2016年04月07日

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 (Batman v Superman: Dawn of Justice)

監督 ザック・スナイダー 主演 ベン・アフレック
2016年 アメリカ映画 151分 アクション 採点★★★

背負ってる荷物が重過ぎて難儀していたお婆さんの荷物を代わりに背負って目的地まで一緒に行ってあげる。“善悪”で考えればこれは明らかに善ですよねぇ。でも、これが“正義か悪か?”って問題になると、ちょいと複雑になってくる。極端な例え方にはなるんですけど、この婆さんが誰かを殺すために爆弾を背負ってたんなら、善行したつもりが殺人の片棒を担いでしまう。その“誰か”ってのが連続殺人犯とかだったりすると、これまた複雑になってくる。もうちょっと極端にしてみると、その“誰か”ってのが圧政を強いる独裁者だったりすれば、それは所謂西側諸国にとっては“正義”になるのか?逆の立場ではどうだ?結局のところ、“正義”って主観的なものでしかないんですよねぇ。

bsdj03.jpg

【ストーリー】
スーパーマンとゾッド将軍との戦いは、メトロポリスに甚大なる被害をもたらした。スーパーマンの持つ超人的能力は人々の尊敬を集めると同時に、人類の脅威として人々の心に恐怖を植え付けてしまう。バットマンとしてゴッサムシティの闇を守るブルース・ウェインもまた、スーパーマンの存在に脅威を感じていた。そんな折、スーパーマンに対抗しうる力を探していたブルースに天才実業家レックス・ルーサーが近付いてきて・・・。

bsdj07.jpg

DCコミックの2大ヒーローの対決と、タイトルにある通りジャスティスリーグの誕生を描いたアクション大作。『300 <スリーハンドレッド>』のザック・スナイダーが『マン・オブ・スティール』からキャストと共に続投し、キャストが総入れ替えとなったダークナイト組のクリストファー・ノーランらは製作総指揮に。
ウルトラマンメビウスの第一話で、念願の地球デビューとなった新米ウルトラマンのメビウスが張り切って怪獣を倒すも周囲の街は瓦礫の山と化し、防衛チームの隊員に怒られションボリ。ふとそんなことを思い出させるオープニングから、一貫して“正義”の意味と功罪を描く本作。複数の人間の意志決定で行われるのではなく、一個人でしかないヒーローの主観的正義観念による行動がもたらしかねない恐怖や、その強大な力を前にした時の人々の反応、移ろいやすい世論など、ヒーローが現れた時の“もしも”視点で描かれる世界観が非常に興味深い。スーパーマンの宿敵として有名なレックス・ルーサーが力で対抗するのではなく社会的に抹殺しようと試みたり、スーパーマン自身もバットマンをメディアの世論誘導で悪者にしようとする、人間目線に寄った視点も面白い。

bsdj05.jpg

スーパーマンとバットマンという2大ヒーローの激突をメインに描いているのだが、このヒーローたちの描き分けも巧い本作。
根っからの善人であり、その行動はあくまで個人的な正義感と善意に基づくスーパーマン。ただその一方で、『ウォッチメン』のDR.マンハッタンとオジマンディアスのように正義の実現のために自ら悪になる覚悟も大局的視点も持たない故に、その行動が思わぬ場所に害をなす場合も。また、欲や理念が行動原理を占めてるわけではない善人ならではの融通の利かない性格と、天罰に匹敵するパワーは国家や人類の脅威になりうる危険性も。アメリカを中心として活動しているが、本人に悪気がない分敵対国側に立った行動をしてしまう危険性もなくはない。国家としては危険極まりない存在
一方のバットマンもまた個人的な主観に基づいた正義感で行動をしているが、理念を実現する為には犯罪行為に手を染めることも厭わず、また自覚もしている。また、その視点は徹底的に人間側に立っている。同じくスーパーマンに対し脅威を感じているレックス・ルーサーからクリプトナイトを強奪するのだが、まだ表立った犯罪行為を行ってないルーサー側に容赦ない攻撃を加え強奪する様は、まさにダークヒーローここにあり
この性質の似て非なるヒーローたちの描き分けや社会描写、DCコミックらしい暗く重いビジュアルなど見どころ満載な本作なのだが、面白いのは残念ながらクライマックスを前にしたここまで

