2016年01月29日

ジャッジ 裁かれる判事 (The Judge)

監督 デヴィッド・ドブキン 主演 ロバート・ダウニー・Jr
2014年 アメリカ映画 141分 ドラマ 採点★★★★

“家族だから何でも許せる”と思われがちですけど、逆に家族だから許せない問題や残り続けるわだかまりってのも多いですよねぇ。相手が他人なら最悪距離を置けばいいだけなんで「ま、いっか」と諦められる事柄でも、家族となるとそうもいきませんし。親子になると尚更で。

thju02.jpg

【ストーリー】
母の葬儀に出席する為、帰郷を果たした凄腕弁護士のハンク。久しぶりの家族の再会であったが、ほとんど絶縁状態にある地元で判事を務める父ジョセフとの折り合いは相変わらず悪いままで、ハンクは早々と引き返そうとしていた。そんな中、父が殺人容疑で逮捕されるとの一報が入る。父の弁護を受け持とうとするハンクだが、ジョセフはそれを頑なに拒み…。

thju04.jpg

ウエディング・クラッシャーズ』のデヴィッド・ドブキンによる、わだかまりと葛藤を抱える家族が再生する様を描いたドラマ。製作には、主演を務めるロバート・ダウニー・Jrとその妻スーザンの名も。
法と正義に対してのみならず家族に対しても厳格な父親ジョセフと、正義よりも法の抜け穴を探し出しどんな悪人でも無罪を勝ち取ることに重きを置く息子ハンクの対立とこじれた感情を中心に、野球選手として将来を展望されながらも、弟ハンクが起こした交通事故によりその夢が破れ、今では地元に残り精神薄弱者である末弟の面倒をみる兄の心の中でくすぶり続ける怒りと遣る瀬無さ、バラバラになっている家族の現状を心の底から悲しみ、美しかった思い出の象徴である8ミリカメラを片時も手放さない末弟、そしてハンクのかつての恋人と、逆算すると種主がどうもあやしいその娘など、複雑に入り乱れて織りなされる人間模様をどっしりと腰の据わった演出で見せてくれた本作。そもそもそういう作品ではないんですけど、丁々発止と劇的展開が楽しめる法廷劇を期待すると肩透かしを食らうが、そんな勝手に外した期待を補って余りあるほどの重厚な人間ドラマを堪能できる一本。
コメディ作家の印象が強いデヴィッド・ドブキンだが、コメディ映画の監督は演者がリラックスして様々なアプローチを試せる環境を作り出し、その中からベストの演技を引き出すことに長けている人が多いってことを考えると、実力派が勢揃いしながらもエゴのぶつかり合いにならず見事なアンサンブルを見せてくれた本作は、コメディ監督だからこそなし得た結果なんだろうなぁと。久々の兄弟の再会が、抱き合うでも殴り合うでもなく、駐車スペースの話題という差し障りの無いもので距離を確認し合う名シーンなどに見られる、演者のアドリブを上手に引き出せたのも、彼だからこそなんでしょうねぇ。

thju03.jpg

ハンクに扮したのは、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のロバート・ダウニー・Jr。今ではほぼほぼ“=トニー・スターク”って印象になってるが、その口八丁な軽薄さを残しつつ、子供の頃から持ち続けるわだかまりがそのまま主人公の少年性に繋がる、曲者実力派の本領を久々に発揮する名演を。
また、『アウトロー』のロバート・デュヴァルや、『ラン・オールナイト』のヴィンセント・ドノフリオ、『ゼロ・ダーク・サーティ』のジェレミー・ストロングらの好演も見事。特にロバート・デュヴァルの、法と正義を遵守する生き様と家族を愛する思いが自分の中でぶつかり合う熱演は絶品。
その他、個人的に苦手な役者なんですけどその苦手さがキャラ的に丁度良かった『ファースター 怒りの銃弾』のビリー・ボブ・ソーントンや、田舎に残り続けるちょいと品の無い女性役ってのが新鮮でしたが、それを全く自然にものにしていた『死霊館』のヴェラ・ファーミガ、一服の清涼剤のような存在だったダックス・シェパードの存在も忘れ難し。
作品そのものも見ごたえ十分でしたが、ブルーレイの映像特典に収められていた、演者たちがそれぞれの役柄に対するアプローチ方法や演技法を語り合う特典映像もなかなか興味深く楽しめた一本で。

thju01.jpg
家族だからこそ見失う距離感

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
ブログランキングならblogram   

        

