2015年12月08日

靴職人と魔法のミシン (The Cobbler)

監督 トム・マッカーシー 主演 アダム・サンドラー
2014年 アメリカ映画 99分 コメディ 採点★★

今年も色んな事がありましたねぇ。まぁ全くの私事ではありますが、両親が長年営んできた商店を廃業し、私の生まれ育った実家兼店舗が更地になってしまったってのが本年度最大の出来事で。近くにあった祖父の下駄屋も更地になって久しいですし、私が通ってた学校も都市計画の一環でオフィスビルになったり、社会人になって店長を務めてきた店々も次々別形態の建物に。もう想い出の地が次々に無くなっていくんですけど、“街は生きてる”ってのはそういうことなんですよねぇ。「残せ!」と感傷的に騒ぐのは簡単ですけど、残したくても残せない個々の事情ってのも。

thco01.jpg

【ストーリー】
ニューヨークの下町で代々続く靴修理店を営んでいた、恋人もいない冴えない中年男のマックス。そんなある日、電動ミシンが壊れてしまったので已む無く地下にあった旧式ミシンを使い靴を修理し試し履きをすると、なんとマックスはその靴の持ち主に変身。そのミシンの力によるものと知ったマックスは、様々な靴を履いてちょっとした別人生体験を楽しむが、それが原因で思わぬトラブルに巻き込まれてしまい…。

thco02.jpg

ラブリーボーン』などにも出演したトーマス・マッカーシーが脚本と監督を務めた、ニューヨーク情緒に溢れるファンタジーコメディ。ハッピーマディソンは関係しない、アダム完全雇われ仕事の一本。
姿かたちは変われど中身も経済力も変わらないので、思ったほど別人生を満喫できない序盤こそは哀愁のあるコメディとして楽しめた本作。ただ、後先のことを考えると決して感心できない母親へのサプライズ以降、物語は全く賛同できない方向へと転落してしまう。ぶつ切りの寄せ集めのような流れの悪い展開の中で“強引な都市計画反対!”というテーマが終盤ようやく見えてくる本作だが、その主張が責任を一切負おうとしない感傷的なものとしか見えず、「実は○○が××でしたぁ!」ってオチも「じゃぁ、もっと早く出とけよ!」となるタイミングの悪さばかりが目に。
確かに殺人も厭わない地主の悪行には同意できないが、その地主の金払いの良さを考えると当初は穏やかな退去交渉であったであろうにも「(もうすでに別の所に住んでる)娘も育てた終の棲家だから!」と、廃墟と空き地に囲まれた治安の悪そうな地主所有の老朽アパートにただ一人居座り続ける老人にも同意できない本作。そこに多少皮肉的な視点が含まれていれば救われるんですけど、普段利用しないから跡継ぎにも恵まれず廃業に追いやられているのに、いざ廃業が決まると「街並みが変わってしまう!」「想い出が!」といって大挙して押し寄せるような感傷的な面ばかりが目に付いてしまう、なんとも好きになれない一本で。

thco04.jpg

子連れじゃダメかしら?』のアダム・サンドラーにしろ、『アダルトボーイズ青春白書』のスティーヴ・ブシェミにしろ、ニューヨークの下町風情が非常に似合う役者が集まってるだけになんとももったいないなぁと。舞台もしょぼくれた役柄的にもハマっていたアダム以上に、アダムを温かく見守るブシェミの役柄が素晴らしかっただけに、その思いは強く。『再会の街で』のようにちゃんとした作品でこのコンビネーションを観たかったなぁと。若しくは、この舞台でアダム&ブシェミ版『クラークス』か。
その他、見守る以前にやっておくことがあるような気がする父親役に扮した『ミート・ザ・ペアレンツ3』のダスティン・ホフマンや、髪型のせいか老キャメロン・ディアスっぽかった『クロッシング』のエレン・バーキン、『ピンチ・シッター』のクリフ・“メソッド・マン”・スミスや、『誘拐の掟』のダン・スティーヴンスといった、やっぱりなんかもったいない顔触れが集結していた一本で。

thco05.jpg
一方的な童話

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
ブログランキングならblogram   

        

