2007年12月18日

アイ・アム・レジェンド (I Am Legend)

監督 フランシス・ローレンス 主演 ウィル・スミス
2007年 アメリカ映画 100分 SF 採点★

“映画は映画、原作は原作”と割り切って楽しむ性質とはいえ、やっぱり好きな小説の映画化は色んな意味で期待と不安が入り混じるもので。それでもまぁ、映画として面白く出来ているなり原作の持っていた重要なポイントさえ押さえていれば、50人いた登場人物が3人に減っていようが、中世だったはずの舞台が宇宙に変わっていようが、“フランダースの犬”が筋肉映画に豹変していようが、全く気にはならないんですけどねぇ。

ial1.jpg

【ストーリー】
2012年、ニューヨーク。3年前に爆発的に発生した謎の病気により人類が吸血鬼のような怪物と化してしまった世界。地球最後の人間として生き残ってしまったネヴィルは、その病気の治療薬開発と他の生存者探しに奔走するが…。

ial5.jpg

あらゆる意味でネタバレをしていますんで、要注意を
『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』から始まるモダン・ゾンビのネタ元としても非常に重要な位置づけにある、リチャード・マシスンの傑作小説“地球最後の男”の『地球最後の男』『地球最後の男 オメガマン』に続く三度目の映画化。
謎の疫病により人類が吸血鬼と化し唯一の人間となってしまった主人公の、当初こそは防衛と研究の為であったはずの吸血鬼狩りが、長い日々の繰り返しの中でルーチンワークとしてただこなすだけの日課となっていく様を、主人公のボヤキ同様ドライなタッチで描かれる原作。あくまで読者同様人間である主人公の視点“人間=善 吸血鬼=悪”で進んでいくのだが、自分にとって恐怖の対象であった吸血鬼から見れば、唯一の人間である主人公こそが異物であり、呪われた存在であり、連日寝こみを襲ってくる“伝説の怪物”であることが判明するラストの衝撃は、それまで然程本好きではなかった私に、本の面白さを「これでもかっ!」って程教え込ませてくれたものである。
その“自分こそが伝説の怪物(アイ・アム・レジェンド)”とタイトルに重要な意味を込められた原作が、そのまま“アイ・アム・レジェンド”としてウィル・スミス主演で映画化されると聞いた時は、「オレはグレートだぁ!オレは伝説的なヒーローだぁ!」と“レジェンド=ウィル・スミス”ないつもの俺様映画になっちゃうんじゃないかと冗談半分不安半分で思ってはいたものの、踏み外しようのない完成されたオチを持つ原作を『コンスタンティン』で卓越したビジュアルセンスを披露したフランシス・ローレンスが監督をするってんで、多少不満があったとしても、つまらない作品にだけはならないと思っていた私。アイザック・アシモフの原作を『クロウ/飛翔伝説』『ダークシティ』のアレックス・プロヤスが監督したにも関わらず、ロボット3原則が“オレ最高!オレ最強!やっぱりオレ最高!”の“ウィル・スミスの3原則”に摩り替わっていた『アイ,ロボット』のことをスッカリと忘れて…。

ial4.jpg

「オレの肉体美を堪能しろ!」と、不自然なほど長く挿入されるウィル・スミス映画恒例の肉体自慢を軽く受け流せるほど強烈なインパクトを持つ廃墟となったニューヨークの異様な光景を舞台に、基本的に一人称視点で展開される本作。いかにもCG然とした動物などといった問題点を軽く吹き飛ばすほど強烈なその景観は、本作のもう一人の主人公と言ってもいいほど。「こういう事があったんだろうなぁ」と脳内補完で完成させることを拒むかのように、やたらと挿入される回想シーンによってテンポが著しく悪くなってしまうが、『28日後…』のレイジ以降主流となった全力疾走型ゾンビの系譜に則った感染者が生み出すスピード感が、それを相殺している。日中建物内の暗闇の中で輪になり休息している感染者の群れが照明に照らし出されるシーンは、近年の作品の中でも群を抜く恐ろしさである。
しかしながら、中盤以降その肝心の感染者の描写が非常に雑。動物を操り、罠を作り、先導者の下で集団行動を取り、同族間で愛情にも似た感情を持っていることがサラリと描かれるが、社会を構築するだけの知性ある存在ではなく、最後まで怪物としてのみ描かれる。“非常に雑”とは書いたが、それもこれも“映画の主人公は誰からも愛され共感を持たれる人物でなければならない”という、近年の映画製作に蔓延る病巣が原因なんですが。

ial2.jpg

で、いきなり結末に触れるが、本作は“アイ・アム・レジェンド”でも“地球最後の男”でもない。ずらりと並んだ感染者の写真で研究の為に大量の感染者を殺してしまっていることは匂わせるが、吸血鬼狩りの直接的描写が一体のみに絞られ、感染者が知性に基づいて社会を形成することによって生まれる社会構成の逆転や視点の逆転がないため、主人公の行為は人類救済の善意のものとして観客の共感を得れる範囲に留まっている。そして、感染者による社会の逆転が発生しない本作には代々語り継がれることになるであろう恐怖の“伝説”は存在せず、よって「自分こそが伝説の怪物であった」と気がつく“I Am Legend”という、作品上最も重要なセリフもない。その代わりにあるのは、「彼こそ人類の救済者だー!彼こそ伝説の英雄だー!」と褒め称える“He Is Legend”。いつの間にかタイトルが変わっている。病原菌は寒さで死滅するのでバーモント州の山間部では生存者がワラワラいるってのも、たとえ地球温暖化で全体的に暖かくなっているという裏設定があったとしても、冬は極寒のニューヨークを舞台にしているだけに説得力は皆無で、「だったら、結構あちこちに生存者いるんじゃね?」との疑問が浮かぶ以前に、「そこまでしてハッピーエンドにしたいのか?」という不満が大きい。作り手以上に、それを求め過ぎる観客にも問題があるのですが。
リメイクにしろ原作ものにしろ、重要なポイントを取り除いて別物として仕上げるのであれば、『ドーン・オブ・ザ・デッド』のようにそれらを補って余りあるずば抜けて面白さを持つ作品に仕上がっているのであれば嬉しいのだが、残念ながら原作の背帯の粗筋だけを映画化したかのような本作にはそこまで強烈な面白さを見出すことが出来ず。ごま塩頭で奮闘するウィル・スミスも、他者なりロボットなり宇宙人なりに絡むことで彼の持つ面白さを発揮するのだが、さすがに一人ぼっちの本作ではそこまで魅力を発揮できてはいない。いきなりノン・クレジットでエマ・トンプソンが登場する嬉しい驚きはあったが、なまじ思い入れのある原作である上に、劇場でここまで口をアングリしてしまった作品もここ最近なかったので、手厳しいとは思いつつもこの評価で。まぁ、この作品のヒットで、一人でも多く原作を手にしてくれる人が増えれば嬉しいんですが。

ial3.jpg
まぁ、常に“オレひとり”って映画ばかりの気もしますが

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気ブログランキングへ

        