        

posted by たお at 13:42 | Comment(10) | TrackBack(14) | 前にも観たアレ■さ行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長いからと敬遠していた作品なのですが
みてみれば、アラアラ、長さを全く感じない作品で。
閉鎖的な町における名士の父親と
金のためならなんでもする敏腕弁護士の息子の、自分たちを知るための物語でありました
いやぁモット早くみておけばよかったと後悔。
父親の最期の言葉にぐっときた作品でした
Posted by maki at 2016年02月10日 21:12
maki様、こんにちは〜♪
重厚なのにスピーディ。あれよあれよと物語は進むのに、別に急いでるわけでもないんですよねぇ。
家族だからこそのわだかまりと、家族でしかなし得ない解決法を見せた非常に濃いドラマだったなぁと。
Posted by たお at 2016年02月13日 11:51
予想した内容とかなり異なっていたので、わたしは長いな〜と感じた方です。
家族愛を描いた作品として見ればよかったんですね。ちょっと反省。
Posted by ミス・マープル at 2016年02月17日 16:26
初めまして。

TB返しをトライしていますが、相性が悪くてどうも入らないようです。
仕方がないので、HPアドレスに記事URLを忍ばせておきました。

>ロバート・ダウニー・JR・・・曲者実力派の本領
全く同感でした。
僕も、こういう役柄の彼の方が観たい。

秀作と思いますが、お客の入りはどうだったのでしょうか。
Posted by オカピー at 2016年02月17日 19:34
こんにちは。
遅めのコメントで恐縮ですが…
私は劇場で鑑賞したので、貴ブログに書いてあるブルーレイの特典が羨ましいです!
この作品のロバート・ダウニーJr.はすごく良かったと思いませんか?
本作の彼の役柄へのアプローチの仕方、知りたかったな…。
Posted by ここなつ at 2016年02月18日 12:54
ミス・マープル様、こんばんは〜♪
予想してたのと違うと、心の準備が整うまで時間が掛かったりしますからねぇ。気分によって観たいジャンルと観たくないジャンルもありますし。
Posted by たお at 2016年02月18日 20:39
オカピー様、それはそれはお手数を!
あれこれあって一時は落ちぶれてたロバート・ダウニーがメジャーのスターになった時は驚きと喜びと戸惑いを感じましたけど、こういう作品で観ると「あぁ、ホントに戻って来たんだなぁ」としみじみ実感したりも。
Posted by たお at 2016年02月18日 20:42
ここなつ様、こんばんは!
常にらしいっちゃぁらしい仕事を見せてくれるんですけど、こういう細やかでじっくりどっしりなダウニーは久しぶりなんで、ことさら良かったですねぇ。
特典ですけど、そんなに長いわけじゃないんですが、実力者同士の座談会なんで興味深かったですよ。
Posted by たお at 2016年02月18日 20:46
>コメディ監督だからこそなし得た結果なんだろうなぁと。

あぁなるほど!
硬くて真面目で重い家族物を、時々ホッと息が抜けるシーンを交えて見やすくまとまった作品に仕上げたのは、そんな監督の起用もポイントの1つなんでしょうね。


>曲者実力派の本領を久々に発揮する名演
今後も、“曲者実力派”ロバート・ダウニー・Jr.が沢山見られると嬉しいです。
Posted by 哀生龍 at 2016年02月22日 06:16
哀生龍さま、こんにちは〜♪
監督が自己主張するんじゃなく、演者に最適の環境を与えることを最優先してるとこなんかも、やはりコメディ畑の人間らしさなのかもしれませんねぇ。
Posted by たお at 2016年02月29日 16:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433149088

この記事へのトラックバック

ジャッジ 裁かれる判事
Excerpt: 【概略】 敏腕弁護士・ハンクは、殺人事件の容疑者として逮捕された絶縁状態の父である判事・パーマーの弁護を担当することになるが…。 サスペンス 父は犯人なのか。判事の容疑は、まさかの殺..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2016-02-10 21:10

『ジャッジ/裁かれる判事』(2014)
Excerpt: 殺人罪に問われた判事の父親の無罪を、長年疎遠だった弁護士の息子が証明できるのか、というロバート・ダウニーJr.主演の法廷モノ。父親役はロバート・デュバル。やり手弁護士のハンクは厳格な父とそりが合わず、..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】
Tracked: 2016-02-16 19:57

