻まれた、どんなに頑張ってもこうなってしまうある種の遣る瀬無さが大好きなんですよねぇ。

depr4.jpg

【ストーリー】
耐死仕様に改造した愛車で夜な夜な若い娘を血祭りに上げていた、スタントマン・マイク。次の獲物に彼が選んだのは、映画関係者の美女4人組であったが…。

depr2.jpg

60年代から70年代に血と暴力とエロに塗れた映画ばかりを数本立てで上映していた当時の映画館の雰囲気を復活させようと、クエンティン・タランティーノが作り上げた一本。『シン・シティ』のロバート・ロドリゲスによる『プラネット・テラー in グラインドハウス』を併映に、たっぷりとフェイク予告編を挿入した本来あるべき姿で鑑賞した訳ではないので暫定的な感想とはなってしまうのだが、独立した作品として再編集された本作もなかなかに面白い。
もともと私自身は、金にも時間にも才能にも恵まれなかった映画人が作り上げた作品群を、金にも時間にも才能にも恵まれた人間が忠実に作るってのは、なんと言うか“アナーキー・イン・ザ・UK”をキング・クリムゾンが完全コピーしたのを聴かされるような、音は完璧だが内なる叫びが全く届いてこない上に鼻につくので、あまり好きではないのだが、本作においては愛して止まないものを撮る為には、作品全体のバランスをも厭わないタランティーノの不器用さもあってか、そんなスノッブな匂いは全くしない。軽快なテンポと生身スタントの迫力を思う存分堪能できる上に、冷酷なはずの殺人鬼がベソをかいて逃げ回るあんまり観たことのない展開が楽しめる後半部が個人的には好きなのだが、傷だらけでシーンもちょくちょく飛ぶフィルムの保存状態の悪さやピントがずれるテクニック面だけではなく、程よい色気とマッタリとしたテンポで眠気を誘いつつ、何で走っている車から手や足を出しちゃいけないのか良く理解できる度肝を抜くショックシーンで一気に眠気を覚ます構成まで忠実に当時を再現した前半部における、ノリにノったタランティーノ演出も楽しい。自前のジュークボックスからお気に入りの楽曲をガンガン流し、大好きな美脚の美女がウヨウヨとたむろするバーは、まさにタランティーノの脳内パラダイス。“タランティーノのオナニー”と言われればそれまでなのだが、これだけ楽しいオナニーなら付き合って損はない。いや別に、ホントにオナニーに付き合うつもりはありませんが

depr3.jpg

スタントマンの割には滅法痛いのが苦手っぽいスタントマン・マイクには、『ポセイドン』『スカイ・ハイ』のカート・ラッセル。当初はミッキー・ロークにも話が行っていた役ではあるが、最近ではめっきり少なくなった土と油の臭いが似合うタフさを持ちつつも、狙った獲物に逆襲されベソをかきながら逃げ回り、映画史上稀に見る無様な“ゴメンなさい”を違和感なく披露できる芸幅の広さで言えば、まさにカート・ラッセルは適役。あんなに綺麗に踵落しを決められる俳優ってのも、そうそう居ませんし。
そんなカート・ラッセル以外にも、タランティーノ映画らしく本人を含め錚々たる顔ぶれが揃った本作。『シン・シティ』のロザリオ・ドーソンに『プラネット・テラー in グラインドハウス』と本作の両方に出演するローズ・マッゴーワン、お父さんが女装しているようにしか見えなかったシドニー・ターミア・ポワチエに、お母さんにはなにかとお世話になった『ホステル2』のジョーダン・ラッド、何のために居たのかサッパリ分からなかった『ダイ・ハード4.0』のメアリー・エリザベス・ウィンステッドに、『ホステル』のイーライ・ロス、状況をしっかりと説明だけしてくれるマイケル・パークスとその息子と至れり尽くせりの顔ぶれなのだが、最も強烈な印象を残してくれるのがトレイシー・トムズとゾーイ・ベルの二人。特に、最も画面栄えしなそうな風貌で登場しながらも、身体を動かし始めた途端にとんでもない輝きを全身から発し始めたゾーイ・ベルは絶品。鉄パイプ片手に箱乗りする勇ましさもさることながら、難しいことは得意じゃないが頑丈な身体と真っ直ぐな性格で大体のことはクリアしちゃいそうな佇まいと懐っこい笑顔は、スタントウーマンとして裏方だけに徹するにはもったいない逸材。是非ともジェームズ・キャメロン辺りに使って頂きたいもので。

depr1.jpg
これだけで一本観たい

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気ブログランキングへ

        

