2015年05月26日

チャッピー (Chappie)

監督 ニール・ブロムカンプ 主演 シャールト・コプリー
2015年 アメリカ/メキシコ/南アフリカ映画 120分 SF 採点★★★★

「こんな環境じゃ、やる気も出ねぇ!」と不平不満を漏らす方っていますよねぇ。私も“やれと言われるとやりたくない”って性質なので分からなくもないですし、子供なんかにとっては状況や環境ってのは大切なんだろうなぁと。ただ、大人はある程度自分をコントロール出来るんだから、そんなやらないで済む理由をウダウダ探してないで、まず“やれ”。“やる”と自分で決めろ。

chap01.jpg

【ストーリー】
2016年。凶悪犯罪が多発する南アフリカのヨハネスブルグでは、軍事企業テトラバール社が開発した警官ロボットが導入され一定の成果を挙げていた。その警官ロボットの開発者の一人であるディオンは画期的なAI(人工知能)を開発し廃棄されたロボットに搭載するも、ギャングにロボットもろとも誘拐されてしまう。ギャングはそのロボットを“チャッピー”と名付け犯罪の手助けに使おうとするも、チャッピーの知能はまだ赤子程度で…。

chap05.jpg

第9地区』のニール・ブロムカンプによる、赤子のロボコップをギャングが育てるっていう奇抜な設定が光るSFアクション。
犯罪者を生み出すのは貧困などの劣悪な環境なのか?それとも、その環境に置かれていても正しい導きがあれば正しい人間になるのか?
そんなアパルトヘイトの下で迫害されてきた黒人層のみならず、近年白人の貧困層が拡大しそれがまた犯罪の温床となっている南アフリカの社会問題を見つめた、非常にブロムカンプらしいテーマで描かれる本作。そして、その実験台となるのが赤ん坊同様まっさらな状態からスタートし、接し方や教育、環境や境遇によって性格や性質が形成されていくロボット“チャッピー”。僅か数日の寿命しかないチャッピーが周囲のエゴや思惑に振り回され、見た目の違いから迫害され、騙され、そして愛されながら急成長をしていく様を時にユーモラスに、時にエモーショナルに描く。“父”の教えに則り悪ぶってみたり、“創造主”からの絵本のプレゼントに子供のように喜んだり、その絵本の持つ本当の意味を“母”に教わる様には大いに笑わされ、知らぬうちに涙腺を緩まされ、そして“人間とは?”という大きな疑問が目の前にぶら下がってくる、めまぐるしいまでの展開に振り回され心を鷲づかみにする圧巻のストーリーテリングに驚かされる。

chap03.jpg

ここから先は大いにネタバレするのでご注意を。警告しましたからね!
ただこの作品、終盤にとんでもない展開へと突き進む。
僅かしかない寿命の中で芽生える人間性や葛藤といえば『ブレードランナー』のバッティが浮かぶのだが、本作はその影響を強く受けながらも全く違う展開を見せる。生命は限りあるからこそ美しく尊いということを理解したバッティだが、チャッピーは違う。「意識をコピーすればいいじゃん!」ってなる。元々ロボットである自分だけならまだしも、瀕死の創造主や最愛の“母”に対しても同様に「コピーすれば皆ずーっと生きれる!」ってなる。これには驚いた
ネタ元のひとつであろう『ロボコップ』にも、瀕死の相棒に対しロボコップが「大丈夫!オレのように直してくれる!」って台詞があるが、あれは強烈な皮肉であった。ただ、チャッピーのそれには皮肉が全く感じられない。チャッピーの健気さや愛くるしさに多少誤魔化されているのかも知れないが、機械の身体となり生きながらえるのがハッピーエンドのような描き方なのだ。私自身“人間を人間たらしめてるのは意識”と考えてる方なので、それが結果機械であろうが否定はしないんですけど、本作の“肉体は意識を収納する器でしかない”っていうドライさにはちょっと驚いた。「なんだい?これはデヴィッド・クローネンバーグの映画なのかい?」と。ただ、クローネンバーグの場合は“不完全な肉体を別の物質と融合することで補完する”という考えを医者的な鋭利さと粘膜質な描写で描くのに対し、ブロムカンプのそれはボルト&ナットの工学的なドライさという違いはありましたけど。
虫けらにしか見ていなかった異星人と同化する『第9地区』にあった皮肉がなくなり、ごく当たり前かのように白でも黒でもないまるで別のものに変化する本作の結末に、「あぁ、この監督は今の人間の形ってのに限界を感じてるのかなぁ…」と考えさせられた一本。宗教上の理由からAIを否定するライバルがとことんゲスに描かれているところからも、そんなことを推察させられましたし。
それにしても、最近お気楽な娯楽作しか観ていなかっただけに、既存の宗教や倫理観に全く縛られない進化の形を見せてくれる、こんな考えさせられる娯楽作は久しぶりで嬉しい限りで。

