2007年03月16日

ホステル (Hostel)

監督 イーライ・ロス 主演 ジェイ・ヘルナンデス
2005年 アメリカ映画 93分 ホラー 採点★★★

知り合いに会う心配がないためか、旅先で急に態度が大きくなる人っていますねぇ。何を思ってか、自分の家にされたら激怒するようなことを“旅の恥はかき捨て”とばかりにやっていくようで。旅先に限らず、“サービス”や“接客”というのをどう履き違えたのか、店員を奴隷と勘違いしている輩もワラワラと。なんですかね?そういう人たちって、自宅や職場で虐げられているんですかねぇ?

host5.jpg

【ストーリー】
ヨーロッパ各地を休暇で旅するアメリカ人のパクストンとジョシュ、アイスランド人のオリーは、“いい女選び放題”の話を聞きスロヴァキアのとあるホステルにやって来る。噂通りの快楽に身を委ねる三人だったが、これが大きな罠である事に気付かず…。

host4.jpg

『キャビン・フィーバー』『2001人の狂宴』と、個人的には好きな作品でなかったものの、元気とやる気だけは溢れるホラー映画を送り続けるイーライ・ロスによる一本。
過剰なまでの人体破壊と拷問描写だらけの作品かと思いきや、中盤まではお色気コメディと見紛うほどユルめのギャグとオッパイがてんこ盛り。クライマックスから拷問劇へと急展開するが、ゴア描写も然程強烈なものでもない。じゃぁ、前半と後半がチグハグでゴア描写のヌルいダメ映画の一本かといえば、そうでもない。“東欧(田舎)って怖いね”映画として語られがちだが、本作で描いているのは田舎の恐怖だけではなく、郷に従わず自分の流儀こそ一番と地元民を見下し失礼三昧な日々を送る旅人の姿。その姿をキチンと描いているからこそ、女目当ての旅人が会員制高級殺人倶楽部の陰謀に巻き込まれる拷問劇への急展開に違和感も少ない。さりげなく散りばめておいた伏線の回収もきっちりとこなす丁寧さもある。しかしながら、その丁寧さが食い足りなさを感じさせる要因でもあるんですが。

host3.jpg

自分の好きだったホラー映画群の雰囲気を再現することに従事しがちな若手監督が増えてきたようにも思える昨今。イーライ・ロスもその一人であったのだが、語り口の上手さ、舞台背景の細かさなどもあり、頭一つ飛び出た存在に。『オーディション』『極道恐怖大劇場 牛頭』の三池崇史を特別出演させるマニアックな遊びもあるが、全体を崩すまでのおふざけもない。
“泣ける映画以外は映画じゃない”というような風潮がまかり通っている日本において日に日に風当たりが強くなっているホラー映画だが、そりゃぁ個人の好みもあるので誰彼構わずオススメできるものでもない。しかし、どこぞの某アイドルのように「こんな映画を良いと思って見る人は人間としておかしい」と、安全圏である多数派の背後で自分個人の好みのみを基準に他者を断罪するのはいかがなものかと。この手の人に言いたいことは山ほどあるんですが、結局はこういう人たちが『パラダイス・ロスト』のような事態を引き起こすのではと。そんな人になるくらいなら、“人間としておかしい”ままでいた方がいいですねぇ

host2.jpg
こんな映画が好きだと、こんなことをしでかすんですか?

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気blogランキングへ

        
posted by たお at 19:46 | Comment(16) | TrackBack(34) | 前にも観たアレ■は行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは〜♪TB有難う御座いました♪
グロが大の苦手なのに、まんまとタランティーノに釣られてしまいました。:゚(。ノω\。)゚・。
前半だけならスロバキアは世界で一番行きたい国だったんですけどね〜(^^ゞ
ま、ある意味この映画もワタクシ的には”泣ける映画”でしたw

ではでは〜、これからもよろしくお願いします♪
Posted by Aki. at 2007年03月17日 05:37
こんにちは。

この映画こそが、タランティーノとロドリゲスが一緒に作ったと言うグロ映画なんだと、長い間思い込んでいました。
製作だけだったんですね、タランティーノは・・。

しかし、前半と後半のノリが大きく違ったり、変態オヤジがだらだらと喋りまくるのは、タランティーノが一枚噛んでいるからだったのでしょうか。
おまけにピーター・ジャクソンも噛んでいたなんて・・・。
イーライ君は、よっぽどその筋の皆さんに愛されているんですね。(笑)

Posted by アガサ at 2007年03月17日 14:45
Aki.様こんばんは!
それでも果敢に挑戦されてしまったんですねぇw
タランティーノってのには然程そそられないんですが、風当たりが強いホラーなもんで、じゃぁ一丁私も風に当たろうかと思いまして。
Posted by たお at 2007年03月17日 23:15
アガサ様こんばんは!
あぁ、『グラインド・ハウス』ですねぇ、それって^^
楽しみの一本ではあります♪
前半と後半がまるっきり違うのは『フロム・ダスク・ティル・ドーン』っぽいっちゃぁっぽいんですが、タランティーノが噛んでいるっていうより、それがイーライの味なのかも。
Posted by たお at 2007年03月17日 23:17
こんばんわ!
酷評されつつも、思いのほかシッカリした作りに好感度アップ、だった「ホステル」。三池監督出演には笑いました。個人的には結構良い映画の部類だと思うんですが、某タレントの「こんな映画観るヤツは・・・」的な発言、良くないですねえ。「お前が言うな!お前がっ!!」と思いっきりツッコミ入れたい所ですが、なんていうかホラー映画好き、は愛煙家と同じくらい肩身の狭い今日この頃、でございますねえ・・・。ちなみに僕はホラー映画好きの愛煙家です(笑)。
Posted by wataru at 2007年03月18日 01:00
たおさん★

昨夜はコメントありがとうございました♪

同感です。
最近の泣ける映画はいい映画とされている風潮はどうかと思いますー、

この映画、キモいグロい怖いという一部のマニア以外からは敬遠される系統ですが
ユーモア、遊びもいれててわたしは好きです♪
こんなのをすきというとどういうヤツだ!
という感じですけど、、、(笑)

また遊びにきますね☆
Posted by mig at 2007年03月18日 09:00
>「こんな映画を良いと思って見る人は人間としておかしい」
って言う人はこの映画のDVD音声解説なんか聴いたらどう思うんでしょうね(笑)
 
私は本作、もちっと前半の娼館との対比とかが巧く出来ていれば… とかちょっと残念なデキとは思いましたが、描こうとしたものを思うとただの自分の価値観での決め付けの某アイドル?の発言は本当にどうかと私も思うです。
 そりゃまぁ時として
「こんな映画を良いと思って見る人は人間としておかしい」
 って映画が無いワケではないんですけども(笑)
 
Posted by USA-P at 2007年03月18日 23:51
wataru様こんばんは!
確かによく出来ている部類の作品なんですが、稲垣なんとかのコメントはそのまま「そういうことを平気で言えるような人間は(以下同文)」でお返しするだけにしとくのが、品位有り余る私の最大の反抗でw
私も愛煙家なんですが、新幹線全車両禁煙化のニュースで「空気がキレイになって嬉しいです!」とのたまわってた通行人がいたが、その背後を走る大量の車については一言くらいないのだろうか?と疑問に思ったもので。
Posted by たお at 2007年03月20日 01:58
mig様こんばんは!
涙のリットル数を競うような映画ばかりでウンザリのたおです。
「こういう映画を好きな奴は・・・」って、たぶん変質者で近い将来殺人を犯すような奴に違いないとでも言いたいんでしょうねぇw
「ボク様が嫌いなものを好きな人は完全におかしい」と断言できる神経が羨ましいですが。
Posted by たお at 2007年03月20日 02:03
USA-P様こんばんは〜♪
まぁ、好き嫌いってのは仕方がない問題なんですが、嫌いなら近づかなきゃいいのにとw
まして、電波にのっけてまでねぇ。。。
Posted by たお at 2007年03月20日 02:08
こんばんわ。
TB&コメありがとうございました♪
>「こんな映画を良いと思って見る人は人間としておかしい」
そんなん言われてたんですか、この映画。
現実と空想とゲームの境界がついてない、なんて語るのを聞くたびに、あんたらがついてないんやん!と思ってしまうグロ好きですw
Posted by PINOKIO at 2007年04月04日 01:12
PINOKIO様こんにちは〜♪
とにかく「自分以外の誰かのせいにしちゃいたい」ってのがミエミエですよねぇ、ゲームや映画のバッシングって。言ってる人たちは、映画を観ると人を殺したくなるんですかねぇ。そっちの方が問題のような^^;
Posted by たお at 2007年04月06日 14:11
たお様!!
旅の恥は掻き捨て、接客を服従と勘違いする(ついでに事務員を雑用係だと思っているオヤヂ)輩にはバチが当たるんですよ。
アメリカ人と日本人ですかね。
エロシーンが長いのでそこは退屈してました。
スプラッタシーンはよかったです。
Posted by Lance at 2007年08月15日 01:10
Lance様こんばんは〜♪
過剰なサービスや接客を良しとする風潮が蔓延ってますからねぇ、接客業界内部でも。少し考え直した方がいいとも。
で、今度は女性が被害者となるパート2。エロければ簡単に釣れてしまう男とは違うので、どんな展開をするのやら。
Posted by たお at 2007年08月17日 01:26
おこんばんはー♪
お忙しそうですねぇ・・・。
三池監督が出てきたときには、「おーい!いったいそんなとこで何やってんだー?」って気分でした(^o^;