        



posted by たお at 00:00 | Comment(10) | TrackBack(44) | 前にも観たアレ■た行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タランティーノも楽しんでいるし、カートも楽しそうだし、スタントウーマンも楽しんでいそうだし・・・
タランティーノの作品らしい途中の眠気を誘うような“マッタリ感”を吹き飛ばすラストの追い上げは、本当に小気味良いですよね!
「頑張れ! スタントマン・マイク!!」
Posted by 哀生龍 at 2008年03月03日 06:32
哀生龍さま、こんばんは〜♪
結局のところタランティーノが一番楽しい作品ではあるんですが、そんな楽しそうなタランティーノを観るのもなかなか楽しいもので^^
スタントマン・マイクはもう・・・相手が悪かったとしか^^;
Posted by たお at 2008年03月05日 02:52
ゾーイ・ベルかっちょ良かったですよね〜。
チア姿のメアリー・エリザベス・ウィンステッドも
可愛らしかったけど、
たおさんはタイプじゃないんでしたっけね(;・∀・)
Posted by miyu at 2008年03月05日 21:34
miyu様、こんばんは♪
>たおさんはタイプじゃないんでしたっけね
いやいや、別に嫌いじゃないですよ。可愛いですし。ただまぁ、好きでもないだけで^^;
Posted by たお at 2008年03月06日 01:34
たおさん こんにちは♪

>これだけ楽しいオナニーなら付き合って損はない。
ほんとに!
タラチャンの作品って全てがそぉですが、これはまさしくその極みみたいなものでしたねぇ。

カート・ラッセルの役をミッキー・ロークにというの知らなかったぁ〜。
でもラッセルで良かったですよね。
・・・ミッキーはどうしているのでしょう。
Posted by なぎさ at 2008年03月08日 09:59
なぎさ様、こんばんは〜♪
ズリネタに囲まれ満面の笑みを浮かべるタラって感じですよねぇw
好きなズリネタだけを集めてオナニーしているだけでも、コレだけ面白いんだから大したもんです!
・・・って、ズリネタとオナニーを連呼することもないんですが^^;
で、ミッキーさん。
頑張ってますよ〜
青いアイシャドーとか塗って。
Posted by たお at 2008年03月08日 23:24
こんにちは♪
いつもお世話になっております。
女の子たちのグダグダな会話に付き合ってたら、急にあんな展開になって・・・(笑)
そのギャップが最高に楽しかったです。
Posted by ミチ at 2008年03月09日 11:25
ミチ様、こんばんは!
予算がなくて見せ場を一個しか作れないから、散々グダグダと引っ張ってたかつてのB級映画をきっちりとトレースしてましたねぇ。まぁ中には、『溶解人間』みたいに見せ場がその辺をほっつき歩いているだけの作品もありましたが。
Posted by たお at 2008年03月09日 21:23
たおさま

おはようございます。
TBありがとうございました。
私もお返しさせていただきました。

>最も画面栄えしなそうな風貌で登場しながらも、身体を動かし始めた途端にとんでもない輝きを全身から発し始めたゾーイ・ベルは絶品。

同感です。
この作品の中ではピカイチでしたね。
あのスマイルとのギャップが良かったですね。





Posted by moriyuh at 2008年03月13日 11:26
moriyuh様、こんばんは!
いやぁもう、ゾーイ・ベルの躍動感は素晴らしかったですねぇ。ちょっとアレな感じの笑顔も可愛かったですし。
Posted by たお at 2008年03月14日 00:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

グラインドハウス(その2)
Excerpt: 地元ではちょっと有名なラジオDJのジャンクル・ジュリア(シドニー・タミーア・ポワチエ)は、友人シャナ(ジョーダン・ラッド)と久々に地元に来た友人アーリーン(ヴァネッサ・フェルリト)と共に、お気に入りの..
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2008-03-03 06:26

デス・プルーフ in グラインドハウス
Excerpt:  『ドレスコードは、スリルとスピード』  コチラの「デス・プルーフ in グラインドハウス」は、愛すべき映画オタクのクエンティン・タランティーノが、親友ロバート・ロドリゲスと60〜70年代のアメ..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2008-03-03 17:02

デス・プルーフinグラインドハウス
Excerpt: 少し秋めいてきましたね・・・通常料金でプレミアスクリーン&レディスデイのダブルでお得な日、いざヲタク体験へ【story】スゴ腕スタントマンのマイク(カート・ラッセル)は、愛車『デス・プルーフ』に乗り、..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★
Tracked: 2008-03-04 08:15