bsdj01.jpg

いざ対決がメインとなる中盤以降になると、一気に描写が雑になってしまう本作。結局レックス・ルーサーは何がしたいのかさっぱり分からなくなるし、スーパーマンの脅威となるクリプトナイト槍を捨てたロイス・レインはそれがドゥームズデイに対抗しうる唯一の武器であることを知らないはずなのにおもむろに取りに戻ったりする行き当たりばったりさ。そんなスーパーマン最大の敵であるはずのドゥームズデイも、「あぁ、そう言えばレックスなんかやってたなぁ・・・」と思っちゃうくらい登場が唐突だし、スーパーマンすら一度は倒れた強大な敵が突然現れちゃうもんだから、バットマンは途端に空気になってしまうパワーバランスの悪さも気になる所。その空気と化したバットマンがジャスティスリーグ結成の必要性に気付く経緯も、やっぱりなんか唐突でしたし。
結局のところ、アベンジャーズでアメコミ映画フランチャイズビジネスを大成功させたマーベルに、ジャスティスリーグで対抗しようってのが本作の目的なんでしょうけど、先に挙げたパワーバランスの悪さやキャラ描写の雑さなどマーベルと比べてしまうと準備不足感が否めないだけに、今後単品で登場する予定のフラッシュやアクアマン、サイボーグらに対する期待感がイマイチ高まらないのは痛い。

bsdj09.jpg

そんな後発としての焦りが見え隠れしてしまった本作ではありましたが、思わぬ収穫があったのも事実。それはブルース・ウェインに扮した『ゴーン・ガール』のベン・アフレック。そのケツアゴのせいか何度かアメコミヒーロー役候補として名が挙がり、実際にマーベル映画の黒歴史の一つである『デアデビル』やある意味スーパーマン役だった『ハリウッドランド』にも出演。ただ、どちらかと言えばいじめっ子や卑屈な役柄が似合うだけに、正統派ヒーローに扮すると違和感ばかりが際立ったりも。
今回もバットマン役に名が挙がるや否や世界中から反対の声が上がってしまったベンアフでしたが、どうしてどうして。これがなんとも素晴らしい。あくまでパーソナルな恨み辛みに怒り、嘘に信頼感の無い胡散臭さなどなど、人間としてのネガティヴさが全面に出たブルース・ウェインを見事なまでに好演。ガチムチ重量型バットスーツから見えるケツアゴも見事にフィットした、ベンアフならではのバットマンを思う存分堪能できた一本。
正直言うと男性ファンを中心に圧倒的な支持を得ているノーラン版バットマンがどうにも好きになれない私だけに、このベン・アフレックと、英国式アイロニーがより出ていたアルフレッドに扮した『エラゴン 遺志を継ぐ者』のジェレミー・アイアンズのコンビによるお高くとまり過ぎないバットマンってのを新たに作ってもらいたいなぁと思ったほどハマってたキャスティングで。

bsdj08.jpg

ベン・アフレックとジェレミー・アイアンズにばかり目を奪われてしまった本作ではありましたが、大作ならではの豪華キャストを楽しめた一本でも。
古典的な二枚目なのだが、どこか嘘をついてるかのような信用できなさが良いスパイスになっているスーパーマンに扮した『コードネーム U.N.C.L.E.』のヘンリー・カヴィルを筆頭に、今後足を引っ張るだけの存在に成り下がる気配もあった『人生の特等席』のエイミー・アダムス、『キルショット』のダイアン・レイン、『シグナル』のローレンス・フィッシュバーン、『ドラフト・デイ』のケヴィン・コスナーら『マン・オブ・スティール』はそのまま続投。『MUD マッド』のマイケル・シャノンも死にっぱなしで続投
また、マーク・ザッカーバーグを更に突き抜けさせたかのようなレックス・ルーサーに扮した『ファンキーランド』のジェシー・アイゼンバーグや、スクリーンで見るのは随分と久しぶりな気がした『Mr.インクレディブル』のホリー・ハンターらも印象深し。
そしてやっぱり外せないのは、本作最大のウリでもあるワンダーウーマンに扮した『ワイルド・スピード MEGA MAX』のガル・ガドット。物語に絡んでそうで案外そうでも無かったり、出てくるや否や大暴れする溜めの無さも気にはなったが、あの攻撃的な美貌とスタイルはやはり見もの。展開そっちのけで目を奪われてしまうだけの魅力と存在感は忘れ難し。ジャスティスリーグ単品作品群の中で、唯一劇場で観たいなぁと思わせるだけの存在だったなぁと。

bsdj06.jpg
焦る気も分からなくはないですが

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気ブログをblogramで分析   

        

