2015年12月29日

ホーンズ 容疑者と告白の角 (Horns)

監督 アレクサンドル・アジャ 主演 ダニエル・ラドクリフ
2013年 アメリカ/カナダ映画 120分 ファンタジー 採点★★★★

最近はようやっと以前ほどは目や耳にしなくなりましたけど、震災直後はやたら“絆”って文字が躍っておりましたよねぇ。あと“共感”ってのと。薄々実感している脆さや薄さに対する不安の裏返しなのかもしれませんけど、乱用される様がなんかとっても嫌だったんですよねぇ。なんと言うか、「同じになれ!」と強要されてる感じがして

horn02.jpg

【ストーリー】
最愛の恋人メリンが何者かによって惨殺されたイグは、容疑者として住民からのバッシングとマスコミによる執拗な追及に晒されていた。そんなある朝、目が覚めるとイグの頭部から二つの角が生えてくる。しかも、その角が生えてからというもの、誰もがイグに対し秘めていた秘密を打ち明けるようになってしまう。その能力を用い、イグは真犯人捜しを開始するのだが…。

horn03.jpg

スティーヴン・キングの息子ジョー・ヒルによる原作“ホーンズ 角”を、『ピラニア3D』のアレクサンドル・アジャが映画化したダークファンタジー・スリラー。
打ち明けられる秘密が大体エロ方面というダークコメディの要素を持ちながらも、不変と思われた家族愛や友情、小さな町で辛うじて保たれていた調和などが一つの殺人事件によって脆くも崩れ去り、その全てを失ってしまう恐怖と言うものを意外ときちんと描かれていた本作。軽々しく口にされる愛や友情をシニカルに見つめ、殺された天使のような恋人が静かな水面に投げ入れられた小石のような波紋を呼ぶ存在のように描きながらも、最後にはしっかりと真の愛を描いて救いあげる純粋さを兼ね備えていた物語も魅力。メリンの最後の台詞も、なかなかぐっとくる。如何せん原作を読んでいないので本作を観た限りで感じたことではありますが、子供時代を盛り込む構成や、愛する者を失う恐怖を描く題材はパパ・キングの遺伝子を否応がなしに感じさせるが、ナイーヴさを残す締めくくりは現代っ子らしいといったところか。
ホラー作家としてのアジャを期待すると少々肩透かしを食う可能性もあるが、ベタと誇張の使い方が案外上手い彼らしさを楽しめた一本。また、主人公が大のボウイファンという設定もさることながら、オープニングで使われるボウイの“ヒーローズ”が叶わぬ夢を語り合う恋人同士ってのを強調する非常に正しい使い方だったってのもありましたので、お馴染みのボウイ・アドバンテージで★ひとつ無条件で追加。

horn01.jpg

結果的に全員に嫌われてたことが判明する切ないにも程がある主人公イグに扮したのは、たぶん一般的にはハリポと同一化されているのであろうダニエル・ラドクリフ。生憎私自身はメガネの魔法使いを一本も観たことがないので、小さな町で暮らすには少々居心地の悪そうなちょいゴス寄りの青年としてぴったりの風貌だったなぁと。なんとか・カルキンにジャレット・レトをブレンドしたような感じで。
一方、恋人のメリンに扮したのは『ダークナイト ライジング』のジュノー・テンプル。ピストルズを語る上では外すことの出来ないお父様には、青春時代に大層お世話になりましたよ。また、『インターンシップ』のマックス・ミンゲラや、汚れれば汚れるほど色気の出てくるTHE GREY 凍える太陽』のジョー・アンダーソンらも出演。考えてみたらメインの4人全員がイギリス人。
その他、『48時間』のジェームズ・レマーや、『トワイライトゾーン/超次元の体験』のキャスリーン・クインラン、その優しく悲しげな顔がピッタリだった『ドライブ・アングリー3D』のデヴィッド・モースに、何でもいいから有名になりたい田舎者って役柄がこれまた似合いすぎていた『ビッグムービー』のヘザー・グレアムといった、良い趣味したキャスティングも魅力だった一本で。

horn04.jpg
だから「腹を割って話そう!」ってのが嫌い

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
ブログランキングならblogram   

        

        



posted by たお at 23:22 | Comment(4) | TrackBack(11) | 前にも観たアレ■は行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
色んな意味で、良く出来てる作品だなあと思いましたよ。
ただ、指を失うくだりは必要があったのかはナゾですが…
たおさんのいわれるとおり、皆に嫌われてた自分というものの存在も、愛する人メリンの天使のような愛され具合と比較するとびっくりするくらいなんですが、
(特に両親からの嫌悪いっぱいの告白にびっくり)
ラストで魂が彼らを再び結びつけたのはやはり運命の相手だったのかなと乙女チックな事を思ったりも。
アジャ監督の、もっと面白おかしくできるだろうにきちんと路線を描いて最後に(蛇とかフォークとかで)我を出すところはなかなか好きです
Posted by maki at 2016年01月19日 17:40
>愛する者を失う恐怖
恋人に対する愛情はもちろん、親友との友情、家族の愛情が、“あえて必要以上に本音を口にしない”ことでバランスよく成り立っている物であることを、こうもまざまざ見せ付けられてしまうところに、恐怖を覚えてしまいました。