とりあえず・・・痛い・グロイ系は苦手なんで「2」が見れるかどうか微妙ですが、「1」はなかなか作りこんでいて見ごたえがありました。ちゃんと伏線はって拾っていくとこなんかお見事♪
Posted by chibisaru at 2008年06月08日 01:24
chibisaru様、こーんばーんはー♪
大忙しです。
にしても、痛い・グロイ系が苦手というのに、なんでコレを観てしまったのかが不思議w
三池は多分、遊びに行ってただけではw
Posted by たお at 2008年06月14日 20:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『ホステル』
Excerpt: ※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、素通りしてください。 ----ニャんだか、顔が青ざめていない? 「タランティーノが製作総指揮、 でもって全米第1位のホラー。 それでいて思いっき..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2007-03-16 23:27

『ホステル』イーライ・ロス+クエンティン・タランティーノ
Excerpt: 京都みなみ会館にて、鑑賞した。この映画は『キング・コング』や『ナルニア国物語』を抜いていきなり全米TOPを記録した大ヒットホラー映画だただし、2週目は1位から落ちてしまったそうだが・・・・・。監督はイ..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2007-03-17 00:03

快楽の館の悪魔たち
Excerpt: 247「ホステル」(アメリカ)  刺激を求めながらヨーロッパ中を旅するアメリカ人大学生ジョッシュとパクストン。旅先で意気投合したアイスランド人オリーも加わり、各地の歓楽街に入り浸っていた。ある時スロ..
Weblog: CINECHANの映画感想
Tracked: 2007-03-17 01:57

「ホステル」
Excerpt: 10月28日より公開される「ホステル」の試写。総指揮がクエンティン・タランティーノで、監督と脚本はイーライ・ロス。出演はジェイ・へルナンデス、デレク・リチャードソンほか。ドラマとして成り立っている良質..
Weblog: やまたくの音吐朗々Diary
Tracked: 2007-03-17 02:14

115.ホステル
Excerpt: 怖かった・・・ぶっちゃけ、ちょっと泣きそうになった。いや、上手くできてるな、とは思うんだけど・・・やっぱりちょっと怖すぎた。しかも、混んでて座れなくて、友達と見るには最前で見るしかなくて、最前で見てし..
Weblog: レザボアCATs
Tracked: 2007-03-17 03:07

ホステル
Excerpt: 5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 先日の『テキサス・チェーンソー ビギニング』で今どきのグロは繊細なワタクシ (自己申告)には耐えられないと悟り、当分はスプラッターは..
Weblog: ぶっちゃけ…独り言?
Tracked: 2007-03-17 05:32

ホステル
Excerpt: 各地の快楽街を回る旅をしている3人組。彼らは旅の途中で「戦争に男が駆り出され女だらけになった街がある。そこに行けば欲しいだけ女が手に入る」という話を耳にし早速その街に向かう。到着した3人は女達と..
Weblog: 5125年映画の旅
Tracked: 2007-03-17 07:12