        

posted by たお at 16:04 | Comment(6) | TrackBack(35) | 前にも観たアレ■は行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
正義の定義は難しいですね。“地球を救う”という大粋な事と、家族を救うという限定的なものが相反するのが現実ですよね。
GW公開の「シビル・ウォー」もまさにこれがきっかけでアベンジャーズが真っ二つですから。
日本のウルトラマンも、今は街では極力戦わず、怪獣を広い誰もいない土地に誘導しますから(^^)
こちらからもTBお願いします。
Posted by atts1964 at 2016年04月12日 08:30
TBありがとうございます。
おばあさんと荷物の例え話、なるほどと思いました。
『マン・オブ・スティール』でゾッド将軍から地球を救ったスーパーマンが、バットマンから見たら悪者なんですよね。
どうもベン・アフレックが好きになれないせいか、バットマンが自分勝手に見えてしまいました。(^^;)
Posted by すぷーきー at 2016年04月12日 19:59
atts1964様、こんばんは!
正義ってほぼほぼ「ボクはそう信じてる!」ってものと変わらないから、規模の大小に関係なく一方的だったりするんですよねぇ。
>日本のウルトラマンも
怪獣を倒さない奴もいますしねぇ。

Posted by たお at 2016年04月13日 21:29
すぷーきー様、こんばんは!
まぁ、おかげで地球が救われたんで単純に“悪”とは言えないんですけど、犠牲者にとっては複雑ですよねぇ。
>バットマンが自分勝手に
これこそがベンアフ版バットマンの真骨頂なのかもしれませんし^^
Posted by たお at 2016年04月13日 21:32
ヒーローにして、人間と同じようなエゴとか、わがままがあるのって、良いバランスになっているように思いました。

アメリカ発のヒーローらしいといえばらしいし、教育者にならないところが、英雄と人間を分かつ理由でもあり、戦いをやるなら、やりたいものがやれば良いし、勝手なところがあっても、ヒーローがその主導権を手にするのは、それが、人間の身勝手さと変わらないからと思います。

英雄は続かないといいますが、スーパーマンには幸福になって欲しいです。人間としての活躍も、マーベル初心者として、観れたので良かったです…。
Posted by at 2016年04月16日 20:51
隆さま、こんにちは!
“ヒーローの存在意義”とか“正義の意味”“もし現実に現れたら?”など、非現実な存在であるヒーローに対し様々な角度からアプローチをするってのもアメコミの面白さですよねぇ。シリアスな題材でもどこか明るさがあるマーベルと、ダークな雰囲気のDCの違いなんかも出てましたし。
Posted by たお at 2016年04月20日 08:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436304676

この記事へのトラックバック

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生★★★★
Excerpt: 世界的人気を誇るスーパーヒーロー、スーパーマンとバットマンが互いに全力を尽くしてバトルに挑む姿を描くアクション大作。英雄から一転、悪に傾倒したスーパーマン相手に激しい戦いを繰り広げる人類の最後の希望バ..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2016-04-08 13:01

『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』 2016年3月25日 TOHOシネマズ新宿
Excerpt: 『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』  を鑑賞しました。 やっぱりザック・スナイダーだけに大味であった。 【ストーリー】  バットマン(ベン・アフレック)は、両親の殺害現場を目撃..
Weblog: 気ままな映画生活 −適当なコメントですが、よければどうぞ!−
Tracked: 2016-04-11 15:38

「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」
Excerpt: 小中学生でアメコミを読み込んだ子供が「バットマンとスーパーマンが戦ったらどっちが勝つかなー」と夢想したその夢を、「くだらないこと言ってんじゃないよ!勉強しなさい!」と一蹴するオカンになるのか、金をかけ..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2016-04-11 15:39

劇場鑑賞「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」
Excerpt: 共闘… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201603250001/ 【楽天ブックスならいつ..
Weblog: 日々“是”精進! ver.F
Tracked: 2016-04-11 16:21

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
Excerpt: 正義とは 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/batmanvssuperman 製作総指揮: クリストファー・ノーラン監督: ザック・スナイダー  「300」 「ウォ..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2016-04-11 16:34

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
Excerpt: 【BATMAN v SUPERMAN: DAWN OF JUSTICE】 制作国: アメリカ  制作年:2013年 メトロポリスで新聞記者として働く真面目な青年クラーク・ケント。 しかし、そ..
Weblog: miaのmovie★DIARY
Tracked: 2016-04-11 18:13

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2D 字幕版)
Excerpt: 監督:ザック・スナイダー 出演:ベン・アフレック、ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、ジェシー・アイゼンバーグ、ダイアン・レイン、ローレンス・フィッシュバーン、ジェレミー・アイアンズ、ホリー・ハン..
Weblog: タケヤと愉快な仲間達
Tracked: 2016-04-11 18:32

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 遠回りの果てに……
Excerpt:  バットマンとスーパーマンの対決が前面に出ているけれど『マン・オブ・スティール』の続篇で、前作の場面を引き継いで始まる。  監督は『マン・オブ・スティール』『300〈スリーハンドレッド〉』などのザッ..
Weblog: 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実
Tracked: 2016-04-11 18:50

映画鑑賞「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」
Excerpt: バットマンとスーパーマンが戦う理由は? 罠にハメた奴がいた。 バットマンがスーパーマンを妬んだのか?バットマンの方が悪に染まりかけていた。 お、共通の敵が現れた。2..
Weblog: 趣味こそ生きがい
Tracked: 2016-04-11 19:14

『バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生』(2016)
Excerpt: ゾッド将軍の野望を阻止したスーパーマンは救世主として崇められたが、一方で多くの犠牲者を出すことにもなった。その戦いによって何人もの部下や友人を喪くしたブルース・ウェインも、スーパーマンを危険視する一人..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】
Tracked: 2016-04-11 20:10

「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」:バットマンの造形がヘン
Excerpt: 映画『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』って、原題は“Batman
Weblog: 大江戸時夫の東京温度
Tracked: 2016-04-11 20:32

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
Excerpt: 評価:★★★★【4点】(11) 地上から見上げる冒頭の都市破壊シーンはなかなか秀逸。
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2016-04-11 21:00

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生  監督/ザック・スナイダー
Excerpt: 【出演】  ベン・アフレック  ヘンリー・カヴィル  エイミー・アダムス  ジェシー・アイゼンバーグ  ローレンス・フィッシュバーン  ガル・ガドット 【ストーリー】 バットマンは、両親の殺害現場を..
Weblog: 西京極 紫の館
Tracked: 2016-04-11 22:21

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」 ジャスティスの未来は描けているのか
Excerpt: 「アイアンマン」以来、その世界観を多彩なキャラクターで広げ、新しい作品を公開する
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2016-04-11 22:51

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 3D
Excerpt: 紆余曲折あって、最初の企画から14年経過。 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』をIMAX3Dで観てきました。 ★★★ バットマン役がコリン・ファレル、スーパーマン役はジュード・ロ..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2016-04-12 01:01

暗い・・・。〜『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』
Excerpt:  BATMAN v SUPERMAN: DAWN OF JUSTICE  スーパーマンである素性を隠し、新聞社で働くクラーク・ケント(ヘンリー・ カヴィル)は、唯一正体..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2016-04-12 07:43

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
Excerpt: 2016年作品、ザック・スナイダー監督、ベン・アフレック、ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス出演。 空に浮かぶ巨大な物体、ブルース・ウェイン(ベン・アフレック)は必死に車を飛ばし..
Weblog: atts1964の映像雑記
Tracked: 2016-04-12 08:31

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
Excerpt: 【BATMAN v SUPERMAN: DAWN OF JUSTICE】 2016/03/25公開 アメリカ 152分監督:ザック・スナイダー出演:ベン・アフレック、ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダ..
Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
Tracked: 2016-04-12 12:39

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生。
Excerpt: 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を観に行ってきました。 スーパーマン側は、 『マン・オブ・スティール』 のその後。 バットマン側は、俳優は変わったけど『ダークナ..
Weblog: すぷのたわごと。
Tracked: 2016-04-12 20:00

映画:バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 Batman v Superman 日米同時公開に騙された(笑)
Excerpt: 基本 スーパーヒーローもので、複数それらが登場した途端にシラけるワタクシ。だからガキのころから映画のウルトラマンはダメ、最近ではアベンジャーズは全て論外! そんな自分なのに、つい引っ掛かって..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2016-04-12 22:13

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 (2016) BATMAN V SUPERMAN: Dawn of Justice 328本目
Excerpt: シリーズ化されますよ!バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 (BATMAN V SUPERMAN: Dawn of Justice) 出演: ブルース・ウェイン / バットマ..
Weblog: ロコの辛口映画レビュー カフェ
Tracked: 2016-04-13 05:55

