2015年10月21日

オーバードライヴ (Snitch)

監督 リック・ローマン・ウォー 主演 ドウェイン・ジョンソン
2013年 アメリカ/アラブ首長国連邦映画 112分 アクション 採点★★★

“親ってのは何があっても子供の味方であるべき”って意見には、全く異論のない私。もう当たり前。ただ、その“味方”の捉え方を大いに誤解されてる親御さんってのも少なくないなぁと思ったりも。うちの子供らの同級生の親御さんなんかでも、明らかに子供が悪くて先生や他の大人に怒られたのに、そのことについて子供と話すのではなく、「そこまで言わなくてもいいのにねぇ」みたいに子供の不満に同調してしまう親御さんが見受けられますし。悪いことをしたら正しい償い方を教えるってのが、将来のことを考えても“子供の味方をする”ってことになると思うんですけどねぇ。

snit04.jpg

【ストーリー】
運送会社社長のジョンは、別れた妻に引き取られた18歳の息子ジェイソンが、麻薬密売人を密告すれば罪が軽くなる制度を悪用されて逮捕されたと知らされる。ジェイソンも密告すれば罪が軽くなるのだが、他の売人は知らない上に友人を罠にはめることもしたくない。このままでは最低でも10年の禁固刑になってしまう息子を救うため、ジョンは運び屋を装い麻薬組織へと自ら潜入するのだが…。

snit02.jpg

ブロブ/宇宙からの不明物体』や『ゼイリブ』にも参加していたベテランスタントマンであるリック・ローマン・ウォーが監督と脚本を務めた、実話を基にするアクション風味のサスペンスドラマ。主演のドウェイン・ジョンソンも、製作者の一人として名を連ねている。
芋づる式に犯罪者を捕まえることが出来るメリットがある半面、減刑目的に一般人を罠にはめるケースも少なくないチクリ制度の問題点と、家族を守るために奮闘する父親の姿を描いた本作。巨大麻薬組織に単身潜入する父親の物語で主演がドウェイン・ジョンソンとくれば、角材片手のロック様が素手ゴロで組織を壊滅する様を想像してしまうが、たとえロック様のような筋骨隆々の大男であっても拳銃を向けられれば竦んでしまう、そんなリアルな人間像を描いているので過度な期待は禁物。
アクションを期待すると少々痛い目に遭う本作ではあるが、その一方で筋肉幻想が通用しない怖さや緊迫感の生み出しには成功している一本でも。また、別れた妻のもとに居る息子を全力で救おうとする行動が今の家族を苦境に陥れてしまうジレンマや、元犯罪者の更生を阻む厳しい現実など考えさせられるドラマに仕上がっていた。
ただ、リアルさを求め過ぎた結果なのか少々メリハリに乏しく、これといって心に強く残る印象や個性に乏しいってのも否めず。また、法のシステムとしての不備を訴えたいのは分かるが、罠にはめられた方も犯罪行為をしている自覚があるので、ちょっとメッセージとして誤解される恐れもあるのかなぁとも。

snit03.jpg

主演には『ワイルド・スピード SKY MISSION』『ヘラクレス』のドウェイン・ジョンソンが。相手が凶悪な巨大麻薬組織であろうが素手で背骨を引き抜いて歩きそうなロック様だが、今回はその肉体的な強さは完全封印。ただ、その肉体的な強靭さに匹敵する精神的な強靭さを表現できる器用さを兼ね備えるロック様なので、フラストレーションは全く溜まらず。様々な角度から強さを表現できる、ホント稀有なアクションスターだよなぁと感服。「オレが居ればこんなことにならなかった!元嫁は何をやってたんだ!」と妙なプライドが現実把握の邪魔をする、男の足りなさ加減もしっかりと演じ切れていましたし。
また、善人の中に潜む邪悪を表現させたらピカイチである『リベンジ・マッチ』のジョン・バーンサルや、少々潜入捜査が長過ぎたのかなと思わせる眼差しの絶望感が光っていた『トゥルー・グリット』のバリー・ペッパー、作品にちょっとした格と知性を与えていた『ハッピーニート おちこぼれ兄弟の小さな奇跡』のスーザン・サランドンらが、本作のドラマ部分をがっちりと固める好演を。
その他、『ロボコップ』のマイケル・ケネス・ウィリアムズや、『デモリションマン』のベンジャミン・ブラット、自己主張の少ないサラ・ジェシカ・パーカーみたいだったパーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』のメリーナ・カナカレデスらも共演。

snit01.jpg
この親父に怒られるのが一番の罰

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気ブログをblogramで分析   

        