        


タグ:SF
posted by たお at 16:57 | Comment(30) | TrackBack(103) | 前にも観たアレ■あ行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、いつも楽しく拝見させて
頂いております。今回の感想を読み
マシスンファンとして同志に心より
賛同のエールを送らせて頂きます。
原作のラスト、オセロの白と黒がバタバタッとひっくり返るように「レジェンド」
の意味が胸に迫る。これこそがSFであり
センスオブワンダーだというのに。
地球最後の男やなかったんですね。
Posted by 奈良の亀母 at 2007年12月19日 22:41
たおさん、こんばんわ

僕は原作を半分読んで映画を見に行き、その後、残り半分を読みました。
そのとき原作の素晴らしさと映画のくだらなさが同時に波のごとく押し寄せてくる、
妙な心境に襲われました。
いや〜、原作への愛にあふれたいい記事ですね。とても参考になりました!
それにしてもこの映画のラストはひどすぎますね...。
Posted by moviepad at 2007年12月19日 23:08
こんばんは。

なるほど、価値の逆転で主人公は
「自分が伝説の怪物」と知るわけですね。
そっちの方が
「彼は伝説となった」より
遥かに食指を誘いますね。
Posted by えい at 2007年12月19日 23:44
奈良の亀母さま、はじめまして!
ある意味、映画の方もラストにタイトルの意味が判明して驚愕はするんですが、まぁ全く“センスオブワンダー”ではないですねぇ^^;
Posted by たお at 2007年12月20日 08:20
moviepad様、こんにちは!
いつの間にかタイトルもテーマも全て変わってしまってたオチでしたからねぇ・・・。でもまぁ、moviepadさまは原作の面白さに触れただけ、本作を観た甲斐があったのかも^^;
Posted by たお at 2007年12月20日 08:24
えい様、こんにちは!
“呪われ者”を“偉大な救世主”に強引に変えてまで映画化する必要は・・・。そんなにハッピーエンドにしたいんですかねぇ?
なんというか、老舗の寿司屋の息子が「オレ、魚好きじゃないからピザ屋にする!」と、屋号も店構えもそのままにピザ屋に変貌させ「ウチは老舗だぞ!」と言い張ってるかのような。。。
Posted by たお at 2007年12月20日 08:28
たおさん TB&コメありがとうございました♪

たおさんのレビュー拝見してすごく納得しました!!!
同時に、たおさんのように原作ファンの方々に失望感を与えてしまったこの映画の出来は"罪"ですね。
Posted by なぎさ at 2007年12月20日 09:02
こんにちは☆
「地球最後の男」というのうそじゃんってね(笑)
「ニューヨーク最後の男」だったのにちとがっかりでした。
またまたゾンビ(のようなもの)だったし、、、
今年はゾンビ祭りの一年だったような気がします。
ウィル・スミスもいいんですが、わんこのサムが一番いい演技をしとりました。
Posted by ゆかりん at 2007年12月20日 12:39
私としては、はなっからウィル君の肉体を見に行ったようなもんですから、それなりに満足でしたが、たおさんの読んでからはそうも行かなくなりました。
本日、原作本購入いたしてまいりました。
いままで読んでた本ぶん投げて、今日より読みたいと思います。
Posted by sakurai at 2007年12月20日 13:59
こんばんは!たおさんのレビュー読んでますます原作が読みたくなりました。
冒頭のクリピン女医はやはりエマ・トンプソンだったのですね!
似てるなあと思いながら、こんな端役で出るはずないだろと思ってました。
なぜ出た?(苦笑)
Posted by しゅぺる&こぼる at 2007年12月20日 20:25
たおさん、こんばんは〜♪
私は映画を見る前に原作を最後の数ページ
だけ読んだので、ネヴィルが伝説になった意味は知ってたんですけど、いざ映画を観てみると。。。伝説は伝説でも意味が違う〜、と、なんか拍子抜けというか、騙された気がしました〜。前半の方は結構うるうるしちゃったんですけどね〜。気がつけば印象に残ってるのはサムの演技だけだったりします(笑)
Posted by りら at 2007年12月20日 22:27
なぎさ様、こんにちは!
“映画は映画、原作は原作”で一向に構わないんですが、「そこまでして映画化することはないんじゃない?」と思う作品が最近多過ぎて。
なんと言うか、
「サルカニ合戦を映画化しよう!」
「でも、最後にサルを寄ってたかって袋叩きにするのは残酷過ぎない?」
「じゃぁ、最後はみんなでサルに説教して終わりにすればいいんじゃない?」
「と言うより、サルが母カニを殺すってのがアレなんじゃない?」
「そうだねぇ。じゃぁ、サルとカニがおにぎりを分け合って、二人で柿木を育てて反映する話にしよー!」
「そーしよー!」
って感じの。。。
Posted by たお at 2007年12月21日 16:01
ゆかりん様、こんにちは〜♪
そんだけ寒さに弱いウィルスなら、北半球には生存者がワラワラといそうですしねぇ・・・。
Posted by たお at 2007年12月21日 16:05
sakurai様、こんにちは!
その行動力には感服するばかりです。
でもまぁ、決してつまらない本ではないので、退屈だけはしないかと。
Posted by たお at 2007年12月21日 16:11
しゅぺる&こぼる様、こんばんは!
理由が何であれ、原作を手に取ってくれる方が一人でも増えてくれるのは嬉しい限りで♪
で、エマ・トンプソン。ホント、ただ出てきただけでしたが。。。
Posted by たお at 2007年12月21日 16:14
りら様、こんにちは〜♪
いきなり最後のほうだけを読むってのも、すごいですねぇw
皆さんのレビューを読むと、犬にやられちゃったってのが多いですねぇ。確かにほとんどの見せ場を持っていってましたしねぇ。
Posted by たお at 2007年12月21日 16:17
なるほど〜。

