2007年04月16日

80デイズ (Around The World In 80 Days)

監督 フランク・コラチ 主演 ジャッキー・チェン
2004年 アメリカ映画 121分 アドベンチャー 採点★★★★

末っ子かつB型という典型的なゴクツブシである私は、集団行動が全く出来ない特技が。“特技”とは言わないですねぇ。さておき、他人にアレコレ言われて行動するのが大の苦手なもんで、集団でウロウロするパック旅行なんて出来るわけもなく、瞬く間にはぐれること請け合い。旅行をするなら特に行き先も決めずにジックリと自分のペースで動きたいものなんですが、同行する人は辛いでしょうねぇ。

80d6.jpg

【ストーリー】
19世紀末のロンドン。変わった発明ばかりしている発明家のフォッグは、権威ばかりを振りかざす王立科学アカデミーの長官ケルヴィン卿に反発し、その座を賭け“80日間で世界一周”を成功させる宣言をする。そんな中、ひょうんなことからフォッグの使用人となり旅に同行することとなってしまった中国人のパスパルトゥーには、ある秘密があり…。

80d4.jpg

言わずと知れた『80日間世界一周』を、スキモノには堪らない豪華キャストでリメイクした一本。
やけにこじんまりとした舞台と、思いのほかすんなりと進んでしまう“世界一周”に肩透かしを食らうものの、各エピソードで繰り広げられる程良くくだらないギャグと、ジャッキー自身が監修するストーリーを止める事のないアクションのレベルはさり気なく高く、ハリウッドに渡ってから本人以上にファンが拒絶反応を起こした一連のハリウッドジャッキー映画の中では、最もジャッキーらしさが出た作品。“女装”と“パンツ一丁”という、ジャッキー映画の最も重要な要素を忘れていませんし。確かにアクションコメディで120分というのは幾分冗長な感もあるが、中国を舞台にしてからはまるっきり違う映画のようになってしまうので、これといって飽きもしない。
ジャッキーに乗っ取られた感もある本作だが、『もしも昨日が選べたら』や『ウェディング・シンガー』などのアダム・サンドラー映画が有名なフランク・コラチの“場を和ませる”特技があったからこそ、全体が破綻しない結果になったのではと。まぁ、あんまり我が強い監督だと、ジャッキーを相手に辛い思いをするだけなんでしょうが。

80d5.jpg

主人公の座をアッサリとジャッキーに奪われはしたものの、時折アラン・リックマンを思わせる語り口で隙さえあれば前へ出てくるスティーヴ・クーガン。『ナイト ミュージアム』でちっちゃいオーウェン相手に全くひけをとらなかった存在感を、今回はジャッキー相手に存分と。
ハイテンション』のセシル・ドゥ・フランスは、髪型とメイクのせいか、コッソリとアークエット家に混じっててもバレそうにないほどパトリシア風に。隙っ歯がセシルで乱杭歯がパトリシアと見分けることに。全く外国の名前に詳しくないのでアレなのだが、セシル・ドゥ・フランスの名前って、“日本花子”みたいなものなんでしょうか?まぁ、ベルギー人なんですが。

80d1.jpg

で、本作最大の見所はもちろんスキモノには堪らない豪華な顔ぶれ。一般的には筋肉知事の出演に話題が集中してしまった感もあったが、肝心の筋肉知事が出演するエピソードには隙っ歯が二人並んでお風呂に入っているシーン以外に見所がなく、これといって面白いエピソードでも。しかし、それ以外の顔ぶれにはジャッキーと並んでいるだけでも嬉しくてダダ漏れになる面子が勢揃いで、もうどこから手を付けたらいいのか分からなくなってしまうほど。特に香港勢の顔ぶれは見事なもので、キャラクター的にも最大の大物であるウォン・フェイフォン役に『SPL/狼よ静かに死ね』のサモ・ハン、見事な英語を披露する『エンター・ザ・フェニックス』のカレン・モク、『ドラゴン・プロジェクト』の次世代ジャッキーのダニエル・ウー、『M:i:III』のマギー・Qら、彼らだけで一本観たくなる顔ぶれ。それだけに止まらず、ヴァージン総帥やメイシー・グレイ、パンクラスで活躍した謙吾など、瞬きしただけで見逃してしまいそうな短い登場時間のキャラクターにまで驚きの顔ぶれが。
扱いが『ロビン・フッド』のショーン・コネリーと然程変わらないキャシー・ベイツや、どうせならシリー・ウォークをやって欲しかった『ワンダとダイヤと優しい奴ら』のジョン・クリーズら大物に混じって、お待ちかねのオーウェン&ルーク・ウィルソン兄弟の登場なのだが、ある意味出て当然の顔が出て当然の場所にありがちな役柄で登場するので、「キャー!オーウェーーーーン!!!」ってまではならず。いやいや、もちろん可愛かったですよ、オーウェンもルークも。そんなウィルソン兄弟以上のインパクトを持って登場するのが、『がんばれ!ベンチウォーマーズ』のロブ・シュナイダー。もちろんフランク・コラチ/アダム・サンドラー繋がりでの登板なのだろうが、短い時間ながらその芸風のあまりの濃さに、そのシーンだけで一気に疲れ果てることこの上なし

80d2.jpg
記憶に80日間留まる様な映画ではありませんが

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気blogランキングへ

        

        
posted by たお at 15:53 | Comment(4) | TrackBack(14) | 前にも観たアレ■あ行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます♪

