2007年03月17日

トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合 (You, Me And Dupree)

監督 アンソニー&ジョー・ルッソ 主演 オーウェン・ウィルソン
2006年 アメリカ映画 109分 コメディ 採点★★★★

十何年来の親友が結婚するってのは、おめでたい反面なんとも複雑な心境で。その奥さんとも親友同様の付き合いが出来れば問題もないのだが、そこは男女の違いもあってなかなか難しいもの。それこそ、その奥さんよりも遥かに長い付き合いであろうが家庭最優先になることは仕方がないとは言え、親友自身の人格すら変わってしまったかのように思えることもしばしば。まぁ、ものの見事にその奥さんに嫌われて、電話すら満足に繋いでもらえないこともしばしばですが。

ymad2.jpg

【ストーリー】
新婚生活を満喫しようとしていたカールとモリーの家に、仕事も家も失ってしまったカールの親友デュプリーが転がり込む。自由奔放なデュプリーのおかげでカールらの生活はメチャクチャになり、モリーの父で自分が勤める会社の社長でもあるトンプソンからのプレッシャーもあって、カールは爆発寸前に。

ymad4.jpg

結婚生活ってのは、宝物のブルース・リーのポスターを捨てられるところから始まるようで。
「どーせオーウェンの映画だから、“オーウェン可愛いー!”としか書かないんでしょ?」とウンザリ気味の溜息を漏らす方もおられるかと思いますが、まぁ概ねその方向で間違いないですよ。オーウェン、本当に可愛いんですもの。
厚かましいにも程がある人物によって生活がメチャクチャにされるコメディと言えば、見た目の時点で既に厚かましいジョン・ベルーシやジョン・キャンディら先人達によって多く作られてきたが、そこにオーウェンも参加。殺意すら覚える厚かましさをオーウェンが表現できるかという不安もあったが、殺意こそ覚えなかったものの、基本マイペースなオーウェンだからこそ、知らず知らずのうちに他人に迷惑をかける役に説得力がある。もちろんオーウェンに100分間も憎まれ役をさせるのは無理な話で、主要登場人物の視点でまるで別な映画かのように物語が二転三転する。とは言っても、躾のされていない類人猿呼ばわりのオーウェンによって、カールがカールらしさを取り戻しつつ良き夫にも成長していく物語の主軸がぶれないので、チグハグな印象は与えない。
結局はいつものオーウェンであって、物語自体も最も無難な着地点に収まる他愛のないものではあるが、そんないつものオーウェン映画を観たかった身には、非常に満足度が高い。今回は製作も兼ねているオーウェンだが、口を挟んだのは「ハワイ好きだから、ハワイに行きたいなー」くらいじゃないのでしょうか。

ymad1.jpg

ルーク・ウィルソンとも共演済みで、フラットパックとして勘定する日も遠くはない気もしないでもない『スケルトン・キー』のケイト・ハドソン。知名度の問題なので仕方もないのだが、あたかも彼女主演作かのように宣伝されている本作だが、いえいえ。オーウェンの映画ですよ。そんなオーウェンとの交際が話題となった彼女だが、オーウェンだったら彼女のお母さんの方を口説き落として欲しかったなぁとも。また、ベン・スティラーだったらもっと良かった気もするが、それじゃぁまた別な映画だなぁとも思わせるカール役には『クラッシュ』のマット・ディロン、重要な役回りではあるのだが、いなければいないで別段物語に変化はない微妙な役柄で『ザ・センチネル/陰謀の星条旗』のマイケル・ダグラスが出演するなど、主要な役者陣が非常に豪華な本作。しかし、見所は当然オーウェン。常に自然体で、もう充分大人なのに同世代よりも子供との付き合いに釣り合いが取れているオーウェンが、たまらなく可愛い。あまりにいつも“オーウェン可愛い!”と騒いでいるので、オーウェンを見ると私を連想してしまうという弊害を受けてしまっている方もいるようで大変申し訳もないのだが、本当に可愛いんだから仕方がない。びっくりオーウェン、落ち込むオーウェン、慌てるオーウェン、ベソかきオーウェン。どれを取っても身悶え確実の可愛らしさ。これだけのオーウェンを見せられれば、不満なんてあるわけもない。
ちなみにチラリと顔を出す顔ぶれの中に、『ドッジボール』に続いて元自転車ロードレーサーのランス・アームストロング、『ビッグ・バウンス』とキャラがほとんど変わっていないハリー・ディーン・スタントンもいるが、彼らをフラットパックにカウントしちゃっても、もう大丈夫でしょうか?

ymad3.jpg
本当の邪魔者は誰?