感染者が進化した人類じゃないのか?(進化とはいわないかもしれないけど)と映画を見ながら思っていたんですが、レビューを読ませていただいて納得しました。
そういうことだったんですね。
原作読みたくなりました!
Posted by ぷちてん at 2007年12月21日 23:05
ぷちてん様、こんばんは!
そうなんですよ。新しい時代が明けると共に、古い時代の遺物が伝説として語り継がれる物語だったはずが、「そんなのハッピーじゃないやい!」とばかりに変えられているんですよねぇ。。。
映画で物足りなかった部分は、きっと小説でもれなく補足してくれると思うんで、お暇でしたら是非^^
Posted by たお at 2007年12月22日 01:21
こんにちは。
原作は知りませんでしたが、そんなにも面白いストーリーだったのですか。タイトルにもそんな意味があったのに、映画ではすっかりすり替わってランクを下げてしまいましたね。
でも、セリフによる説明はありませんでしたが、ネビルが完全な「善」サイドの者ではないということは、伝わってきました。違うラストであったならと思います。惜しい映画でしたね。
(はじめましてと言いませんでしたが、いつもTBでお世話になっています。映画のブログの場所を変えましたので、これからもよろしくお願い致します。)
Posted by kiriy at 2007年12月23日 16:46
 TBありがとうございました!
 こちらもさせていただきました。

 私は映画に行く前にネットであらすじを読んでから行ったのですが、タイトルの「I am Legend」から「He is Legend」へ…のくだりはまさしく!という感じでした。

 結局ハリウッド超大作だとこうなっちゃうのかな…。と思いました。

 知性的なところもありそうなのに、強化ガラスを頭で割っちゃあね。
Posted by シネ山 at 2007年12月24日 19:53
kiriy様、こんばんは!
ベーコン食われていじけたり、闇雲に「世界を救うんだ!」と、ちとばかしアブナイ人間でしたねぇ、ネヴィル。結末についてはもう散々書いたんでもういいかなとも思いますが、流石“フランダースの犬”をハッピーエンドにする国ですねぇ^^;
Posted by たお at 2007年12月26日 23:45
シネ山さま、こんばんは!
怪物が怪物のままじゃぁ、“I am Legend”じゃぁないですよねぇ。。。
Posted by たお at 2007年12月26日 23:54
途中いろいろありまして、読むのが一向に進まなかったのですが、やっと読了しました。
いやあーーーーー、「アイ・アム・レジェンド」の意味がこれほどまでに違うかったのかあ・・・と唖然としてしまいました。
人類救済などというどっかの国が大仰にやってることを正当化したいかのようになってしまってたのですねえ。
いやあ、勉強になりました。
あの逆転。自分こそがイチバン!!と思っていたところにあった、強烈なしっぺ返し。うーん、インパクトありました。
読み応えありました。
ざっと、50年前に書いていたということにも驚愕です。
たおさんの読まなかったら、絶対本を手にとることがなかったと思うので感謝しております。ありがとうございました。
Posted by sakurai at 2007年12月30日 23:11
こんにちは、お邪魔します。
 それにしてもB級映画を超大作に創ったこの映画、凄いですねぇ。多分セットと実写とCGの組み合わせだと思いますが、動物とダークシェーカー以外は実写としか見えませんでした。
 『28日後』と同じ内容でしたが、スケールの大きさとウィル・スミスの存在感により、余り暗い感じに篭らず、中盤までは文句のつけようがありませんでした。
 ただあの生存者の登場から一変におかしくなりました。せっかくの大作を台無しにした感があります。さすがアメリカは太っ腹だ・・・
Posted by ケント at 2007年12月31日 11:11
sakurai様、こんばんは!
あれだけ面白い話を、何故にあんな映画にしちゃったのか不思議でしょうがないんですよねぇ・・・。
それはともかく、小説を楽しんでいただけたのは同じファンとして嬉しいですねぇ^^
Posted by たお at 2008年01月01日 23:31
ケント様、こんばんは!
そんだけお金をかけるなら、せめて面白い作品に・・・^^;
まぁ、原作が原作なんでゾンビ映画になるのは当然の成り行きなんですが、そのゾンビの描き方まで半端なのは、如何なものかと。
Posted by たお at 2008年01月01日 23:34
たおさんコメントありがとう
おめでとうございます。
年間ワーストですか、思い切りましたね。本屋で小説を立ち読みしましたが、映画とはかなり違いますね。映画よりずっと説得力がある感じでしたよ。
Posted by ケント at 2008年01月04日 23:56
ケント様、あけましておめでとうございます!
思い切るも何も、嫌いな作品ですしねぇ^^;
Posted by たお at 2008年01月06日 02:49
おこーんばーんはー♪
なんと!!!!原作はそういうお話だったのですね!!!!
原作のオチのほうがかなり面白いと思うのになぁ・・・
観客に媚びるのもほどほどにしないと、ダメ映画になりかねないってことに、もちょっと気がついて欲しいもんです。
そっかぁ、そんなに原作面白いんだ・・・。

最近、小説読んでないけど読みたくなりました。
Posted by chibisaru at 2008年05月21日 22:49
chibisaru様、こーんばーんはー♪
コメントのお返しが豪快に遅れておりますが、もう少々お待ちを。可能な限り年内には。
で、コレ。
“小説の方が面白い!”って言い切っちゃうのは無粋だし、そんな野球とリリアンを比べるようなもんを真剣に語ってもしょうがないんですが、本来なら面白くなるはずのことを台無しにしたことは、やっぱり許せないですねぇ。
Posted by たお at 2008年05月25日 00:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アイ・アム・レジェンド
Excerpt:  『地球最後の男に希望はあるのか。』  コチラの「アイ・アム・レジェンド」は、リチャード・マシスンの「地球最後の男」を映画化した3本目となるSFアクションで、12/14に公開されたのですが、初日..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2007-12-18 22:51

アイ・アム・レジェンド〜忠犬ハチ公物語
Excerpt: 副題の邦題「地球最後の男に希望はあるか。」だけれども、英語の副題は←でかなり違う。「not alone」だから「最後の男」じゃないのだ。しかも、本当は「ニューヨーク最後の男」だろう。看板に偽りあり。茫..
Weblog: 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
Tracked: 2007-12-19 22:45

アイ・アム・レジェンド
Excerpt: アイ・アム・レジェンド(2007 アメリカ) 原題    I AM LEGEND   監督   フランシス・ローレンス    原作   リチャード・マシスン 脚色   マーク・プロトセヴィ..
Weblog: 映画のメモ帳+α
Tracked: 2007-12-19 22:58

