2016年02月10日

2016年1月度 ベスト&ワースト

常に“今現在のボウイ”を愛してたんで、“ボウイの存在しない今”ってのに未だにイマイチ対応しきれてないたおです。そんな音楽を聴く原動力の根っこの部分がフワフワしちゃってるんで、最近音楽からは遠ざかっちゃってますが、映画に関してはまだ大丈夫。そんなこんなでランキングー!

ベスト
@マーシュランド
Aピエロがお前を嘲笑う
Bアリスのままで
Cジャッジ 裁かれる判事
Dマザーハウス 恐怖の使者

年明け早々見応えある作品ばかりに出会えた、なかなかの好スタートを切れた1月。非ハリウッド系のめっけもんが多かったのも特徴で。まぁ、本国ではそれなりの評価を得ている作品に対し“めっけもん”と言うのもアレですけど
中でも、本格的な刑事ドラマの醍醐味を存分に味わえただけではなく、投げっぱなし気味の結末にその国が抱える過去をしっかりと織り込んでいた@が突出。また、受けた影響を素直にそのまま消化し、そこにオリジナリティ溢れる映像表現が加わったAを作り上げたバラン・ボー・オダーは、今後が楽しみな映画作家の一人で。BCに関してはもうちょっと掘り下げて欲しかった気もするが、実力ある演者がその実力をこれでもかってほど披露してくれたので、その辺の不満はチャラに。Dはどう考えても父親が不憫でしょうがないんですけど、物語構成の巧さには舌を巻いた一本。

ワースト
@カリフォルニア・ダウン

良い作品にばかり出会えたんで不満の無い一カ月だったんですが、“地震”という設定がまるで活かされていない、雑で溜めもないカタルシス皆無の破壊描写と、個人主義が悪い方向に出た都合のよいドラマという、大味大作のお手本のようだった@はちょっと手に負えなかったなぁと。

そんなこんなの1月。今月もこんな感じでマッタリ映画を楽しみたいなぁと思ってるんですが、娘の高校受験に長男の中学入学準備、末っ子の小学校入学準備と、考えてみたらイベントがとんでもなく重なってるのでそうもいかないなぁとボヤいておしまいー!

【2016年1月度 全鑑賞リスト】
ピエロがお前を嘲笑う ★★★★
チャイルド44 森に消えた子供たち ★★★
マザーハウス 恐怖の使者 ★★★
マーシュランド ★★★★
カリフォルニア・ダウン ★★
アリスのままで ★★★★
Mr.タスク ★★★
テッド2 ★★★
ジャッジ 裁かれる判事 ★★★★

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogramのブログランキング   

        

     

タグ:ランキング
posted by たお at 11:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 月間ベスト&ワースト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433639494

この記事へのトラックバック