2016年04月30日

Re:LIFE〜リライフ〜 (The Rewrite)

監督 マーク・ローレンス 主演 ヒュー・グラント
2014年 アメリカ映画 107分 コメディ 採点★★★★

ちょこちょこ転職を経験している私ですけど、振り返ってみるとアルバイトを除けば二つの職種しか経験したことがないんですよねぇ。その二つも、ざっくりと括れば似たような仕事ですし。これだけ経験が偏っちゃってると、さすがに何か新たな職種に挑戦しようって気もなかなか起きず。まぁ、挑戦された側にしてもこんなオッサンに一から教えるのは大変でしょうしねぇ。

rewr02.jpg

【ストーリー】
かつてアカデミー賞も獲得した脚本家のキースだったが、その後15年間は鳴かず飛ばずでハリウッドからもお呼びがかからなくなっていた。そんな折、エージェントから田舎の大学でシナリオの書き方を教える講師の仕事を紹介される。渋々その仕事を受けたキースだったが、全くやる気は起きず・・・。

rewr08.jpg

『トゥー・ウィークス・ノーティス』から4度目の組合せとなる、マーク・ローレンスが脚本と監督を手掛け、ヒュー・グラントが主演して贈るコメディドラマ。
最終着地点が恋の成就と人生の再起動とテーマが全く違うのだが、ざっくりと表面的な印象だけで見れば『ラブソングができるまで』の脚本家版な本作。主人公が過去の栄光を引きずってるってのも、業界の内幕ネタで楽しませてくれるってのもほぼ一緒。前途洋々の若者の姿にかつての自分を見出し、過去の自分を追いかけず今の自分で人生を歩む決意をする物語も、大きな起伏も特にないまま予定調和的にさらりと嫌みなく収束する、深く考えずにサクっと楽しむ分には丁度いい一本でも。
そんな「まぁ、こんなもんだよな」的作品に★4つってのは大盤振る舞いな気もするが、評価を上乗せしたくなるほど『コードネーム U.N.C.L.E.』のヒュー・グラントが素晴らしい。何処に居ても常に居心地が悪そうで、相手と目をしっかりと合わせない自信の無さと自虐的な眼差しをしながらも基本的には軽薄な女好き。現状を毒づきながらもそれなりに満喫し、イギリスなまりで余計なひと言を言ってしまいばつの悪い思いをする。還暦が目の前に迫っているとは思えない、もうこっちの期待通りのヒュー。そんなヒューを観たいが為だけに本作を手に取ったのだし、その期待を十分過ぎるほど叶えてくれているので、わたし的にはこの評価は妥当。

rewr07.jpg

もちろんヒューだけが良かったのなら過大評価になるが、今回は相方も素晴らしい。さすがのヒュー・グラントもそれなりに年齢を感じさせるようになったので、相方が若い娘だと非現実的だしバランスも悪い。かと言って、年齢的にバランスを取っても相性が悪いと前回の『噂のモーガン夫妻』みたいな悲惨な結果に。
そういった意味では、今回手を組んだ『リンカーン弁護士』のマリサ・トメイは完璧な相方。さばさばして男性に依存し過ぎないがドライ過ぎず程よくウェットなのでロマンスを物語に生み出せるが、そこに中年同士の恋愛に漂いがちな目も当てられない痛々しさがない。明るく前向きで包容力もある、母親としても恋人としても文句のつけようがない本作のマリサ・トメイは、性格や口角の向きまで色々と正反対のヒュー・グラントと見事なコンビネーションを披露。まぁ、私がもともと好きだってのも大きいんですけど、相も変わらずチャーミングの塊のような彼女に完全にメロメロ。この組合せであと5本は観たい。
そんなヒューとマリサ・トメイに目を奪われがちな作品ではありましたが、マリサ・トメイのケースとは別の意味でヒューとは正反対過ぎて面白味を生んでいたアリソン・ジャネイや、そんな彼女とは『JUNO/ジュノ』でも共演済みである『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のJ・K・シモンズら大人勢はもちろんのこと、地雷感がハンパなかったベラ・ヒースコートや「『ダーティ・ダンシング』の良さに気付いて良かったね!」なアニー・Q、アホな子ならではの可愛げに溢れてたエミリー・モーデンら、顔で選んだお飾りでしかなさそうでいて、それぞれが対極に居て物語に刺激を与えていた学生らも魅力的だった一本で。

rewr01.jpg
こんな生徒がいるなら仕事も楽しくなるはずだよなぁ

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気ブログをblogramで分析   

        

