2015年07月07日

デビルズ・ノット (Devil's Knot)

監督 アトム・エゴヤン 主演 コリン・ファース
2013年 アメリカ映画 114分 サスペンス 採点★★

事実の積み重ねがイコール真実になるわけではないんですよねぇ。Aにとって有利な事実の積み重ねと、Bにとって有利な事実の積み重ねが同じ結果を導き出すわけじゃないように。ドキュメンタリーなんかも真実と受け取られがちですが、あれなんかも真実を発見したわけじゃなく、作り手の意見に沿う事実の積み重ねでしかない場合も。実話やドキュメンタリー、それこそニュースと言われるものに対しても、そんなことを頭の片隅に入れておいて受け止めた方がいいんでしょうねぇ。

deko01.jpg

【ストーリー】
1993年、アーカンソー州ウエスト・メンフィス。この小さな町で三人の児童が惨殺される事件が発生する。地元警察は悪魔崇拝者の犯行とし、ヘビメタとオカルトを愛好していた三人の青年を容疑者として逮捕する。しかし、あまりに杜撰な警察の捜査と彼らを犯人とする根拠の薄さに疑問を感じた調査員のロンは、弁護士団に協力を申し出、独自に調査を開始する。だが、裁判は彼らにとって一方的に進んでいき…。

deko03.jpg

「有罪ってことには変わりないけど、なんか皆がうるさいから刑期満了ってことで出ていいよ」という、唖然とする展開を迎えたことも記憶に新しい“ウエスト・メンフィス3”の事件を取り扱った同名ノンフィクションを、『白い沈黙』のアトム・エゴヤンが映像化した実録サスペンス。
この事件を取り扱ったドキュメンタリー作品『パラダイス・ロスト』のレビューで、概要や経緯について書かせてもらったので、宜しかったら。
で、本作。結論から書かせてもらうと、ビックリするくらい掘り下げがされていない。それなりの重さと見応えはあるのだが、それは事件そのものが持つ衝撃度と演出の重々しさが生んでいるだけで、物語が生み出しているものではなし。非常に有名な事件で年月も然程経っていないこともあって関係者に気を遣ったのかも知れないが、“なぜ司法は頑なに彼らを犯人にしたいのか?”“なぜ悪魔崇拝者に対しそれほどまでに過敏に反応するのか?”などはおろか、土地の特異性や現代の魔女裁判となった経緯までもが掘り下げられず、さらっと上っ面だけをなぞった非常に表層的な作品に。独自のアプローチもされていないので、そもそもなんで作ったのかさえも疑問に感じてしまう、とっても残念な仕上がり。なんか、粗筋だけをなぞった小学生の読書感想文のような印象すら。
まぁ、下手に意図的な視野を加えず事実だけを並べ観客に問題を投げかけるタイプの作品なのかとも思ったが、「太郎君はリンゴ5個とみかんを7個持っています。どうですか?」みたいに問題にすらなっていないので、受け止めようもなし。

deko04.jpg

この掘り下げのなさは、全ての人物描写にも当てはまる。
キングスマン』のコリン・ファース扮する主人公は、なんか正義感的なものしか行動原理の見当たらない終始暗い顔をした人でしかないし、『幸せの始まりは』のリース・ウィザースプーンが扮する犠牲者の母親も、時間配分が多い割には“子供を失って悲しい”って役回りしかない、なんとも中途半端な立ち位置。
この、大物が揃ってるのに意味のある役回りがないってのが本作の特徴なのか、『リアル・スティール』のケヴィン・デュランドが扮した、『パラダイス・ロスト』では疑いの目を向けられていたジョン・マーク・バイヤーズは単なる変わり者だし、『SUPER 8/スーパーエイト』のブルース・グリーンウッドが扮した裁判官は理不尽な頑固者でしかない。この辺の残念具合は、似たような印象を受けた『エミリー・ローズ』も手掛けた、ポール・ハリス・ボードマンとスコット・デリクソンのらしさ発揮というところか。
ただまぁ、服装などのディテールに対する注意深さや、人物の雰囲気を巧く真似たキャスティングなど見所も少なくはない。だからこそ、ちゃんと掘り下げて独自のアプローチをした作品に仕上げて欲しかったなぁとも。
ちょっと厳しいことばかり書いてしまったこのレビューを読み直してみると、もしかするとこの事件に関する事前知識のある/なしが評価に大きな変化を与えてしまう、ちょっと不公平な観方をしてしまったのかなぁと頭をよぎりましたが、そもそも結構有名な事件で、これに関する作品も少なくないアメリカ本国での上映をまず第一に置かれて作っている作品なので、やっぱり評価と印象は変わらずで。

deko02.jpg
ただの三人組

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
ブログランキングならblogram   

        

        



posted by たお at 09:16 | Comment(4) | TrackBack(16) | 前にも観たアレ■た行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その通りですね。
浅いんですよ。
いまだに真相がわかっていない事件であるだけに曖昧なラストになるのは予測できましたが、あまりにモヤモヤしすぎです。
それと判決後3人の状況が字幕だけってのもいただけません。
Posted by ミス・マープル at 2015年07月14日 15:01
たおさんの『パラダイス・ロスト』のレビューを読ませて頂きました。
文章で読んだだけでも「デビルズ・ノット」を見るよりもずっと衝撃的で、中身が濃いと感じました。
比べてしまうと、「デビルズ・ノット」は小学校の高学年向けに易しくまとめた、読書感想文用の課題図書のよう。
もしくは、哀生龍のように全く事件を知らなかった人に向けた、事件の存在を知らしめるための作品でしょうか?
Posted by 哀生龍 at 2015年07月17日 22:19
ミス・マープル様、こんにちはー!
事件の真犯人云々よりも、なぜこんな魔女裁判が行われたのかっていう部分が描ききれていないんですよねぇ。狂信的なキリスト教徒が多くすむバイブルベルトの実態や貧困の様子などもさっぱりでしたし。そこに触れないでどーするんだろーと。
Posted by たお at 2015年07月18日 07:35
哀生龍さま、こんにちは〜
私も観ながら「これは事件の存在を知らしめるための作品なのか?」と思ったりしたんですが、製作された本国ではそんな大昔でもない(しかも現在進行形ですし)有名な事件なので、そういう方向でもなさそうなんですよねぇ。
このスタッフとこれだけのキャストで描くのだから、原作と事実の上辺をなぞるのではなく、もうちょい深くアプローチして欲しかったもので。
Posted by たお at 2015年07月18日 07:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

デビルズ・ノット
Excerpt: 【概略】 ウエスト・メンフィスで児童の猟奇殺人事件が発生。16歳から18歳の3人を逮捕するが、私立探偵のロンは独自で調査を開始する。 サスペンス 悪魔は、だれか。 むごたらしい児童..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2015-07-07 10:18

デビルズ・ノット ★★★
Excerpt: むごたらしい児童殺人と冤罪(えんざい)としか思えぬ容疑者逮捕で話題となった、ウエスト・メンフィス3事件を映画化したサスペンス。犯人と断定された若者たち、その逮捕に疑問を抱く探偵など、さまざまな者たちの..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2015-07-07 18:00

映画:デビルズ・ノット DEVIL'S KNOT  名匠エゴヤネンが描く、史上最悪級の冤罪事件。
Excerpt: 今作の監督 エゴヤネンが過去に撮った「スウィート ヒアアフター」は当ブログ的にかなり刺さった映画。 スクールバス事故により、多くの命が凍った湖に沈み、失われる。 この事件を追う弁護士が補償金で..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2015-07-12 06:49

『デビルズ・ノット』 2014年11月10日 ニッショーホール
Excerpt: 『デビルズ・ノット』 を試写会で鑑賞しました。 モヤモヤ 【ストーリー】  1993年、アメリカのアーカンソー州ウエスト・メンフィスで児童たちが無残にも殺害される事件が発生。彼らと顔見知りだったア..
Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
Tracked: 2015-07-13 07:21

