2015年02月14日

わたしは生きていける (How I Live Now)

監督 ケヴィン・マクドナルド 主演 シアーシャ・ローナン
2013年 イギリス映画 101分 ドラマ 採点★★★

好きな人に会いに行くのって、全く苦にならないですよねぇ。どれだけ遠かろうが、どれだけ時間が掛かろうが苦にならない。早起きして行こうが、徹夜して行こうが苦にならない。嫌いな人に会うのは、それが隣の部屋であろうと辛いだけなのに。「それが愛の力っすね!」と、なんかバレンタインっぽいことを言ってみた。

hiln01.jpg

【ストーリー】
叔母のもとでひと夏を過ごすために、ニューヨークから単身イギリスへとやって来た16歳のデイジー。生まれた時に母親を亡くし、父親とも上手くいっていない彼女の心は荒んでいたが、自然の中でのびのびと暮らす従兄弟たちと過ごす内に彼女の心も和らいでいく。いつしか長兄エディと恋に落ちていくデイジーであったが、そんな折にロンドンでテロリストによる核攻撃が発生する。戒厳令が敷かれ離れ離れとなってしまったデイジーとエディだったが…。

hiln02.jpg

メグ・ローゾフによる同名小説を、『ラストキング・オブ・スコットランド』『運命を分けたザイル』のケヴィン・マクドナルドが映像化した青春ドラマ。
大人の都合の押し付けでしかない家庭環境や社会のルール、そしてその究極形である戦争。そんな大人の都合に振り回される子供たちの姿を、幼いゆえの限られた見識と視野で描いた本作。置かれた状況に対し苛立つ事でしか意思を表示できず、押し潰されそうな身と心を独自のサバイブ方で乗り切ろうとする様を、転げ落ちるように恋に落ち、盲目的になる姿を居心地の悪さを感じてしまうほど瑞々しく、時に青臭く描いている。
ただ、なにか色々と語りかけてくるのだが、それが何を言ってるのかなかなか伝わってこないって難点も。「愛してるわー」「あなたなしでは生きてけなーい」と連呼している以外に何か大切なことを言ってる気がするのだが、それが非常にぼんやり。壁となる大人の存在が主人公らの傍にいれば、それが比較となり子供たちの主張がより明確に伝わったのかも知れないが、状況を作る装置でしかなかった核爆発やテロリストと同様、時々出てくる障害物にしかなっていなかったってのが、愛の暴走話って印象を強めてしまったのかなぁとも。

hiln04.jpg

主人公のデイジーに扮したのは、『ビザンチウム』『天使の処刑人 バイオレット&デイジー』のシアーシャ・ローナン。どうも最近サブタレが“週刊シアーシャ”化してる気がしないでもないですが、今一番のお気に入り&新作が立て続けに出てるんだから仕方なし。ある程度観るもの観たら、いつもの“月刊セガール”とか“月刊トムちん”に戻りますのでご容赦を。
で、今週のシアーシャ。脱色髪にピアスという、絵に描いたようなグレ娘姿で登場し驚かせてくれますが、程なくモサっとしたセーターにパジャマズボンといういつもの姿に戻るので一安心。透明感溢れる顔立ちとは裏腹に今回も思う存分汚されてしまうのは、やはり撮り手を狂わせる魔性の力ゆえかと。正直なところ、「愛がー!愛はー!愛のー!」とばっか言ってた印象しかない作品だったので然程触れる話題もないんですが、劇中の鷹を放つシーンでの破壊力抜群の笑顔に私は痛恨の一撃を食らってしまったので、そこに★ひとつオマケ。
ちなみに、そんなシアーシャに殺されるオッサン役でお父さんのポール・ローナンが出てましたよ。しかしまぁ、娘との映画初共演での役柄が娘に殺される役って、ずいぶんと変わった形の子煩悩っぷりですこと。

hiln03.jpg
下手に引篭もられるよりは、グレて意思表示してくれた方が親としては安心

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogramのブログランキング   

        

        



posted by たお at 10:17 | Comment(2) | TrackBack(5) | 前にも観たアレ■わ行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ〜、あれ、お父さんだったのですか!
ってよく、覚えてませんが。
こんだけ美人なのに、いろんな役をせっせっとやる姿は、半端ないなあと、敬服しております。
映画は結構好きなタイプでしたわ。
大人不在の話もいいなあ、と。
Posted by sakurai at 2015年03月12日 10:14
sakurai様、こんにちは!
>大人不在の話もいいなあ
重要なポジションに大人が居座るとテーマや雰囲気からずれるのでいらないんですけど、『若き勇者たち』のパイロット並のポジションでいてくれたらなぁと。随分と古い例えでアレですが^^;
Posted by たお at 2015年03月15日 06:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

わたしは生きていける★★★.5
Excerpt: メグ・ローゾフのベストセラー小説を基にした、異色の青春ドラマ。テロリストによる核爆発と第3次世界大戦によって混乱するイギリスを舞台に、16歳の少女が織り成す決死のサバイバルをいとことの恋を交えながら映..
Weblog: パピとママ映画のblog
Tracked: 2015-02-21 22:50

ショートレビュー「わたしは生きていける・・・・・評価額1600円」
Excerpt: これが、わたしの生きる道。 類似する作品が思い当たらない、非常にユニークな佳作だ。
 シアーシャ・ローナン演じる心に傷を抱えた少女が、突如勃発した核戦争の中、愛する少年の待つ家を目指すサバイバ..
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2015-03-01 16:43

わたしは生きていける
Excerpt: 自立して“生きていける” * * * * * * * * * * 出生時に母親を亡くしたアメリカの少女デイジー(シアーシャ・ローナン)。 イギリスの叔母やいとこ達と一夏を過ごすために、単身イギ..
Weblog: 映画と本の『たんぽぽ館』
Tracked: 2015-03-01 20:17

わたしは生きていける
Excerpt: 妙に現実的であり、まったくファンタジーみたいな、微妙感が漂う。
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2015-03-12 10:15

わたしは生きていける
Excerpt: ■ ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞わたしは生きていける/HOW I LIVE NOW 2013年/イギリス/101分 監督: ケヴィン・マクドナルド 出演: シアーシャ・ローナン/ジョージ..
Weblog: 映画三昧、活字中毒
Tracked: 2015-03-12 20:36
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。