ホステル
Excerpt: スロバキアのホステルではジャッキーブラウンがTVでながれてたw ちなみに日本ユースホステル協会のホームページ
Weblog: ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!
Tracked: 2007-03-17 11:36

『ホステル』
Excerpt:   “究極の快楽”・・て、 こ と は !! ご機嫌いかがですか?アガサです。 日本中を席巻した、『デスノート』のレンタル開始日はまんまと忘れていましたが、この『ホステル』の開始日だけは絶..
Weblog: すきなものだけでいいです
Tracked: 2007-03-17 14:36

ホステル
Excerpt: またホームから飛び込みですか・・・
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2007-03-18 00:20

ホステル
Excerpt: [画像] 「ホステル」 原題/HOSTEL 監督/イーライ・ロス 製作総指揮/クエンティン・タランティーノ 出演/ジェイ・ヘルナンデス、デレク・リチャードソン、エイゾール・グジョンソン、バルバラ・..
Weblog: Movie Killer
Tracked: 2007-03-18 00:43

HOSTEL
Excerpt: 2006年/アメリカ/イーライ・ロスあー。やっとこさ観ました。字幕ナシで観たんですが、要はアレですよね?金持ちの道楽って事ですよね?金さ...
Weblog: BQZQ
Tracked: 2007-03-18 04:33

ホステル
Excerpt: ■ シアターN渋谷にて鑑賞 ホステル/HOSTEL 2005年/アメリカ/93分 監督: イーライ・ロス 出演: ジェイ・ヘルナンデス/デレク・リチャードソン/エイゾール・グジョンソン/バ..
Weblog: Addicted to the Movie and Reading!
Tracked: 2007-03-18 05:49

ホステル/HOSTEL
Excerpt: わたしと同じ、タランティーノ好きの父がある時電話で言った。 「今度 タランティーノの映画がくるだろう?」 あ、やっぱり騙されてる。。。。 タランティーノ☆プレゼンツ!とか鬼才タランンティーノが贈る! ..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2007-03-18 09:02

『ホステル』
Excerpt:  前に報道番組を観ていたら韓国での売春ツアーというものが取り上げられていました。日本人が韓国まで出かけて韓国人女性と一夜を共にするツアーが頻繁に行なわれているといった内容だったと記憶しています。  ..
Weblog: 映画大陸
Tracked: 2007-03-18 10:52

★★★ 『ホステル』
Excerpt: 2005年、 SPE, "HOSTEL". ..
Weblog: 映画の感想文日記
Tracked: 2007-03-18 13:32

ホステル:殺人ショーへようこそ シアターN渋谷
Excerpt: ホラーだって言うから見に行ったのに・・・ タイトル:ホステル 監督・脚本:イーライ・ロス 出演:ジェイ・ヘルナンデス/デレク・リチャードソン/エイゾール・グジョンソン/バルバラ・ネデルヤコーヴァ..
Weblog: 気ままに映画日記☆
Tracked: 2007-03-18 15:47

無責任な快楽の果てには地獄が待っている! 『ホステル』!
Excerpt: “ホステル”は、 世界の至るところに存在する―かもしれない。 国内にいる日本人が知らないというだけで、 実は海外で行方知れずになったままの日本人の数はそんなに少なくはない。 各国の大使館へ..
Weblog: 瓶詰めの映画地獄 〜俄仕込みの南無阿弥陀佛〜
Tracked: 2007-03-19 19:41

ホステル
Excerpt: HOSTEL 05年・米/監:イーライ・ロス/出:ジェイ・ヘルナンデス、デレク・リチャードソン、エイゾール・グジョンソン、バルバラ・ネデルヤコーヴァ、ヤナ・カデラブコーヴァ/93分
Weblog: CINEMA LEGLOCK
Tracked: 2007-03-20 00:04

ホステル
Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  ルームサービスはオッパイ、SEX、拷問  
Weblog: カリスマ映画論
Tracked: 2007-03-20 09:14

ホステル
Excerpt: 2005年:アメリカ 監督:イーラス・ロス 出演:ジェイ・ヘルナンデス、エイゾール・グジョンソン、デレク・リチャードソン、バルバラ・ネデルヤコーヴァ、リック・ホフマン 淫らな欲望を満たそ..
Weblog: mama
Tracked: 2007-03-25 18:07

