2007年03月30日

コワイ女

2006年 日本映画 107分 ホラー 総合評価★★★

ちょっとした考え方や行動など、些細な事ながらも完全に男性とは違う女性のそれにもの凄く惹かれるし、だからこそ女性は好きなんですが、その絶対相容れない違いが堪らなく嫌だったり怖かったりすることも多いんですよねぇ。実際怖い思いもしちゃいましたし…。

『カタカタ』
監督 雨宮慶太 主演 中越典子 評価★★

【ストーリー】
前妻と離婚したばかりの婚約者と会った帰り道、OLの加奈子は暗い夜道のどこからともなく聞こえる“カタカタカタ…”という物音に気付く。その瞬間、包丁を持った異形の女が現れ…。

kowai1.jpgオムニバスの第一話を飾るに相応しいストレートな恐怖劇なのではあるが、あまりに直球ど真ん中過ぎな気も。凄まじい形相をした女が包丁を持って髪を振り乱しながらこっちに向かって走ってくれば、そりゃぁ怖いですもの。もう、“女”じゃなくても怖い。とはいえ、“因縁”が香る設定と、上から何かが降ってきた時点で割れてしまうネタを充分にカバーするスピーディな展開とスピーディな女のおかげで、楽しむことは出来る。ただ、まぁこれは私のヒアリング能力の問題なのだが、邦画を観ていて時折困るのが“何を言っているのかよく聞き取れない”って点。本作のオチがまさにそれで、目の前にまで迫った“カタカタ”に問う主人公の「なんなのよー!」の答えが、よく聞き取れない。「オマエだよ」と言っているような気もするが、「オバケだよ」とも聞こえてしまう。多分前者だろうと思いながらも何度も繰り返し聞いていると、やがて「オマケだよ」に聞こえてきてしまう。もうそうなると「オマケだよ」以外には聞き取れず、そんなわけで“カタカタ”の正体は何かのオマケだということで。

『うけつぐもの』
監督 豊島圭介 主演 目黒真希 採点★★★

【ストーリー】
離婚を機に息子の道夫と共に実家へ戻った冴子。かつて冴子の兄が幼少期に行方不明になったこの家の古い蔵で、冴子はある物を発見する。その日以来、冴子の道夫に対する態度は豹変し…。

kowai3.jpg順番は前後するが、このオムニバスを締めくくる一本。“ある物”に触れると、途端に我が子を誰の手にも触れさせたくないという思いが強くなり、遂には自らの手で子供を殺めてしまうという忌まわしい因習を代々受継ぐ家系を描く怪談話。ロケーションの効果もあり、その逃れられない因習の恐怖はある程度伝わってくるのだが、如何せん尺が短すぎるのか、子供にとって最大の守護者であるべきの母親が徐々に気が触れていき、逃れられない状況の中自分を殺そうとする恐怖や絶望、そしてその母親の葛藤が上手く伝わってこない。あっけなさの中に、非常に根の深い恐怖が眠っているのは伝わるし、後から考えれば考えるほど怖い話なのだが、もう少し登場人物の心の動きが知りたかったところ。監修に『呪怨』の清水崇が関わっている分、怪談話特有の滲み出るような怖さがあるだけ残念。

『鋼−はがね−』
監督 鈴木卓爾 主演 柄本佑 採点★★★★

【ストーリー】
勤めている自動車修理工場の社長から、「妹とデートしてくれないか?」と頼まれる関口。写真を見る限りとても可愛い妹なのだが、デート当日関口の前に現われたのは、ミニスカートが非常に似合う美しい足をしているが、上半身からすっぽり麻袋を被った女だった。

kowai2.jpgスラリと美しく長い脚をしているが、上半身をスッポリと包んだ麻袋が玉に瑕の鋼ちゃん。「ウフフ、アハハ」と笑い声はカワイイが、同時に「シューシュー」機械音のような音が混じっちゃうのが玉に瑕の鋼ちゃん。恋した相手には意外と積極的だが、積極的過ぎて吹き矢を撃っちゃうのが玉に瑕の鋼ちゃん。麻袋の中身はどうやら臓物系がみっちりっぽいのが玉に瑕の鋼ちゃん。そんな“玉に瑕”だらけの鋼ちゃん相手の不条理ホラーに見えてしまうが、実のところ女性を理解出来ない余りに性の対象としてのみ捉えがちな男性の真理を見事に描いた一本。脚なり胸なりを極端に露出してさえいれば、無条件に鼻の下を伸ばしてしまう男の悲しい性。結局のところ鋼ちゃんは“バケモノ”以外の何者でもないのだが、相手が何を考えているのか理解しようとせず、本当はどんな姿かなのかも見ようともしないで、ただ単にセックスの対象としてしか女性を見ないような男性にとっての女性の象徴のようでもある。麻袋の中でどんなことが起きているのか理解もせずに、泣き声っぽいのが聞こえちゃうと、なんとなく肩を抱いちゃうのも、あまりに男性的で悲しくも。最終的に体内回帰を果たしてしまう主人公は、ある意味幸せだったのでは。“鋼ちゃんの川流れ”など、非常にコミカルな面が目立った一本だったが、もう少しジットリとしたエロチシズムを全面に出していれば、より一層男女差が明確になったのではと。