アイ・アム・レジェンド /I AM LEGEND
Excerpt: 『ナショナルトレジャー〜』は続編だしこれがこの冬の一番の大作なじゃないかな? でもリメイク。 14日から日米同時公開{/ee_1/} あちらでの評判も聞かないまま、前知識全くなく試写にて観てきまし..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2007-12-19 23:26

[映画『アイ・アム・レジェンド』を観た]
Excerpt: ▼昨日、いつものMOVIX昭島に行き、公開されたばかりのウィル・スミス主演『アイ・アム・レジェンド』を姪っ子と観た。 MOVIXポイントも70Pを超えて、これにて次の映画鑑賞は一回無料で見れるぞい^..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』
Tracked: 2007-12-19 23:27

『アイ・アム・レジェンド』
Excerpt: (原題:I am Legend) 「いやあ、これほど予想を覆された映画は最近なかったね」 ----えっ、どういうこと? これってチャールトン・ヘストン主演の 『地球最後の男オメガマン』のリメイクと聞..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2007-12-19 23:42

★アイ・アム・レジェンド<プレミア試写会>★
Excerpt: 世界で最初のプレミアが日本で行われました!11日がニューヨークでの米国プレミアですので5日が最速の公式上映となりました。3時半から座席指定とりかえとのことで4時に指定券に変えてもらったのですが、席は残..
Weblog: CinemaCollection
Tracked: 2007-12-19 23:44

映画 【アイ・アム・レジェンド】
Excerpt: 映画館にて「アイ・アム・レジェンド」 リチャード・マシスンのSF小説「地球最後の男」の3度目の映画化。原作は未読。 おはなし:2012年。人類が死滅してしまった地球でたった1人、有能な科学者のロバ..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2007-12-19 23:46

アイ・アム・レジェンド
Excerpt: SF小説『地球最後の男』の3度目の映画化―といっても原作・前作は知りませ〜ん【story】2012年。人類がほぼ死滅してしまった地球で生き残った、科学者のロバート・ネビル(ウィル・スミス)。彼は孤独と..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★
Tracked: 2007-12-19 23:53

映画レビュー「アイ・アム・レジェンド」
Excerpt: ◆プチレビュー◆古典SFの3度目のリメーク。無人の大都市NYのビジュアルが素晴らしいが、終盤の展開は物足りない。 【60点】 西暦2012年。ウィルス感染で人類が滅び、唯一人生き残った科学者ネビルは、..
Weblog: 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評
Tracked: 2007-12-19 23:55

「アイ・アム・レジェンド」 I Am Legend
Excerpt: 〜 Don't worry about a thing,   Cause every little thing gonna be all right.♪ 未見ながら過去に2度映画化されたというリチャー..
Weblog: 俺の明日はどっちだ
Tracked: 2007-12-19 23:57

「アイ・アム・レジェンド」
Excerpt: 不朽のSF小説 「地球最後の男」 3度目のリメイク。「アイ・アム・レジェンド」公式サイトコワがりの私には 少々キツかった・・ちょっとのことで ビクビクしっぱなし。暗がりに入っていった愛犬サムを追っかけ..
Weblog: かいコ。の気ままに生活
Tracked: 2007-12-19 23:58

アイ・アム・レジェンド - I AM LEGEND - (個人的評価:★★★)
Excerpt: 14日がTOHOシネマズの10th Aniversaryで「1000円」だったので、公開初日のアイ・アム・レジェンドを観てきました。 まず観終わった感想はいい意味でも悪い意味でもCMや映..
Weblog: 尼崎OSよ永遠なれ
Tracked: 2007-12-19 23:58

★「アイ・アム・レジェンド」
Excerpt: 2007.12.14の金曜日公開初日の本作。 TOHOシネマズ川崎ではナイトショウタイムもやってたので、見てきちゃいました。 主演はウィル・スミス。
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2007-12-19 23:59

アイ・アム・レジェンド/ウィル・スミス
Excerpt: 勝手にSFスリラー三部作と呼んでる第二弾です。原作小説「「I Am Legend」」の映画化はこれで三度目という作品。旧作は「地球最後の男」という作品らしいですけど、私は全く知らなかったのでなにげに楽..
Weblog: カノンな日々
Tracked: 2007-12-20 00:04

『アイ・アム・レジェンド』
Excerpt: 古典的傑作『地球最後の男』の2度目のリメイクということであまり期待はせずに見ましたが、正直な感想を述べると映像以外に新鮮味はないものの、古き良き映画を見たという感じでした。 でこの映画を未見の方に忠..
Weblog: めでぃあみっくす
Tracked: 2007-12-20 00:04

アイ・アム・レジェンド
Excerpt: 私の名はロバート・ネビル。ニューヨークで生き残っている。もし誰かこれを聞いているなら、もし誰か他にいるなら……誰でもいい、応えてほしい。66億人の絶滅と、たった1人の生存者―。 2012年、人..
Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
Tracked: 2007-12-20 00:23

アイ・アム・レジェンド 36点(100点満点中)
Excerpt: そして伝説へ… 公式サイト アメリカの作家リチャード・マシスンが1954年に発表したSFホラー小説『吸血鬼(後に『地球最後の男』に改題、現在は映画化に際して『アイ・アム・レジェンド』の題で新訳..
Weblog: (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)
Tracked: 2007-12-20 00:31

映画感想 アイアムレジェンド ものすごい、、、、
Excerpt: 内容ある科学者により、画期的な薬が開発された。それは人類の悲願でもある『ガン治療薬』しかし、その数年後。開発されたガン治療薬の暴走により、人類の大半は死滅。残った人類のウチほとんどが、凶暴化し野獣化し..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2007-12-20 00:31

『アイ・アム・レジェンド』 ('07初鑑賞144・劇場)
Excerpt: ☆☆☆−− (5段階評価で 3) 12月15日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:20の回を鑑賞。
Weblog: みはいる・BのB
Tracked: 2007-12-20 00:43

今度は“地球最後の男”!? アイ・アム・レジェンド
Excerpt: 『インデペンデンス・ディ』や『メン・イン・ブラック』などで、人類救済のために戦ってきたウィル・スミス。今度は人類再生なるか!? 66億人絶滅・・・!人類は自らの過ちによって作り出したウイルスによっ..
Weblog: 風我
Tracked: 2007-12-20 01:05

「アイ アム レジェンド」を観る
Excerpt: 本国アメリカより早い試写(だそうで)という、まさにプレミアな試写(レッドカーペット参加付き)に行ってきました。レッドカーペットに現れた主役はスーツ姿も爽やかなウィル・スミス。彼の最新作「アイ アム レ..
Weblog: 紫@試写会マニア
Tracked: 2007-12-20 01:07