『ホステル』
Excerpt: たまにすっごい怖い映画観たくなりません? ポテチばっか食べてるからたまにはカラムーチョ食べよー。みたいな。 ん?違う?? ま、そんな訳ですごいホラー映画公開で楽しみにしてました! タランティーノプレ..
Weblog: となりのケイコさん
Tracked: 2007-03-30 16:25

ホステル
Excerpt: 淫らな欲望を満たそうとヨーロッパを旅する若者たちが経験する、想像を絶する恐怖を描いたスプラッター・ホラー。 出演は、「炎のメモリアル」「ワールド・トレード・センター」のジェイ・ヘルナンデス、「フェリ..
Weblog: Imagination From The Other Side
Tracked: 2007-03-31 15:56

冷血の宿
Excerpt: 「カポーティ」 「ホステル」
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2007-04-03 12:18

ホステル
Excerpt: グロ大好きだけどさ、 映画だからなんだよ。 こんなホステル現実にしたらそりゃぁ・・・
Weblog: 映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α
Tracked: 2007-04-04 01:05

ホステル
Excerpt: 『ホステル』 あらすじ 『刺激を求めバックパッカーをしながらヨーロッパを旅するアメリカ人大学生ジョッシュとパクストン。途中、旅先で意気投合したアイスランド人オリーも加わり、3人は各..
Weblog: 39☆SMASH
Tracked: 2007-05-14 11:11

ホステル
Excerpt: 2005年 米 監督 イーライ・ロス  製作総指揮 クエンティン・タランティーノ 出演 ジェイ・ヘルナンデス/ デレク・リチャードソン/ エイゾール・グジョンソン他 ヨーロッパへナンパな旅行に行..
Weblog: オタク部屋
Tracked: 2007-08-15 01:10

ホステル
Excerpt:  タラちゃんことクエンティン・タランティーノ関連レンタル二本目は、彼が製作総指揮に携わったこの作品だ。全米No.1と言う触れ込みながら、自分がバイトしているゲオでは一本しかレンタル商品として並んでなか..
Weblog: 黄昏ミニヨン想録堂
Tracked: 2007-08-17 17:25

ホステル
Excerpt: Children's Fear 【Story】 アメリカ人大学生のジョッシュ(デレク・リチャードソン)とパクストン(ジェイ・ヘルナンデス)は、バックパックを背負ってヨーロッパを旅していた。..
Weblog: Memoirs_of_dai
Tracked: 2007-12-07 23:16

ホステル
Excerpt: Children's Fear 【Story】 アメリカ人大学生のジョッシュ(デレク・リチャードソン)とパクストン(ジェイ・ヘルナンデス)は、バックパックを背負ってヨーロッパを旅していた。..
Weblog: Memoirs_of_dai
Tracked: 2007-12-07 23:17

ホステル
Excerpt:  コチラの「ホステル」は、クエンティン・タランティーノ製作総指揮のR-18指定のスプラッター・ホラーです。続編も製作されたヒット作で、エログロな王道的B級ホラーって感じでしょうか。  基本的には..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2007-12-20 20:54

#754 ホステル
Excerpt: 監督:イーライ・ロス 製作:イーライ・ロス 脚本:イーライ・ロス 製作総指揮:クエンティン・タランティーノ 、スコット・スピーゲル 、ボアズ・イェーキン 出演者:バルバラ・ネデルヤコー..
Weblog: 風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
Tracked: 2008-06-08 01:20

ホステルって怖いの?
Excerpt: ホラー映画洋画 ホラー映画初心者のすけきよです。オタク監督タランティーノが関わったのに賛否両論だった問題作「ホステル」見ました。 DMMでレンタルする あらすじ:鬼才Q・タランティーノが放つ究..
Weblog: ホラー映画って呪怨が怖いの?
Tracked: 2008-09-20 12:06

「ホステル」
Excerpt: どんどんいくよー、 「ひらりん的ホラー特集2009夏」 の第5弾。 クエンティン・タランティーノが製作総指揮してる作品ね。
Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
Tracked: 2009-08-12 00:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。