2008年01月06日

ジャパン/孤独な影 (Japan/Gentlemen Take Polaroids)

如何せん田舎に住んでいるもんで、好きなアーティストが地元に来るってことがまずない。「来て堪りますか!」ってほど来ない。で、どうしても行きたい場合は已む無く東京まで行かなければならないのだが、大の東京嫌いの上に金もないので、滅多に行かない。ただ稀にどうしても我慢が出来ず、深夜バスなり普通列車を乗り継いで行くなりして観に行くことも。学生の頃観に行ったU2がBBキングを引き連れてやって来たライヴもそんな一つで、必死に貯めたバイト代を握ってエッチラホッチラ8時間掛けて独り東京へ。ライヴを堪能したはいいが帰りの足はなく、仕方なく近くのカプセルホテルを宿に決め、腹も減ったので肉体労働者が多く集まる大衆食堂へ。深夜に独り、馴染みの物が何一つない土地で孤独感を募らせながら唐揚げ定食を食べていた時に、突然店内の有線から流れてきたのがこの曲。不意に現れた馴染みの深い物に、思わず涙が吹き出てしまった私だったとさ。



↓↓お帰りの際にでもジェ〜ント〜ルメ〜ンと↓↓
人気ブログランキングへ

        


タグ:音楽
posted by たお at 02:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
「デヴィッド」といえば「シルビアン」^^なつかしいです。
でも肉体労働のおとっつぁんたちにこんな曲聴かせるなんてどういうつもりなんでしょうか、その食堂
Posted by タカM at 2008年01月06日 18:11
タカM様、こんにちは!
デヴィッドといえばボウイの私でも、ミックといえばカーンです^^
案外その筋じゃ人気なのかも知れませんねぇ、ジャパンw
Posted by たお at 2008年01月08日 13:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。