「アイ・アム・レジェンド」★★★★
Excerpt: '07年製作 監督 フランシス・ローレンス  主演ウィル・スミス  共演アリス・ブラガ、サリー・リチャードソン=ホイットフィールド、ウィロー・スミス、チャーリー・タハン他。本日14日より公開! ..
Weblog: JoJo気分で映画三昧!+α
Tracked: 2007-12-20 01:08

アイ・アム・レジェンド
Excerpt: ボブ・マーリーを知らない世代がいるのか・・・
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2007-12-20 02:25

劇場鑑賞「アイ・アム・レジェンド」
Excerpt: 「アイ・アム・レジェンド」を鑑賞してきましたリチャード・マシスンの小説「地球最後の男」の3度目の映画化となるSFアクション。「コンスタンティン」のフランシス・ローレンスが監督。人類を救う役どころを多く..
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2007-12-20 06:22

「アイ・アム・レジェンド」 そのタイトルが意味するところ
Excerpt: JUGEMテーマ:映画 予告編からは単純なパニック&サスペンス&ややアクション映画、というイメージを受けていました。 ところが、ドラマの部分が以外に強く、しかも感動的で良い意味で驚かされま..
Weblog: ハピネス道
Tracked: 2007-12-20 06:28

アイ・アム・レジェンド
Excerpt: 2009年。新型ウィルスの拡散によって人類は死滅した。たった一人生き残った「地球最後の男」、ロバート・ネビル。彼は共に生き残った愛犬サムと共に、生存者を待ちつつ3年の時を過ごしていた。夜になると..
Weblog: 5125年映画の旅
Tracked: 2007-12-20 06:48

映画と原作「アイ・アム・レジェンド」
Excerpt: ウィル・スミス主演の映画「アイ・アム・レジェンド」観てきました。 現在と過去の映像を交互に入れたりなど緊張感をじわりじわりと高める演出と、無人のニューヨークの風景などは見所でしたね。 原作..
Weblog: 固ゆで卵で行こう!
Tracked: 2007-12-20 06:58

★ 『アイ・アム・レジェンド』
Excerpt: 2007年。WarnerBros."I AM LEGEND". ..
Weblog: 映画の感想文日記
Tracked: 2007-12-20 07:11

『アイ・アム・レジェンド』
Excerpt: アメリカでは上々の評判があるようですが、僕には「またか?」...という感じの映画。
Weblog: 映像と音は言葉にできないけれど
Tracked: 2007-12-20 07:21

「アイ・アム・レジェンド」
Excerpt: 「アイ・アム・レジェンド」試写会 よみうりホールで鑑賞   TVのCFでがんがん流れているので気になっている作品。 スケールも大きいし、CGもそれなりにキレイ。 特に廃墟となったニューヨークの..
Weblog: てんびんthe LIFE
Tracked: 2007-12-20 08:08

アイ・アム・レジェンド
Excerpt: JUGEMテーマ:映画   地球最後の男−それは・・・      1人しかいないという絶望なのか・・・              それとも1人だけはいるという希望なのか。 ..
Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ
Tracked: 2007-12-20 08:54

アイ・アム・レジェンド
Excerpt:  今日から封切り。 なんで金曜日?って思っていたら、日米同時ってことなんで、普通の映画のように土曜でなくて金曜になったらしい。(でも、なぜ金曜?まだわからんが...)  で、観てきました。  だ..
Weblog: 労組書記長社労士のブログ
Tracked: 2007-12-20 09:47

87『アイ・アム・レジェンド』を鑑賞しました。
Excerpt: 『アイ・アム・レジェンド』のMOVIE 映画を鑑賞しました。秊 87『アイ・アム・レジェンド』(更新:2007/12/19) ..
Weblog: はっしぃの映画三昧!
Tracked: 2007-12-20 09:53

アイ・アム・レジェンド
Excerpt: ”I am Legend”原作=リチャード・マシスン「I am Legend」(地球最後の男)。過去に2度映画化された、1964年『地球最後の男 The Last Man of Earth』(日本未公..
Weblog: ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!
Tracked: 2007-12-20 10:34

アイ・アム・レジェンド
Excerpt: 面白くない,ことは無い。 が,しかし・・・。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2007-12-20 11:04

アイ・アム・レジェンド 2007-66
Excerpt: 「アイ・アム・レジェンド」を観てきました〜♪ 2019年、3年前に起きた伝染病の流行により、人類がほぼ絶滅したと思われていた。誰も居ないNYの真ん中で、軍人で優秀な科学者であるロバート・ネビル(..
Weblog: 観たよ〜ん〜
Tracked: 2007-12-20 11:32

映画 「アイ・アム・レジェンド」
Excerpt: 『地球最後の男に希望はあるのか』 監督:フランシス・ローレンス 主演:ウィル・スミス    ネタバレしてます 「癌治療の特効薬が原因で人類の9割が..
Weblog: 日々のつぶやき
Tracked: 2007-12-20 11:47

アイ・アム・レジェンド
Excerpt: 【I AM LEGEND】2007/12/14公開(12/14鑑賞)製作国:アメリカ監督:フランシス・ローレンス原作:リチャード・マシスン『地球最後の男(別題:アイ・アム・レジェンド)』(ハヤカワ文庫..
Weblog: 映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2007-12-20 12:35

I AM LEGEND
Excerpt: 全編、ウィル・スミス満載。たっぷり堪能できます。
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2007-12-20 13:55

【アイ・アム・レジェンド】
Excerpt:  地球最後の男に希望はあるのか。 ウィル・スミス主演ってことで、バンバンドンパッチなSFアクションかと思ったら・・ ちょっと違いました{/face_ase2/} 突然の大きな音での脅かしとか、かな..
Weblog: NAO−C☆シネマ日記
Tracked: 2007-12-20 15:38

アイ・アム・レジェンド
Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  孤独と恐怖・・・死んだ大都会サバイバル  
Weblog: カリスマ映画論
Tracked: 2007-12-20 16:05

【映画評】アイ・アム・レジェンド
Excerpt: 評価:★★★☆☆ まず、この映画の予告編、大嘘だから騙されないように。「キャスト・アウェイ」のような、孤独になった男の苦悩を静かに描く哲学的な映画、と勘違いさせる作りになってますが全然違います。
Weblog: clausemitzの日記
Tracked: 2007-12-20 16:39

