2007年04月13日

お祭り

寝ても寝ても寝足りないここ最近。これがあの“春眠暁を覚えず”とかいう奴なんでしょうか?てことは、最近サブタレに送られてくるコメントやトラックバックへのお返しをしようにも、眠たくて眠たくてついつい先送りにしちゃってるのも、私自身の怠惰が原因ではなく、春のせいなんですねぇ。よかったよかった。

で、今日は天気も良かったので地元で行われていたお祭りへ。春と秋のそれぞれ3日間行われるこのお祭りは、なーんにも娯楽がない田舎町に住む子供たちにとっては年間最重要イベントで、私も子供の頃は自分の誕生日以上に楽しみにしていたもので。のべ1キロ近くにもなる裏通りを全て出店が埋め尽くし、住民のみならず他県からまで観光客が訪れる盛大なお祭りだったのだが、久しぶりに地元に戻って行って見たら、何やら寂しい。出店の数もかつての半分以下に減り、呼び込みの声も聞かれない通りを人々が無言で通り過ぎる様は、まるでゾンビ映画の様相すらも。今も昔も娯楽に乏しい町だけあって、子供たちは目を輝かせて祭り通りを駆け回っているのだが、その子供たちを受け入れる出店がない。子供たちの下校時間に重なる4時頃に行ったのだが、いくら最終日だからと言っても、ほとんどの出店が店じまいを始めてしまっているのも寂しい。

「一体これはどーしたことよ?」と親父に尋ねてみれば、テキ屋がいっぱい来ると子供たちが不良になると騒ぐ親が多いからだとか。あんまりにも騒ぐので警察まで乗り出しテキ屋を締め出した結果が、今のこの様そうだとかで。ふーん。まぁ、確かに悪いお友達が多いと感化されやすい年頃ですからねぇ。一年中触れ合ってれば、何かしらの影響はあるでしょうねぇ。でも、お祭りは年間6日間。その6日間が、お宅の息子さんがグレた原因だと?それ以外の359日をビシーっと躾けていたのに、その6日間で一気にグレたと?なんですか?そのテキ屋さんに、お宅の息子さんは会った途端に何か悪いクスリでも打たれたとでもお思いなんですかねぇ。
子供たちから興奮と喜びを奪い取るような“脱テキ屋”の形をとるようになってもう何年も経つらしいのだが、いまだに立派なゴクツブシに成長した子供たちが町中を闊歩している我が地元。今度は一体誰のせいにするおつもりですか?

taga1.JPG
不良の巣窟には見えないんですけどねぇ

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気blogランキングへ


タグ:雑記
posted by たお at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、たおさん!
うちの地方のお祭りはまだまだテキ屋さんいますよー。テキ屋さんと子どもの不良化には関係あるのですか?一緒に騒ぐ???
詳しい事情は分かりませんが、近所に住んでいたテキ屋さんはとても良い方でした〜。
Posted by あかひ at 2007年04月13日 09:20
あかひ様こんばんは!
まぁ、多少の悪いことを覚えるきっかけにはなる可能性もないわけではないでしょうが、触れただけでいきなりグレるわけもなく、それ相応の素養が既にあるからこそグレるんですけどねぇ。そんで、その素養を作り上げたのは、間違いなく親なんですが、認めたくないのか親自身が充分にバカなのか、すぐに他人のせいにしちゃうんですよねぇ。。。
Posted by たお at 2007年04月14日 20:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。