2008年01月14日

ネバー・サレンダー 肉弾凶器 (The Marine)

監督 ジョン・ボニート 主演 ジョン・シナ
2006年 アメリカ映画 92分 アクション 採点★★★

80年代に一世を風靡した筋肉映画。爆風に吹き飛ばされようが弾丸が雨のように降り注ごうが“筋肉がついているから”ヘッチャラな主人公が、どんな高度な乗物だろうが機械だろうが“筋肉がついているから”何でも使いこなし、絶世の美女や子供たちから“筋肉がついているから”喝采を浴びながら、悪党どもをビッタンビッタン筋肉フル活用で成敗する筋肉映画は些か女性陣には不人気ではありましたが、長い労働を終えた男どもがビールを片手にソファーで長くなって観るにはうってつけの映画でも。汗だくになって働いて心身ともに疲れきってる時に、テオ・アンゲロプロスとかの映画は観る気になりませんしねぇ。

mari1.jpg

【ストーリー】
イラクでの作戦中、仲間を救い出すためにちょっとばかしやりすぎちゃった海兵隊員のジョンは、それが原因で海兵隊を除隊。一般人の生活にイマイチ馴染めないジョンは気晴らしに妻とドライブに出かけるが、立ち寄ったガソリンスタンドで逃走中の凶悪宝石強盗団に遭遇。妻を誘拐されてしまう。

mari2.jpg

トップレスラーであるケインをメインに据えた筋肉ホラー『シー・ノー・イーヴル 肉鉤のいけにえ』でのツボをきちんと押さえた作りが好印象だったWWEフィルムが、今度はジョン・シナを主演に迎えたストレートな筋肉アクション。
独断での英雄的行動が原因で海兵隊を去らざるを得なくなるオープニングのホロ苦さこそは今日的ではあるが、あとはもうそんなことがあったなんてスッカリと忘れ去らせてくれる筋肉映画の基本に忠実な展開が目白押しの本作。思いのほかギャグが多く、その笑いとアクションのキレとのバランスがイマイチ上手く取れていないので緊張感が皆無のまま映画が進行してしまうが、ダラける前にとにかく何かしらかが大爆発をするので退屈せず。“筋肉さえ付いていれば大方大丈夫”というお約束事もシッカリと守られており、多少そこにオンブにダッコの感も強いが、とりあえずツボだけは押さえた作りになっている。
“筋肉ホラー”“筋肉アクション”と、WWEで培った演出法と顧客のニーズに対するノウハウが存分に活かされた作品を作り上げたWWEフィルムであるが、今後はそこだけに留まらず、奥手な筋肉が美女相手に四苦八苦する“筋肉ラブコメ”や、凶悪なエイリアンに筋肉が襲われる“筋肉SF”、寝たら死ぬ奇病を患った筋肉が主人公の“お涙筋肉”など、素材を生かして題材を台無しにする作品を手掛けて頂けたらと心の底から熱望。

mari3.jpg

巨大な身体を持っているだけで、その人は映画の中で異様なまでの存在感を示すもの。そういった意味ではその巨体の見せ方に秀でたレスラーを大勢抱えるWWEは、まさに宝の宝庫。『シー・ノー・イーヴル 肉鉤のいけにえ』のケインも、道理は通じないがお母さんの言うことだけはシッカリと守りそうな愛嬌すら感じる風貌が魅力的だったが、今回のジョン・シナもなかなかのもの。ちょっとでも難しい話をしようものなら瞬く間に思考回路がどっか遠くへ旅立ってしまいそうな風貌ではあるが、人だけは良さそう。ドアを開けるのにイチイチ蹴破る不器用さも、まぁ人の良さってことで。
無論ひたすら真っ直ぐ走る筋肉マット・デイモンみたいなジョン・シナだけでは映画を一本もたせるには辛いが、その辺はドゲッツこと『ファイヤーウォール』『父親たちの星条旗』のロバート・パトリックが充分にカバー。あまりに飄々と楽しそうに演じているんで、悪役であることを忘れてしまう瞬間もありますが、そんな時用にターミネーターネタを用意してある周到さも嬉しい。持ち前の芸幅の広さで、作品をシッカリと締めてくれる良い仕事を今回も披露する彼。流石、ブルース・ウィリス、スタローン、シュワの“プラネット・ハリウッド三羽烏”に殺された唯一の男ですねぇ。

mari4.jpg
何でこんな状況に陥ったかは、もちろん覚えていない

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気ブログランキングへ

        