アイ・アム・レジェンド
Excerpt: 画期的なワクチンが発見されたニュースが流れる。 開発した医学者は「癌患者すべてに効果があった」という。 3年後の2012年。 廃墟となったニューヨークの街に、有能な科学者のロ...
Weblog: 心のままに映画の風景
Tracked: 2007-12-20 16:51

「アイ・アム・レジェンド」 ベーコン大戦争
Excerpt: 『スーパーマン』のロゴに『バットマン』のエンブレムが合体してる謎の超大作が公開されてる近未来、世界でたった一人になったという男が、荒廃したニューヨークでひとり遊びしながら、食べ物はないか?生き残りはい..
Weblog: 『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記
Tracked: 2007-12-20 20:09

アイ・アム・レジェンド
Excerpt: いや〜〜これ……微妙・・・・(・_・;) いろいろと裏切られた映画でした。  まったく情報を入れずに、このタイトルと ウィル・スミスがシェパードどともにとぼとぼ歩いているポスターのみで「..
Weblog: 愛情いっぱい!家族ブロ!
Tracked: 2007-12-20 20:26

I AM LEGEND
Excerpt: 平日の公開ということでまわりは仕事帰りの会社員の方が多かったです。一番最後の回ながらわりといっぱいだったかも。
Weblog: B級パラダイス
Tracked: 2007-12-20 20:58

アイ・アム・レジェンド(2007年)
Excerpt: リチャード・マシスンの『I Am Legend(地球最後の男)』が原作。これまでに二度映画化されており、今回が三回目の映画化。 物語の性質上、ほとんどの時間、スクリーンにはロバート・ネヴィル(ウィル..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2007-12-20 21:14

アイ・アム・レジェンド。
Excerpt:  ウィル・スミス主演、『アイ・アム・レジェンド』、12/15、Tジョイ久留米にて鑑賞。いよいよ大台の50本目。  本作についてはまず作品の内容や出来よりも宣伝の仕方について言及したい。  公開二日目..
Weblog: この世界の憂鬱と気紛れ
Tracked: 2007-12-20 21:40

アイ・アム・レジェンド
Excerpt: 【アイ・アム・レジェンド】 ★★★☆ 2007/12/10 試写会(33)ストーリー 2012年、ニューヨーク。科学者のロバート・ネビル(ウ
Weblog: りらの感想日記♪
Tracked: 2007-12-20 22:10

●アイ・アム・レジェンド(198)
Excerpt: 薬の発明者はどこへ行った?アンタがやれ!
Weblog: 映画とワンピースのこでまり日記
Tracked: 2007-12-20 22:26

映画「アイ・アム・レジェンド」
Excerpt: ■邦題:アイ・アム・レジェンド ■原題:I AM LEGEND ■上映時間:100分 ■製作国:アメリカ ■ジャンル:SF、アクション、ドラマ ■配給:ワーナー・ブラザース映画 ■..
Weblog: しょうちゃんの映画ブログ
Tracked: 2007-12-20 23:43

映画「アイ・アム・レジェンド」
Excerpt: 映画「アイ・アム・レジェンド」に関するトラックバックを募集しています。
Weblog: 映画専用トラックバックセンター
Tracked: 2007-12-20 23:43

映画〜アイ・アム・レジェンド
Excerpt:   ☆公式サイト☆人類が絶滅した近未来を舞台に、たった1人生き残った男の奔走を描くSFドラマ巨編。『幸せのちから』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたウィル・スミスを主演に、自分以外の生存者を探..
Weblog: きららのきらきら生活
Tracked: 2007-12-21 00:12

アイ・アム・レジェンド・・・・・評価額1450円
Excerpt: もしも、この世界に一人ぼっちだったら・・・・ フランシス・ローレンス監督の「アイ・アム・レジェンド」は、そんな子供じみた空想が現実になった世界の物語。 西暦2012年、ニュ...
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2007-12-21 01:15

○アイ・アム・レジェンド /なぜか2回目
Excerpt: ◎ネタバレ全開です。 ●映画部門でblogRanking参加してます 化け物って頭がいいかも〜プチーー(^^)と一日一回有効です。 お友達の付き合いで2回目みました。 2回目って冷静に見れるからー..
Weblog: shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋)
Tracked: 2007-12-21 01:24

12/19 自衛消防技術試験と「アイ・アム・レジェンド」
Excerpt: ●落ちました。・・・・・・だめだったか・・・・・・・・・。やっぱり問題集の丸暗記だけじゃね。 やっている最中は気がつかなかったけど、おそらくひっかけ問題もかなり出題されてたんじゃなかろうかと? た..
Weblog: やっかいな日に限って空は激しく晴れている。
Tracked: 2007-12-21 10:12

「アイ・アム・レジェンド」レビュー
Excerpt: 「アイ・アム・レジェンド」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ウィル・スミス、サリー・リチャードソン、アリス・ブラガ、ダッシュ・ミホク、パラドックス・ポラック、他 *監督:フ..
Weblog: 映画レビュー トラックバックセンター
Tracked: 2007-12-21 10:49

アイ・アム・レジェンド
Excerpt: 独りぼっち。
Weblog: 映画を観たよ
Tracked: 2007-12-21 20:19

●アイ・アム・レジェンド
Excerpt:  原作はスピルバーグの「激突!」で脚本を書いた小説家のリチャード・マシスン。 2012年のニューヨーク。ウィルスによって汚染され、感染していない人間だけ避難し、橋を爆破して、ニューヨークは封鎖された。..
Weblog: 江戸川心歩・傑作娯楽小説全集
Tracked: 2007-12-21 21:16

アイ・アム・レジェンド
Excerpt: 公開初日に見てきました。☆☆☆トラックバックは、私の勝手な都合で確認後に反映するように設定されています。申し訳ありませんが、よろしくお願いしますm(*--*)m☆☆☆☆アイ・アム・レジェント☆(200..
Weblog: ぷち てんてん
Tracked: 2007-12-21 23:10

アイ・アム・レジェンド
Excerpt: 映画 「アイ・アム・レジェンド」 I AM LEGEND を観ました         フランシス・ローレンス監督 2007年 (ネタバレありです) 『世界の人口の98%を殺した伝染病。免疫が..
Weblog: cocowacoco
Tracked: 2007-12-22 01:31

「アイ・アム・レジェンド」 I am not alone.
Excerpt:  You are not alone.  「君は独りじゃない」 N.Y.で”地球
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2007-12-22 22:17