【総評】
バラエティ豊かなオムニバスながらも、出来に極端な差もなく退屈せずに楽しめた作品。まぁ、最終的には鋼ちゃんのことで頭がいっぱいになっちゃうんですが。

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気blogランキングへ

        

        


posted by たお at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(9) | 前にも観たアレ■か行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鋼ちゃんだけはキョーレツに印象に残る映画でしたね。残りの2本もイイ感じでしたが鋼ちゃんにはかなわないようで(笑)。
Posted by wataru at 2007年04月01日 10:05
wataru様こんばんは!
もう、鋼ちゃんに夢中ですw
あの話だけ4回立て続けで観ちゃいましたし^^;
Posted by たお at 2007年04月02日 01:17
鋼ではなく、鋼ちゃんと呼んでしまいたくなる気持ちはわかります。本編では一度も「鋼ちゃん」というフレェズは出てこなかった気もしますが、やはり鋼ちゃんは鋼ちゃんです。
Posted by uzuraman2 at 2008年06月25日 03:14
uzuraman2様、こんばんは!
行動があまりに極端過ぎるのもアレですが、それはそれで充分女の子らしいとも思える鋼ちゃん。やっぱり“ちゃん”付けじゃないとシックリきませんねぇ。
Posted by たお at 2008年06月30日 01:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

コワイ女
Excerpt: [画像] 「コワイ女」 監督/雨宮慶太、鈴木卓爾、豊島圭介 出演/中越典子、豊原功補、柄本佑、香川照之、目黒真希、須賀健太、松岡俊介、他。 いやー久々にホラーに戻りましたですよ。 やっぱり落ち着..
Weblog: Movie Killer
Tracked: 2007-04-01 10:00

彼女たちはコワイ¥翌スち・・
Excerpt: 260「コワイ女」(日本) 1話「カタカタ」  結婚を控えた加奈子は婚約者と会ったその帰り道、あるマンションの前で、奇妙なカタカタ≠ニい音を聞く。その直後マンションから何かが落下してきて彼女を直..
Weblog: CINECHANの映画感想
Tracked: 2007-04-01 15:28

コワイ女/中越典子、柄本佑、須賀健太
Excerpt: 怖かったよォォ。今年観たホラー作品、いくつあったか覚えてないけど、たぶんJホラーの中では一番怖くて見応えありました。お化け屋敷で例えるなら、コレは人形タイプじゃなくて人間扮装タイプのアトラクションにな..
Weblog: カノンな日々
Tracked: 2007-04-02 21:40

映画「コワイ女」 〜あの女は汝に心の隙が在りし時に来たれ〜
Excerpt: こわい女“が現れるのは、人生の迷い道、心の曲がり角…それを引き寄せたのは、あなた自身? 日本で幽霊と言えばまず髪の長い女が思い浮かぶほど、昔から”コワイ“のは女性と相場が決まっていた。妻、恋人、友人…..
Weblog: 混沌と勇気日記。 〜紡げ、天地創世の破滅を綴る勇ましき姿を〜
Tracked: 2007-04-05 01:29

コワイ女
Excerpt: 最近、コワイもの観たさが止まりません 前から気になってはいたもののビビッて借りれなかったものを カミさんを道づれに。。。Ψ(`∀´)Ψ ..
Weblog: Screen saver☆
Tracked: 2007-11-02 14:09

コワイ女 総合平均65点(100点満点中)
Excerpt: 7日前に作ったごはんだったので こわくてこわくて 公式サイト タイトル通りの"コワイ女"を題材とした、各30分程度の短編3本を続けて見せる、オムニバス形式のホラー映画。 と言っても、3本..
Weblog: (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)
Tracked: 2007-11-03 01:05

コワイ女って怖いの?
Excerpt: ホラー映画邦画 ホラー映画初心者のすけきよです。日本の鬼才が挑むオムニバスホラー「コワイ女」観ました。 DMMでレンタルする あらすじ:鬼才監督が挑む、究極の恐怖。運命のいたずらで“コワイ女”..
Weblog: ホラー映画って呪怨が怖いの?
Tracked: 2008-02-03 18:51

妙に切ない 鋼(はがね)ちゃん
Excerpt: 香川照之の経営する小さな自動車整備屋さん。 そこで働く朴訥な青年(柄本祐←柄本明の息子)は ある日、香川から 『デートに誘ってくれや』と妹を紹介される。 写真はカワユイ。鼻の下が..
Weblog: やっぱり ホラー好きなもので
Tracked: 2008-04-27 22:51

「コワイ女」
Excerpt: お勧め度:★★★★☆ 製作: 2006年 日 監督: 雨宮慶太 / 鈴木卓爾 / 豊島圭介 出演: 中越典子 / 豊原功補 / 小林裕子 / 柄本佑 / 香川照之 / 菜葉菜 / 目黒真希 / ..
Weblog: ドゥル的映画鑑賞ダイアリー
Tracked: 2010-08-04 03:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。