        

posted by たお at 13:17 | Comment(0) | TrackBack(12) | 前にも観たアレ■ら行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437373872

この記事へのトラックバック

「Re:Life〜リライフ〜」
Excerpt: ここが劇場でなければ声を上げて泣いていたと思う。それ程の作品だった!もうすごくすごく!コメディではあるけれど、楽しくケラケラと笑いながら観られるんだけど、心に響いて堪らない。ヒュー・グラント好き必見!..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2016-05-12 16:18

Re:LIFE〜リライフ〜
Excerpt: そして教師になった 公式サイト http://www.relife-movie.com 監督: マーク・ローレンス  「トゥー・ウィークス・ノーティス」 「ラブソングができるまで」 「噂のモーガン夫妻..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2016-05-12 16:19

『Re:LIFE〜リライフ〜(THE REWRITE)』マーク・ローレンス監督、ヒュー・グラント、マリサ・トメイ、J・K・シモンズ、他
Excerpt: 『Re:LIFE〜リライフ〜』THE REWRITE監督 脚本・マーク・ローレンス出演・ヒュー・グラント、マリサ・トメイベラ・ヒースコート、J・K・シモンズクリス・エリオット、アリソン・ジャネイ、他
Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA
Tracked: 2016-05-12 17:06

Re:LIFEリライフ
Excerpt: ワンパターンでも。マンネリでも。 * * * * * * * * * * かつてアカデミー脚本賞に輝き、 ハリウッドのトップの座を占めた脚本家キース(ヒュー・グラント)。 しかし、その後15年..
Weblog: 映画と本の『たんぽぽ館』
Tracked: 2016-05-12 19:41

人生のリスタート〜『Re:LIFE〜リライフ〜』
Excerpt:  THE REWRITE  キース・マイケルズ(ヒュー・グラント)はアカデミー賞受賞経験のあるハリウッ ドの脚本家だが、今は完全に 「過去の人」 扱..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2016-05-12 21:14

Re:LIFE〜リライフ〜
Excerpt: 評価:★★★☆【3.5点】(F) 映画ネタがいっぱい出てきてそれだけでも満足(笑)
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2016-05-12 21:34

Re:LIFE リライフ / The Rewrite
Excerpt: 昔ヒットを飛ばしたことのある今は落ちぶれた脚本家が、大学の講師になり脚本を教えることから、自らの事も見つめなおすという物語。 ヒュー・グラントの本領発揮ですね〜。何となく頼りにならない、ダメ男という..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2016-05-12 22:49

Re:LIFE リライフ
Excerpt: 「Re:LIFE リライフ」 TOHOシネマズシャンテ アカデミー脚本賞を受賞して有名になるも、その後15年間ヒット作に恵まれないキース(ヒュー・グラント)。仕事もなくなり、しかたなく引
Weblog: Spice -映画・本・美術の日記-
Tracked: 2016-05-13 00:23

Re:LIFE〜リライフ〜
Excerpt: あらすじ かつてアカデミー賞を受賞するも、15年間鳴かず飛ばず状態の脚本家キース(ヒュー・グラント)は、破産寸前で妻子にも逃げられる始末。人生どん底の彼は郊外の大学でシナリオコースの講師を引き受..
Weblog: ♪HAVE A NICE DAY♪
Tracked: 2016-05-13 20:06

Re:LIFE〜リライフ〜
Excerpt: 上映時間 107分 脚本:監督 マーク・ローレンス 出演 ヒュー・グラント/マリサ・トメイ/J・K・シモンズ/ベラ・ヒースコート/クリス・エリオット/アリソン・ジャネイ/アンドリュー・キーナン=ボル..
Weblog: to Heart
Tracked: 2016-05-14 01:19

Re:LIFE リライフ
Excerpt: かつてアカデミー賞脚本賞を受賞した脚本家キース・マイケルズは、その後15年もの間、全くヒット作に恵まれないでいる。 生活に困窮した彼は、仕方なく田舎町ビンガムトン大学のシナリオコースの講師を引き受ける..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-05-14 09:56

RE:Life リライフ/THE REWRITE
Excerpt: 「トゥー・ウィークス・ノーティス」「噂のモーガン夫妻」「ラブソングができるまで」 「デンジャラス・ビューティー」などの監督で脚本家のマーク・ローレンスがヒュー・グラントと4度目タッグ ..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2016-05-14 23:29