2015年09月24日

インヒアレント・ヴァイス (Inherent Vice)

監督 ポール・トーマス・アンダーソン 主演 ホアキン・フェニックス
2014年 アメリカ映画 148分 サスペンス 採点★★★

時代を象徴するもの、若しくは思い起こさせるものって人それぞれですよねぇ。音楽であったり映画であったり、その当時のTV番組や文化と様々。私にとっての80年代って当時の音楽が密接に結びついているんですけど、それより前の70年代となると、また別のものだったりも。それが、日曜洋画劇場を見ていると決まって流れていたレナウンのCM。曲調自体は能天気なんですけど映像がなんとも悪夢的というか、高熱でうなされてるときに見る幻覚のような感じで、いまだにその不気味な印象だけが強烈に脳裏に。ふいにあの曲を思い出すと当時のことをまざまざと思い出すんですけど、どういうわけか悪い思い出しか思い出さないんですよねぇ。

invi04.jpg

【ストーリー】
1970年、ロサンゼルス。ヒッピーくずれの私立探偵ドックのもとに、別れた恋人のシャスタが相談にやって来る。その内容は、大富豪の不動産王ミッキー・ウルフマンと愛人である彼女を、ミッキーの妻とその浮気相手が罠に嵌めようとしているとのことであった。気の進まないドックが渋々調査を始めると、その背後に巨大な陰謀があることが判明し始め…。

invi05.jpg

トマス・ピンチョンの探偵小説“LAヴァイス”を、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のポール・トーマス・アンダーソンが脚色も手掛け映画化したハードボイルド・スリラー。
音楽はもちろんのこと、ファッションや会話の内容、小道具の数々から役者の顔立ちまで、溢れ出さんばかりの70年代情報に初っ端から圧倒される本作。何も知らずに画面だけを見たら、たぶん70年代の映画と勘違いしそうなほど。時代背景、題材、ロケーションと、非常にポール・トーマス・アンダーソンらしい上に、まったりゆったりと時にユーモラスに進みながらも、画作りが異様なまでに力強いってのも彼らしい。
ロスに集うアウトサイダーの生き様を緻密に描きながら、その能天気な気候とは真逆のドロドロとした謀略と立ち向かうには強大過ぎる力を描いた本作。ハッパが効いてるが如く散漫な展開をしつつ、覚めた時というよりは最高潮に効いてる時の集中力の如く物語が急展開する緩急も心地よく、ダラけながらも長尺さを感じさせない巧い作り。しがない探偵に出来ることと出来ないことがハッキリしている、ユーモラスながらもハードボイルドな骨格を保っているのも好印象。
ただまぁ、ちょいと散漫過ぎて警察内部まではびこる悪の存在と愛人となった恋人、“固有の瑕疵”と“内なる悪”なんてテーマがボヤけてしまい、風変わりな友情物語みたいになってたのは惜しかったかなぁと。

invi03.jpg

主人公のドックに扮したのは、『ホテル・ルワンダ』のホアキン・フェニックス。すっかり壊れちゃった役者ってイメージもありましたが、そのイメージと自身のルーツでもあるヒッピー文化との相性の良さ、ファッションのハマりっぷりなどが見事に融合し、“70年代のそういう人”感が見事なまでに出ていた好演を。
また、そのドックの守護天使であり、唯一の友人であるドックに対する感情表現が独特なビッグフットに扮した『メン・イン・ブラック3』のジョシュ・ブローリンも見事で。現在のハリウッドで最も70年代が似合う役者であるので、これまたハマりまくったキャスティング。
その他、眉毛をモジャモジャにすればたぶんお父さんにソックリなのであろうキャサリン・ウォーターストンや、濃い演者に押され気味だった『デビルズ・ノット』のリース・ウィザースプーン、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のベニチオ・デル・トロ、『エンジェル ウォーズ』のジェナ・マローン、『エクスペンダブルズ』のエリック・ロバーツに、劇映画で見るのは久しぶりで嬉しかった『インナースペース』のマーティン・ショートといった錚々たる顔触れが集結。
そんな中でも、やはり『クーデター』のオーウェン・ウィルソンの存在が忘れ難し。基本いつも通りのオーウェンなんですけど、1970年代から2010年代までのどの時代でもビーチに居でボーっとしてそうなオーウェンだからこその似合いっぷりだったのかと。

invi01.jpg
聖書の時代のビーチに居ても違和感無さそう

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogramで人気ブログを分析   

        

        

posted by たお at 14:42 | Comment(4) | TrackBack(12) | 前にも観たアレ■あ行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
モット!パンケーキ!!に尽きる。

