2015年02月23日

スージー・アンド・ザ・バンシーズ/ラスト・ビート・オブ・マイ・ハート (Siouxsie And The Banshees / The Last Beat of My Heart)

“憧れ”やら“自己投影”やらを重要視しがちなんで、好きなアーティストのほとんどが男性な私。
そんな私でも、全アルバムをいまだに繰り返し聴きこむほど好きな唯一の女性アーティストがスージー&ザ・バンシーズ。彼らが作り出す音世界が大好きだってのももちろんなんですが、スージー・スーの退廃的で耽美的で、近くに居たらとっても面倒くさそうなんだけど離れられない、そんな抗うことを許さない魅力が堪らないんですよねぇ。

そんな彼らが、活動後期の1988年に発表したアルバム『ピープ・ショー』に収められている曲をペタリと。
突如美人モードに覚醒したスージーが、珍しく最後の最後までしっとりと歌い上げる美しい曲調と映像がお気に入りの一本。そういえば去年このアルバムのリマスター版が発売されましたけど、なにやらトラックの切替ミスがあるようで。「修正したよー!」って情報があれば買い直そうかと。

【Siouxsie And The Banshees - The Last Beat of My Heart】


↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogramのブログランキング   

        



タグ:音楽
posted by たお at 09:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック