2016年12月23日

メカニック:ワールドミッション (Mechanic: Resurrection)

監督 デニス・ガンゼル 主演 ジェイソン・ステイサム
2016年 フランス/アメリカ映画 98分 アクション 採点★★

有名な”暗殺者って、暗殺者としてはダメなんじゃないのかなぁ?

mere03.jpg

【ストーリー】
死を偽装し裏社会から足を洗った元殺し屋ビショップのもとに、過去に因縁のある男クレインから仕事の依頼が入る。タイで知り合った女性を人質に取られたビショップは、止む無くその仕事を受けるのだったが…。

mere02.jpg

事故に見せかける完璧な暗殺を行う凄腕殺し屋の活躍を描く、『メカニック』の続編。メガホンを握ったのは、『THE WAVE ウェイヴ』のデニス・ガンゼル。
なんかもう、つっこむ気力も失ってしまうほど何一つ理屈の通ってない本作。開始早々、引退した殺し屋に仕事をさせるため愛する者を人質に取るってのは分かるんですけど、その対象が居ないから、手頃な女を脅迫してその相手にしちゃおうという、回りくどい上に実効性の薄い計画に驚かされる。「ゴメン、タイプじゃないし」って言われたらどうするつもりだったんでしょ。
主人公の動機付けがこんなんだから、後はもう推して知るべし。別の犯罪者に名前と刺青だけ一致させて、ターゲットのいる目的の刑務所に収監されるとは限らないのに逮捕されてみたり、派手な立ち回りをして難攻不落の要塞に侵入した時点でもう“事故”には見えなかったり、ターゲットに「実はね…」とあっさりネタ晴らしして悪役の計画をとん挫させたりと、もう展開が徹頭徹尾メタメタ。
まぁ、アクションだけでも楽しめれば救いがあるんですが、野外で輝くジェイソン・ステイサムを、不自然極まりない背景を合成された舞台で暴れさせてるんで、アクションの迫力も激減。再生計画の一環なのか、不自然なまでにプッシュされたジェシカ・アルバの存在感も、作品のペースを狂わせるだけにしか機能していない、なんかロケ地の南国気分に気が緩んでしまったかのような一本で。

mere01.jpg

前作に続きビショップに扮したのは、『SPY/スパイ』のジェイソン・ステイサム。無精ひげが濃いめ。元飛び込み選手の意地か、今回はやたらと水に入ってたステイサムですが、アクションのキレは相変わらず見事でいつも通りのステイサム仕事を満喫できたのは嬉しい。まぁ、撮り方が全然ダメなので魅力激減なんですが。最近ゲストとしてはヒット作に恵まれているステイサムですけど、主演作に当たりが減ってるのは気になるところ。仕事を選ばないのがステイサムの魅力ではあるんですけど。
元特殊部隊って設定が全く活かされていないジーナに扮したのは、『マチェーテ・キルズ』のジェシカ・アルバ。容姿の衰えが全く感じられないのには驚かされますが、演技力も全く進歩していないってのにも驚きが。劇中、妙にプッシュされてるんで、そこがより目立っちゃう感じで。
その他、『メン・イン・ブラック3』のトミー・リー・ジョーンズや、『酔拳 レジェンド・オブ・カンフー』のミシェル・ヨーといった大御所が登場しているが、ただそこに居るだけ。おそらく短い拘束時間内、撮影以外の時間を満喫してたのかなぁと。

mere05.jpg
半分バカンス

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓


        

posted by たお at 11:15 | Comment(0) | TrackBack(2) | 前にも観たアレ■ま行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445172494

この記事へのトラックバック

メカニック:ワールドミッション
Excerpt: あいかわらず渋いわステイサム。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2017-01-07 22:46

メカニック:ワールドミッション
Excerpt: MECHANIC: RESURRECTION 2016年 アメリカ 99分 アクション/サスペンス 劇場公開(2016/09/24) 監督: デニス・ガンゼル 『ブラッディ・パーティ』 出演: ..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2017-02-01 20:02