2007年08月03日

ダウト (Slow Burn)

監督 ウェイン・ビーチ 主演 レイ・リオッタ
2005年 アメリカ映画 93分 サスペンス 採点★★

私なんかがまさにそうなのだが、男って生き物は後先を考えずに短絡的なウソをついてしまうので、瞬く間にバレてしまうんですよねぇ。「あなた、ウソをついておりますね?」「ハイ、そうでございます。ゴメンなさい」と。それに引き換え、女性のウソってのはなかなか見破れないもので。ウソなんだろうなぁと感じていても、掴み所が見つからず、そのうちどうでもよくなってきてしまうんですよねぇ。

【ストーリー】
市長選を控えた検事のフォード・コール。ある夜、優秀な検事補であり恋人のノラが男を射殺し逮捕される事件が発生する。彼女はレイプされそうになったための正当防衛を主張するが、そこへルーサーという男が現れ、事件は計画された殺人事件であると証言し…。

slbu1.jpg

相反する証言に翻弄される男の姿を描くサスペンス。
食い違う証言から事実を探し出す物語に並行して、その事件の背後にいる誰もその姿を見たことがないというギャングのボス、ダニーは誰なのかを探る本作は、明らかに『ユージュアル・サスペクツ』の影響下にある一本。スタイリッシュなノワール映画的方向性を狙ったようだが、生憎やたらとモタつく展開と、裏付け捜査をすれば瞬く間にバレてしまいそうなウソの数々に、緊張感も驚きも然程ない作品に。終盤、これまで散りばめられていたヒントを集めた回想シーンで「あぁ、やっぱりコイツがダニーかぁ」と誰もが思う中、主人公一人が勘違いをし続けている展開には、大いに驚きましたが。「オレは人のウソをすぐに見破れるんだ!」「オレはソイツの秘められた人間性を見破れるんだ!」と豪語するフォードとダニーの二人とも、全く口だけだったと判明するオチのつけ方に非常にバツの悪い格好悪さだけはヒシヒシと伝わってきますが、色々とドサクサに紛れて終わらせてしまうのは如何なものかと。

slbu3.jpg

『ハンニバル』で頭をパカパカさせていたレイ・リオッタが、主人公のクセに一人だけ蚊帳の外に置かれた検事に。ふてぶてしさが増したせいか、年々法の執行官役が似合うように。そろそろ“レディーはクールなジェームズを愛してる”って名前が照れ臭くなってきたのか、今回は本名のジェームズ・トッド・スミスでクレジットされている『マインドハンター』のLL・クール・Jや、『ドーン・オブ・ザ・デッド』の名物“赤ちゃんゾンビ”のパパだったメキー・ファイファー、『トゥモロー・ワールド』『ラブ・アクチュアリー』のキウェテル・イジョフォー、『誘拐犯』『リベリオン 反逆者』のテイ・ディグス、『インサイダー』『いとこのビニー』のブルース・マッギルなど、一癖も二癖もある顔ぶれがヒネろうと努力はしたがヒネり切れなかった本作を何とかフォロー。これだけ見応えある顔ぶれが揃うのも、なかなかないですねぇ。

slbu2.jpg
あまりウソは上手じゃないようで

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気blogランキングへ

        