        


posted by たお at 02:12 | Comment(6) | TrackBack(6) | 前にも観たアレ■な行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、wataruです。
TBありがとうございました。
これは面白かったですねえ。昔懐かしいアクション映画を観ているようで。確かに「筋肉ラブコメ」や「お涙筋肉」観てみたいですよ!妄想が止まりません♪
Posted by wataru at 2008年01月15日 22:52
wataru様、こんばんは!
筋力で全てを解決する、良い映画でしたねぇ。筋肉映画ブームの再来を期待したいですねぇ。
Posted by たお at 2008年01月18日 20:04
こんにちはTBお邪魔します
B級だけど凄いアクションでしたね。
人間ターミネーターでした。
Posted by ケント at 2008年01月23日 16:47
ケント様、こんばんは!
筋肉さえ付いてれば大体OKな、良い筋肉映画でしたねぇ。
ターミネーターネタもしっかりと入ってましたし。
Posted by たお at 2008年01月23日 20:25
 はじめてコメントさせていただきます。
 いつも記事のあとのアフィリエイトのセレクトがうまいなあと思っていたのですが、今回Filterのアルバムが選ばれていたのには唸りました。
 ロバート・パトリック(とその兄弟)、いいですよねえ。
Posted by tegi at 2008年01月26日 01:08
tegi様、はじめまして!
あら?気づかれましたかぁ^^
どーせ誰も気付かないだろうなぁと思ってたんで^^;
元々フィルターが好きだったんですが、なんかで兄弟であることを知った時は素直に「すげぇ兄弟だ」と思いましたねぇ。
Posted by たお at 2008年01月26日 23:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

三度殺しても、死なない男
Excerpt: 58「ネバー・サレンダー 肉弾凶器」(アメリカ)  海兵隊員のジョン・トライトンはイラクでの決死の救出劇により戦場の英雄となる。しかし、その行動が軍規に反するということで除隊されてしまう。海兵隊が全..
Weblog: CINECHANの映画感想
Tracked: 2008-01-15 01:28

‘ ぬかるな ’・・・アル・パチーノの台詞だよ〜ジョン・ボニート「 ネバー・サレンダー 肉弾凶器 」
Excerpt: こんにちは。 晴れの火曜日です。 今日は、日曜日に大森の映画館で観させて頂いた、ジョン・ボニート氏の新作映画について。 『 ネバー・サレンダー 肉弾凶器 ( THE MARINE ) 』 ( ‘0..
Weblog: ** Paradise Garage **
Tracked: 2008-01-15 09:58

『ネバー・サレンダー 肉弾凶器』
Excerpt: (原題:The Marine) ----ジョン・シナってだれよ? 「ぼくも知らなかったけど、 WWE(ワールド・レスリング・エンタテインメント)のスーパースターらしい。 WWEでは持ち込まれた企画や..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2008-01-15 10:27

ネバー・サレンダー/肉弾凶器
Excerpt: ★★★  サブタイトルの『肉弾凶器』にB級の臭いがプンプン漂ってくるが、観てみたらやはりバリバリのB級映画だった。 ストーリーは単純明快。ダイヤ強盗団に誘拐された愛妻を救出するため、主人公の夫がひたす..
Weblog: ケントのたそがれ劇場
Tracked: 2008-01-23 16:40

ネバー・サレンダー 肉弾凶器
Excerpt: 3月4日(日) 17:00〜 キネカ大森1 料金:1000円(テアトル会員) パンフ:製造なし ネバー・サレンダー 肉弾凶器 [DVD]出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテ..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2010-02-12 01:57

#330 THE MARINE (2006) ネバー・サレンダー 〜肉弾凶器  …2倍速
Excerpt: 俺を怒らせんじゃねぇ!!           ..
Weblog: 鑑賞録
Tracked: 2010-10-25 07:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。