犯人は作られ、本当は、
Excerpt: 4日のことですが、映画「デビルズ・ノット」を鑑賞しました。 試写会にて 1993年、アーカンソー州ウエスト・メンフィスで児童たちが無残にも殺害される事件が発生 警察は16歳から18歳の若者3人を容..
Weblog: 笑う社会人の生活
Tracked: 2015-07-13 07:36

デビルズ・ノット
Excerpt:  アメリカ犯罪史上まれに見る謎といわれる猟奇的殺人事件を、登場人物全部実名で映画化しました。この事件は冤罪説が言われていますが、映画では、ある登場人物が真犯人ではないかと強く示唆しており、これって名誉..
Weblog: 映画好きパパの鑑賞日記
Tracked: 2015-07-13 08:09

デビルズ・ノット
Excerpt: 評価:★★★★【4点】(09) 猟奇殺人事件の真犯人を知るその前に
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2015-07-13 20:58

「デビルズ・ノット」
Excerpt: 「Devil's Knot」2013 USA 1993年、アメリカ、アーカンソー州ウエスト・メンフィス。ある日、3人の少年が行方不明になり、その後、うっそうとした緑に囲まれる“ロビン・フッドの森..
Weblog: ヨーロッパ映画を観よう!
Tracked: 2015-07-13 21:06

デビルズ・ノット/DEVIL'S KNOT
Excerpt: “ウェスト・メンフィス・3事件” と呼ばれ、これまでにも多くのドキュメンタリー作品がつくられるなど 冤罪を生み出した可能性が高い事件として知られるマー..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2015-07-14 00:41

デビルズ・ノット
Excerpt: JUGEMテーマ:サスペンス映画全般 「デビルズ・ノット」 原題:Devil's Knot 監督:アトム・エゴヤン 2013年 アメリカ映画 114分 PG12 キャスト:コリン..
Weblog: マープルのつぶやき
Tracked: 2015-07-14 15:01

『デビルズ・ノット』
Excerpt: 1993年初夏、ウェスト・メンフィスで児童の猟奇殺人が発生する。少年たちは靴紐で手足を縛られ、人間の所業とは思えない暴行の痕を残して殺されていた。地元住民はパニックに陥り、全米のメディアが小さな田舎町..
Weblog: beatitude
Tracked: 2015-07-14 23:24

デビルズ・ノット
Excerpt: 1993年初夏、アーカンソー州ウエスト・メンフィス。 のどかな田舎町で、3人の児童が無惨な姿で殺害される猟奇的な事件が発生。 全米が注目する中、警察はオカルト好きでヘヴィメタ・ファンのティーンエイ..
Weblog: 心のままに映画の風景
Tracked: 2015-07-15 15:07

デビルズ・ノット
Excerpt: 1993年、アメリカ・アーカンソン州ウエスト・メンフィス。 ロブン・フッドの森で、8歳の少年スティーヴィー、マイケル、クリストファーの遺体が発見される。 3人の身体にはむごたらしい暴行の跡があった。 ..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2015-07-15 15:48

デビルズ・ノット
Excerpt: 1993年、アーカンソー州ウエスト・メンフィスでの出来事。
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2015-07-17 21:55

デビルズノット
Excerpt: ものすごく評価されている「スウィートヒアアフター」の良さはいまだに分からないでいるのですが、アトムエゴヤン監督は好きです。彼がアメリカ、アーカンソー州で起こった実際の猟奇殺人事件を題材にした映画と聞い..
Weblog: シネマ日記
Tracked: 2015-07-24 13:32

『デビルズ・ノット』
Excerpt: 映画の後のひといきは更新してましたが、映画の感想はまだでした ということで、先日観た『デビルズ・ノット』 ポスターのカンジからも予告編やあらすじからも、普段の自分ならいつかDVDで見てもい..
Weblog: My Pace, My Self
Tracked: 2015-08-03 23:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。