2015年11月11日

誘拐の掟 (A Walk Among the Tombstones)

監督 スコット・フランク 主演 リーアム・ニーソン
2014年 アメリカ映画 114分 サスペンス 採点★★★

最近めっきり本を読まなくなってきた私。別に読書欲が無くなったわけでも面倒くさいわけでもないんですが、どうにもこうにも目が疲れてしんどい。っていうか、よく見えない。もともと視力自慢だったんですけど、流石に年齢と共に徐々に衰え始め、最近では子供の集合写真から自分の子を見つけられないほどまで劣化。運動会なんかに行ったら、全然知らん子をカメラで連写してたりしますし。まぁ、字幕が見えなくなったらメガネデビューしようかと。

watt01.jpg

【ストーリー】
1999年のニューヨーク。とある事情で警察を辞め、それと同時に禁酒を誓ったしがない私立探偵マット・スカダー。そんな彼のもとに、ドラッグディーラーの男から妻を誘拐し惨殺した犯人の捜索依頼が舞い込む。やがて、警察に助けを求められない麻薬犯罪者の身内を狙い凌辱の果てに惨殺する犯人グループの存在に辿り着くスカダーだったが、そんな中、新たに14歳の少女までもが誘拐されてしまい…。

watt04.jpg

『800万の死にざま』でも知られるローレンス・ブロックの“マット・スカダー”シリーズの一遍“獣たちの墓”を、『愛と死の間で』『マイノリティ・リポート』の脚本を手掛けたスコット・フランクが脚色し、自らメガホンも握り映画化したクライム・サスペンス。製作者の中にはダニー・デヴィートの名も。もともとは、ジョー・カーナハンが『NARC ナーク』の次にハリソン・フォード主演で映画化する予定だったとか。
身代金はボーナスのようなもので、あくまで真の目的は非道極まりない凌辱とその後の惨殺にある連続猟奇誘拐殺人犯と、重い過去を背負う元刑事の私立探偵との戦いを描いた本作。ほぼほぼ現代に時代設定を置きながらも、どこか往年のハードボイルド映画を彷彿させる雰囲気も魅力。また、登場人物に多くを語らせない代わりに一つ一つの台詞を大切にし、その言葉と言葉の間に心情や背景を浮かび上がらせる読書感を残した脚本家ならではの丁寧な作りも上手い。妻を殺された怒りや悲しみ、憎しみを表には出さないが内側でたぎらせている夫の様や、婚約者が殺されたっていうのに妙にサバサバしている男の姿など、真人間とはちょっと違う犯罪者たちの描写も悪くない。何が行われているのかが分かると戦慄が走るオープニングや、物語からはちょっとずれるが、サウンドガーデンの“ブラック・ホール・サン”をカヴァーしたエンディング曲も良い仕上がり。

watt02.jpg

ただ、丁寧に作り過ぎたせいかメリハリに乏しく、犯人へと繋がる手掛かりの発見やクライマックスに訪れる葛藤、過去との関わり方など肝心なターニングポイントがモヤっとしてしまうのがなんとも惜しい。また、そのメリハリの乏しさがこの作品ならではの個性ってのを生成しきれていない印象も。
まぁ、その印象を強めた一因が『フライト・ゲーム』『96時間/レクイエム』のリーアム・ニーソンにあるのかと。酒びたりの末にやらかしてしまった過去を引きずる主人公役はピッタリだし、むやみやたらと振りかざさない静かな正義感や強さと弱さを兼ね備えてる様もリーアムならでは。ただ、その“リーアムらしさ”ってのが本作を“最近のリーアム映画”ってジャンルに埋もれさせてしまい、マット・スカダー作品ってのを薄めさせちゃったのかなぁと。逆を言えば、リーアム映画を求める分には不満もない作品ってことにもなりますけど。
そんなリーアム・ニーソンと『ラン・オールナイト』でも共演していたボイド・ホルブルックや、『靴職人と魔法のミシン』のダン・スティーヴンス、『イコライザー』のデヴィッド・ハーパー、物語に良い感じの変化と弾みをもたらしていた相方役のアストロなんかも悪くなかった一本で。

watt03.jpg
安心感も善し悪しかと

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogramによるブログ分析   

        

        



posted by たお at 14:36 | Comment(6) | TrackBack(15) | 前にも観たアレ■や行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
タイトルの意味が分かりませんでした。(^^;)
断酒会のきまり(?)みたいなのはありましたが、誘拐の掟ってなんだったんでしょう?
Posted by すぷーきー at 2015年11月12日 23:31
すぷーきー様、こんにちは!
なんとなくそれっぽいタイトルにしただけで、内容とはさっぱり関係がない相変わらずな邦題ですよねぇ。。。
Posted by たお at 2015年11月16日 15:03
ちょっと地味な作りでしたが、お決まりの無敵感を弱めて、こうしたのはそれはそれでよかったかも。
ただリーアム・ニーソン強さを求めると肩透かしかもしれませんね。
こちらからもTBお願いします。
Posted by atts1964 at 2015年11月16日 17:08
atts1964様、こんばんは!
確かに96時間的な強さを求めるとアレですが、最近のちょいしょぼくれたリーアム映画のひとつって感じは免れなかったですねぇ。ちょっと近いタイミングで似た映画に出過ぎな気も。
Posted by たお at 2015年11月17日 16:45
原作はきっと面白いのでしょうがどうも地味に感じてしまいました。「96時間」のイメージが強いからかなあ。
ラストも盛り上がりに欠けましたねえ。
Posted by ミス・マープル at 2015年12月14日 12:33
ミス・マープル様、こんばんは〜♪
以前映画化された『800万の死にざま』は原作の良さを残す作品だったんですけど、これは良くも悪くもリーアム映画でしかなかったですねぇ。
Posted by たお at 2015年12月21日 22:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