chap06.jpg

非常に人間らしい感情を持ちながらも、寿命に関しては葛藤ほどほどに人間離れした前向きさを見せたチャッピーの声と動きを担当したのは、『オープン・グレイヴ 感染』のシャールト・コプリー。彼自身の姿を思い描いちゃうとちょっとアレですが、身のこなしのみならず細かな部品の動きで感情を表現するチャッピーが捨てられた子犬みたいでなんとも可愛い。同じ性能と同じプログラムで動いてるにもかかわらず、なぜかこいつだけいっつも壊れるって時点で愛される気まんまんですし。えぇ、もうそこから愛してましたよ。
その他、『スラムドッグ$ミリオネア』のデヴ・パテルや、『リアル・スティール』同様ロボットは自分で操縦しないと気が済まない『X-MEN:フューチャー&パスト』のヒュー・ジャックマン、『キャビン』のシガーニー・ウィーヴァーといった大物がキャスティングされているが、やはり一番目を奪われたのがチャッピーの“父と母”に扮したニンジャとヨ=ランディ・ヴィッサーの二人で。
この作品を観るまではその存在を知らなかったんですが、南アフリカの貧困白人層のアイコン的なラップグループ“ダイ・アントワード”のラッパーの二人だとか。役名はそのままだし劇中には彼らの楽曲ばかり流れてるんで一種のキワモノ的扱いかと思いきや、チャッピーに会うや否や瞬く間に母性を発揮し“母”となるヨーランディに対し、“父”としての自覚をとことん持たず一家の危機になってようやく“父”となる手裏剣使いのニンジャという、母性と父性、男と女の違いを長編映画初出演とは思えぬ仕事っぷりで見事に表現。演技力どうのこうのと言うよりもこれが当人たちのパブリックイメージなんでしょうが、世界的に見ても自分の子供を預けるのに最も躊躇するタイプの人種に子育てをさせてみるって狙いがあるって意味では、これは最もハマるキャスティングであるし、当人たちも存分にそれに全力で応えたって感じで。

chap04.jpg

最後にこの問題にちょっとは触れたほうがいいんでしょうねぇ。“日本版だけ修正”って問題に。
私自身はほとんど関心がなかったのですが、一部では修正が入ったことに大きな不満の声が上がったとか。たぶんED‐209的なヤツがある人物の胴体をちょん切るシーンがそれだと思うんですけど、確かに胴体を挟んだかなぁと思ったら、よく分からないうちに地べたにモツをはみ出させた下半身が転がってるシーンは不自然。でも、そんなに騒ぐことかなぁ?
敵キャラの潜在的残虐性を表していたのだとしても、ちょっとしたサービスショットでしかなかったとしても作り手が意図していた当初の完全版じゃないものを観させられるのは個人的に不満はありますが、もうそんなこと今更始まったことではないんですよねぇ。ホラー映画が劇場でバンバンやってた頃でさえゴアシーンになるとネガが反転したりごっそりカットされてたり、エロいシーンになると巨大なマリモがスクリーン上を右往左往する国なんですよ、もともとココは。そもそも、レイティングや上映時間とのせめぎ合いで本国上映版も作り手の目指す完全版じゃないケースが多いですし。あ、「完成したものがオレのディレクターズ・カット版だ!」と常にシビれるセリフを吐いてるジョン・カーペンターは違いますけど。
まぁ、ビクビクし過ぎて自主規制ばっかしている上に、今回は事前に配給会社が直々に「修正してますよー」と公表しちゃう、全方位に気を遣い過ぎた過剰な自己防衛姿勢が問題の発端なので「清廉ぶってないでもっとヤンチャになれ!」と配給会社の方々には申したいところで。

chap02.jpg
やっぱりパパよりママなんだよなぁ

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogramによるブログ分析   

        

        



posted by たお at 13:15 | Comment(10) | TrackBack(33) | 前にも観たアレ■た行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>僅か数日の寿命しかないチャッピー
この設定、思った以上に効いていました。
じっくり時間をかけて育っていったら、全く違ったキャラになっていたかもしれないですよね。