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気blogランキングへ

        

        


posted by たお at 03:47 | Comment(10) | TrackBack(14) | 前にも観たアレ■た行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは〜♪TB有難う御座いました♪
やっぱり今回もたお様は「オーウェンが可愛い!」できましたかw
”ザ・天真爛漫”な役もぴったりでしたよね^^
ケイトや他のキャストも良かったのですが、内容的には微妙・・・
あ、オーウェンが可愛ければ問題なしでしたねw
でも、ゴールディ・ホーンはいくらオーウェンでも・・・

ではでは〜、これからもよろしくお願いします♪
Posted by Aki. at 2007年03月18日 02:47
Aki.様こんばんは!
えぇ、もちろん!
だって、カワイイんですものw
結婚によって男同士の友情はどう変化するのかとか、若いつもりのまま30代を終えてしまいそうな人間はどんな人生を迎えるのかとか、色々描かれてたことにコメントもしたかったんですが、なにせオーウェンが可愛いもので。
Posted by たお at 2007年03月20日 02:00
たお様
albrechtです。
>口を挟んだのは「ハワイ好きだから、ハワイに行きたいなー」
ハワイは『ビッグ・バウンス』で大失敗こいてるはずなのに、懲りずにいっちゃいましたね〜。でも、今回は『ビッグ・バウンス』よりもずーっといいできでした(笑)。
Posted by albrecht at 2007年03月21日 03:10
>親友自身の人格すら変わってしまったかのように思えることもしばしば
大親友を奪った友人の妻に嫌がらせをする設定は良く目にしますが、ここまで“知らず知らずに内に”嫌がらせかと思うほどの迷惑をかけてしまうのは、オーウェンならではのキャラですよね(笑)
とにかくオーウェンは可愛かったです!
でも、それだけじゃ物足りなくなって来ているのは、ヤバイ兆候でしょうか?
Posted by 哀生龍 at 2007年03月23日 06:21
オーウェンさんの事は今まであまり意識しないで観てましたが、今回は特に可愛い♪と思いました〜。
そしたら可愛いと評判の方だったのですね。
お話は普通なんですけど、オーウェンさんの魅力がつまった作品でしたね。
Posted by ゆかりん at 2007年03月25日 12:56
albrecht様こんにちは〜♪
『ビッグ・バウンス』はハワイで遊びっぱなしだったのでアレでしたが、今回はちょっと立ち寄っただけに済ましたのがよかったんでしょうねぇw
Posted by たお at 2007年03月27日 17:20
哀生龍さまこんにちは〜♪
悪気はないけど大迷惑ってのは、まさにオーウェンはまり役でしたねぇ^^
あら?物足りなくなってきましたか?まぁ、ずーーーーっとこの調子ですしねぇ、オーウェン^^;
Posted by たお at 2007年03月27日 17:25
ゆかりん様こんばんは〜♪
いつもカワイイんですよ、オーウェンはw
まぁ、「カワイイ!カワイイ!」と騒いでるのも、そんな大勢でもないんですが^^;
Posted by たお at 2007年03月27日 23:41
こんばんわ。
はいはいはい!!
オーウェン→オーウェン可愛い!→たおさん
と頭の中で変換されております(笑
Posted by PINOKIO at 2007年04月06日 22:06
PINOKIO様こんにちは〜♪
あらあらあらあら。すっかりと関連付けられちゃってますねぇw
この調子で、最後は“たおさん可愛い”になるまでがんばってみますかw
Posted by たお at 2007年04月12日 13:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合/You,Me and Dupree
Excerpt: 全米公開では一応ヒットしたラブコメ{/heart/} 日本ではやっぱりDVDスルー、、、{/face_acha/}{/ase/} 大好きなキャスト3人なので楽しみにしてたのダ{/hearts_pi..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2007-03-18 00:56

トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合
Excerpt: 6点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 多くの映画好きブロガー様たちから「可愛い♪」と大人気のオーウェン・ウィルソン と、純度100%のラブコメDNAをママから受け継いでキ..
Weblog: ぶっちゃけ…独り言?
Tracked: 2007-03-18 02:40

You, Me and Dupree  「トラブル・マリッジ〜カレと私とデュプリーの場合〜」
Excerpt: ’You, Me and Dupree’は腹を抱えて笑うコメディーではなく「楽しめる」映画でした。 アメリカのホームコメディーによくある招かれざる客を中心にしたドタバタ物は、お気に入り男優の1人Owe..
Weblog: 表参道 high&low
Tracked: 2007-03-18 10:36

『トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合』
Excerpt: この人間デュプリー、ちょっと利口そうなコッカー・スパニエルに置きかえても映画が成
Weblog: Albrecht's Alternativity@ココログ
Tracked: 2007-03-21 03:06

You,MeandDupree
Excerpt: お気に入り度:★★★★☆英語難易度:少々難  アメリカ英語DirectedbyAnthonyRussoJoeRussoGenre:ComedyTagline:Two'scompany.Dupree's..
Weblog: 桜の樹の下で
Tracked: 2007-03-21 19:06

トラブル★マリッジ ~カレと私とデュプリーの場合~
Excerpt: You, Me and Dupree 社長令嬢のモリー(ケイト・ハドソン)と結婚したカール(マット・ディロン)は、モリーの父トンプソン氏(マイケル・ダグラス)の土地開発会社で働く平社員。 トンプソン..
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2007-03-23 06:03

トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合
Excerpt: 『YOU,MEANDDUPREE』 公開:2006年劇場未公開製作国:アメリカ監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ出演:オーウェン・ウィルソン、ケイト・ハドソン、マット・ディロン、マイケル・ダグラ..
Weblog: 映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2007-03-25 12:45

★ 『トラブル・マリッジ/ カレと私とデュプリーの場合』
Excerpt: 2006年。 Universal. "YOU, ME AND DUPREE". アンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ監督。 ..
Weblog: 映画の感想文日記
Tracked: 2007-04-02 10:38

トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合
Excerpt: オーウェンやったらうちに転がり込んでも No Problem!!
Weblog: 映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α
Tracked: 2007-04-06 22:06

「トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合」
Excerpt: (2007/A90/S46)←今年通算90本目。 こないだまでやってたヨーロッパシリーズに続いては、 コメディシリーズで。 前作はヴィンス・ヴォーンの「ハニーVS.ダーリン 2年目の駆け引き」・..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2007-05-29 03:22

トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合
Excerpt: トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合 YOU, ME AND DUPREE 監督 アンソニー・ルッソ ジョー・ルッソ 出演 オーウェン・ウィルソン ケイト・ハドソン     マッ..
Weblog: Blossom Blog
Tracked: 2007-07-21 22:23

映画『トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合』
Excerpt: 原題:You, Me & Dupree 極めて身近なテーマで他人事ではないし、登場人物のそれぞれの気持ちもなんだか分かるような気がするんだよね・・ドタバタだけど共感できて笑える映画・・ ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2007-11-01 01:53

<トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合> 
Excerpt: 2006年 アメリカ 110分 原題 You, Me & Dupree 監督 アンソニー・ルッソ  ジョー・ルッソ 脚本 マイケル・ルシュール 撮影 チャールズ・ミンスキー 音楽 セオドア・..
Weblog: 楽蜻庵別館
Tracked: 2007-11-02 00:39

トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合
Excerpt: 2006年製作のアメリカ映画。 全米初登場3位、興行成績$75,628,110。 ケイト・ハドソン、オーウェン・ウィルソン、マット・ディロン共演のラブコメディ。モリーとカールが新婚生活をスタートさ..
Weblog: シネマ通知表
Tracked: 2007-11-21 10:17
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。