2015年04月17日

ジャッジ・ドレッド (Dredd)

監督 ピート・トラヴィス 主演 カール・アーバン
2012年 アメリカ/イギリス/インド/南アフリカ映画 95分 アクション 採点★★★

相変わらずリメイクやらリブートやらが盛んでございますねぇ。まぁ、最近は前回の反省を活かしてオリジナルよりちょい面白くなってたりするので、「オリジナルが一番!」と言い張るつもりはなし。ただ、良い意味でも悪い意味でも最初の演者のイメージが強過ぎちゃったりもするんで、いくら新しい方のが面白くても微妙な居心地の悪さってのも感じるんですよねぇ。「あ、そうだ。クリストファー・リーヴじゃねぇんだ。」みたいな。

dred03.jpg

【ストーリー】
核戦争により荒廃したアメリカ最大の都市“メガシティ1”。8億もの人間で溢れかえったその街では犯罪が多発していたが、秩序は警察と司法の権限を持ち、その場で刑も執行する“ジャッジ”らによって辛うじて守られていた。そのジャッジの中でもずば抜けた能力を持つドレッドは、新人女性ジャッジのアンダーソンと共に高層マンションで起きた殺人事件の捜査に向かうのだが、そこは冷酷な女ギャング“ママ”によって支配されており…。

dred02.jpg

イギリスの人気コミックを、『バンテージ・ポイント』のピート・トラヴィスが映像化したバイオレンスアクション。脚本には『28日後...』のアレックス・ガーランドが。
サイズが合ってるようには思えない小さめのヘルメットに、スタローンの顔がみっちみちに詰まってた『ジャッジ・ドレッド』しか知らないのでどの程度原作に忠実なのかは見当つきませんが、そんなドレッド素人の私にも存分に楽しめた本作。
確かに“警察が司法を通さず刑を執行する”という現実にあったら最も恐ろしい問題点には触れられてはいないし、『ロボコップ』的世界で『ザ・レイド』のようなヤクザマンションに閉じ込められるという、なんか見覚えだけで出来ている印象も拭えないんですけど、予想以上に激しい暴力描写と美しくさえあるスローモーションが織り成すスタイリッシュな映像や、限定空間での一直線な物語が生み出すスピード感がそれらを相殺。ミュータント化によるマインドリーディング能力ってのも、やや一辺倒な物語に程よいスパイスを。

dred04.jpg

ドレッドに扮したのは『リディック:ギャラクシー・バトル』のカール・アーバン。濃い顔立ちなのに他の役者に食われてしまう微妙な存在感の持ち主だけに、ヘルメットを被りっ放しのドレッド役に若干の不安がありましたが、原作のモデルともなったダーティ・ハリーのイーストウッドばりにひしゃげた口元とドスの利いた声色で熱演。ただまぁ、ドレッドが“融通の利かないタフな人”って以外は分からない作品だったせいもあるんですけど、ジャッジ同士の争いになるともう誰が誰だか分からなくなってしまう、いつものアーバンらしい微妙な存在感であったとも。
そんな途中で役者が替わっててもすぐには気づかなそうなドレッドではありましたが、凛々しく美しい顔を汚しまくってギャング役を熱演した『300 <スリーハンドレッド>』のレナ・ヘディや、新米ジャッジに扮した『ユナイテッド93』のオリヴィア・サールビー、ドレッドの乗るバイク“ロウマスター”のカッコ良さはなかなか。特に、『ロボコップ』におけるナンシー・アレン的ポジションであったオリヴィア・サールビーの、古い例えでアレですけどシンシア・ギブを髣髴させる可愛らしさが印象的。まぁ、「カワイイ!好み!」と思って画像検索してみたら、なんか魚類な感じの画像ばかりでガッカリしちゃったんですけどね。

dred01.jpg
ジャッジの選択画面

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気ブログをblogramで分析   

        

        



posted by たお at 09:51 | Comment(2) | TrackBack(12) | 前にも観たアレ■さ行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>原作のモデルともなったダーティ・ハリーのイーストウッドばりに
それは知りませんでした!
あの渋い表情は、彼を目指していたのですね。

