2008年01月31日

臨死 (The Invisible)

監督 デヴィッド・S・ゴイヤー 主演 ジャスティン・チャットウィン
2007年 アメリカ映画 111分 サスペンス 採点★★★

“ムー”やら“うしろの百太郎”やらをワクワクしながら読んでいたその昔、まぁこの手の本を“ワクワク”しながら読むってのは今も変わりませんが、“こうやれば貴方のオーラが見える!”“守護霊の呼び出し方!”“レッツ幽体離脱!”など、書いてあることをあれやこれや試してみたもので。もちろんことごとく全て失敗に終わるんですが、やっぱりあれですかねぇ?あまりに邪まな人間だから、ダメだったんですかねぇ?

thin3.jpg

【ストーリー】
強盗したことを警察に通報したと誤解され、不良グループに森の奥で暴行されたニック。昏睡状態に陥り死んでしまったと思われた彼は、マンホールの中に置き去りにされてしまう。やがて彼の魂は彼の肉体を離れ救いを求めて彷徨うが、誰にも彼の声は届くことはなかった。唯一、彼を暴行した不良グループのリーダー、アニーを除いて…。

thin2.jpg

監督も務めた『ブレイド3』や、『バットマン ビギンズ』などのコミック映画の脚本のみならず、『フレディVSジェイソン』などのホラー作品、果てやヴァンダム作品の脚本まで手掛けた、是非ともお友達になっていただきたいほど素晴らしいフィルモグラフィを持つデヴィッド・S・ゴイヤーによるスーパーナチュラルスリラー。
霊体となってしまったことから誰にも気付いてもらえない主人公を唯一救えるのが、主人公をそんな目に陥らせた当の本人である捻った設定と、早く体を見つけてもらわないと本当に死んでしまうタイムリミットが近づくにつれて状況も悪化していく、サスペンスの盛り上げも上手い一本。主人公らを取り巻く状況なども丁寧にじっくりと描いており、非常に安定感を持っている作品ではあるのだが、全米公開版より随分と長いバージョンであるせいもあるのか、あまりにじっくりし過ぎてモタモタしている感も。選曲は良いのだが“ただ流してるだけ”の印象すらある、楽曲の工夫のない使い方も残念。ただし、多少強引な感じは否めないものの、主人公と不良少女との繋がりを強めていく様をしっかりと描き、それを切ない余韻を長く残す結末へと持っていく展開は嫌いではない。

thin4.jpg

自覚のあるマルコム医師状態の主人公に扮するのは、居たと思ったらいつの間にか居なくなり、忘れた頃にまた出てくる、ある意味『宇宙戦争』でも幽体離脱状態にあったジャスティン・チャットウィン。生まれた頃からバランスが全く変わっていなさそうな顔立ちと、せっかく霊体になったというのに女の子のシャワー姿すら覗こうとしない生真面目さとは裏腹に、深く重たい翳を持つその瞳は、時代が時代ならキュアやジョイ・ディヴィジョンなんかを好んで聴いてそうで、本作の主人公にはピッタリの風貌。顔の半分が額という、ある意味将来が楽しみな俳優でも。そんな主人公にすっかりと憑りつかれる、普段はワルだが家では弟想いの良いお姉ちゃんで、帽子を取ると美少女という、マンガから出てきたようなアニー役を演じるマルガリータ・レヴィエヴァや、いじめられっ子専門役者の風格さえ漂う『ガール・ネクスト・ドア』のクリス・マークエット、若手ばかりで単調になりがちな絵面をピリリと締める『アメリカン・ドリームズ』のマーシャ・ゲイ・ハーデンなど、適材適所のキャスティングが光っている。
ところで、私自身はジャンプ嫌いなんで然程興味はないのですが、巷では大きな関心を引いている実写版“ドラゴンボールZ”で悟空役に抜擢されたジャスティン・チャットウィン。字幕では自分の事を“オラ”って言ったりするんですかね?

thin1.jpg
アニー!後ろ、後ろ!

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気ブログランキングへ

        


posted by たお at 16:30 | Comment(4) | TrackBack(5) | 前にも観たアレ■ら行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たおさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

実はアニーがいつあの似合わない帽子を取ってくれるんだろうかと、ニックの体が戻る以上にソワソワしてた自分w長い髪を下ろすと結構な美人なのに、帽子を被ってるシーンが前半全部なので、無駄に魅力を殺していたように思えます(汗

でもジャスティンくんは凄い胸毛でしたが、ドラゴンボールまでには綺麗に剃ってもらいたいものです(笑
Posted by メビウス at 2008年02月13日 23:10
こんにちは☆
たおさんだったら女の子のシャワー姿見ちゃいます?(笑)
どうもこのジャスティンくんの胸毛が気になってストーリー忘れかけました^^;
Posted by ゆかりん at 2008年02月14日 11:02
メビウス様、こんばんは!
まぁ、メガネを取ったら案外美人と同じようなものなので、とことん引っ張ったんでしょうねぇ。皆さん、ジャスティンのあのもっさりとした胸毛だけは強烈に覚えているようでw
Posted by たお at 2008年02月15日 20:38
ゆかりん様、こんばんは〜♪
>たおさんだったら女の子のシャワー姿見ちゃいます?
「まさかぁ。見るわけないじゃないですか!」と言ってみたい所ですが、そんな奴ではないことは充分にバレておりますので、「もちろん見ます!」と断言しておきます^^;
Posted by たお at 2008年02月15日 20:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ホラー・サスペンスじゃなくて青春映画だった〜〜!☆『臨死 / THE INVISIBLE』☆
Excerpt: タイトルから、てっきりホラー・サスペンスかと思って観始めたのに、アレレ、なんだなんだ ホラーというには怖さの欠片もなく、アイドル映画か、青春ものって感じ アニーの思い込みから、肉体が瀕死状態に..
Weblog: honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜
Tracked: 2008-02-11 17:36

【DVD】臨死(評価:◎)
Excerpt: 【監督】デビッド・S・ゴイヤー 【出演】ジャスティン・チャットウィン/アレックス・オルグラン/クリス・マークエット/マルガリータ・レヴィ...
Weblog: シネマをぶった斬りっ!!
Tracked: 2008-02-13 23:04

臨死
Excerpt: 【THE INVISIBLE】2007年劇場未公開製作国:アメリカ 監督:デヴィッド・S・ゴイヤー原作:マッツ・ヴォール出演:ジャスティン・チャットウィン、マルガリータ・レヴィエヴァ、クリス・マ..
Weblog: 映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2008-02-14 10:54

『臨死』未公開ファンタジー
Excerpt: 『臨死』 THE INVISIBLE(2007年アメリカ)  監督 デビッド・S・ゴイヤー  脚本 ミック・デイビス、クリスティーン・ルーム  出演 ジャスティン・チャットウィン、マルガリータ・レヴィ..
Weblog: @KOBAのムービー!ムービー!
Tracked: 2008-03-11 22:10

「臨死」★★★★
Excerpt:    '07年製作 主演ジャスティン・チャットウィン 共演マルガリータ・レヴィエヴァ、マルシア・ゲイ・ハーデン、クリス・マークエット、アレックス・オルグランほか。 母親のみならず、学校からも将..
Weblog: JoJo気分で映画三昧!+α
Tracked: 2008-03-19 23:08
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。