2015年10月24日

ジョン・ウィック (John Wick)

監督 チャド・スタエルスキ/デヴィッド・リーチ 主演 キアヌ・リーヴス
2014年 アメリカ映画 101分 アクション 採点★★★★

映画の観方ってのは人それぞれ自由であっていいと思いますし、批判も自分の思った通りに展開すればいいと思ってる私。ただ、その作品が“何を描いてるのか?”“何を見せたいのか?”ってのだけは見誤らないように常々注意しないといけないなぁとは。なんというか、難病で死ぬ様を描いて観客を悲しませたい映画に対し「ケッ!内臓も飛び出さないのかよ!」と文句をつけたり、恋愛ものに「オッパイが足りない!」と不満を言うみたいな。一方で、オッパイ売りの作品でたまたまストーリーが良かったとしても、「形が悪い!」と批判するのはある意味正しい鑑賞姿勢とも思いますが。

jowi01.jpg

【ストーリー】
愛する妻を病で亡くし悲しみのどん底に落ちていたジョン・ウィックのもとに、失意の夫の癒しになるよう妻が用意していた子犬が届けられる。妻の愛の深さに胸を打たれるジョンであったが、ある夜、彼の車目当てに家に侵入してきたマフィアのボスの息子に襲撃され、子犬を目の前で殺されてしまう。怒りに燃えるジョンは、すぐさま復讐に立ち上がる。一方のマフィアのボスは、息子の襲撃した相手の名を知り驚愕する。ジョン・ウィックは、どんなターゲットも抹殺する伝説の殺し屋だったのだ。

jowi04.jpg

ハートブルー』でのキアヌのスタント・ダブルでデビューして以来、数多くの作品でスタント・コーディネーターやアクション監督を務めてきたチャド・スタエルスキと、同様にベテランスタントマンであるデヴィッド・リーチが共同で初メガホンを握り描いたリベンジ・アクション。ザックリと言えば“キアヌがガン=カタっぽいアクションを披露するセガール映画”。主人公の名を聞いたボスがあそこまでうろたえる様なんて、セガールの『暴走特急』以来観たことなかったですし。
込み入った設定や世界観と内省的な内容のアメコミ映画がアクション映画の主流になりつつあることへの反発か、はたまた50男になると何の躊躇もなくカッコいい自分を演じたくなるのか定かじゃありませんが、ただただ強い主人公のひたすらカッコいい姿だけを描いた本作。これまでも数多くの現場で顔を合わせてきたキアヌとチャドが、60〜70年代の日本映画や香港映画、往年のギャング映画など好きな映画の話題で盛り上がり「あんなアクションしたい!こんなアクション作りたい!」と夢を膨らませてる内に形になっていった様子が容易に想像できる、“オレたちの好きなものだけで出来てる”作品。そんな夢と希望の塊映画を嫌いになれるわけがない

jowi05.jpg

確かに粗は多い。殺し屋協会の掟を破ればどうなるのか重々承知しているのにも拘らずあっさり破る殺し屋が居たり、友情とプロ意識との葛藤が全然描かれてなかったり、仕舞いには結局のところ犬だったら別に何でもよかったというオチに着地したりと、真面目に考えれば首をかしげる展開が多い。しかし、本作はそんな所を観る映画ではない。そこばかりを批判するのは、食事に行ってお店自慢のメインディッシュには触れず、お通しに対し延々文句を言ってるようなものである。本作の観るべきポイントはアクションと夢のようなヒーロー像。もうそこのみ。そこ集中。
スタントマンあがりらしい、デジタルやメカニカルに頼り過ぎず、肉体のテクニカルな部分に特化したアクションが堪能できる本作。柔術をベースにした格闘アクションや、その格闘技とガンアクションを融合させた銃撃戦、場面こそ少ないがスピード感より重量感に重きを置いたカーアクションなど、かなりハイレベルのスタント仕事が隅々に。特に格闘ガンアクションの流れるような美しさは『リベリオン』以来だったのではと。“ボス驚愕”からのオープニングアクションの素晴らしさと、そこで貯めた貯金を使い切らずに保った勢いも見事。
また、主人公の愛車が『フェイク シティ ある男のルール』と同じだったり、隠れ家で使ってる名前が何気に“Neo”だったりと、一緒歴の長い気の合う仲間が集まってる感が伝わってきた本作。画作りや物語自体はヘビーなはずなのに、作り手が満面の笑顔でこっち見てる“ボクらが作りました!”感も好みだった一本で。
なにやら三部作を予定していて、既に次回作の準備に入ったとも言われる本作。下手に欲張ったり賢くなったりせずこの路線を突っ走ってくれるのならば、最後まで付き合ってみたいなぁと。

