2007年05月26日

シンプル・マインズ/アップ・オン・ザ・キャットウォーク (Simple Minds/Up On The Catwalk)

デヴィッド・ボウイの名曲“ジーン・ジニー”の一節からバンド名が取られたって時点で、ボウイアドバンテージ採用となったお気に入りのバンドの一つがシンプル・マインズ。キレの良いビートをバックに、隙さえあれば歌詞をとことん詰め込むジム・カーの何ともキレの悪いメロディラインが魅力の彼らが、『ブレックファスト・クラブ』の挿入歌“ドント・ユー?”で大ブレークする直前である1984年にリリースした“スパークル・イン・ザ・レイン”からの一曲。プロデューサーのスティーヴ・リリーホワイトらしい乾いたドラムサウンドが印象的。まぁ、ジム・カーの鼻の穴がこちらを向いてる非常に人の良さそうな風貌も印象的ですが。こう見えてもジム・カー、女性に対してはかなりのワンパクらしく、この年にプリテンダーズのクリッシー・ハインド姐御と結婚もしてましたねぇ。



↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気blogランキングへ

        


タグ:音楽
posted by たお at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。