2015年11月05日

捜査官X (武侠)

監督 ピーター・チャン 主演 ドニー・イェン
2011年 香港/中国映画 115分 アクション 採点★★★

過去の積み重ねが今現在の自分を作り上げてるだけあって、変えようと思ってもそうそう変えられるものじゃないですよねぇ。理想の姿があったとしても、「まぁ、無理だから理想なんだよね」で終わっちゃうことがほとんど。ただ、着たことのない色の服を買うとか、眉毛をちょちょいと整えるとか、思い切って引っ越しするとかそんな“普段しないこと”をしてみることが案外良いきっかけになることも。まぁ、そんなきっかけの遥か手前で足踏みしてる私が言っても説得力皆無ですけど。

wuxi01.jpg

【ストーリー】
1917年、中国雲南省の小さな村を訪れた二人組の強盗が、たまたま居合わせた紙職人ジンシーともみ合う内に死亡する事件が発生。この事件は正当防衛として処理され、真面目で温厚な好人物のジンシーは村の英雄として称えられる。しかし、捜査に当たっていた刑事シュウは、強盗犯は卓越した武術によって倒されたのではないかと疑問を持つ。およそ殺人を犯すようには見えないジンシーの周辺を調べていくうちに、シュウはジンシーの隠された過去を知り…。

wuxi02.jpg

原題がストレートに“武侠”なのに、物語のスパイスであるミステリーを中央に据えた邦題が少々疑問に感じる、製作を務めた『孫文の義士団』に続いてドニー・イェンとコンビを組んだピーター・チャンによるカンフー・ミステリー。
ざっくりと言えば、ドニー版『ヒストリー・オブ・バイオレンス』な本作。忌まわしい過去を封印し真っ当な生活を手にするために男が耐え奮闘する様を、美しいロケーションと苛烈なアクションで描き切った一本。一般人になりきり温厚さを全面に押し出すドニーさんや、アワアワ慌てるドニーさん、タン・ウェイ扮する言いたいことを口に出せず耐える奥さんを包み込むドニーさんに、ハエすら寄せ付けぬ殺気をまとうドニーさんと、ドニー・イェンを堪能する分には全く文句のなかった作品でも。元祖片腕ドラゴンこと『炎の大捜査線』のジミー・ウォング顔役と片腕で戦うクライマックスなんて、もう燃えること間違いなし。ドラマもアクションも完全に手中に収めたドニー・イェンの見事さったら。
しかしながら、本来ドラマパートとミステリーパートを担わなければならなかった金城武の扱いがどうにも弱い印象を拭えず。キレ者捜査官としてドラマを回していくのだが、如何せん難癖レベルの推理で状況を悪化させていくだけの役割にしか感じず。ドニー・イェン同様重い過去を背負う役柄ではあるがその重さの釣り合いも取れておらず、役割が大きい分だけアンバランスさも。もう少し役割を小さくするか、迎える結末を逆にするかすれば印象が大きく変わったのかなぁとも。

wuxi05.JPG
この邦題って、『ダイ・ハード』のタイトルを『巡査部長パウエル』にするのと変わらない気が

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogramによるブログ分析   

        

posted by たお at 13:21 | Comment(4) | TrackBack(14) | 前にも観たアレ■さ行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
個人的には中盤の森のシーンでの表情を見せないでの不穏さとか、カット割りや撮影の妙はあるにせよいつもの「映画ジャンル:ドニー・イェン」とが違った味わいも堪能出来たお得感が印象に残ってたりします。
 
日本版DVDの音声解説によると、撮影に手間が事前想定以上に大幅にかかり過ぎてストーリーの変更が相当あったそうで… 特に後半は大幅に違うんだそうですよ。金城武のカンフーシーンとか、ラストのバトルがあそこではない、とか、当初の想定通りだったら… と聴いていて思ったものですが、自分のプランよりも演者の意見を重視するスタイルのピーター・チャン監督とドニーさんとではあんまり変わらなかったかも?と思わないでもなかったり。
 
本作、監督が『投名状 ウォーロード』でジェット・リーを主演にしてるのにカンフーシーンが下手糞、ギャグだとボロクソに言われたのも製作のキッカケだったのを思えばその汚名返上でやりきった感、この作品以降カンフー物は作ってないんであったんじゃぁないんでしょうかね…
Posted by USA-P at 2015年11月05日 22:24
USA-P様、こんばんは〜♪
なるほど〜
後半の急激なバランスの崩れっぷりは、その辺に理由があったんですかねぇ。
『投名状 ウォーロード』は観てないので何とも言えないんですけど、アクション監督にチン・シウトンを配してなおその言われようとなると、やっぱりピーター・チャン由来ってことになっちゃうんでしょうねぇ。
まぁ、本作。仰る通り“役者ドニー・イェン”の奥深さも楽しめたので、ガッカリするまでの作品ではないんですけどね。
Posted by たお at 2015年11月06日 18:14
こんにちは
ごめんなさい簡潔に

