2015年03月06日

沈黙のSHINGEKI/進撃 (Gutshot Straight)

監督 ジャスティン・スティール 主演 ジョージ・イーズ
2014年 アメリカ映画 89分 サスペンス 採点★

予告編に騙され、ポスターに騙され、紛らわしいタイトルにまで騙されて。
最近はどうも無難な作品ばかりが氾濫しているぬるま湯状況に慣れすぎちゃってたのか、映画ってのはあの手この手で観客から金を毟り取ろうとする作り手と、「もう騙されるもんか!」って観客とのせめぎ合いだってのをちょいと忘れておりましたねぇ。いけないいけない。

gust03.jpg

【ストーリー】
ラスベガスでギャンブル三昧のジャック。ある日出会った謎の富豪ダフィーに誘われたジャックであったが、あるトラブルでダフィーを殺してしまう。ダフィーの兄ルイスからも無理難題を押し付けられてしまったジャックは、にっちもさっちも行かなくなり、已む無くセガールに泣きつくことに。

gust04.jpg

あれ?これ、セガールただのゲストじゃん。
“ギャンブル中毒が変わり者の金持ちに「女房と寝てるとこ見せてよー」と言われ断ったら面倒臭い事になる”ってプロット自体は悪くはないんですけど、展開がとにかくかったるい。車のエンジンひとつ掛けるシーンにしろ、金を借りるシーンにしろ「コレ、いつ終わるんだ?」ってほど長い。そんなんだから序盤20分位で済ませられそうなところが70分掛かり、残り10分少々で全て解決しなければならない破綻っぷりに。しかも、「まさか最後にセガール出てきてヨヨヨイノヨイって終わらせないよな?」と冗談半分に思ってたことが現実になってしまう、悪い意味で期待を裏切らない唖然展開。なんかもう、映画を撮るって名目でギャンブルしにベガスに行ってたんじゃないかと思えるほど、作品に誰もやる気が感じられない一本でしたねぇ。
でもまぁ、「ギャラ貰ってベガスに行けるよー!」って号令で集まったのか、『沈黙の断崖』のスティーヴン・ラングに『ヒルズ・ハブ・アイズ』のテッド・レヴィン、セガールのバーターって感じにもなってきた『沈黙の追撃』のヴィニー・ジョーンズや、手直しが過ぎたのか怪物みたいになっちゃってたウェインズ・ワールド』のティア・カレルといった、なんかこうガラの悪い顔ぶれが集まってたのが見所だったかと。
で、セガール。拘束期間が1日くらいだったのか、劇中4日ほどは経過してると思われるのにずーっと同じシャツを着て、基本座りっぱなしのとっても楽そうなお仕事っぷりでしたよ。楽に稼げて良かったね!

gust01.jpg
こういう老後の過ごし方ってのは、ある意味理想

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogramで人気ブログを分析   

        



posted by たお at 10:54 | Comment(0) | TrackBack(1) | 前にも観たアレ■た行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「沈黙のSHINGEKI/進撃」、スチーブンセガール主演と思ったが
Excerpt: おススメ度 ☆ 最近活劇に飢えていたせいか、ババをつかまされた。 「沈黙」とくればセガール。 ポスターには、ちゃんとセガールの顔が大きく。 だが、この映画でセガールは10分と出ていない。まして..
Weblog: ひろの映画日誌
Tracked: 2015-04-17 15:50
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。