2016年02月15日

ハード・ラッシュ (Contraband)

監督 バルタザール・コルマウクル 主演 マーク・ウォールバーグ
2012年 アメリカ/イギリス/フランス映画 109分 アクション 採点★★★

上司に気に入られることに全力を尽くす人っていますよねぇ。それはそれで才能の一つだとは思うんですけど、気に入られた結果、大きなプロジェクトや責任ある立場を任せられちゃって実力不足を露呈したりも。そこで身の程を知って努力をすればいいんですが、そういう人って責任転嫁の才にも長けてるんで、実力を伴わないまま出世し続けたりも。

cont02.jpg

【ストーリー】
世界最高の運び屋と称されながらも、家族のために裏稼業から足を洗い真っ当な生活を送っていたクリス。だが、義弟が麻薬の密売に失敗し多額の借金を背負ってしまう。組織から家族を守るため、クリスはかつての仲間を集めパナマから大量の偽札密輸計画を立てるのだが…。

cont05.jpg

2008年のアイスランド映画『Reykjavík Rotterdam』を『2ガンズ』のバルタザール・コルマウクルがリメイクした犯罪アクション。主演のマーク・ウォールバーグも製作者に名を連ねている。以前にも一度鑑賞しているんですが、「なんか面白かった」って以外はすっかり記憶から消え去っていたので再鑑賞を。
“堅気になった凄腕犯罪者が家族のためにもう一度だけ犯罪を犯す”という、よくあるプロットをよくある展開で最後まで通す、よくあるづくしの本作。主人公が犯罪の才も頭脳も腕力もずば抜けているので全くハラハラしない安心感に溢れすぎてるってのも、鑑賞後するする記憶から消え去っていく要因なのかと。
じゃぁ、その“なんか面白かった”って印象はどこから生まれたかと言えば、それはやはり犯罪描写の緻密さから。組織やネットワークの在り方から手口、巧みなトリックなど「そんなにバラして大丈夫なのか?」ってほど運び屋稼業の手の内を見せてくれている。犯罪には変わりないし運ぶ物にもよってくるんですが、基本他人に害を与えないどこか“怪盗○○”を見てるかのような清々しさや面白さ、憧れすら感じるカッコ良さが。
また、全てにおいて優れている主人公目線で観るとスリルが感じられないが、そんな主人公の近くにいたからこそ評価され、それを実力と勘違いしてしまった身の程知らずの悪役目線で観るとなかなかスリリング。困ってるのは主人公じゃなく悪役の方だし、四面楚歌で絶体絶命なのも悪役の方でしたし

cont01.jpg

主人公のクリスに扮したのは、『テッド2』『ローン・サバイバー』のマーク・ウォールバーグ。素がそうだからしょうがないんですけど、元チンピラもしくは現在進行形のチンピラがここまで似合う役者もそうそう居ない。天才的な犯罪者で人望も厚く、腕っ節が強くて奥さんが美人という完璧すぎる役柄を、完璧なキャスティングであるマーク・ウォールバーグが演じてるという所が案外本作の印象を薄くしてしまった一因なのかと。
また、恋愛感情に似た匂いすら漂う忠実な部下や相棒役をやらせるとひときわ輝くメカニック』のベン・フォスターや、やたら凄んでくるのに主人公にやられっぱなしで良い所が一つもなかった『荒野はつらいよ 〜アリゾナより愛をこめて〜』のジョヴァンニ・リビシなど、この“ハマり過ぎたキャスティング”ってのは隅々に施されていた本作。似合い過ぎてて印象が薄いってのはここでも同じなんですが、悪巧みが全てばれて主人公にボコられた後の、まるで失恋をしてしまったかのような哀しげな顔したベン・フォスターは絶品で。
この中では、クリスの美人過ぎる妻に扮した『トータル・リコール』のケイト・ベッキンセイルに若干の違和感を感じるんですが、田舎町でよく見かける“品の無いママグループの中では上品”という程よい下品さが、やっぱり良くハマってたなぁと。
その他、「コイツ一人死ねばいいんじゃね?」と思うほど状況を悪化させるだけの存在だった『ビザンチウム』のケイレブ・ランドリー・ジョーンズや、ジョン・ブックの頃の面影が半端に残っててちょっと気持ち悪さすら感じた『インセプション』のルーカス・ハース、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のJ・K・シモンズに、ボールドウィン一家やウェイアンズ一家並にウジャウジャいるウォールバーグ一家より『イコライザー』のロバート・ウォールバーグらがキャスティング。

cont03.jpg
強い人の隣にいると自分も強いと勘違いしちゃいがちで

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogramのブログランキング   

        

        



posted by たお at 15:34 | Comment(2) | TrackBack(9) | 前にも観たアレ■は行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>完璧なキャスティング
>“ハマり過ぎたキャスティング”
哀生龍もキャスティングが絶妙だと思ったのですが、それが逆に見終わった後の印象の薄さに繋がってしまったんですね。
妙に納得(苦笑)

>ウジャウジャいるウォールバーグ一家
マークとドニーはすぐに分かるのに、ロバートは・・・
Posted by 哀生龍 at 2016年03月07日 00:33
哀生龍さま、こんばんは〜♪
なんかこう、一事が万事型にはまっちゃった作品なんですよねぇ。面白いのに心になにも残さない。
もっと猿っぽい顔をしてれば判別可能なんですけどねぇ、ロバート。
Posted by たお at 2016年03月10日 18:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ハード・ラッシュ
Excerpt: 隠した場所は...公式サイト http://hardrush-movie.com本作の監督バルタザール・コルマウクルが、製作・主演を務めた、2008年のアイスランド映画「レイキャビク・ロッテルダム」を..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2016-02-16 09:17

ハード・ラッシュ ★★★
Excerpt: 『ザ・ファイター』『テッド』などのマーク・ウォールバーグ主演によるアクション作品。愛する家族のため裏社会から足を洗った元運び屋が、家族を守るため再び危険な任務に挑む姿を追い掛けていく。メガホンを取るの..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2016-02-16 11:19

ハード・ラッシュ
Excerpt: CONTRABAND 2012年 アメリカ 109分 アクション/サスペンス PG12 劇場公開(2013/06/15) 監督:バルタザール・コルマウクル 製作: バルタザール・コルマウクル ..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2016-02-16 12:39

ハード・ラッシュ
Excerpt: 評価:★★★★【4点】(10) 主要キャラ5人の人物像がしっかり描かれてるので
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2016-02-29 21:15

ハード・ラッシュ
Excerpt: “世界一の運び屋”として裏社会で名をはせたクリス(マーク・ウォールバーグ)は、警報装置の施工業者となって、妻ケイト(ケイト・ベッキンセイル)と2人の息子に囲まれ、幸せな日々を送っていた。 ある..
Weblog: 心のままに映画の風景
Tracked: 2016-03-01 00:34

「ハード・ラッシュ」
Excerpt: ちょうど「テッド」がヒットした時と前後して公開されたこの「ハード・ラッシュ」。マーク・ウォルバーグぶつけとけ!と思ったかどうかは知らないけど、B級テイストですな。大昔のローカルテレビの深夜でリピー..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2016-03-01 12:24

ハード・ラッシュ
Excerpt: 【CONTRABAND】 2013/06/15公開 アメリカ PG12 109分監督:バルタザール・コルマウクル出演:マーク・ウォールバーグ、ケイト・ベッキンセイル、ジョヴァンニ・リビシ、ベン・フォス..
Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
Tracked: 2016-03-01 23:11

ハード・ラッシュ
Excerpt: 裏切りと、危機一髪と * * * * * * * * * * 元運び屋のクリス(マーク・ウォールバーグ)は、 裏社会から足を洗い、妻子とともに穏やかな生活を送っています。 しかし義弟アンディが..
Weblog: 映画と本の『たんぽぽ館』
Tracked: 2016-03-03 21:34

ハード・ラッシュ
Excerpt: クリス(マーク・ウォールバーグ)は、元は腕利きの運び屋だったが、今は足を洗って警備システムの会社をやりながら、妻ケイト(ケイト・ベッキンセイル)と2人の息子と暮らしている。
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2016-03-07 00:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。