アイ・アム・レジェンド
Excerpt: 年の暮れになって公開する映画の中で、かなり期待度の大きかった「アイ・アム・レジェンド」。 映画館もいつもより混んでいて、手ごたえを感じたんですが・・・ こういう展開かよ! ・・・・・ ..
Weblog: まぁず、なにやってんだか
Tracked: 2007-12-22 23:42

I AM LEGEND
Excerpt: 年末の大作。 の割には結構硬くて派手さが無いかな。 ウィル・スミスが人類最後の一人として、奮闘する物語。 朝、起きたらペットと共に運動。 昼、食糧確保のために狩に出る。 夜、生き延びる。..
Weblog: PLANET OF THE BLUE
Tracked: 2007-12-23 00:10

アイ・アム・レジェンド(アメリカ)
Excerpt: ひとりぼっち・・・の映画「アイ・アム・レジェンド」を観ました。 ( → 公式HP  ) 出演:ウィル・スミス、アリス・ブラガ、サリー・リチャードソン=ホイットフィールド ..
Weblog: 映画でココロの筋トレ
Tracked: 2007-12-23 11:07

「 アイ・アム・レジェンド / I AM LEGEND (2007) 」
Excerpt: 【アイ・アム・レジェンド 】2007年12月14日(金)公開..
Weblog: MoonDreamWorks★Fc2
Tracked: 2007-12-23 11:56

アイ・アム・レジェンド
Excerpt:   私の名はロバート・ネビル。ニューヨークで生き残っている。 もし誰かこれを聞いているなら、もし誰か他にいるなら…誰でもいい、応えてほしい。 あなたは独り..
Weblog: 近未来二番館
Tracked: 2007-12-23 16:47

アイ・アム・レジェンド
Excerpt: アイ・アム・レジェンド 191本目  上映時間 1時間40分 監督 フランシス・ローレンス 出演 ウィル・スミス 犬 評価 7点(10点満点) 会場 新宿ミラノ(試写会 156回目) ..
Weblog: メルブロ
Tracked: 2007-12-23 23:11

動くカニ看板は、かに道楽が先?かに将軍が先?●アイ・アム・レジェンド
Excerpt: 閑散としたNYは、魅せる魅力十分! 『I Am Legend』 アイ・アム・レジェンド - goo 映画 2012年、人類が死滅してしまった地球でたった1人、 有能な科学者のロバート・..
Weblog: Prism Viewpoints
Tracked: 2007-12-24 15:48

アイ・アム・レジェンド
Excerpt: JUGEMテーマ:映画 2007年/アメリカ 監督:フランシス・ローレンス 出演:ウィル・スミス(ロバート・ネビル)    アリーシー・ブラガ(アナ)    ダッシュ・ミホック(アルファ・メ..
Weblog: Lovely Cinema
Tracked: 2007-12-24 16:20

アイ・アム・レジェンド
Excerpt:  昨晩は彼女と「アイ・アム・レジェンド」を見てきましたよ!  ウィルスによって地球の人口がごくわずかになっている世界。  NYでただ一人生き残ったウィル・スミスは日々生存者の探索とワクチンの研究に..
Weblog: シネ山ムビ彦の日々の映画+α
Tracked: 2007-12-24 19:48

アイ・アム・レジェンド
Excerpt: 2007年12月上映 監督:フランシス・ローレンス 主演:ウィル・スミス他 地球...
Weblog: 新!oguoguの日々映画&ビデオ
Tracked: 2007-12-24 22:54

【アイ・アム・レジェンド】
Excerpt: 【 I AM LEGEND 】 監督/フランシス・ローレンス  脚本/マーク・プロトセヴィッチ、アキヴァ・ゴールズマン 原作/リチャード・マシスン 『地球最後の男(別題:アイ・アム・レジェ...
Weblog: +++ Candy Cinema +++
Tracked: 2007-12-25 00:34

【2007-181】アイ・アム・レジェンド(I AM LEGEND)
Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? 地球最後の男に希望はあるのか。
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2007-12-25 00:53

「アイアム レジェンド」さすが!ウィルスミス
Excerpt: 仕事の合間に休みを取ったパパンと、映画に行った。 二人で行けば、今年から1000円で観られちゃう! なんか、うれしいような、寂しいような・・・・・
Weblog: ノルウェー暮らし・イン・ジャパン
Tracked: 2007-12-29 01:45

アイ・アム・レジェンド (2007)
Excerpt: 前半の演出は結構引き込まれるモノがあったのに、後半はグダグダ。オチも『アイ・アム・レジェンド』になってないし、「はぁ?」って感じ。オチは原作のままが良かった。 でも、愛犬のサムは最高。 『..
Weblog: シネマ・コネクション
Tracked: 2007-12-30 02:54

アイ・アム・レジェンド
Excerpt: ★★★☆  世界中が正体不明のウィルスに冒され、66億人があっという間に絶滅する。だがそのウィルス発生地のニューヨークで、ウィル・スミス扮する主人公ネビル博士と、愛犬サムだけが奇跡的に生き残っていた。..
Weblog: ケントのたそがれ劇場
Tracked: 2007-12-31 11:12

2007年最後の劇場映画鑑賞は アイ・アム・レジェンド でした
Excerpt:  スーパーマンVSバットマンは2009年公開なのかな?
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2007-12-31 18:29

アイ・アム・レジェンド 07217
Excerpt: アイ・アム・レジェンド I Am Legend 2007年   フランシス・ローレンス 監督  リチャード・マシスン 原作(地球最後の男 )ウィル・スミス アリシー・ブラガ ダッシュ・ミホ..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2007-12-31 20:53

伝説になるにはツメが甘い!
Excerpt: 07年後半、公私共々バタついており すっかりブログの更新を怠ってしまいました。
Weblog: 犬も歩けばBohにあたる!
Tracked: 2008-01-01 18:07

アイ・アム・レジェンド★★★☆2008年1本目:緊張感あったね〜。
Excerpt: 新年早々、映画ファン感謝デー(ファーストデー)は1,000円なので、『アイ・アム・レジェンド』観てきました、お父さんと(笑)興行成績はいいみたいだけど、巷の(ネットのレビューなど)評判はいまいちパッと..
Weblog: kaoritalyたる所以
Tracked: 2008-01-02 23:40

アイ・アム・レジェンド
Excerpt: I Am Legend(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督:フランシス・ローレンス 出演:ウィル・スミス/アリス・ブラガ/サリー・リチャードソン=ホイットフィールド/ウィロー・スミス/チャーリ..
Weblog: 小部屋日記
Tracked: 2008-01-04 23:14