posted by たお at 15:13 | Comment(6) | TrackBack(11) | 前にも観たアレ■た行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。TBありがとうございます。
TBがエラーで返ってきて貼れないです、すみません。後ほどチャレンジします。
Posted by もじゃ at 2007年08月13日 01:09
たおさま、おじゃまします(^-^)/この度はTRBありがとうございました♪
悪人顔レイ・リオレッタを喰っちゃうようなLL・クール・Jの存在感!
それがとても、気になって仕方なかったです〜^^;
ダニー・ルーデンの“企むこと”と正体は、なんとな〜っく
途中でわかっちゃいましたね(笑)
最後の最後に笑ったのはアノ人だったというオチに
潔さを感じてしまった私デス。コチラからもTRBさせていただきました♪
Posted by soratuki at 2007年08月13日 15:30
もじゃ様こんばんは!
シーサーさんは日によって非常にご機嫌が悪い時があるようで、そんな日は何をやってもニコリともしてくれないので、使っている私も困っております^^;
Posted by たお at 2007年08月17日 01:04
soratuki様こんばんは!
まぁ、何の前触れもなく“ガス漏れ!”ですからねぇw
最後もまぁ、潔いというか、誰も彼もが人を見る目が無いというか・・・^^;
Posted by たお at 2007年08月17日 01:07
主人公と同じく騙されまくっておりましたよ(笑)
Posted by ゆかりん at 2007年08月29日 12:43
ゆかりん様、こんばんは〜♪
あらららら。
それはそれで、羨ましい気も^^;
Posted by たお at 2007年08月29日 20:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「ダウト」(SLOW BURN)映画感想
Excerpt: ユージュアルサスペクツを超えた本格サスペンスという触れ込みの映画「ダウト」を見て
Weblog: Wilderlandwandar
Tracked: 2007-08-05 14:20

ダウト
Excerpt:  雑誌で絶賛されていましたのでDVDで鑑賞。どこがいいのか、さっぱりわかりませ
Weblog: eclipse的な独り言
Tracked: 2007-08-06 08:11

ダウト/レイ・リオッタ
Excerpt: とりあえずどんな映画なのかと上映劇場の紹介記事を読んでみるとなかなか良さげなクライムサスペンスじゃないの。即鑑賞決定ィ。こういうマイナーな上映作品が思わぬめっけもんだったりすると、スゴク嬉しかったりす..
Weblog: カノンな日々
Tracked: 2007-08-08 00:48

映画「ダウト」を試写室にて鑑賞。
Excerpt:  1月30日、虎ノ門のTogen試写室にて「ダウト」を鑑賞した。 この映画は、複数の人物の視点を別な角度から描いた黒澤明監督の「羅生門」の流れに、ブライアン・シンガー監督の「ユージュアル・サスペクツ」..
Weblog: masalaの辛口映画館
Tracked: 2007-08-08 00:52

ダウト
Excerpt: 5.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) まぁ、ぶっちゃけてしまえば、「カイザー・ソゼって何者!?」って映画です。 でもって、この手のジャンルの最高峰は『ユージュアル・..
Weblog: ぶっちゃけ…独り言?
Tracked: 2007-08-08 04:31

「ダウト」(124)
Excerpt: 一度でわかる人、少ないかも・・・
Weblog: 映画とワンピースのこでまり日記
Tracked: 2007-08-08 08:52

ダウト
Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★★☆  たたみかける『ダウト』の嵐!!  
Weblog: カリスマ映画論
Tracked: 2007-08-09 00:55

フィルムノワールの小傑作『ダウト』
Excerpt: 『ダウト』 この作品はフィルムノワールそのものだ。 と書いたのは、もちろん、「彼女は陽炎のような女、光を織り成す幻影だ」と台詞で表現されているファムファタールのヒロイン、ノラ(ジョリーン・ブレイロ..
Weblog: 地球が回ればフィルムも回る
Tracked: 2007-08-10 22:24

ダウト
Excerpt: 【SLOW BURN:2007/03/03公開】製作国:アメリカ監督:ウェイン・ビーチ出演:レイ・リオッタ、LL・クール・J、メキー・ファイファー、ジョリーン・ブラロック、ガイ・トーリーstory:元..
Weblog: 映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2007-08-29 12:40

独断的映画感想文:ダウト
Excerpt: 日記:2008年2月某日 映画「ダウト」を見る. 2005年.監督:ウェイン・ビーチ. 出演: レイ・リオッタ(フォード・コール), LL・クール・J (ルーサー),メキー・ファイファー(アイザック)..
Weblog: なんか飲みたい
Tracked: 2008-02-24 21:56

ダウト
Excerpt: 次期市長を狙う敏腕検事が、有能な部下であり恋人、そしてギャングに 微妙にだまされながら話が進んでいくサスペンス。 しっかり観てない...
Weblog: 前向きに進みたい!!うつな自分
Tracked: 2009-02-15 12:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。