jowi02.jpg

ジョン・ウィックに扮したのは、イーライ・ロスの『Knock Knock』も控えてるキアヌ・リーヴス。ヒョロリと細長くベタついた髪の毛に骸骨のような輪郭を生み出す髭面が、ブラジル当たりの骸骨キーホルダーを彷彿させ、出始めこそは「あれ?今日のキアヌなんか気持ち悪い…」と思ってしまったが、これまでの中でも最高レベルのアクションを披露し始めると俄然輝いてくる。その骸骨感も“死神”をイメージさせ、役柄にハマってましたし。スター俳優にこう言うのもアレですが、キアヌは本当に感情表現の乏しい役柄がハマる
また、最後は肉弾戦を挑んでくる、なんかカート・ウィマー作品のラスボスみたいなボスに扮した『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』のミカエル・ニクヴィストや、“マフィアのボスの息子”で思いつく全ての要素を持ち合せていたダメ息子役に“ゲーム・オブ・スローンズ”のアルフィー・アレン、“スピード”シリーズでキアヌとニアミスしていた『グランド・ブダペスト・ホテル』のウィレム・デフォーなど、イイ顔が揃っていたのも印象的だった本作。
その他、『世界侵略:ロサンゼルス決戦』のブリジット・モイナハンや、『ヘラクレス』のイアン・マクシェーン、『GAMER』のジョン・レグイザモ、『レギオン』のエイドリアンヌ・パリッキといった何気に豪華なキャスティングも魅力。そんな中でも、WWEのレジェンドレスラーであるケビン・ナッシュと『48時間』のデヴィッド・パトリック・ケリーを短いシーンながらも観れたのは嬉しかったなぁと。

jowi03.jpg
“ペットロスには新しいペットを”って話

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気ブログをblogramで分析   

        

        

posted by たお at 17:14 | Comment(8) | TrackBack(30) | 前にも観たアレ■さ行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キアヌ作品では、久しぶりに良かったと言えるのでは?「コンスタンティン」も嫌いではなかったですが、結構評価が分かれていますし。
もう一回ビーグルを飼ってほしかったですが(^^)
テーマのただただ“復讐”の一点。でもこれが良かったですね。
TBお願いします。
Posted by atts1964 at 2015年10月26日 07:54
TBありがとうございます。
デイジーが可愛かった。
RPGゲームを思い出しました。(笑)
特定のアイテム(金貨)がないとイベントが発生しない。
掃除屋を呼ぶ「ディナー予約」は、呪文。
実は○○でした→怒らせて復讐、このパターン好きです。
Posted by すぷーきー at 2015年10月26日 19:59
atts1964様、こんばんは!
『フェイク・シティ』も良かったんですけど、実際ヒット作に恵まれてなかったですからねぇ、最近のキアヌは。
>もう一回ビーグルを
もう奥さんも関係ないし、犬だったらなんでもいいんかい!ってつっこみを入れたくなりましたねぇw
車もどうでもよくなってたし。
Posted by たお at 2015年10月27日 17:25
すぷーきー様、こんばんは!
殺し屋組合の描写がなかなか良かったですねぇ。
ゲームと言えば、『payday2』ってゲームにジョン・ウィックが登場してるとか。
Posted by たお at 2015年10月27日 17:27
こんにちは。
“キアヌがガン=カタっぽいアクションを披露するセガール映画”に笑いました。
キアヌファンなので完全復活にテンションあがりました^^
Posted by yukarin at 2015年10月29日 15:59
こんにちは。
弊ブログにTBをありがとうございました。
そう、監督と役者が自分たちの好きなものだけで構成した作品…!全くおっしゃる通りだと思います!だからこそ、凡庸と思われがちなストーリー展開でも、全く飽きさせずに魅せてくれたのだと思います。
Posted by ここなつ at 2015年10月30日 12:48
yukarin様、こんばんはー!
「メジャー作の脚本蹴り続けちゃって、ちょっと後悔してるー」とか言ってたんで、これを機にメインストリームに戻ってもらいたいですねぇ。
Posted by たお at 2015年10月30日 19:03
ここなつ様、こんばんは!
こういう、何を撮りたいのか明確で、好みが如実に出た作品ってのは嫌いになれないんですよねぇ。欲張らずにシンプルにまとめたストーリーラインも、アクションを際立たせてたんでヨシと。
Posted by たお at 2015年10月30日 19:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/428414838

この記事へのトラックバック

ジョン・ウィック ★★★★★
Excerpt: 『マトリックス』シリーズなどのキアヌ・リーヴスがすご腕の元ヒットマンを演じたアクション。ロシアン・マフィアに平穏な日々を壊された元暗殺者が、壮絶な復讐(ふくしゅう)に乗り出していく。メガホンを取るのは..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2015-10-25 11:24

劇場鑑賞「ジョン・ウィック」
Excerpt: たかが犬では、済まされない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201510170000/ ..
Weblog: 日々“是”精進! ver.F
Tracked: 2015-10-25 15:18

ジョン・ウィック
Excerpt: ガン・アクションとカンフーをあわせて、ガンフーと呼ぶキレキレの戦いがすばらしい。それに加えて車の曲芸的運転も加わるのだから、見ているだけで主人公になりきってしまう。ホテルのフロント係や掃除屋、医者など..
Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
Tracked: 2015-10-25 15:19

ジョン・ウィック
Excerpt: 評価:★★★★【4点】(11) これは是非ともシリーズにしてほしい(笑)
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2015-10-25 16:14

ジョン・ウィック
Excerpt: この男を怒らせるな 公式サイト http://johnwick.jp 愛する妻ヘレンと静かに暮らしていたジョン・ウィック(キアヌ・リーヴス)。その妻が病で亡くなり、悲しみに暮れる彼の心を癒してくれたの..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2015-10-25 17:34

ジョン・ウィック  監督/チャド・スタエルスキ
Excerpt: 【出演】  キアヌ・リーヴス  ミカエル・ニクヴィスト  ウィレム・デフォー 【ストーリー】 伝説的な暗殺者として裏社会にその名をとどろかせるも、殺しの仕事から手を引いたジョン・ウィック。暴力から遠..
Weblog: 西京極 紫の館
Tracked: 2015-10-25 18:58

ジョン・ウィック
Excerpt: いやぁ痺れた。最高だわ。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2015-10-25 19:34

映画『ジョン・ウィック』★復讐のガンファイト炸裂!with可愛いワンちゃん
Excerpt:     作品について http://cinema.pia.co.jp/title/167449/  ↑あらす..
Weblog: **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**
Tracked: 2015-10-25 21:01

映画「ジョン・ウィック(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
Excerpt: 映画 『ジョン・ウィック(2D・日本語字幕版)』 (公式)を昨日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2015-10-25 21:16

ジョン・ウィック
Excerpt: 2014年作品、チャド・スタエルスキ監督、キアヌ・リーブス主演。 ジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)はある動画をスマホで見ていた。 それは妻の動画だった。 ヘレン(ブリジット・モイ..
Weblog: atts1964の映像雑記
Tracked: 2015-10-26 07:55

ジョン・ウィック。
Excerpt: 『ジョン・ウィック』を観に行ってきました。 すでに続編の製作が決定しているらしい。 原題は『 JOHN WICK 』、シンプルで良いね。   愛妻ヘレン(ブリジ..
Weblog: すぷのたわごと。
Tracked: 2015-10-26 20:00

映画「ジョン・ウィック」
Excerpt: 2015/10/18、109シネマズ木場、スクリーン4。 中央通路直前のD列を選択。 * キアヌ・リーブス、イアン・マクシェーン、ウィレム・ディフォー。 * ジョン・ウィック(キアヌ・リーブス..
Weblog: ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
Tracked: 2015-10-27 22:30

映画:ジョン・ウィック John Wick  久々にキレキレのキアヌ・リーブス103分
Excerpt: キアヌ・リーブス主演。 元殺し屋が、妻の病死をきっかけに、再びその世界に戻らざる得なくなる フィルム・ノワール。 しばらくパッとしなかったキアヌ・リーブスだが、今作はマトリックスのスタッ..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2015-10-28 00:04

[映画] ジョン・ウィック
Excerpt: 「ジョン・ウィック」を川崎TOHOシネマズにて観て来ました アメリカ本国で公開された際に ”キアヌ・リーヴスが完全復活した!” 等と絶賛されてる〜みたいな評判を何となく聞いてからずっと見てみたいと思..
Weblog: 12時間Blog
Tracked: 2015-10-28 10:42

ジョン・ウィック
Excerpt: キアヌ・リーブスがブチ切れる『ジョン・ウィック』を観てきました。 ★★★ 冒頭で主人公がボロボロになっている結末近くの様子からスタートしたり、職業がマフィアの元殺し屋で、ブチ切れて元雇い主に復讐する..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2015-10-29 00:57

ジョン・ウィック
Excerpt: 【JOHN WICK】 2015/10/16公開 アメリカ R15+ 101分監督:チャド・スタエルスキ出演:キアヌ・リーヴス、ミカエル・ニクヴィスト、アルフィー・アレン、エイドリアンヌ・パリッキ、ブ..
Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
Tracked: 2015-10-29 15:32

「ジョン・ウィック」
Excerpt: リズムのある作品が好きである。今回は「殺しのリズム」。お約束な復讐劇の設定で、21世紀の世には存在しないような殺しのルールが存在し、しかしなんとまあカッコよかったことか!「キアヌ・リーブス完全復活」で..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2015-10-30 12:51