アイ・アム・レジェンド/もし地球最後の男だっら?
Excerpt: この記事は【ネタばれあり】です。 (未見の方は、前回のレビュー記事『映画評アイ・
Weblog: ファブログ
Tracked: 2008-01-05 02:05

『アイ・アム・レジェンド』
Excerpt:   『アイ・アム・レジェンド』   地球最後の男に    希望はあるのか。   ウィル・スミスが「俺が伝説だから!!」とかイカれたチャラ男が言うセリフでも吐くのかと思ったらそうではないらし..
Weblog: 唐揚げ大好き!
Tracked: 2008-01-05 08:25

アイ・アム・レジェンド
Excerpt: 2007年製作のアメリカ映画。 全米初登場1位のメガヒット。 人類が絶滅した近未来を舞台に、たった1人生き残った男の奔走を描くSFドラマ巨編。『コンスタンティン』のフランシス・ローレンス監督が、『..
Weblog: シネマ通知表
Tracked: 2008-01-06 15:38

『アイ・アム・レジェンド』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「アイ・アム・レジェンド」□監督 フランシス・フローレンス □脚本 マーク・プロトセヴィッチ、アキヴァ・ゴールズマン □原作 リチャード・マシスン 「地球最後の男」(ハヤ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2008-01-07 12:08

アイ・アム・レジェンド
Excerpt: 1月6日(土) 17:00〜 サロンパス ルーブル丸の内 料金:1290円(有楽町の金券屋で前売り購入) パンフ:後日購入予定 『アイ・アム・レジェンド』公式サイト 巷での評判が良くなかっ..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2008-01-08 18:05

「マリと子犬の物語」「アイ・アム・レジェンド」
Excerpt: 遊就館の切符を貰ったので、新年は靖国神社へ初詣。黄金のウンコのお守りとか売ってたよ。
Weblog: 聖なるブログ 闘いうどんを啜れ
Tracked: 2008-01-09 23:22

アイ・アム・レジェンド
Excerpt: ウィル・スミス主演の「アイ・アム・レジェンド」を観てきました。 他の映画を観に行った時に、この映画の予告編をやっているのを何度も目にしていたのですが、戦争或いは異星人の襲来で、主人公がただ一人生き残っ..
Weblog: Yuhiの読書日記+α
Tracked: 2008-01-13 20:54

とっておきのベーコンだったのに
Excerpt: 4「アイ・アム・レジェンド」(アメリカ)  2012年、人類が死滅してしまった地球でたった1人、有能な科学者のロバート・ネビルだけが生き残る。彼は究極の孤独と闘いながら、愛犬サムとともにほかの生存者..
Weblog: CINECHANの映画感想
Tracked: 2008-01-17 01:22

アイ・アム・レジェンド 評価:★★★
Excerpt: レビューを更新しました。 レビューを見てみたい方は当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
Weblog: 20XX年問題
Tracked: 2008-01-18 20:31

アイ・アム・レジェンド
Excerpt: {{{ [ あらすじ ] 2012年。 人類が死滅してしまった地球でたった1人、有能な科学者のロバート・ネビル(ウィル・スミス)だけが生き残る。 彼は究極の孤独と闘いながら愛犬..
Weblog: 傲慢映画評論家見習中
Tracked: 2008-02-13 17:44

I AM LEGEND  WILL SMITH  
Excerpt:  アイ アム レジェンド   66億人の絶滅と、たったひとりの生存者ーーーーー   12月18日、MOVX京都にて鑑賞、まだ現在上映続行中という長ロングランの作品です。今月..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2008-02-25 01:04

#750 アイ・アム・レジェンド
Excerpt: 原作者:リチャード・マシスン 監督:フランシス・ローレンス 出演者:ウィル・スミス 、アリシー・ブラガ 、ダッシュ・ミホク 、サリー・リチャードソン 2007年アメリカ 人類が死滅して..
Weblog: 風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
Tracked: 2008-05-21 22:47

アイ・アム・レジェンド
Excerpt: ウィル・スミス主演の「アイ・アム・レジェンド」を観てきました。 他の映画を観に行った時に、この映画の予告編をやっているのを何度も目にしていたのですが、戦争或いは異星人の襲来で、主人公がただ一人生き残っ..
Weblog: Yuhiの読書日記+α
Tracked: 2008-05-26 23:20

【DVD】アイ・アム・レジェンド
Excerpt: 原題:I AM LEGEND 製作年度:2007年 製作国:アメリカ 上映時間:100分 監督:フランシス・ローレンス 原作:リチャード・マシスン 脚本:マ...
Weblog: スワロが映画を見た
Tracked: 2008-07-22 22:05

【映画】アイ・アム・レジェンド…前半のダークシーカー怖すぎ((+_+))
Excerpt: {/kaeru_fine/}去年ぐらいの健康診断で肝臓の瞬間的異常値が出た私。 再診の結果、診断エラーの可能性大だったのですが、この機会にと冬ぐらいから2日に1日ぐらいの率で(ペースはバラバラですが{..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2008-07-28 22:59

『アイ・アム・レジェンド』 IAmLegend
Excerpt: 『アイ・アム・レジェンド』66億人の絶滅と、たった1人の生存者。2012年、人類が死滅してしまった地球でたった1人、有能な科学者のネビル(ウィル・スミス)だけが生き残る。彼は究極の孤独と闘いながら、愛..
Weblog: *モナミ*
Tracked: 2008-09-11 18:22

アイ・アム・レジェンド−(本:2008年55本目)−
Excerpt: 監督:フランシス・ローレンス 出演:ウィル・スミス、アリス・ブラガ、サリー・リチャードソン=ホイットフィールド、ウィロー・スミス、チャーリー・タハン 評価:69点 「あなたは一人..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2008-09-29 00:34

アイ・アム・レジェンド
Excerpt: I Am Legend 2007年:アメリカ 原作:リチャード・マシスン 監督:フランシス・ローレンス 出演:ウィル・スミス、アリシー・ブラガ、ダッシュ・ミホク、サリー・リチャードソン、チ..
Weblog: mama
Tracked: 2008-10-23 14:40

『アイ・アム・レジェンド』'07・米
Excerpt: あらすじ2012年。人類が死滅してしまった地球でたった1人有能な科学者のロバート・ネビル(ウィル・スミス)だけが生き残り、究極の孤独と闘いながら愛犬サムとともに3年間もの間、ほかの生存者の存在を信じて..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2009-01-11 22:22

アイ・アム・レジェンド
Excerpt: 地球最後の男に希望はあるのか。
Weblog: Addict allcinema 映画レビュー
Tracked: 2009-07-22 19:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。