音楽の使い方が上手い作品を見ると、もっと英語の歌詞やタイトルを理解できれば・・と悔しく思います。
Posted by 哀生龍 at 2016年01月24日 23:07
maki様、こんばんは〜♪
アジャのジャンル映画全般に対する造詣の深さと器用さが良く出てた作品でしたよねぇ。で、自分ならではの味も出す。
原作未読なんで分からないんですけど、恐怖の対象を未知なるものじゃなく、身近な“人”に設定してる所なんて、非常に父親譲りだなぁと思ったりも。
Posted by たお at 2016年01月27日 19:46
哀生龍さま、こんばんは〜♪
コミュニティの脆さってのを見事に見抜いてた作品でしたねぇ。
もし原作で楽曲指定されてたら、その使い方の上手さはパパ譲りかなぁと。
歌詞に気が付いたのはまぁ、たまたまボウイだったからで^^;
Posted by たお at 2016年01月27日 19:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ホーンズ 容疑者と告白の角 ★★★★
Excerpt: スティーヴン・キングの息子でもある作家ジョー・ヒルの小説を実写化したサスペンスホラー。出会った者に真実を語らせる力を秘めた角を生やした青年が、恋人を殺害した犯人を捜し出していく。メガホンを取るのは、『..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2015-12-31 11:33

ホーンズ 容疑者と告白の角
Excerpt: 評価:★★★☆【3,5点】(11) ホラー色の濃いメロドラマ+変態指数もちょっとだけ(笑)
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2015-12-31 21:47

ホーンズ 容疑者と告白の角
Excerpt: HORNS 2013年 アメリカ/カナダ 120分 ホラー/ファンタジー/ミステリー R15+ 劇場公開(2015/05/09) 監督: アレクサンドル・アジャ 『ピラニア3D』 製作: アレク..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2016-01-05 21:55

ホーンズ 容疑者と告白の角
Excerpt: 【概略】 恋人殺しの容疑者となったイグ。ある日突然、彼の頭に人に真実を語らせる力を持つ角が生える。その力で恋人を殺した真犯人の手掛かりを追うイグだったが…。 ファンタジー・サスペンス ..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2016-01-19 17:35

「ホーンズ 容疑者と告白の角」、「ハリー・ポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフ主演の映画です
Excerpt: おススメ度 ☆☆ 「ハリー・ポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフ好き ☆☆☆ R15+ 天地が逆になる冒頭シーン。 そして、突然恋人殺人の容疑者に。 なぐさみに、酒を飲み、女と寝た後、額..
Weblog: ひろの映画日誌
Tracked: 2016-01-19 19:38

『ホーンズ 容疑者と告白の角』
Excerpt: イグ(ダニエル・ラドクリフ)は恋人のメリンが無残にも殺された上に、周囲からはその犯人であると汚名を着せられ非難を浴びせられていた。そんなある日、イグの頭から角が生える。それを境に、彼の前で誰もが本心や..
Weblog: beatitude
Tracked: 2016-01-20 22:22

ホーンズ 容疑者と告白の角
Excerpt: ■ ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞ホーンズ 容疑者と告白の角/HORNS 2013年/アメリカ、カナダ/120分 監督: アレクサンドル・アジャ 出演: ダニエル・ラドクリフ/マックス・ミ..
Weblog: 映画三昧、活字中毒
Tracked: 2016-01-20 22:57

ホーンズ 容疑者と告白の角
Excerpt: きみのためなら悪魔にもなる 公式サイト http://horns-movie.jp 原作:  ホーンズ 角 (ジョー・ヒル著/小学館文庫)監督: アレクサンドル・アジャ  「ミラーズ」 「ピラニア3D..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2016-01-21 09:47

ホーンズ 容疑者と告白の角
Excerpt: 最愛の彼女メリンを殺した容疑をかけられた男イグ。 地獄のような毎日を送っていたある日、目を覚ますと何と頭に角が生えていた! ところが、その角は誰もが真実を語りだす不思議な力を持っていることがわかる。 ..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-01-21 17:44

ホーンズ 容疑者と告白の角
Excerpt: 自棄酒を煽って車の中で寝てしまったイグ(ダニエル・ラドクリフ)は、翌朝、幼馴染で警官のエリック(マイケル・アダムスウェイト)に起こされた。
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2016-01-24 22:55

ホーンズ 容疑者と告白の角
Excerpt:   「ホーンズ 容疑者と告白の角」 原題:Horns 監督:アレクサンドル・アジャ 2013年 アメリカ=カナダ映画 120分 R15+ キャス..
Weblog: マープルのつぶやき
Tracked: 2016-11-17 09:03
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。