2016年04月28日

死の恋人ニーナ (Nina Forever)

監督 クリス・ブレイン/ベン・ブレイン 主演 アビゲイル・ハーディンガム
2015年 イギリス映画 98分 ホラー 採点★★★

時に恋愛なんかでそうなんですけど、“忘れたい思い出”ってのは“忘れたくない思い出”と密接に絡み合ってるので、頑張って忘れようにも思い出させるきっかけがアチコチにあり過ぎてそうもいかないんですよねぇ。何をしてても思い出す。新しい恋でも始めて無理やり思い出を上書きするのもいいですけど、思い出す度に大声を上げたくなる衝動と時間を掛けて付き合って、徐々に薄れていくのを待つのが一番確実だったりも。

nifo01.jpg

【ストーリー】
大学で救急救命士の勉強をするホリーは、バイト先のスーパーで恋人のニーナを事故で失ったロブと出会う。その悲しみから立ち直れない暗くナイーヴなロブに惹かれたホリーは彼を元気づけるために近付き、やがて二人はベッドを共にする。しかしそんな時、突如ベッドの中から血塗れのニーナが現れ・・・。

nifo03.jpg

劇長編デビューとなるクリス&ベン・ブレイン兄弟が手掛けた、ホラー・ラブストーリーのコメディ和え。
Hの最中に死んだ元カノが血塗れで現れるから困っちゃうカップルの姿を、若干ウザっためのアート志向が前に出た温度の低い映像で収めた本作。「メキメキッ!ゴキゴキッ!」と『呪怨』の伽椰子ばりに登場するニーナのインパクトに少々邪魔されているが、意外と恋愛の本質的な部分を捉えていたりして驚かされた一本でも。
普通に見えるけど実はちょっと変わった娘というよりも、“普通”と言われることを嫌い敢えて変わった娘になろうとして背伸びしているようにも見える19歳のホリー、“死”と言う衝撃的な結末を迎えたこともあり元カノのことが忘れられず、ことあるごとに自殺衝動に駆られるナイーヴをこじらせたロブ、そして言ってることがいちいち正論のニーナと、三者三様微妙に異なるキャラクターを男兄弟が書いたとは思えぬ繊細さで描いた本作。背伸びして大人びようとするホリーと、そんなものは全て経験済みなだけに「はいはい、頑張ってるね」と達観して見ている一回り近く年上のニーナの関係性なんかも見事に収めていたなぁと。事態が面倒くさくなってくると途端に存在が空気になってくるロブの姿なんかもまさに。

nifo02.jpg

存在感があり過ぎる幽霊が出てくるのでホラーというスタイルを取っているが、過去を無理して受け入れようとしたり力ずくで打ち消そうとしたりと奮闘する恋人同士の姿を描いている、変化球のラブストーリーと言った方が良いのかと。いささか言葉足らずですんなり入ってはこないが、過去を引きずり過ぎている彼氏そのものではなく、“彼女が死んで落ち込んでいる男”という状況に惹かれ、知らず知らずのうちに自分がその過去に取りつかれてしまっていることが判明するストーリー展開も、随所に描かれた「あぁ、わかるなぁソレ!」的な笑いと共になかなか楽しめた作品でも。
どうも評判があまり芳しくないようなんですが、似たような題材を扱った『ライフ・アフター・ベス』よりも、恋愛や男女関係の捉え方や、ただでさえ“元カノ”(とそれに囚われてる男)ってのは面倒くさいのに、死んでるからさらに厄介なニーナの言動のずば抜けた面白さもあって、全然こっちの方が好き。

nifo04.jpg
生きていても太刀打ち出来そうになく

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気ブログをblogramで分析   

        

posted by たお at 14:53 | Comment(5) | TrackBack(1) | 前にも観たアレ■さ行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらでレビューを拝見して「面白そう!」と思ったので、Twitterで記事にリンクした上でメモがわりにツイートを残したところ、監督兄弟の本人と思われるアカウントからリプライが来まして、
"thank you (I think, google translate renders your review poetic but not quite coherent in robot English!)"
とのことでした。勘違いについてはその後訂正してあります。(コメントの「ホームページアドレス」のリンクをご参照ください。)
Google翻訳、いったいどんなのだったんでしょうね…
Posted by liyehuku at 2016年04月30日 13:34
liyehuku様、こんにちは!
あらあら、監督ご本人様から!
しかも、こんなところのレビューをわざわざ翻訳してまで。
まぁ、辻褄が合ってないのは決してグーグル翻訳のせいではないんだろうなぁとも^^;
にしても、自分の作品の評判を国を問わずに気にしちゃうなんて、なんか可愛い兄弟だなぁ。
Posted by たお at 2016年05月01日 12:24
こんにちは。
ほんとだ、監督らからコメントが。

「未体験ゾーンの映画たち」ですし、
未体験という意味では実に未体験な映画であったといわざるをえないでしょう。
血が広がってニーナが出現する様子はホラーなんだけど、あっけらかんとしてるのが可笑しくて(あと、ロブよりもかなり年上にみえるのも可笑しくて)コメディかな、ドラマかなと色んなジャンルが頭をよぎりましたー
でも色んな意味で力技一本!な作品でありましたね
Posted by maki at 2016年05月02日 14:09
TBがおくれなかったので。
URLアドレスに記事URLを
記入してあります。

ニーナの邪魔が入ったか!
Posted by maki at 2016年05月02日 14:12
maki様、こんばんは〜♪
世界を股にかけてエゴサーチしてる感じが、なんか可愛いなぁと。
妙な可笑しさとか真面目さ、可愛さなどなど、不思議な魅力に溢れてた一本でしたよねぇ。
TBに関しては、自分で書く分にはOKなくせに、送られてくる文章に関しては異様に厳しいシーサーなんで、なんかしらの単語で弾いちゃったのかと。
なんともご迷惑をおかけします。。。
Posted by たお at 2016年05月11日 18:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437306282

この記事へのトラックバック

死の恋人ニーナ
Excerpt: NINA FOREVER 2015年 イギリス 98分 ホラー/コメディ/ロマンス 劇場公開(2016/01/19) 監督: ベン・ブレイン クリス・ブレイン 出演: アビゲイル・ハーディンガム..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2016-05-02 17:22