2007年04月08日

隣のリッチマン (Envy)

監督 バリー・レヴィンソン 主演 ベン・スティラー
2004年 アメリカ映画 99分 コメディ 採点★★★

自分が大好き”という救いようのないほどにめでたい性格のせいか、ただ単にヘソ曲がりなだけなのか、“他人を羨む”ってことがあんまりない私。とは言っても“他人に羨ましがられる”ってことには非常に貪欲で、もちろんお金さえ掛ければ誰にでも得られるような物でではなく、まぁお金がないってことが本音ではありますが、それ以外で何とか羨ましがられようと躍起になることも。そうなると大体“女の子”についてになるんですが、この話を掘り下げると外道呼ばわりされかねしないので、この辺で。

envy4.jpg

【ストーリー】
紙やすり工場で働くニックとティムは、家も隣同士の大の親友同士。ところが、普段から夢見がちのニックがペットのフンを消すスプレーを発明し、一躍大金持ちに。親友思いのニックはティムと離れたくないので、ティムの家の隣に大豪邸を建てるが、ティムの嫉妬の思いは日に日に大きくなり…。

envy2.jpg

ベン・スティラーとジャック・ブラックという、東西の横綱が顔を合わせたかのような顔ぶれが魅力の一本。
“つまらない人間”っていうのは、別に話が面白くないとかではなく、日々直面するような小さな選択肢において、常に無難な方を選んでしまうような人間のことを言うんじゃないのかなと考える私。10回中10回球筋も流れも読まずにフルスイングするってのは随分とアレな人だと思うのだが、9回はバットを短く持ってコツコツ当てにいってても、1回くらいはフルスイングするってのが、その人の魅力に繋がるんじゃないのかと。で、本作なのだが、こういった人間模様を上手く描きながら非常にスムーズに物語が進む反面、用意されている展開上の山場も笑いの沸点も然程高くないのが難点。“さぁ、みんなで金持ちになろう!”って話なのか、“人間ってちっちゃい生き物だねぇ”って話なのか、“お金よりも大事なものって多分あるよ”って話なのか曖昧で、スムーズな流れのソツのない作りで、ウヤムヤにされてしまったかのような感も。

envy3.jpg

そんな、あまりにスムーズな為に鑑賞後スムーズに忘れてしまいそうな本作を記憶に押し留めるだけの作品に仕上げているのが、好きモノには堪らない豪華な顔ぶれの役者陣。中でも嫌味でも小汚くもない、どちらかと言えば非常にピュアな役柄を演じているジャック・ブラックの存在は大きい。何もしてはくれないのだが、彼の登場シーンにだけは何かが起きそうな雰囲気がある。特に、ベン・スティラーが神経質な小市民を演じる時の話芸の真骨頂が堪能できる嫉妬の念を告白するシーンは圧巻で、これといって面白いことは何一つ言っていないのにも関わらず、顔を高潮させ喋り捲るベン・スティラーと仏の笑みでそれを受け止めるジャック・ブラックの間に流れる程よい緊張感は、観ていて快感ですら。
仕事選びの基準を“現場の楽しそうさ度”で決めているような気のするクリストファー・ウォーケンだが、今回も楽しそう。『もしも昨日が選べたら』や『ウエディング・クラッシャーズ』でもそうだったのだが、楽しそうな時のウォーケンの存在感には、そうそう敵う役者がいない。しかしながら、せっかくクリストファー・ウォーケンや『ナイロビの蜂』のレイチェル・ワイズといった顔ぶれが脇にいるのに、結局彼らがどんな性格のキャラクターだったのか良く分からないってのは、非常に残念ではありますが。

envy1.jpg
奥さんがレイチェル・ワイズって時点で、既に勝ち組

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気blogランキングへ

        