この時代に私は存在していなかったものでヒッピーってのがいまいち理解不能な人種、時代背景。
主人公がずっとマリファナ吸ってボワァとなってるような、不思議な感覚の映画でしたね
Posted by maki at 2015年09月25日 19:34
maki様、こんばんは〜♪
モット!パンケーク!!
怒鳴りつけてるんだけど、ドックには「ここのパンケーキは美味いんだ」と絶賛もしている、そんなビッグフットの複雑な愛情表現を上手に出してたシーンでもありましたねぇ。
Posted by たお at 2015年09月27日 22:48
>ユーモラスながらもハードボイルドな骨格を保っているのも好印象
ハードボイルドな部分、ドックが冴えわたる瞬間が、チラチラと見え隠れするところが気に入ったポイントの1つです!
Posted by 哀生龍 at 2015年10月01日 23:46
哀生龍さま、こんばんは〜♪
変化球映画のようでいて、意外とベースの部分はシッカリとしてるんですよねぇ。
Posted by たお at 2015年10月05日 19:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426631217

この記事へのトラックバック

インヒアレント・ヴァイス★★★
Excerpt: 『ザ・マスター』のポール・トーマス・アンダーソン監督とホアキン・フェニックスが再度タッグを組み、アメリカの覆面作家トマス・ピンチョンの探偵小説を映画化。マリファナ中毒の私立探偵が元恋人の依頼を受けたこ..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2015-09-24 15:49

インヒアレント・ヴァイス
Excerpt: 【概略】 1970年代初頭のロサンゼルス。ビーチを拠点に活動するマリファナ中毒のヒッピー探偵ドックを、以前付き合っていた女性が訪ねてくる。彼女の依頼を受け調査を進めるドックだったが、いつしか巨大な陰..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2015-09-25 19:32

映画:インヒアレント・ヴァイス Inherent Vice P.T.アンダーソンの新作は、徹底的に「感性系」「脱力糸」
Excerpt: ポール・トーマス・アンダーソン監督の傑作、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 その年(2007年)の極私的映画ベスト10に入れた。 それまでの「マグノリア」「パンチドランク・ラブ」も良かったが、..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2015-09-26 08:40

『インヒアレント・ヴァイス』 監督PTA×原作ピンチョンのアメリカ史
Excerpt:  『マグノリア』『ブギーナイツ』のポール・トーマス・アンダーソン監督の最新作。  原作はトマス・ピンチョンの『LAヴァイス』で、ピンチョン作品の映画化は初めてとのこと。私自身は昔『スロー・ラーナー』..
Weblog: 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実
Tracked: 2015-09-30 18:39

インヒアレント・ヴァイス 【劇場で鑑賞】
Excerpt: 数々の映画祭で監督賞を受賞しているポール・トーマス・ アンダーソン監督の新作で主演はホアキン・フェニックス が務める映画『インヒアレント・ヴァイス』が公開され ましたので観に行ってきました。 アンダ..
Weblog: 映画B-ブログ
Tracked: 2015-09-30 19:30

『インヒアレント・ヴァイス』 2015年4月11日 ワーナー試写室
Excerpt: 『インヒアレント・ヴァイス』 を試写会で鑑賞しました。 本日の2本目は2時間29分という長い映画でした。 【ストーリー】  970年代初頭のロサンゼルス。ビーチを拠点に活動するマリファナ中毒のヒッ..
Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
Tracked: 2015-09-30 20:01

ショートレビュー「インヒアレント・ヴァイス・・・・・1550円」
Excerpt: グル―ヴィーだよ、迷探偵。 「ザ・マスター」のポール・トーマス・アンダーソンが、ホアキン・フェニックスとの再タッグで挑んだのは、1970年の混沌のLAを舞台に、懐メロが彩る白昼夢のようなコメディ..
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2015-09-30 21:40

インヒアレント・ヴァイス
Excerpt: ■ ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞インヒアレント・ヴァイス/INHERENT VICE 2014年/アメリカ/148分 監督: ポール・トーマス・アンダーソン 出演: ホアキン・フェニック..
Weblog: 映画三昧、活字中毒
Tracked: 2015-10-01 22:54

インヒアレント・ヴァイス
Excerpt: 1970年代のカリフォルニア。 マリファナ漬けのヒッピー私立探偵ドック(ホアキン・フェニックス)の前に、昔の恋人シャスタ(キャサリン・ウォーターストン)が突然現れた。
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2015-10-01 23:40

インヒアレント・ヴァイス/INHERENT VICE
Excerpt: INHERENT VICE=内在する欠陥。 アメリカの探偵小説作家トマス・ピンチョンの同名の小説(「LAヴァイス」)を映画化。 「マグノリア」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」「ザ・マス..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2015-10-03 14:21

PTAの確信的なヘンさ
Excerpt: 6日のことですが、映画「インヒアレント・ヴァイス」を鑑賞しました。 1970年代初頭のロサンゼルス マリファナ中毒のヒッピー探偵ドックの元に以前付き合っていたシャスタが訪ねてくる。 彼女が愛人をして..
Weblog: 笑う社会人の生活
Tracked: 2015-10-03 18:06

インヒアレント・ヴァイス
Excerpt: アメリカ・ロサンゼルス。 私立探偵ドックのボロアパートに、元恋人のシャスタが現れた。 今は不動産王ウルフマンの愛人である彼女は、ウルフマンの妻とその愛人の悪だくみを暴いて欲しいとドックに懇願する。 と..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2015-10-05 16:37