>ジャッジの選択画面
( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
Posted by 哀生龍 at 2015年05月09日 14:03
哀生龍さま、こんばんは〜♪
私も調べてみて知っただけなんですけど、本人曰くはそれを目指したらしいですねぇ。
Posted by たお at 2015年05月13日 23:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ジャッジ・ドレッド
Excerpt: 近未来版「ザ・レイド」みたいな。 ドレッドは新人ジャッジ、アンダーソンと共に悪名高きギャング・ママ一味が支配する200階建高層ビルへと乗り込む。しかし、ママはビルを完全シャットダウンし、全住..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2015-04-17 18:50

ジャッジ・ドレッド
Excerpt: DREDD 3D 2012年 イギリス/南アフリカ 95分 SF/アクション R15+ 劇場公開(2013/02/16) 監督:ピート・トラヴィス『バンテージ・ポイント』 出演: カール・アーバ..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2015-04-19 14:43

ジャッジ・ドレッド3D ★★★.5
Excerpt: スペインのカルロス・エズキエラと「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の原作者ジョン・ワグナーが生み出したイギリス発の人気SFアクションコミック『ジャッジ・ドレッド』。秩序の番人ドレッドが正義を取り戻すた..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2015-04-20 17:39

ジャッジ・ドレッド
Excerpt: オリヴィア・サールビーに萌えた。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2015-04-24 23:06

『ジャッジ・ドレッド』 2013年2月5日 東商ホール
Excerpt: 『ジャッジ・ドレッド』 を試写会で鑑賞しました。 こういう映画は2Dで良いんじゃないの〜(3Dでは見てませんが、2DでOKそうでした) 【ストーリー】  毎分12件もの凶悪犯罪が発生するメガシティ..
Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
Tracked: 2015-05-06 13:31

ジャッジ・ドレッド(2012)
Excerpt: 【DREDD 3D】 2013/02/16公開 イギリス/南アフリカ R15+ 95分監督:ピート・トラヴィス出演:カール・アーバン、レナ・ヘディ、オリヴィア・サールビー、ウッド・ハリス、ドーナル・グ..
Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
Tracked: 2015-05-06 23:25

ジャッジ・ドレッド(2012)
Excerpt: 監督:ピート・トラヴィス 出演:カール・アーバン、レナ・ヘディ、オリヴィア・サールビー 【あらすじ】 毎分12件もの凶悪犯罪が発生するメガシティ・ワン。そこでは、陪審員、裁判官、刑執行全ての権限を..
Weblog: タケヤと愉快な仲間達
Tracked: 2015-05-07 06:34

ジャッジ・ドレッド
Excerpt: 核戦争で荒廃したアメリカには、8億人が暮らしている汚染地帯“メガシティ #1”がある。 治安が崩壊した街で秩序を守るために戦っているのは、陪審であり、執行人であり、判事でもある裁判所の人々。
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2015-05-09 13:52

ジャッジ・ドレッド
Excerpt: 『ジャッジ・ドレッド』 “DREDD 3D” (2012・イギリス=南アフリカ・1h35) 監督 : ピート・トラヴィス 出演 : カール・アーバン、オリヴィア・サールビー、レナ・ヘディ ..
Weblog: シリモンコンとナコントン
Tracked: 2015-05-10 07:29

ジャッジ・ドレッド
Excerpt: 近未来、核戦争後のアメリカでは、メガシティ・ワンと呼ばれる都市に8億人もの市民がひしめいていた。 崩壊寸前の治安を守っているのは、逮捕から刑の執行までをその場で行う権限を持つエリート司法官“ジャッジ”..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2015-05-16 02:33

「ジャッジ・ドレッド(2012)」 「北斗の拳」的な爽快感
Excerpt: スタローンが主演した1995年の「ジャッジ・ドレッド」はとっても残念な出来でした
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2015-05-16 08:02

ジャッジ・ドレッド
Excerpt: JUGEMテーマ:アクション映画全般 「ジャッジ・ドレッド」 原題:Dredd 監督:ピート・トラヴィス 2012年 イギリス=南アフリカ映画 95分 R15+ キャスト:カール..
Weblog: マープルのつぶやき
Tracked: 2015-06-29 10:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。