愛する犬のために…
Excerpt: 7日のことですが、映画「ジョン・ウィック」を鑑賞しました。 試写会にて 伝説的な暗殺者として裏社会にその名をとどろかせるも、ヘレンとの出会いから裏社会から足を洗ったジョン・ウィック。 しかし亡きヘ..
Weblog: 笑う社会人の生活
Tracked: 2015-10-30 18:09

『ジョン・ウィック』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ジョン・ウィック」□監督 チャド・スタエルスキ□脚本 デレク・コルスタッド□キャスト キアヌ・リーブス、ミカエル・ニクビスト、アルフィー・アレン、       ウィ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2015-11-01 08:17

ジョン・ウィック
Excerpt: 初日に観て来ました。生きる希望を奪われた時、封印してた狂気が目覚める!キアヌのアクション全開でした。愛する妻のため殺し屋を引退し、平穏に暮らしてたジョンだけど、妻を病気で亡くし悲しみに暮れてた時、死ん..
Weblog: はるみのひとり言
Tracked: 2015-11-02 17:24

『ジョン・ウィック』 脇を渋めで固めてます。
Excerpt: 今日は土曜出勤の代休だったので、『 ジョン・ウィック 』をIMAX2Dで観ました。 IMAXを予定していたわけでもなかったんだけど、通常版は時間が合わず、 最近IMAXの料金改定があり、..
Weblog: No Movie, Not My Life!
Tracked: 2015-11-02 22:35

『ジョン・ウィック』
Excerpt: キアヌ・リーブスの映画を観るのは久しぶりです。 かろうじて『スピード』という映画を観た記憶があります。 『マトリックス』は観なかったなぁ。 さて、ストーリーはこんな感じです。 伝説的な暗殺者として..
Weblog: sweetmagicのブログ
Tracked: 2015-11-04 14:18

かわいいよ、ワンちゃん。(≧∇≦*)(そこかいな)〜「ジョン・ウィック」〜
Excerpt: 例によっていきなり、10月の鑑賞予定にいれてなかった作品の鑑賞。(;´∀`) 見たい作品と時間が合わなかったのもあったんだけど、 人のレビューみてると興味がわくのはいつものことなんですんません・・・..
Weblog: ペパーミントの魔術師
Tracked: 2015-11-08 14:44

闇の男/ガン・フー? キアヌ! 〜『ジョン・ウィック』
Excerpt:  JOHN WICK  ジョン・ウィック(キアヌ・リーヴス)は最愛の妻を亡くし、失意のどん底にい た。しかし妻からの最後の贈りものである仔犬のデイジーとの生活に、微..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2015-11-11 08:06

[映画][☆☆☆★★]「ジョン・ウィック」感想
Excerpt:  キアヌ・リーブス主演・製作総指揮、「マトリックス」でスタントコーディネーターを務めたチャド・スタエルスキー初監督作品。引退した元凄腕の殺し屋が、愛犬を殺したマフィアのボスの息子に復讐すべく、再び闇..
Weblog: 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
Tracked: 2015-11-11 18:59

■ジョン・ウィック
Excerpt: 第391回「新たなダークヒーローの誕生となるのか?」 何度かこのブログでも言っていますが、次世代のアクションヒーローが不在だと思っています。いまだにスタローンやシュワルツェネッガーが活躍し続ける中で、..
Weblog: しんちゃんの徒然なる映画日記
Tracked: 2015-11-29 19:57

ジョン・ウィック
Excerpt: ジョン・ウィック '15:米 ◆原題:JOHN WICK ◆監督:チャド・スタエルスキ ◆主演:キアヌ・リーヴス、ウィレム・デフォー、イアン・マクシェーン、ミカエル・ニュークヴィスト..
Weblog: C’est joli ここちいい毎日を♪
Tracked: 2015-12-10 22:18

ジョン・ウィック 【劇場で鑑賞】
Excerpt: 『マトリックス』シリーズなどで知られるキアヌ・ リーヴス主演のアクション映画『ジョン・ウィック』 が公開されましたので観に行ってきました。 ちなみに公開当時TOHOシネマズでは限定でポスターと 同じ..
Weblog: 映画B-ブログ
Tracked: 2016-01-13 21:30

ジョン・ウィック
Excerpt: JOHN WICK 2014年 アメリカ/カナダ/中国 101分 アクション/サスペンス R15+ 劇場公開(2015/10/16) 監督: チャド・スタエルスキ 出演: キアヌ・リーヴス:ジ..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2016-02-20 21:17

『ジョン・ウィック』
Excerpt: ジョン・ウィック 亡妻からの最後の贈り物である愛犬を殺され 愛車を盗まれた伝説の殺し屋が、復讐の為、 ロシアン・マフィアを皆殺しに... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞) ..
Weblog: cinema-days 映画な日々
Tracked: 2016-08-03 03:00