2007年07月28日

ミレニアム ファースト・シーズン エピソード104 “下僕 しもべ” (Millennium Season 1, Episode 4: Kingdom Come)

監督 ウィンリック・コルビー 主演 ランス・ヘンリクセン
1996年 アメリカTV 45分 サスペンス 採点★★★★

【ストーリー】
ワシントン州タコマ。中世の異端裁判での処刑方法と同様の手口で牧師が惨殺される事件が発生。フランクは、3年前に起きた同様の事件と同一犯であると睨み…。

millkc2.jpg

己の快楽や、邪悪な力に影響を及ぼされた“怪物”として殺人者を描いてきたミレニアムだが、本作に登場する殺人者は悲しいまでに人間的。最愛の妻と娘を火事で失い、その悲しみと苦痛から宗教に失望し、聖職者を殺すことで己の信仰心をも殺そうとする殺人者。その悲しげな姿とおぞましい凶行の様子を描きながら、信仰深い者にとっての安息の場所である教会で襲われる恐怖、信仰というものをどのように捉え伝えていくか、“死”というものを知り始めた幼い子供たちへの対処など、生活の中に根付く多くの題材を盛り込みつつ、それをバランスを保ったまま短い時間にまとめ上げることに成功している。同じくミレニアムに所属し、FBI時代はフランクの相棒だった非常に優秀な捜査官か登場したり、休日の朝食当番はフランクだったりすることも知れる、シリーズの中でも満足度の高い一本。

millkc1.jpg
ランス・ヘンリクセンの台所姿が拝めるのも、ミレニアムくらい

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気blogランキングへ

        


posted by たお at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 前にも観たアレ■ま行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック