2007年05月01日

カクタス・ジャック (Matando Cabos)

監督 アレファンドロ・ロサーノ 主演 トニー・ダルトン
2004年 メキシコ映画 98分 サスペンス 採点★★★★

つまらない映画もそうなんですが、あまりに面白すぎる映画っても、どう書いていいのやら分からなくなってしまいますねぇ。

【ストーリー】
ひょんなことから街の支配者カボスを気絶させてしまったジャックは、友人のムドと一緒にいつの間にか下着姿になっているカボスを車のトランクへ。一方、カボスに恨みを持っていた掃除人のチーノは気絶しているカボスを発見し、カボスのスーツやら時計やらを奪いカボスになりきり地下の駐車場へ。そこへ、父チーノの恨みを晴らすべくチーノの息子ボッチャがカボスを誘拐する為に現れ、カボスの格好をしたチーノを誘拐してしまい…。

maca2.jpg

もがけばもがくほど事態がドロ沼化していく男達の姿を描いた犯罪コメディ。
まるで地雷原を裸足で猛ダッシュするかのように次々と予想外の展開をし、終盤になってようやく見えてきた着地点に軟着陸するわけでもなく猛スピードで突っ込み、さらにワンバウンドしてもっと遠くに行ってしまうストーリー展開に、まず脱帽。合間合間に挟まれる分かり易過ぎる回想シーンや、メキシコ名産のサント映画を使った遊び、音楽なども生理的快感すら感じるほどテンポや間が見事で、ヌケた犯罪コメディーかと思わせておきながら、カーアクションや暴力シーンは随所随所でビシリとキメるメリハリの良さも観ていて気持ちがいい。若い監督と俳優が集まって「スッゲー面白いメキシコ映画を作ったる!!」という意気込みがギューギューに詰まった一本。面白さがあんまりにも詰まっているので、鑑賞後はゲッソリと疲れましたが。陳腐な言い方ではあるが、タランティーノに衝撃を受けた若い世代が、その衝撃をしっかりと自分の中に消化し、呪縛から解き放たれて自らのスタイルで映画を作り始めたのを実感した一本でも。

maca3.jpg

脚本も担当したトニー・ダルトンとクリストフが演じるジャックとムドがとりあえず本作の主人公ではあるのだが、脇を固める顔ぶれが彼ら以上にイイ顔揃いなのも本作の特徴。中でも“人食い”の異名を持つ用心棒トニーは素晴らし過ぎで、人よりも随分と地面に近い大きさとギザギザの歯、マッチョで無表情という見た目のインパクトだけでも一瞬たりとも目が離せない存在感。しかも、逃げる際に発する声はやっぱり「イー!」という芸の細かさも見事
イイ顔をした連中を観ているだけでも幸せなのに、登場する女性陣も揃いも揃って美人ばかり。「メキシコはいい所だよー」と宣伝されているようでウッカリ行きたくなるが、「でも、たまに誘拐されたり顔を鉄板で焼かれたりもするよー」と念も押されるので、さてどうしよう。

maca1.jpg
一事が万事紙一重

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気blogランキングへ

        


posted by たお at 23:35 | Comment(4) | TrackBack(14) | 前にも観たアレ■か行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。TBありがとうございます。
展開が巧かったですねぇ。
脇役の個性豊かなキャラ達についつい目がいってしまいました。
Posted by もじゃ at 2007年05月07日 00:23
いやあ、これ最高でしたよねえ♪
もう、思い出し笑いしちゃますよ、本当。
ああ、メキシコ最高。アホ面で楽しかったと言える今作でしたね。
私の去年のベスト1でした♪
Posted by とらねこ at 2007年05月08日 01:17
もじゃ様こんにちは!
脚本も見た目も、序盤から目を奪われっぱなしの作品でしたねぇ^^
Posted by たお at 2007年05月08日 15:40
とらねこ様こんにちは!
映画的面白さと快感に満ち溢れた作品でしたねぇ。確かにずば抜けた面白さでした!今のところ私も本年度ベストに推せますね^^
Posted by たお at 2007年05月08日 15:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『カクタス・ジャック』
Excerpt: 「いやあ、これはおススメだね。 やはり映画は観てみないと分からない 」 ----確かメキシコ映画だよね。 印刷物を見ると、あまりきれいじゃなさそうだけど。 「そうなんだよね。 このビジュアルだと、 数..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2007-05-04 11:40

そして夜は走り出す
Excerpt: 160「カクタス・ジャック」(メキシコ)  独裁者の社長カボスの娘と付き合っているジャックが社長の部屋を訪ねると、カボスはひょんなことから転倒、頭を打って気を失う。助けを借りようと友人のジノを呼びに..
Weblog: CINECHANの映画感想
Tracked: 2007-05-04 13:04

『カクタス・ジャック』
Excerpt: 小気味よくって面白かったー。 街を牛耳る実業家カボスの娘とつき合っているジャックは、ひょんなアクシデントで気絶した下着姿のカボスをどうにかしなけらばならなくなり・・・。サンダンス映画祭に出品され..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2007-05-04 16:26

カクタス・ジャック
Excerpt: 街の大物で独裁的な力を持つカボス。ひょんなことから、気を失ったカボスを抱え込んでしまった二人組みとカボスの誘拐を企んだグループ。それぞれの思い込み、勘違い、偶発的な事故...などが複雑に絡み合い、どん..
Weblog: 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜
Tracked: 2007-05-05 00:40

カクタス・ジャック
Excerpt: 「カクタス・ジャック」 CACTUS JACK/製作:2004年、メキシコ 10
Weblog: 映画通の部屋
Tracked: 2007-05-05 10:10

カクタス・ジャック
Excerpt: 青年ジャック(トニー・ダルトン)は、勤務先のオーナーであり、街を牛耳っている暗黒
Weblog: 大発狂!マッドシネマ-映画天国-
Tracked: 2007-05-05 17:59

カクタス・ジャック。
Excerpt:  アレファンドロ・ロサーノ監督作、『カクタス・ジャック』、DVDにて鑑賞。  Amazon.co.jpの商品説明にはこうあります。 「メキシコで5人に1人が観て大ヒットを記録し、タランティーノにオ..
Weblog: この世界の憂鬱と気紛れ
Tracked: 2007-05-06 21:48

【 カクタス・ジャック 】
Excerpt: 恋人の父親である街の権力者を車のトランクに乗せて連れ回すはめになった青年達を描いたクライム・コメディ。 ストーリー展開が巧いです。先がどうなるか気になって気になって。ブラックな笑いもあるし、クラ..
Weblog: もじゃ映画メモメモ
Tracked: 2007-05-07 00:20

74.カクタス・ジャック
Excerpt: メキシコシティで5人に一人が見たというフレコミの、本国では大人気の映画♪ スタイリッシュなサスペンスなのに、かなりのオバカなお笑いテイストが盛りだくさん! B級好きで、コメディ好きの人にはきっとツ..
Weblog: レザボアCATs
Tracked: 2007-05-08 01:24

カクタス・ジャック☆独り言
Excerpt: レイトショー展開なのが、すっごく勿体無い!!!『カクタス・ジャック』観てきました。ラムの大通りのえいさんから、以前薦められ観る前は、なんとなく『ロックストックスモーキングバレルズ』とか『黒猫白猫』のイ..
Weblog: 黒猫のうたた寝
Tracked: 2007-05-08 13:40

真・映画日記『カクタス・ジャック』
Excerpt: 7月9日(月)◆496日目◆ 終業後、微妙に間に合わないのでまっすぐに帰宅。 午後10時過ぎから日曜に録画した「パパと娘の7日間」を見る。(別枠にて) その後、メキシコ映画『カクタス..
Weblog:           
Tracked: 2007-07-11 22:47

カクタス・ジャック
Excerpt:    この話は、中国人コックの話に始まり、中国人コックの話で終わる!?  ジャック(トニー・ダルトン)が、恐るべき伝説を持つ街のボス、カボス(ペドロ・アルメンダリス)の..
Weblog: とにかく、映画好きなもので。
Tracked: 2007-07-21 01:57

カクタス・ジャック
Excerpt: 思わずニヤケてしまう予定調和、上等! カクタス・ジャックposted with amazlet on 07.11.09エイベックス・マーケティング (2007/04/25)売り上げランキング: ..
Weblog: ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!
Tracked: 2007-11-09 09:32

カクタス・ジャック
Excerpt: オフィシャルサイト 2004 メキシコ 監督:アレファンドロ・ロサーノ 出演:トニー・ダルトン/クリストフ/アナ・クラウディア・タランコン/ペドロ・アルメンダリス・Jr ストーリー..
Weblog: SSKS*
Tracked: 2008-04-09 21:17