デス・プルーフinグラインドハウス
Excerpt: 悪気はなかったんです!! <公式ページ> タランティーノが趣味丸出しで作った、昔のB級アメリカ映画のレプリカ企画。 映像の独特な荒れ方や文字フォントのバタ臭さには、その時代の映画にさほど詳しく..
Weblog: TRIVIAL JUNK Blog
Tracked: 2008-03-06 00:40

★「デス・プルーフ in グラインドハウス」
Excerpt: B級映画2本立て劇場(グラインドハウス)で上映してるような作品作りをして・・・ クエンティン・タランティーノ監督とロバート・ロドリゲス監督が1本ずつ作ったうちの1本。
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2008-03-07 23:52

デス・プルーフinグラインドハウス
Excerpt: 往年のB級興行を復活させようと、タラちゃん&ロドちゃんの二人が作り出した企画。 ・・・ってことまでは知ってましたが 『デス・プルーフ』『プラネット・テラー』そして『USAバージョン』も..
Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ
Tracked: 2008-03-08 09:52

デス・プルーフ in グラインドハウス
Excerpt: 何かとつるんでやるのが好きなクエンティン・タランティーノとロバート・ロドリゲスの二人が、今度はあえてB級カルト映画をそれぞれ1本ずつ撮った企画“グラインドハウス”。 今回は、先に上映されたタランティー..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2008-03-09 00:25

デス・プルーフ in グラインドハウス
Excerpt: 観てきました。 <新宿武蔵野館> 監督:クエンティン・タランティーノ 脚本:クエンティン・タランティーノ デス・プルーフ。それはスタントマンが乗る「耐死仕様」のスタントカーのこと。 面白かっ..
Weblog: お萌えば遠くに来たもんだ!
Tracked: 2008-03-09 00:29

デス・プルーフ / DEATH PROOF
Excerpt:        タランティーノが来日して舞台挨拶、ジャパンプレミアに行って参りました〜{/kirakira/} タランティーノが(の映画が)大好きなので、今年1番くらいに楽しみにしてた、久しぶりの..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2008-03-09 00:31

「デス・プルーフ in グラインドハウス」
Excerpt: 「デス・プルーフ in グラインドハウス」TOHOシネマズ六本木ヒルズSC2で鑑賞 面白いかつまらないか、賛否両論のタラちゃん作品。実際自分の目でみてこないと解らないと思ったので映画の日の初回鑑..
Weblog: てんびんthe LIFE
Tracked: 2008-03-09 01:02

映画「デス・プルーフinグラインドハウス」を鑑賞。
Excerpt:  1日は映画の日と言うことでTOHO CINEMAS川崎、スクリーン5にて「デス・プルーフinグラインドハウス」を鑑賞した。 客入りは6〜7割くらいで映画の日で初日なのに、ちと寂しい状況。男女比率は圧..
Weblog: masalaの辛口映画館
Tracked: 2008-03-09 01:04

「デスプルーフinグラインドハウス」
Excerpt: 力は抜けてるけど、細かいところに気は抜かない。(たぶん)実は、とても恥づかしい話ながら、Q.タランティーノ作品。初めて観ました。作風は結構好みに近いはずなのですが、なぜかこれまで縁がなかったんですよね..
Weblog: −☆ EL JARDIN SECRETO ☆−
Tracked: 2008-03-09 04:55

デス・プルーフ in グラインドハウス (2007) 113分
Excerpt:  Quentin Tarantino\\\\\\\'s Death Proof ややこしいタイトルだから「デス・プルーフ」だけでいいと思います(笑)
Weblog: 極私的映画論+α
Tracked: 2008-03-09 07:24

『デス・プルーフ in グラインドハウス』
Excerpt: 映画の日。「タランティーノだから観て置こうか...」これだけで十分、映画を観る気にさせてくれるのです。今日もポップコーンを楽しみに劇場へ...。
Weblog: 映像と音は言葉にできないけれど
Tracked: 2008-03-09 08:40

「デス・プルーフinグラインドハウス」:都立障害者センター前バス停付近の会話
Excerpt: {/hiyo_en2/}この道を行くと、新宿スポーツセンターがあるはずよ。 {/kaeru_en4/}スポーツはもういいよ。 {/hiyo_en2/}どうして? {/kaeru_en4/}タランティ..
Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】
Tracked: 2008-03-09 10:00

映画 【デス・プルーフ in グラインドハウス】
Excerpt: 映画館にて「デス・プルーフ in グラインドハウス」 クエンティン・タランティーノ監督が、リスペクトする1970年代から80年代のB級ホラーにオマージュを捧げたエキセントリック・ムービー。 ちなみに..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2008-03-09 11:22

「デス・プルーフinグラインドハウス」
Excerpt: 試写会で 観てきました。【グラインドハウス】タランティーノ×ロドリゲス公式サイトデス・プルーフ=耐死仕様のシボレーで女の子の乗る車をつけまわし、大激突して殺すのを快感とする スタントマン・マイク(カー..
Weblog: かいコ。の気ままに生活
Tracked: 2008-03-09 14:36

DEATH PROOF★ デス・プルーフ in グラインドハウス
Excerpt:     クエンティン・タランティーノ監督最新作は「デス・プルーフinグラインドハウス」だ   9月14日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。この日は、10周年記念日ディーということ..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2008-03-09 18:17

デス・プルーフ in グラインドハウス
Excerpt: 前回の日記に書いた通り、仕方なく観てきました。 タランティーノの「デス・プルーフ」。 以下、感想を記します‥‥ 「グラインドハウス映画入門」などという本に参加させ..
Weblog: バビロン21
Tracked: 2008-03-09 19:28

デス・プルーフ in グラインドハウス(評価:◎)
Excerpt: 【監督】クエンティン・タランティーノ 【出演】カート・ラッセル/ロザリオ・ドーソン/ローズ・マッゴーワン/シドニー・ターミア・ポワチエ/...
Weblog: シネマをぶった斬りっ!!
Tracked: 2008-03-09 19:47

映画〜デス・プルーフ in グラインドハウス
Excerpt:   ☆公式サイト☆ドレスコードはスリルとスピード60〜70年代に隆盛を極めたインディーズ系の低予算映画=グラインドハウス映画の体験を再現すべく、タランティーノとロバート・ロドリゲスがタッグを組んだ企画..
Weblog: きららのきらきら生活
Tracked: 2008-03-09 23:39

スタントマンVSスタント・ガールズ
Excerpt: 220「デス・プルーフinグラインドハウス」(アメリカ)  テキサスの田舎町。人気女性DJ、ジャングル・ジュリアは親友の金髪のシャナ、久しぶりに町に戻ってきたバタフライ≠アとアイリーンと一緒に町へ..
Weblog: CINECHANの映画感想
Tracked: 2008-03-10 01:16

「デス・プルーフ in グラインドハウス」
Excerpt: いっや〜ヒドイ映画だね! (←褒め言葉) この映画を楽しめるかどうか、は過去に観た映画の経験値がモノをいうかもしれない。60年代の終盤から70年代中頃までのアメリカン・ニューシネマと、そのブームに便乗..
Weblog: 古今東西座
Tracked: 2008-03-10 02:39

デス・プルーフ in グラインド・ハウス
Excerpt:  映画好きの方も、当ブログの「80年代ロック・アルバム・ベスト・セレクション」に
Weblog: eclipse的な独り言
Tracked: 2008-03-10 06:29

「デス・プルーフ in グラインドハウス」
Excerpt: グラインドハウスとは? アメリカで1960年代から70年代にかけて、暴力・エロス・ホラーなどにあふれた低予算のB級作品を、2〜3本立...
Weblog: 或る日の出来事
Tracked: 2008-03-10 07:43

デス・プルーフinグラインドハウス
Excerpt: クエンティン・タランティーノ監督の『デス・プルーフ in グラインドハウス』を観た〜! ”グラインドハウス”とは60〜70年代のアメリカに沢...
Weblog: 描きたいアレコレ・やや甘口
Tracked: 2008-03-10 13:20

デス・プルーフ in  グラインドハウス
Excerpt: さぁ、もう1本♪
Weblog: 映画を観たよ
Tracked: 2008-03-10 13:50

デス・プルーフ in グラインドハウス
Excerpt:  タラちゃんことクエンティン・タランティーノ監督の最新作(ジャンゴにも出ていたが、あれは俳優としてだからな)である。本来は変態銃器...
Weblog: 黄昏ミニヨン想録堂
Tracked: 2008-03-10 14:31

デス・プルーフinグラインドハウス「耐死仕様」
Excerpt: 評価★★★★ 70年代の頃に映画館で観たようなレトロっぽい雰囲気を敢えてフィルムのキズやリールのコマ飛びなど
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2008-03-10 16:39

デス・プルーフinグラインドハウス
Excerpt: これまた待ってましたの作品です。一週前くらいに六本木の映画館でUSAバージョンのを上映してたんでしたっけ?とりあえず私は完全版まで我慢...
Weblog: B級パラダイス
Tracked: 2008-03-10 20:31