実は、何度もヨ=ランディ・ヴィッサーが野沢直子に見えてしまって・・・
Posted by 哀生龍 at 2015年06月09日 22:38
こんばんは。
面白かったですね。
チャッピーの可愛さに楽しんでおりましたが、テーマはなかなか深いものが...
というかラストにはびっくりしました。

日本の修正する所ってなんで?と思う所がありますね。
Posted by yukarin at 2015年06月10日 22:43
哀生龍さま、こんにちは〜♪
余命がバッテリー残量としてハッキリと視認もできて、常に意識させる上手い作りでもありましたねぇ。「じっくり時間とお金を掛ければ…」って、実際の子育てでも頭をよぎりますし。
>野沢直子に見えてしまって・・・
で、あの声ですからねぇ。
強烈極まりなし。
Posted by たお at 2015年06月12日 07:30
yukarin様、こんにちはー!
修正の問題は結構あちらこちらの国でもあることなので、最終的にソフトがちゃんとしてればまぁいいかなと。
ただ、吹替えで映画全体を破壊する行為だけは早急に何とかして欲しいですけど。
Posted by たお at 2015年06月12日 07:37
TBありがとうございます。
修正があったんですか?知らずに観ました。
「ニンジャ」や「テンション」といった日本関連の単語は、製作側というよりラッパーの人の趣味なんでしょうか?
魂(?)の移し替えが簡単すぎだな〜と思いました。
Posted by すぷーきー at 2015年06月15日 22:56
すぷーきー様、こんばんは!
>ラッパーの人の趣味なんでしょうか?
そうなんでしょうねぇ。
まぁ、なんか漢字の刺青入れて「なんかクールでしょ?」って程度の趣味って感じもしないでもないですが。
Posted by たお at 2015年06月17日 22:05
>「意識をコピーすればいいじゃん!」ってなる。
偉人の頭脳をインストゥールできないものかと考えたことがあります。少なくとも、父のもっている自分にない技能をコピーできたら良いのにと思ったりしますが、・・・。

Posted by iina at 2015年06月18日 09:35
iina様、こんにちは!
記憶をバックアップしていつでも閲覧できるってなら素敵だなぁとは思うんですけどねぇ。
如何せん忘れっぽいもんで^^;
Posted by たお at 2015年06月20日 06:25
私も精神派なので、言いたい事もわからないではないですが、あれは、ちょっと成長したくらいのロボットが出来るコピペではないですよね、魔法ともいえます
そこが難点だったなあ
ただチャッピーの可愛らしさで誤魔化されているけれど非常にブラックなものは感じましたよ!
でも「チキンなんて興味ないね」と悪ぶってる姿は愛らしいー!
Posted by maki at 2015年10月03日 10:40
maki様、こんばんは〜♪
現実的に考えると、「PS4繋いでスパコンになんの?」って感じもありましたが、魂ってのを(意外と本気で)物質的に考えてるってのが新鮮かつ衝撃的だったなぁと。
Posted by たお at 2015年10月05日 19:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

チャッピー ★★★★
Excerpt: 『第9地区』『エリジウム』の鬼才ニール・ブロムカンプが手掛けたSFアクション。人工知能を搭載したロボットのチャッピーが自身を誘拐したストリートギャングたちと奇妙な絆を育みながら、壮絶な戦いに巻き込まれ..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2015-05-30 22:11

チャッピー
Excerpt: これは非常に面白かった。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2015-06-02 00:06

AIの「命」って?〜「チャッピー」〜
Excerpt: AIが搭載されて、人でないものが自分の意思をもったとたんに限りなく人間に近づいていく。 ・・・ところが人の創りしものなんだけども頭がごっつええもんだから 最終的にはその先をいくのな。 ちょこっ..
Weblog: ペパーミントの魔術師
Tracked: 2015-06-02 10:26

[映画『チャッピー』を観た(寸評)]
Excerpt: ☆・・・これは、いい作品でした。 家族で観に行ってほしい。 超簡単に言うと、どんな環境で育てられても、例え、悪い親に育てられても、その親(この作品では、特に母親)の愛情をふんだんに注がれて成長する子供..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2015-06-05 12:53

「チャッピー」、人工知能を持ったロボットの活躍!
Excerpt: おすすめ度 ☆☆☆ ロボット好き ☆☆☆☆ 「第9地区」で衝撃のデビューを飾った、ニール・ブロムカンプ監督作品。 今回もロボットが主人公。 シャールト・コプリーのモーションピクチャーと声の可..
Weblog: ひろの映画日誌
Tracked: 2015-06-06 08:40

