2016年01月16日

ピエロがお前を嘲笑う (Who Am I - Kein System ist sicher)

監督 バラン・ボー・オダー 主演 トム・シリング
2014年 ドイツ映画 106分 サスペンス 採点★★★★

「ホギャー!」と産まれた子供が高校に行き始めるくらいのパソコン歴を持ってるんですけど、未だにパソコンのことはチンプンカンプンな私。何が起こるか分からないから触れたことのないキーが結構ありますし。なもんで、ハッカーなんて輩は私の想像を超えるジャンルの連中なんですよねぇ。映画なんかで見るとキーボードを猛スピードで連打しちゃってますけど、もう何をやってるのやらさっぱり。まぁ、そういう演出の方が“何か凄いことやってる”って感が出るからなんでしょうけど。終業時間10分前くらいになると、なんとなく机の引き出しを開けたり閉めたりし始めるみたいな感じで。

ksis01.jpg

【ストーリー】
殺人事件への関与を疑われ国際指名手配されていたハッカーのベンヤミンは、ユーロポールへ自ら出頭してくる。彼はユーロポールがその存在を追い続ける大物ハッカー“MRX”逮捕への協力と引き換えに、事件の経緯の供述を始めるのだが、そこにはあるトリックが隠されており…。

ksis02.jpg

「ネタバレしたら怒っかんな!」って人はもうここまで。だってバレちゃうもの
「ウソぴょーん!」で終わる『ユージュアル・サスペクツ』にしろ個人的には好きな作品ではないんですが案外ファンも多い『アイデンティティー』にしろ、考えてみればどんでん返しとしては反則技に近いんですよねぇ。それがアリならなんでもアリじゃんみたいな。ただ、そこに至るまでのドラマ作りの上手さだったり、嘘の整合性の見事さなどが伴ってるんで、今現在まで語り継がれる傑作になり得たんだろうなぁと。
本作もそんなジャンルの一本で、「ボクはこれから嘘をつきます!」と宣言してるのと同様のセリフが繰り返されるおかげでラストのインパクトこそ薄くなってるが、嘘をつく必然性や理由が説得力あるものとして作られているので好印象だった作品。“ハッカー版ユージュアル・サスペクツ”をベースに、『アイデンティティー』と劇中ポスターが貼ってあった『ファイト・クラブ』をミスリードに使用する、好きなものとやりたいことが容易に想像できる新鋭らしい素直さと、下手に背伸びしないでそこに真っすぐ進む真面目さも好みで。

ksis04.jpg

トリックのみならず物語そのものも楽しめた本作。
修学旅行先で取り残され一人列車で帰って来たという逸話を持つほど存在感の無い主人公。そんな透明人間な彼が叶うことのない仄かな恋心を発端に犯罪に手を染め、これまで出会うことのなかった刺激的な犯罪グループと知り合う。その人生の変化や成長、混乱や刺激などがしっかりとベースとして機能していたのも大きい。また、小悪党の魅力をちゃんと伝えきってたのも見事だったなぁと。
憧れの女性とやたら偶然に出会い過ぎる展開や、その女性がどう見ても同世代に見えないって難点も少なくはなかったんですけど、サイバー空間の演出方法の目新しさや音楽の使い方、嘘の見事さにしてやられた捜査官の爽やかさすら漂うラストの表情など素晴らしい描写も多いので、そんな難もあっさりクリア。
早速ハリウッドに招かれ現在アクションスリラー『Sleepless Night』を製作中のバラン・ボー・オダーですが、ちょいと今後目が離せない映画人の一人かも。

ksis03.jpg
どんな出会いを経験するかが重要

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
ブログランキングならblogram   

        

posted by たお at 11:52 | Comment(0) | TrackBack(16) | 前にも観たアレ■は行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432625981

この記事へのトラックバック

ピエロがお前を嘲笑う★★★.5
Excerpt: 過激なハッカー集団に加担した天才ハッカーが、いつしか危険な世界へとはまり込んでいくドイツ製サイバースリラー。全編に仕掛けられたトリックが話題を呼び、ドイツ・アカデミー賞6部門にノミネートされたほか世界..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2016-01-16 12:07

ピエロがお前を嘲笑う
Excerpt: WHO AM I - KEIN SYSTEM IST SICHER/WHO AM I 2014年 ドイツ 106分 サスペンス/犯罪 PG12 劇場公開(2015/09/12) 監督: バラン・..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2016-01-17 14:43

ピエロがお前を嘲笑う
Excerpt: 予告観て観たいな〜と思って「まさかの結末」とか「騙される!」とか? ほぉ〜〜〜そういうオチか〜〜 まったくもって解らなかったわ! オチに、なるほど〜〜でした。 最後の最後まで。 あっ!と驚く..
Weblog: ♪HAVE A NICE DAY♪
Tracked: 2016-01-17 22:47

ピエロがお前を嘲笑う 【劇場で鑑賞】
Excerpt: ドイツでヒットし、独アカデミー賞にもノミネート されたというハッカーを描いたサイバースリラー 『ピエロがお前を嘲笑う』が公開されましたので 観に行ってきました。 『わたしに会うまでの1600キロ』を..
Weblog: 映画B-ブログ
Tracked: 2016-01-18 19:00

「ピエロがお前を嘲笑う」
Excerpt: 映画宣伝の文句そのままに、私には満足できる作品だった。そこここ粗もあるし、どうかすると「騙す」というよりも「騙そうと思って頑張っている」感が見え隠れする部分はあるものの、それも漲る若い力故、と言うべき..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2016-01-29 14:32

ピエロがお前を嘲笑う
Excerpt: 映画の感想が滞っていますが、思い出しながら少しずつアップしていきます。まずは、内
Weblog: セレンディピティ ダイアリー
Tracked: 2016-01-29 14:34

ピエロがお前を嘲笑う (試写会)
Excerpt: 透明人間 公式サイト http://pierrot-movie.com9月12日公開 ハッカーグループ“CLAY(クレイ)”の天才ハッカーで、殺人事件への関与を疑われて国際指名手配されたベンヤミン(ト..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2016-01-29 19:16

「ピエロがお前を嘲笑う」
Excerpt: 「Who Am I - Kein System ist sicher」2014 ドイツ ある日、国際使命手配されている天才ハッカー、ベンヤミンが警察に出頭してくる。やがて彼はユーロポール(欧州刑..
Weblog: ヨーロッパ映画を観よう!
Tracked: 2016-01-29 19:41

ピエロがお前を嘲笑う
Excerpt: 評価:★★★☆【3.5点】(09) 映画ならではのトリックに完璧だまされますなー(いい意味で)
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2016-01-29 21:40

【cinema】『ピエロがお前を嘲笑う』(試写会)
Excerpt: '15.09.08 『ピエロがお前を嘲笑う』(試写会)@よみうりホール AOLニュースさんで当選! ありがとうございます100%騙されると話題のサスペンス映画。これは絶対見たいと思って..
Weblog: ・*・ etoile ・*・
Tracked: 2016-01-30 01:01

ピエロがお前を嘲笑う
Excerpt: ★ネタバレ注意★ バラン・ボー・オダー監督のドイツ映画です。 原題の"WHO AM I"は、劇中主人公が名乗ったハンドル名なんだけど、同じく劇中主人公グループが名乗ったハッカー集団の名前“CLAY(C..
Weblog: キノ2
Tracked: 2016-01-30 13:47

裏の裏をかいて、
Excerpt: 3日のことですが、映画「ピエロがお前を嘲笑う」を鑑賞しました。 コンピューターの天才 青年ベンヤミンは正体不明のハッカー集団「CLAY」のメンバーになり様々なハッキング事件を起こしていく しかし 盗..
Weblog: 笑う社会人の生活
Tracked: 2016-01-30 17:44

ピエロがお前を嘲笑う
Excerpt: ■ 試写会にて鑑賞ピエロがお前を嘲笑う/WHO AM I - KEIN SYSTEM IST SICHER 2014年/ドイツ/106分 監督: バラン・ボー・オダー 出演: トム・シリング/エ..
Weblog: 映画三昧、活字中毒
Tracked: 2016-01-30 19:22

ピエロがお前を嘲笑う
Excerpt: 原題 Who Am I - No System Is Safe 製作国 ドイツ 上映時間 106分 映倫区分 PG12 脚本 バラン・ボー・オダー/ヤンチェ・フリーゼ 監督 バラン・ボー・オダー..
Weblog: to Heart
Tracked: 2016-01-31 23:12

ピエロがお前を嘲笑う
Excerpt: この週末は、観たい映画が一つもなかったので、「100%見破れない」「騙される」と言う煽り文句の付いた映画をボロクソ書いてやろうと『ピエロがお前を嘲笑う』を観てきました。 ★★★ 悔しいけど予想の裏を..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2016-02-02 00:55

ピエロがお前を嘲笑う
Excerpt: 【WHO AM I - KEIN SYSTEM IST SICHER】 2015/09/12公開 ドイツ PG12 106分監督:バラン・ボー・オダー出演:トム・シリング、エリアス・ムバレク、ヴォータ..
Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
Tracked: 2016-03-03 12:56