デス・プルーフ in グラインドハウス
Excerpt: おバカ映画の傑作!
Weblog: 夫婦でシネマ
Tracked: 2008-03-11 19:46

デス・プルーフ in グラインドハウス を観ました。
Excerpt: スリルとスピードがこの作品のキーワードらしいけれど、私としてはもうひとつ加えたいなぁ…ってね。
Weblog: My Favorite Things
Tracked: 2008-03-13 11:21

『デス・プルーフ in グラインドハウス』
Excerpt: (2007/米/クエンティン・タランティーノ)  【期待度】★★★★・ 【満足度】☆☆☆・・  【オネエちゃんの生足が嫌っちゅーほど見れる度】★★★★★  ヲタク監督クエンティン・タランティーノ..
Weblog: 『座敷牢からなんかニョロ〜っとトビ出したようなカンジの.......』
Tracked: 2008-03-16 11:59

デス・プルーフ in グラインドハウス
Excerpt: 着メロはダリル・ハンナの口笛・・・
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2008-03-17 21:38

「デス・プルーフ inグラインドハウス」 やきにくのたむら
Excerpt: 会話の妙味が魅力のタランティーノですが、今回の娘っ子たちのトークに琴線は触れまへんでしたわ。 やっぱり得意のオタ会話でないと・・・。 学生時代、女の子と会話するより篭って映画ばっかり見てたんだから、一..
Weblog: 『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記
Tracked: 2008-03-23 19:57

デス・プルーフinグラインドハウス
Excerpt: ハリウッド映画界のオタクタッグであるクエンティン・タランティーノとロバート・ロド
Weblog: 大発狂!マッドシネマ-映画天国-
Tracked: 2008-03-29 09:39

デス・プルーフ in グラインドハウス
Excerpt: [[attached(1,center)]] スゴ腕スタントマンのマイク(カート・ラッセル)は、愛車「デス・プルーフ」に乗り、美女をナンパしては死のドライブに誘っていた。 ある日マイクは、..
Weblog: サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画
Tracked: 2008-03-30 14:28

デス・プルーフ in グラインドハウス
Excerpt: デス・プルーフ プレミアム・エディション(2008/02/22)ヴァネッサ・フェルリト、ローズ・マッゴーワン 他商品詳細を見る さてぶっ続けで幕間の...
Weblog: 生まれてから今まで観てきた映画全部
Tracked: 2008-04-05 18:50

デス・プルーフ
Excerpt: ★★★☆  デス・プルーフとは、「耐死亡性」を備えていること。映画のスタントマンが乗る車は、当然この仕様になっている。 この作品ではカート・ラッセル演じるところの殺人鬼マイクもスタントマンで、この仕様..
Weblog: ケントのたそがれ劇場
Tracked: 2008-04-13 21:04

感想/デス・プルーフ in グラインドハウス(試写)
Excerpt: キレまくりのスリル&スピード! 『デス・プルーフ in グラインドハウス』9月1日キラーチェーン公開。テキサスに集まったガールズたちはバーで夜遊び。そこに現れた顔に傷のある中年男スタントマン・マイク。..
Weblog: EDITOREAL
Tracked: 2008-04-24 22:25

デス・プルーフ
Excerpt: 原題 Quentin Tarantino's Death Proof 製作年度 2007年 製作国 アメリカ 上映時間 113分 監督 クエンティン・タランティーノ 脚本 クエンティン・タ..
Weblog: タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌
Tracked: 2008-05-10 16:38

【映画】デス・プルーフ in グラインドハウス…カート・ラッセルが随分ナンチャンに似てきてませんか?
Excerpt: うへぇ…忙しいです{/face_hekomu/}{/down/}。 今日{/kaeru_fine/}も(もう昨日か)先程までお仕事でした。 前も書きましたが…以前やってた某お仕事…私は卒業(?)してい..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2008-05-18 00:39

デス・プルーフ in グラインドハウス
Excerpt: ドレスコードは、スリルとスピード
Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー
Tracked: 2009-09-23 13:20

デス・プルーフ in グラインドハウス(DVD鑑賞)
Excerpt: なんか徐々にDVD鑑賞作品が増えつつありますな てわけで、今日は時間はあったけどなんか体がだるかったから映画館には行かずに家でおとなしくDVDで映画観てました タランティーノ好きのくせ..
Weblog: 〜映画盛り沢山〜
Tracked: 2009-12-10 12:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。