チャッピー
Excerpt:  人間とはなにか、根源的な問題をエンタメ作品でさらりと描かれ瞠目しました。死生観からかアメリカでは批評家から批判され、日本の客入りも今ひとつですが、急激に進化する現実のハイテクをみても、もっと評価され..
Weblog: 映画好きパパの鑑賞日記
Tracked: 2015-06-06 09:28

『チャッピー』 2015年5月11日 ソニー試写室
Excerpt: 『チャッピー』 を試写会で鑑賞しました。 子供には薦められないけど、大人にはお勧め 上映前に赤ペン瀧川先生による紹介があった。 おそらく映画.comでそのまま使われると思われるので気になった方は探し..
Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
Tracked: 2015-06-06 10:17

『チャッピー(CHAPPIE)』ニール・ブロムカンプ監督、デーヴ・パテル、シャールト・コプリー、ヒュー・ジャックマン、シガーニー・ウィーヴァー、他
Excerpt: 『チャッピー』CHAPPIE監督・脚本 : ニール・ブロムカンプ出演 : シャールト・コプリー、デヴ・パテルヒュー・ジャックマン、シガーニー・ウィーヴァーディー・アントワード(ニンジャ、ヨーランディ)..
Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA
Tracked: 2015-06-06 10:46

劇場鑑賞「チャッピー」
Excerpt: 成長するロボット… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201505230000/ ★初版★数..
Weblog: 日々“是”精進! ver.F
Tracked: 2015-06-06 13:51

チャッピー
Excerpt: 評価:★★★★【4点】(05+10) ニール・ブロムカンプ監督の感性はワタシ好み(笑)
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2015-06-06 14:48

チャッピー/CHAPPIE
Excerpt: 「第9地区」「エリジウム」のニール・ブロムカンプ監督の3作目。 警察の戦闘用に開発された人工搭載の学習型ロボット“チャッピー” たまたまギャングに育..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2015-06-07 00:48

映画「チャッピー」 感想と採点 ※ネタバレなし
Excerpt: 映画 『チャッピー』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー ..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2015-06-07 06:00

チャッピー / Chappie
Excerpt: 『第9地区 / District 9』、『エリジウム / Elysium』の、ニール・ブロムカンプの作品。 ニール・ブロムカンプ監督の作品は、『第9地区』も『エリジウム』も、SFを舞台にしながらも、..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2015-06-07 15:01

『チャッピー』
Excerpt: さて、昨日は『チャッピー』を観てきました 予告編などなど、SFだったりヤンキー集団が出てきたり、と普段のウチじゃかなりの確実で手を出さないタイプの映画なのですがいかんせんヒュー様が出ている(しか..
Weblog: My Pace, My Self
Tracked: 2015-06-07 15:11

チャッピー  監督/ニール・ブロムカンプ
Excerpt: 【出演】  デヴ・パテル  シャールト・コプリー  ヒュー・ジャックマン  シガニー・ウィーヴァー 【ストーリー】 2016年、南アフリカ。ディオンは、世界初の自身で感じ、考え、成長することができる..
Weblog: 西京極 紫の館
Tracked: 2015-06-07 18:46

『チャッピー』
Excerpt: 2016年.犯罪多発都市、南アフリカ・ヨハネスブルグ。ロボット開発者のディオン(デーヴ・パテル)は、学習機能を備えたAI(人工知能)を搭載した世界でただ一体のロボットを極秘で製作。&ldquo..
Weblog: beatitude
Tracked: 2015-06-08 01:56

劇場で見たが感想を書くのをサボった3作
Excerpt: 5/23、24で見たのだが、諸々の理由&事情により、感想を書くのをサボってしまった。 今週中には書こう書こうと思いつつ、諦めた。
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2015-06-09 22:40

チャッピー
Excerpt: 【CHAPPIE】 2015/05/23公開 アメリカ/メキシコ/南アフリカ PG12 120分監督:ニール・ブロムカンプ出演:シャールト・コプリー、デヴ・パテル、ヒュー・ジャックマン、ニンジャ、ヨ=..
Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
Tracked: 2015-06-10 22:37

『チャッピー』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「チャッピー」□監督・脚本 ニール・ブロムカンプ□キャスト シャルト・コプリー、デブ・パテル、ニンジャ、シガニー・ウィーバー、       ヒュー・ジャックマン、ヨー..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2015-06-14 09:18

「チャッピー」
Excerpt: 人口知能を持ったロボットの映画、っつことで面白そう!と思ってました 「第9地区」の監督さん  期待も高まります いや〜 涙が出ましたよ〜 まだ子供のチャッピーが酷い目に遭うところなんか..
Weblog: ゆっくり歩こ。
Tracked: 2015-06-15 16:06