誘拐の掟 ★★★★
Excerpt: 『96時間』シリーズなどでアクション俳優としての地位を確立した名優リーアム・ニーソンが主演を務め、ローレンス・ブロックの傑作ミステリーを映画化したサスペンス。引退した敏腕刑事が、猟奇殺人犯と激しい頭脳..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2015-11-12 10:22

誘拐の掟 【劇場で鑑賞】
Excerpt: ローレンス・ブロックの傑作ミステリーを映画化した 主演をリーアム・ニーソンが務めるサスペンス映画 『誘拐の掟』が公開。 『96時間 レクイエム』、『ラン・オールナイト』 に続きニーアム・ニーソン主演..
Weblog: 映画B-ブログ
Tracked: 2015-11-12 23:00

誘拐の掟。
Excerpt: 『誘拐の掟』を観に行ってきました。 ローレンス・ブロックの小説「獣たちの墓」というのが原作だそうだ。 原題は『 A WALK AMONG THE TOMBSTONES 』で、 ..
Weblog: すぷのたわごと。
Tracked: 2015-11-12 23:32

「誘拐の掟」
Excerpt: 「A Walk Among the Tombstones」2014 USA 1999年、ニューヨーク。スカダーはかつて起こったある事件で心を病み酒に溺れた上、刑事も辞めていた。今はしがない無免許..
Weblog: ヨーロッパ映画を観よう!
Tracked: 2015-11-13 00:06

誘拐の掟
Excerpt: 今回もアル中設定なのね。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2015-11-13 00:06

『誘拐の掟』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「誘拐の掟」 □監督・脚本 スコット・フランク□キャスト リーアム・ニーソン、ダン・スティーブンス、デビッド・ハーバー、       ボイド・ホルブルック、ブライアン..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2015-11-13 07:16

「誘拐の掟」、またまたリーアム・ニーソンのサスペンスものです
Excerpt: おススメ度 ☆☆☆ リーアム・ニーソン好き ☆☆☆☆ リーアム・ニーソンの作品は安定している。 本作は、元ニューヨーク市警の酔いどれ探偵マット・スカダーの映画化だ。 冒頭、飲酒状態で、強盗との..
Weblog: ひろの映画日誌
Tracked: 2015-11-13 08:53

誘拐の掟
Excerpt: 評価:★★★☆【3,5点】(09) リーアムお得意の捜査モノではあるが、いつもとちょっと傾向が違う。
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2015-11-13 20:43

映画:誘拐の掟 A Walk Among the Tombstones もう少し出演作を選んで欲しいぞ! リーアム・ニーソン...
Excerpt: ローレンス・ブロックの傑作ミステリーを映画化。 オープニングは快調。 たちまちアクション・シーンに突入する主人公は、おなじみの リーアム・ニーソン。 だがその後、いかにも原作ものらしく、ダー..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2015-11-14 16:04

誘拐の掟
Excerpt: 2014年作品、スコット・フランク監督、リーアム・ニーソン主演。 1991年、敏腕刑事マット・スカダー(リーアム・ニーソン)は腕はいいが、酒をやめられなかった。 その日も、同僚と言い..
Weblog: atts1964の映像雑記
Tracked: 2015-11-16 17:08

誘拐の掟
Excerpt: A WALK AMONG THE TOMBSTONES 2014年 アメリカ 114分 サスペンス/アクション/犯罪 劇場公開(2015/05/30) 監督: スコット・フランク 原作: ローレ..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2015-11-17 21:21

誘拐の掟
Excerpt: 1999年、アメリカ・ニューヨーク。 無免許の私立探偵マット・スカダーは、断酒会仲間の麻薬中毒者ピーターから、弟ケニーの相談に乗って欲しいと頼まれる。 麻薬ディーラーをしているケニーは、妻キャリーが誘..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2015-11-18 18:10

誘拐の掟
Excerpt: JUGEMテーマ:サスペンス映画全般 「誘拐の掟」 原題:A Walk Among the Tombstones 監督:スコット・フランク 2014年 アメリカ映画 114分 キ..
Weblog: マープルのつぶやき
Tracked: 2015-12-14 12:31

誘拐の掟
Excerpt: 【A WALK AMONG THE TOMBSTONES】 2015/05/30公開 アメリカ 114分監督:スコット・フランク出演:リーアム・ニーソン、ダン・スティーヴンス、デヴィッド・ハーバー、ア..
Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
Tracked: 2016-01-13 10:08

誘拐の掟
Excerpt: 【A WALK AMONG THE TOMBSTONES】 2015/05/30公開 アメリカ 114分監督:スコット・フランク出演:リーアム・ニーソン、ダン・スティーヴンス、デヴィッド・ハーバー、ア..
Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
Tracked: 2016-01-17 22:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。