        



posted by たお at 11:52 | Comment(2) | TrackBack(8) | 前にも観たアレ■か行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>その主張が責任を一切負おうとしない感傷的なものとしか見えず

力ある存在に感傷的に反対するだけで、現状を打破するための代替案は出さない。
そんな甘い(歯がゆい)反対運動にしか見えなくなってしまったのが、とても残念。
ファンタジーの部分と町を守ると言うドラマ部分が、上手く融合していなかったと言うか。

>ハッピーマディソンは関係しない、アダム完全雇われ仕事の一本。
見事なまでの雇われ仕事だと哀生龍も感じてしまいました。
Posted by 哀生龍 at 2015年12月27日 13:36
哀生龍さま、こんばんは〜♪
「だって嫌なんだもん!」と感情だけでものを言ってる感じなんですよねぇ。イジワルな言い方をすれば幼稚。ファンタジーならもっとファンタジーに徹すれば良かったのかも知れませんねぇ。
Posted by たお at 2015年12月27日 20:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

靴職人と魔法のミシン
Excerpt: 「靴職人と魔法のミシン」 TOHOシネマズシャンテ 代々続く小さな靴修理店を営みながら、単調な日々を送っていたマックス(アダム・サンドラー)。ある日、愛用の電動ミシンが故障
Weblog: Spice -映画・本・美術の日記-
Tracked: 2015-12-22 01:33

靴職人と魔法のミシン
Excerpt: アダム・サンドラー主演のニューヨークを舞台にしたファンタジードラマ、「靴職人と魔
Weblog: セレンディピティ ダイアリー
Tracked: 2015-12-22 08:59

「靴職人と魔法のミシン」
Excerpt: 「The Cobbler」 2014 USA ニューヨークの下町。ユダヤ人街で育ったマックは恋人もいない冴えない中年男で今だ母親と同居している。彼の仕事は代々受け継がれてきた靴修理。日々繰り返さ..
Weblog: ヨーロッパ映画を観よう!
Tracked: 2015-12-22 15:20

靴職人と魔法のミシン
Excerpt: 【THE COBBLER】 2015/06/05公開 アメリカ 98分監督:トム・マッカーシー出演:アダム・サンドラー、クリフ・“メソッド・マン”・スミス、エレン・バーキン、メ..
Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
Tracked: 2015-12-22 22:34

靴職人と魔法のミシン
Excerpt: 横浜に出て用事が思いの外早く片付いたので、久々にジャック&ベティで2本立て決行。 1作目が本作、もう1本はフランソワ・オゾン監督の「彼は秘密の女ともだち」です。 チャップリンやキートンなどの世代は日..
Weblog: 映画の話でコーヒーブレイク
Tracked: 2015-12-23 01:31

靴職人と魔法のミシン / The Cobbler
Excerpt: 四代続く老舗の靴修理職人の家に起きる奇跡。 ファンタジーですが、嫌味がありません。よく「透明人間になれたらどうする?」と言う質問(?)があったりしますが、この作品は、ある意味まさにその質問の具現化で..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2015-12-23 08:52

映画・靴職人と魔法のミシン
Excerpt: 原題 The Cobbier2014年 アメリカ ニューヨーク下町のユダヤ人家庭で生まれ育った中年男マックス・シムキン(アダム・サンドラー)数十年前忽然と姿を消した父親アブラハム(ダステ..
Weblog: 読書と映画とガーデニング
Tracked: 2015-12-23 14:16

靴職人と魔法のミシン
Excerpt: 冴えない中年男のマックス・シムキン(アダム・サンドラー)は、十数年前に突然失踪した父アブラハム(ダスティン・ホフマン)の代わりに、一人で代々続く家業の靴の修理屋をやっていた。
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2015-12-27 13:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。