2007年08月01日

ミレニアム ファースト・シーズン エピソード108 “古びた鍵” (Millennium Season 1, Episode 8: The Well-Worn Lock)

監督 ラルフ・ヘメッカー 主演 ミーガン・ギャラガー
1996年 アメリカTV 45分 サスペンス 採点★★★★

【ストーリー】
ワシントン州。父親から長きに渡って性的虐待を受けていたコニーのカウンセリングを担当することとなったキャサリン。あまりの父親の非道ぶりに告訴を決意するキャサリンだったが、父親が地元の大物である為に検察は及び腰で…。

miwwl3.jpg

miwwl4.jpg数多くの陰惨な事件を扱ってきたシリーズの中でも、最も陰惨といえる本作。死者こそ出ないが、逆らうことの出来ない状況下で長い年月繰り返されてきた性的虐待によって、被害者達の心が惨殺されてしまったと言っても過言ではない。もちろんケダモノ以下のゲスでしかない父親が問題の原因であるのだが、波風を立てたくなく、目の前の生活を守り、嫌なものから目を背けたいあまりに全てを知りながらも放置してきた母親の責任は大きい。本作においてはその罪の重さから処罰を受ける父親であるが、咎めを受けることのない母親は今後もその責任から目を背けたまま生き続けていくのであろうことを思うと、遣る瀬無い気持ちになる。
本作で物語の中心に立つのは、フランクではなくキャサリン。人の命が奪われる所から始まるフランクの仕事とその仕事に対する夫の苦悩を側で見ているキャサリンだからこそ、命が奪われる前に救い上げたいというキャサリンの強い思いが見事に描かれた本作。その仕事に没頭するキャサリンを優しく見守る“良き夫”としてのフランクと、我が娘を前に何故そのような鬼畜な行動を取る親がいるのか困惑と怒りに震える“良き父親”としてのフランク。それぞれの人物の光と影を見事に対比させることによって、45分という短い時間ながらも強いメッセージを放つ作品となっている。

miwwl2.jpg
子供は誰にでも作れるが、だからといって“親”になったとは言い切れない

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気blogランキングへ

        


posted by たお at 01:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 前にも観たアレ■ま行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。