ドニーさんの色々な面でおしっこちびりそうでした。
この映画が何でツタヤ限定なのか
おかしすぎます
Posted by maki at 2015年11月07日 09:57
maki様、こんばんは〜♪
私も以前なんかで書いたんですけど、商売と差別化を図る意味では理解出来るんですが、気分としては良くないなぁと→限定レンタル。ツタヤがどこにでもあるわけじゃないのに。
Posted by たお at 2015年11月09日 16:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429122989

この記事へのトラックバック

捜査官X
Excerpt: 武侠 2011年 香港/中国 115分 アクション/ミステリー PG12 劇場公開(2012/04/21) 監督: ピーター・チャン アクション監督: ドニー・イェン 製作: ピーター・チャン..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2015-11-06 13:13

捜査官X
Excerpt: ドニーさんがかっちょいいアクションをみせてくれればそれで満足。 ドニー・イェン、金城武共演。のどかな山村に強盗が押し入り、犯人二人がそこに居合わせた男に殺害されるという事件が起こります。..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2015-11-07 09:55

捜査官X
Excerpt: 【武侠】 2012/04/21公開 香港/中国 PG12 115分監督:ピーター・チャン出演:ドニー・イェン、金城武、タン・ウェイ、ジミー・ウォング、クララ・ウェイ、リー・シャオラン 挑むは、偽..
Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
Tracked: 2015-11-09 12:41

『捜査官X』 これぞヒーロー物の王道だ!
Excerpt:  【ネタバレ注意】  ドニー・イェン主演のヒーロー・アクションか、それとも金城武が主演のミステリーか。  日本で観客が入るのはどちらだろうか?  配給会社は後者と判断したのだろう。まるで大ヒ..
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2015-11-09 19:00

捜査官X
Excerpt: 挑むは、偽りの真実。 原題 武侠 製作年度 2011年 製作国・地域 香港/中国 上映時間 115分 脚本 オーブリー・ラム 監督 ピーター・チャン 音楽 チャン・クォンウィン /ピーター・カム..
Weblog: to Heart
Tracked: 2015-11-09 20:32

捜査官X
Excerpt: 人は変わることができるのか             * * * * * * * * * 久しぶりに見る中国作品ですが、実は金城武のファンなので・・・。 山奥ののどかな村。 紙職人のリウ・ジン..
Weblog: 映画と本の『たんぽぽ館』
Tracked: 2015-11-09 20:50

『捜査官X』 2012年4月10日 なかのゼロホール
Excerpt: 『捜査官X』 を試写会で観てきました。 なんで上映後に拍手があったのかな 今さら、金城武ファンがいたのか、それとも、ドニー・イエンか 私は少しついていけませんでしたよ 【ストーリー】  平穏を絵に..
Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
Tracked: 2015-11-09 21:44

捜査官X
Excerpt: 第7回大阪アジアン映画祭のクロージング作品でドニー・イェンと金城武が主演で監督がピーター・チャンとくれば観に行かずにはいられない
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2015-11-09 23:33

武勇と侠気〜『捜査官X』
Excerpt:  武侠  1917年、中国・雲南省の小さな村。武術に長けた二人組の強盗が、居合わ せた紙職人リウ・ジンシー(ドニー・イェン)の「正当防衛」によって死亡する。 町から派..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2015-11-10 07:33

捜査官X
Excerpt: ★ネタバレ注意★  ピーター・チャン監督、ドニー・イェン主演の中国・香港合作映画です。  例によってニッポンの配給は、この映画本来のありかたを無視して、金城武主演のミステリのような売り方を..
Weblog: キノ2
Tracked: 2015-11-10 09:44

捜査官X
Excerpt: 『捜査官X』 “武侠” (2011・香港=中国・1h55) 製作・監督 : ピーター・チャン  アクション監督・出演 : ドニー・イェン 出演 : 金城武、タン・ウェイ、ジミー・ウォング ..
Weblog: Dラえもん Nび太のK底K岩城
Tracked: 2015-11-10 19:19

OAFF 捜査官X
Excerpt: OAFFサニー永遠の仲間たちを観た後に、捜査官Xを観ました。公式HP発売日PCに貼り付いていたけど、あっという間に売り切れ、秒殺の超人気チケットを唐子さんの関西圏のお友だちが何枚かゲットしたのを譲って..
Weblog: まぜごはん
Tracked: 2015-11-10 23:00

捜査官X(試写会) 武侠
Excerpt: 日本の宣伝だと金城武がフィーチャーされてるけど、ドニー・イェン甄子丹の映画です。ピーター・チャン陳可辛監督作品。 雲南省の寒村で起きた強盗現場に居合わせたジンシー(甄子丹)が、犯人を殺害してしまい..
Weblog: まてぃの徒然映画+雑記
Tracked: 2015-11-14 22:08

[映画『捜査官X』を観た]
Excerpt: ☆『僕等がいた(後編)』…、その結末が気になって気になってしょうがなかったのだが、昨日、母親と行くはずだった『コナン』を彼女と見に行ってしまったので、機嫌直しに「本格ミステリ」っぽい こ..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2015-11-23 15:11