ジャッジ 裁かれる判事 【劇場で鑑賞】
Excerpt: ロバート・ダウニー・Jrとロバート・デュヴァル のWロバートが初めて共演し、ロバート・デュヴァル がアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたドラマ 『ジャッジ 裁かれる判事』が公開されましたので 観に..
Weblog: 映画B-ブログ
Tracked: 2016-02-16 20:00

ジャッジ 裁かれる判事
Excerpt: ひき逃げの容疑で逮捕された父親 法廷サスペンスと思ってて面白そうだな〜と思って観ましたが・・・ なんと、最後はボロボロ涙がこぼれてきました 3人兄弟の次男を演じたロバート・ダウニー・Jr.(ハン..
Weblog: ♪HAVE A NICE DAY♪
Tracked: 2016-02-16 20:07

「ジャッジ 裁かれる判事」
Excerpt: 傑作。丁寧に作られている。笑いもあるし、泣きもある。幼かった頃の自分、今の自分、これからの自分、全てに様々に思いを馳せる事ができる。ぐるぐると色んな思いが頭の中を横切る。そして私は心底ロバート・ダウニ..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2016-02-16 21:32

ジャッジ 裁かれる判事
Excerpt: 『ジャッジ 裁かれる判事』---THE JUDGE---2014年(アメリカ )監督:デヴィッド・ドブキン出演: ロバート・ダウニー・Jr 、ロバート・デュヴァル 、ヴェラ・ファーミガ..
Weblog: こんな映画見ました〜
Tracked: 2016-02-16 22:25

映画感想『ジャッジ 裁かれる判事』2015年公...
Excerpt: 法廷サスペンスなのかと思っていたが事件そのものの規模はそう大きくはなく、むしろ主人公父子の間の確執を事件の真実と併せてほどいていくストーリー。家族には悪い記憶も良い記憶...
Weblog: 見取り八段・実0段
Tracked: 2016-02-17 02:55

「ジャッジ 裁かれる判事」
Excerpt: 「アイアンマン」のロバート・ダウニー・Jr.が、名優ロバート・デュバルと共演する
Weblog: セレンディピティ ダイアリー
Tracked: 2016-02-17 06:58

裁判以上の親子ドラマ
Excerpt: 映画「ジャッジ 裁かれる判事」を鑑賞しました。 金で動く辣腕弁護士として知られるハンク・パーマーの絶縁状態の判事の父ジョセフが殺人事件の容疑者として逮捕される 42年間も法廷で正義を貫き 信頼も厚い..
Weblog: 笑う社会人の生活
Tracked: 2016-02-17 07:34

ジャッジ 裁かれる判事
Excerpt: ★ネタバレ注意★ 新年早々うっかりひと月近くもブログを放置してしまいました。 更新がない間も変わらずご訪問いただき、ありがとうございました。 特に『間宮兄弟』と『ミスティック・アイズ』のエントリーは、..
Weblog: キノ2
Tracked: 2016-02-17 12:50

ジャッジ 裁かれる判事
Excerpt: JUGEMテーマ:サスペンス映画全般 「ジャッジ 裁かれる判事」 原題:The Judge 監督:ディビッド・ドブキン 2014年 アメリカ映画 142分 キャスト:ロバート・ダ..
Weblog: マープルのつぶやき
Tracked: 2016-02-17 16:26

ジャッジ 裁かれる判事
Excerpt: 金で動く弁護士として名を馳せるハンク・パーマーは、母の訃報を受け20年ぶりに故郷インディアナ州カーリンヴィルへ帰って来た。 葬儀の後すぐシカゴへ戻るつもりだったが、判事の父ジョセフがひき逃げ事件の容疑..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-02-18 11:15

ジャッジ 裁かれる判事
Excerpt: シカゴで高額の費用を取っているやり手弁護士のハンク・パーマー(ロバート・ダウニー・Jr.)は、母が亡くなったという知らせを受け、離婚の話し合いをしている妻リサ(サラ・ランカスター)と愛娘ローレン(エマ..
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2016-02-22 06:07

ジャッジ 裁かれる判事
Excerpt: シカゴのヤリ手弁護士ハンク・パルマー(ロバート・ダウニー・Jr)は、母の葬儀のため、久々にインディアナ州の田舎町に帰郷する。 地元で長年判事を務め、人々の尊敬を集める父ジョセフ(ロバート・デュヴ..
Weblog: 心のままに映画の風景
Tracked: 2016-02-23 19:29