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」
Excerpt: わかりにくいところがあったな〜と思う。
Weblog: 或る日の出来事
Tracked: 2016-04-13 09:36

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
Excerpt: 昼間は大企業のトップを務め、夜は高級車でパーティに繰り出し美女たちとハデに騒ぐ変わり者ブルース・ウェイン。 しかし実は彼は、ゴッサム・シティに横行する犯罪に立ち向かうヒーロー、バットマンだった。 そん..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-04-14 08:21

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
Excerpt: ★★★☆ 製作:2016年 米国 上映時間:152分 監督:ザック・スナイダー  ノーラン版スーパーマンの第二弾である。前回ゾッド将軍との戦いで街を破壊しまくったのは、本作を意識しての前ぶれだったよう..
Weblog: ケントのたそがれ劇場
Tracked: 2016-04-14 17:21

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生
Excerpt: 誰が為に戦うのか、ヒーローの哀…。バットマン(ベン・アフレック)は、両親の殺害現場を目撃したという過去のトラウマから犯罪者一掃に力を注ぎ、一方超人的能力を持つスーパーマン(ヘンリー・カヴィル)は、その..
Weblog: E'S STREAM
Tracked: 2016-04-16 20:52

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生・・・・・評価額1550円
Excerpt: 神 vs 人間。 2007年に公開された「アイ・アム・レジェンド」の、廃墟と化した2012年のニューヨークの街角には「バットマンvsスーパーマン」の巨大な看板が見える。 要するに「まさかこんな..
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2016-04-18 21:37

DC福音書 ザック・スナイダー 『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』
Excerpt: 八年前、バットマンについてあれこれ書いた記事で、こんなことを述べました。「付かず
Weblog: SGA屋物語紹介所
Tracked: 2016-04-19 21:53

[2016年の映画][☆☆☆★★][映画]「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」感想
Excerpt:  ザック・スナイダー監督、ベン・アフレック×ヘンリー・カヴィル主演。2013年公開「マン・オブ・スティール」の続編にして、DCコミックスのスーパーヒーローが登場するムービープロジェクト「DCエクステ..
Weblog: 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
Tracked: 2016-04-22 21:17

「バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生」Batman v Superman: Dawn of Justice (2016 WB)
Excerpt: 息子から前売り券をもらい、時間休をとって映画館へ。父親として、社会人としてどうなの。ほんとうは上映がまもなく終わってしまう「マネー・ショート」にしようと思ってたけど、3Dと負担ゼロの誘惑に負けてし..
Weblog: 事務職員へのこの1冊
Tracked: 2016-04-23 06:38

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
Excerpt: 『貞子VS伽椰子』みたいなキワモノ作品かと思ったら、全然予想以上に面白かった。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2016-05-01 02:19

[映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を観た]
Excerpt: ☆・・・私のアメコミ映画鑑賞での立ち位置   DCコミックス < マーベル   サム・ライミ ≦ ティム・バートン   クリストファー・ノーラン < ティム・バートン   クリストファー・ノーラン <..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2016-05-01 09:23

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」
Excerpt:  (原題:Batman v Superman:Dawn of Justice )いわゆる“一見さんお断り”の映画である。タイトルこそバットマンの名前が先に来るが、実質的にはスーパーマンが主人公を務める..
Weblog: 元・副会長のCinema Days
Tracked: 2016-05-01 18:06

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
Excerpt: クラーク・ケント‥スーパーマンをヘンリー・カビル。 ブルース・ウェイン‥バットマンをベン・アフレック。 ガル・ギャドットが ダイアナ・プリンス‥ワンダーウーマンを演じます。 監督はザック・スナ..
Weblog: 花ごよみ
Tracked: 2016-05-01 22:50

ついに あの2人が対峙!
Excerpt: 4日のことですが、映画「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」を鑑賞しました。 IMAX3Dにて ゾッド将軍との対決でメトロポリスを救ったスーパーマン しかし人間離れした彼の能力や戦..
Weblog: 笑う社会人の生活
Tracked: 2016-05-10 18:39

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
Excerpt: BATMAN v SUPERMAN: DAWN OF JUSTICE 2016年 アメリカ 152分 アクション/SF/アドベンチャー 劇場公開(2016/03/25) 監督: ザック・スナイ..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2016-08-15 22:31