たおさんはかなり高評価なのね〜
と思いながらレビューを読んでいたら…、

>記憶に80日間留まる様な映画ではありませんが

笑ってしまいました(*^_^*)
★4点でも記憶に残らないあたり、さすがジャッキーですね。
Posted by 奈緒子 at 2007年04月25日 14:31
奈緒子さまこんにちは!
まぁ、映画としてどーのこーのってよりは、お祭りのような楽しさがあったんでこの評価で^^
ケチをつければ果てしなくつけれるんですが、流れに身を任せて楽しんだ方が得ですしねぇ。
既に忘れ始めてますが^^;
Posted by たお at 2007年04月26日 08:33
こんにちわ!
ウィルソン兄弟目的というちょっと邪まな鑑賞をしたせいで、
全部の豪華キャストを堪能しきれてないような気が(汗汗
ジャッキー映画楽しくて大好きなのに、
80日すら記憶が・・・・(汗
そのおかげで、再鑑賞してもまた楽しく見れるのか!
…とプラスに考えておきますw
Posted by PINOKIO at 2007年05月23日 10:50
PINOKIO様こんにちは〜♪
ウィルソン兄弟は出るべき場所に当然のように出てくるので充分に構えが出来ていたんですが、ロブにはやられましたw
まぁ、来週くらいにはすっかり忘れてしまいそうな作品ですが。。。
Posted by たお at 2007年05月23日 16:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38904309

この記事へのトラックバック

映画『80デイズ』
Excerpt: 原題:Around the World in 80 Days 舞台は19世紀末英国ロンドン。ラウ・シン(ジャッキー・チェン)、フィリアス・フォッグ(スティーヴ・クーガン)、モニク(セ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2007-04-18 00:20

80デイズ 今年の109本目
Excerpt: 80デイズ   ジュール・ベルヌ、、子供の頃に、必ず触れた名前。 ぁ、最近は、、、もう古典も古典、時代遅れかしら? 80日間世界一周 、こんなのもありました。 &nbsp..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2007-04-22 02:27

映画評「80デイズ」
Excerpt: ☆☆★(5点/10点満点中) 2004年アメリカ映画 監督フランク・ゴラチ ネタバレあり
Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
Tracked: 2007-04-23 15:00

80デイズ
Excerpt: ジュール・ヴェルヌの冒険小説を当時のオールターキャストで映画化した56年の「80日間世界一周」をジャッキー・チェン主演でリメイクしたアドベンチャー・コメディ。共演はスティーヴ・クーガン。監督は「ウェデ..
Weblog: Extremelife
Tracked: 2007-04-23 15:46

80デイズ
Excerpt: 80デイズを見ましたが、、、、 感想は? うーん。どうでしょう。 ジャッキー・チェンは相変わらず軽妙だし、アクションもまだまだいける。 サモ・ハン・キンポーも出てる。(変なちょんまげで) 1..
Weblog: ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
Tracked: 2007-04-23 16:46

80デイズ
Excerpt:  トルコの王子シュワちゃん!一番笑えたよ。しかし、なんと言っても、吹替版の原田泰三は最悪だ。
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2007-04-24 01:11

80デイズ
Excerpt: 映画「80デイズ」の感想です
Weblog: ジャスの部屋 -映画とゲーム-
Tracked: 2007-04-24 14:05

80デイズ
Excerpt: 私の大好きな、ジュール・ヴェルヌの『80日間世界一周』を 大好きなジャッキーがリメイクしたってことですごい期待していました。 のに、ただのドタバタコメディでした(*_*) 世界各国をめぐる映画ならで..
Weblog: まるっと映画話
Tracked: 2007-04-25 14:27

80デイズ
Excerpt:  19世紀末、ロンドン。、時代は科学、そして変わろうとしてた。ジュール・ベルヌ原作の「80日間世界一周」の映画化。 物語の中には実在した人物じたいや名前がちらほら出てくるのだ。 物語が進んでいくさ..
Weblog: OmuhaCinema
Tracked: 2007-04-28 19:53

80デイズ
Excerpt: ジュール・ベルヌの80日間世界一周って、いったい何回映画になっているんでしょう。この映画は、いかにもディズニーらしいファンタジー・スペクタクル映画に仕上がっていました。 舞台は19世紀のロンドン。若..
Weblog: (ほとんど)シネマ日記
Tracked: 2007-04-29 16:19

『80デイズ』’04・米
Excerpt: あらすじ19世紀末のロンドン。故郷の村から盗まれた翡翠の仏像を、イングランド銀行から盗んだラウ・シン(ジャッキー・チェン)は身を隠す為に発明家のフォッグ(スティーヴ・クーガン)の使用人パスパルトゥーと..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2007-05-10 21:00

80デイズ
Excerpt: ジャッキーおなじみのアクションコメディ♪ でもね、私の一番のお目当ては・・・ オーウェン&ルーク兄弟が兄弟役で出演!!!  ってとこだったりする。。 ごめんね、ジャッキーも好きなんだけどw
Weblog: 映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α
Tracked: 2007-05-23 10:49

80デイズ
Excerpt:  ジュール・ベルヌの『八十日間世界一周』の映画化のリメイク作品である。  でも主演はジャッキー・チェン。何と言うか、この一言でどんな映画か解ると言うのも凄いな。
Weblog: 黄昏ミニヨン想録堂
Tracked: 2007-08-31 15:15

80デイズ
Excerpt: 原作に大幅に脚色が加えられ、アクションやコメディーがふんだんに盛り込まれたアドベンチャー活劇に仕上がっていますので、原作とはまったく違った楽しさがあります。 まだ飛行機もない時代に、たった80日間でど..
Weblog: シアフレ.blog
Tracked: 2007-09-24 16:38