2015年12月23日

なぜそのタイトルに

youtubeで海外の予告編を良く観てるんですが、「コレ面白そう!」と思った予告編があっても予想外の邦題で公開されたりソフト化されたりするんで、気付かぬままスルーしちゃうことが多いんですよねぇ。
そんな感じの一本が、日本では来年の2月に公開予定の『X-ミッション』。91年の『ハートブルー』のリメイクなんですけど、30年以上も前の作品とは言えそれなりの知名度と一定の支持を受けている作品なのに、なぜそんなタイトルに。その辺がさっぱり理解できないので、いつも通り思い込みと決めつけで憶測してみようかな。

@担当者が『ハートブルー』のリメイクだってことを知らない
A配給会社が違うので同じタイトルを使う許可が下りなかった
Bこっちの方がカッコいいと思った

まぁ、@はないだろうと。だったらだったで、そんな奴に給料払っちゃう会社をある意味尊敬しますし。で、まずBもないでしょうねぇ。サーフィンだけがメインじゃなさそうなんで“ブルー”ってのもアレだとは言え、それはないなぁ。だって、なんかDVDスルーのちびっ子スパイアドベンチャーみたいなタイトルですもん。
そうなるとAってのがリアルなんですけど、それならそうでもうちょい交渉できなかったものなんでしょうかねぇ。手持ちの古い作品が再度注目されるチャンスでもあるんで、双方にメリットがあるような気もするんですが。確かにそれでオリジナル版のソフト売上が劇的にまで伸びるとは考えにくいですけど、大手レンタルショップなんかが定番商品として取り扱うかもしれないんですけどねぇ。交渉の余地がないくらいガチガチに様々な権利問題が絡み合ってるならしょうがないですけど、じゃぁせめて『ハート★ブルー』にしちゃうくらいのトンチを利かせてもらいたかったなぁと。

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
ブログランキングならblogram   

     



タグ:雑記
posted by たお at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。