チャッピー
Excerpt: ★ネタバレ注意★  ニール・ブロンカンプ監督作品。  なにしろヒュー・ジャックマンの出演作でもあるので、テンションのジャージはいて マックスで劇場に繰り出したというのに、あんまりのれなくて..
Weblog: キノ2
Tracked: 2015-06-15 21:26

チャッピー。
Excerpt: 『チャッピー』を観に行ってきました。 ほんのちょっと未来の話。 ニール・ブロムカンプ監督作品には、シャールト・コプリー。 今回はチャッピーを演じている。 原題は『 CHA..
Weblog: すぷのたわごと。
Tracked: 2015-06-15 22:57

チャッピー [Chappie] (2015 USA PG12)
Excerpt: 「第9地区」で鮮烈な監督デビューを飾ったニール・ブロンカンプの最新作は、再び母国=南アフリカを舞台に、「A.I.」(Artificial Intelligence=人工知能)の未来を斬新な発想で映像化..
Weblog: エンタメ ウェブロッジ SunHero
Tracked: 2015-06-15 23:58

チャッピーよ、頑張れ!
Excerpt: 6日のことですが、映画「チャッピー」を鑑賞しました。 2016年 南アフリカ。ディオンは世界初 自身で考え 成長するロボット チャッピーを開発するがストリートギャングにチャッピーごと誘拐されてしまう..
Weblog: 笑う社会人の生活
Tracked: 2015-06-16 08:44

チャッピー
Excerpt: 2016年、南アフリカの犯罪多発都市ヨハネスブルグでは、テトラバール社の開発した警察ロボットが配備されて注目を集めていた。 ロボット開発者のエンジニアであるディオン(デヴ・パテル)は、世界初とな..
Weblog: 心のままに映画の風景
Tracked: 2015-06-17 15:48

チャッピー
Excerpt: 独特な終末観で、今一番新作ごとに楽しみな、ニール・ブロムカンプ監督最新作『チャッピー』を観てきました。 ★★★★★ 『ショート・サーキット』や、『WALL・E』のように、「ロボットが意識を持ったら?..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2015-06-19 01:01

チャッピー
Excerpt: もしかすると、これこそが不老不死? * * * * * * * * * * 自分の意志を持ち、考え、感じるロボット。 私にとってその原型はやはり「鉄腕アトム」なのですが、 本作も、愛すべきロボ..
Weblog: 映画と本の『たんぽぽ館』
Tracked: 2015-06-19 20:38

『チャッピー』
Excerpt: (原題:Chappie) ※注意:人によってはネタバレと感じるかも。 映画をご覧になってから読まれることをお勧めします。 ----チャッピーってかわいい名前だよね。 アニメのキャラみたい。..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2015-06-23 13:55

チャッピー 【劇場で鑑賞】
Excerpt: 『第9地区』、『エリジウム』で知られるニール・ ブロムカンプ監督の新作SFアクション映画『チャッピー』 が公開されましたので観に行ってきました。 チャッピー 原題:CHAPPIE 製作:20..
Weblog: 映画B-ブログ
Tracked: 2015-07-08 18:40

チャッピー
Excerpt: チャッピー '15:メキシコ+米 ◆原題:CHAPPIE ◆監督:ニール・ブロムカンプ「第9地区」 ◆出演:シャルト・コプリー、デーヴ・パテル、ニンジャ、ヨーランディ・ヴィザー、ホセ・..
Weblog: C'est joli〜ここちいい毎日を♪〜
Tracked: 2015-07-14 22:29

チャッピー
Excerpt: CHAPPIE 2015年 アメリカ/メキシコ/南アフリカ 120分 アクション/SF PG12 劇場公開(2015/05/23) 監督: ニール・ブロムカンプ 『エリジウム』 製作: ニール・..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2015-09-25 22:17

CHAPPIE/チャッピー
Excerpt: 【概略】 2016年―犯罪多発地区、南アフリカ ヨハネスブルグに世界で唯一の“感じ、考え、成長する”AI(人工知能)を搭載したロボットが誕生。彼の名はチャッピー。起動したばかりのチャッピーは真っ新で..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2015-10-03 10:38

『チャッピー』
Excerpt: JUGEMテーマ:映画 制作年:2015年  上映メディア:劇場公開  制作国:アメリカ  上映時間:120分  原題:CHAPPIE  配給:ソニー・ピクチャーズ  監督:ニール・ブ..
Weblog: La.La.La
Tracked: 2015-11-08 17:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。