        


posted by たお at 01:59 | Comment(8) | TrackBack(3) | 前にも観たアレ■た行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たお様
albrechtです。
この映画、結局、目立ってたのはクリストファー・ウォーケンだけだったような・・・。ベンもジャックもなーんか目立たなくて・・・。よくわからない映画でした(笑)。
Posted by albrecht at 2007年04月08日 08:48
確か本作、02年には既に完成はしたもののお蔵入りしてて『The School of Rock (2003)』の大ヒットを受けて劇場公開された、ってのも頷けるなぁ… と思いましたわ。特典もBEST OF BLACKとかジャック・ブラック寄りでしたし。
 
二人も相変わらずっちゃぁ相変わらずで悪くはないんですけど… 劇中設定の「The Best Friend」ってのがもうちょっと描いてあれば… とか色々と足りない、残念な映画でしたなぁ… いやしかし、
 
>奥さんがレイチェル・ワイズって時点で、既に勝ち組
いつも巧い!(笑)
Posted by USA-P at 2007年04月08日 14:42
albrecht様こんにちは〜♪
結局役者におんぶに抱っこで、語ろうとしている物語がないんですよねぇ^^;
“友達が金持ちになりました”→“くやしいです”→“でもボクも友達と一緒に金持ちになりました”→“オシマイ”って、なにか大事なものがイロイロ抜け落ちてる気も。。。
Posted by たお at 2007年04月12日 13:10
USA-P様こんにちは〜♪
一言で言っちゃえば、“役者しか印象に残らない”一本で。これにもう少し毒でもあれば面白かったんでしょうが、その辺が名ーんにもないんですよねぇ^^;
ベンの奥さんをキャシー・ベイツあたりにやらせて、子供もみんなキャシー・ベイツそっくりなんだけど、金持ちになった途端奥さん一人だけ整形してレイチェル・ワイズになっちゃうけど、声はキャシー・ベイツくらいやってくれれば、まだ面白いんですけどねぇ。。。
Posted by たお at 2007年04月12日 13:14
>この話を掘り下げると外道呼ばわりされかねしないので、この辺で。
そう言わずに、是非詳しく(笑)
だって、「隣の誰かさん」よりも面白そうなんですもの!

何時どんでん返しが?
どんなオチが??
と、最後の最後まで希望をつないで見たいたんですけどね・・・
Posted by 哀生龍 at 2007年04月14日 16:31
哀生龍さまこんばんは〜♪
いやぁ・・・“羨ましがられたい”あまりにぃ、全く興味もなかったグループ内一の可愛い子にぃ・・・まぁ、こんな感じで^^;
若い頃って、いい女を連れているだけでステータスでしたし^^;
今も変わんないですけどねw
Posted by たお at 2007年04月14日 20:21
>仕事選びの基準を“現場の楽しそうさ度”で決めているような気のするクリストファー・ウォーケン
美味しい所取りだ〜。
というよりも、このフィルムに「美味しい所」はあまりなくて、仰る通り、素っ頓狂なまでに素直なストーリー展開でしたが。
Posted by sheknows at 2007年04月15日 21:41
sheknows様こんばんは〜♪
クリストファー・ウォーケンって、もう頑張って褒められようとか全く考えていなさそうですねぇ。どうせ拘束されるんだったら、楽しい方がいいやって感じがしますw
Posted by たお at 2007年04月20日 00:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『隣のリッチマン』
Excerpt: そぐわない場所にそぐわないものを造る。これがお金持ち(笑)。 タイトル:『隣のリ
Weblog: Albrecht's Alternativity@ココログ
Tracked: 2007-04-08 08:41

隣のリッチマン
Excerpt: ティム(ベン・スティラー)とニック(ジャック・ブラック)は、お向かいさん。 同じ工場で働き、それぞれ2人の子供を持ち、ティムの車で一緒に通勤する気心の知れた仲。 空想家で集中力の評価が低いニックは、会..
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2007-04-14 16:26

envy
Excerpt: 隣のリッチマン 監督:バリー・レヴィンソン 出演:ジャック・ブラック、ベン・スティラー、レイチェル・ワイズ、エイミー・ポーラー、クリストファー・ウォーケン 2004年 アメリカ ドロリ..
Weblog: 引き出しの中身
Tracked: 2007-04-15 21:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。