        

posted by たお at 14:12 | Comment(2) | TrackBack(10) | 前にも観たアレ■あ行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドウェイン・ジョンソンさんは役者として好きな方ですねー
失礼ながらレスラー時代は全然知りませんが、ガタイのいい肉体派アクションも出来ればチュチュ着て妖精にもなれるという「やれば出来る親父」ぶりに惚れます。
はげヒゲがかっこいいですよね!
Posted by maki at 2015年10月22日 21:03
maki様、こんばんは〜♪
強さや痛さ、その他もろもろの喜怒哀楽をライブで表現するレスラーって、実際舞台俳優並の表現力が必要なんでしょうねぇ。そういう意味でロック様は天性の役者だなぁと。芸幅広いですし。
Posted by たお at 2015年10月24日 18:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

オーバードライヴ 【劇場で鑑賞】
Excerpt: 米プロレス団体WWEのレスラーとして活躍 していた俳優「ドウェイン・ジョンソン」の 主演映画「オーバードライヴ」が公開されました ので観に行ってきました。 オーバードライヴ 原題:SNITCH 製作:..
Weblog: 映画B-ブログ
Tracked: 2015-10-22 19:10

オーバードライヴ
Excerpt: オーバードライヴ [DVD](2014/05/02)ドウェイン・ジョンソン、スーザン・サランドン 他商品詳細を見る 【SNITCH】 制作国:アメリカ  制作年:2013年 何も知らずに友人..
Weblog: miaのmovie★DIARY
Tracked: 2015-10-22 19:42

オーバードライヴ  ★★
Excerpt: 「ワイルド・スピード」シリーズや「G.I.ジョー バック2リベンジ」など出演作が立て続けにヒットを飛ばすドウェイン・ジョンソンが主演、実話をもとに息子を救うため戦う父親の姿を描いたアクションサスペンス..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2015-10-22 20:04

オーバードライヴ
Excerpt: 【概略】 運送会社社長・ジョンは、友人にハメられ麻薬密売容疑で逮捕された息子を救出するべく、検事と交渉し、麻薬組織に潜入捜査を行い事件の真相を追うが…。 サスペンス あのドウェイン..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2015-10-22 21:01

オーバードライヴ
Excerpt: 評価:★★★【3点】(10) 最近多い頑張る父さんシリーズ(笑)
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2015-10-22 21:51

『オーバードライヴ』 2013年11月26日 一ツ橋ホール
Excerpt: 『オーバードライヴ』 を試写会で鑑賞しました。 日本でのドウェイン・ジョンソンの知名度の問題か、 ワイルド・スピードが適当にヒットするからか...宣伝苦しいね。 タイトルはなぜか『オーバードライヴ』..
Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
Tracked: 2015-10-22 21:53

オーバードライヴ
Excerpt: 面白かったけど、ちょっと期待外れ。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2015-10-22 23:23

オーバードライヴ
Excerpt: SNITCH 2013年 アメリカ 112分 サスペンス/アクション PG12 劇場公開(2013/11/30) 監督: リック・ローマン・ウォー 製作: ドウェイン・ジョンソン 脚本: リック..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2015-10-23 23:10

オーバードライヴ
Excerpt: 再婚し幸福な家庭を築いている運送会社社長ジョンの元に驚くべき知らせが入る。 別れた妻と暮らしている18歳の息子ジェイソンが、友人から麻薬の包みを預かったばかりに、麻薬密売容疑で逮捕されたのだ。 このま..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2015-10-27 17:38

オーバードライヴ
Excerpt: JUGEMテーマ:アクション映画全般     「オーバードライヴ」 原題:Snitch 監督:リック・ローマン・ウォー..
Weblog: マープルのつぶやき
Tracked: 2017-01-28 21:10