2007年03月15日

沈黙の傭兵 (Mercenary For Justice)

監督 ドン・E・ファンルロイ 主演 スティーヴン・セガール
2006年 アメリカ映画 96分 アクション 採点★

タイトルに“沈黙”がやたらと付くくせに、沈黙することのないセガール。やかましいこと、この上なし。大体、黙ってる時は面倒くさい時だけですし。そのセガールの新作ですが、またもやタイトルに“沈黙”が。おかげさまで、レンタルビデオ屋に行くと、アクションコーナーのた行が軒並みセガールに。

mfj1.jpg

【ストーリー】
凄腕の傭兵セガールは、戦死した戦友の家族を人質に取られてしまったので、渋々刑務所に収監されている武器商人の息子を奪還する任務に就くことに。で、あれやこれやセガール大活躍でなんとなく解決。

mfj2.jpg

傭兵映画といえばドラフト一位で『ワイルド・ギース』。『戦争の犬たち』や『地獄の7人』も捨て難いが、やはり男気やら誇りやらがギッチギチに詰まった『ワイルド・ギース』が素晴らしい。で、本作はセガールが傭兵に。セガールには珍しく友情やらチームワークやらが描かれるかと思いきや、傭兵である必要性は序盤にのみあるだけで、あとはいつものセガール映画。もちろん“いつもの”というのは、ここしばらく続く“ダメな方の”って意味ですが。
何にもない方向へ戦車が撃ちまくる実際の演習風景が挟まれた序盤はそこそこの迫力ではあるのだが、ここ最近のセガール映画につき物の、やたらと込み入った設定が相も変わらず全く整理されておらず、開始早々ストーリーが理解できず。それでもセガールがキチンと暴れさえしてくれれば概ね満足するのだが、一際恰幅の良くなったセガールは今回も動きたがらず。正面からのショットはスローとコマ落しを多用し、すばしっこい動きの時は全て後姿という楽し放題。「あのすばしっこく逃げてったのは誰だろう?」と首を傾げていると、次のシーンに同じ格好をしたセガールがアップで「今のはオレだよー」と。『沈黙の脱獄』や『沈黙の聖戦』の時のような魔術だの呪いだのと、ただでさえ不味いのに大盛りにしてくれるかのような嬉しくないセガールサービスはなかったものの、普通盛りでも不味いものは不味い。悪人ばかりではなく、ドサクサにまぎれて一般人まで大勢シレっと殺してしまうセガールにも、たいそう困りものででしたし。そろそろどの“沈黙”がどれだったか定かじゃなくなるほどアレな映画ばかりのセガールだが、年貢を納めるかのごとく付き合い続ける私も私。

mfj3.jpg

スケールばかりが大きく、設定が全く消化されていない昨今の作品を体現するかのごとく太り続けているセガール。『刑事ニコ/法の死角』からの付き合いもあるのでセガールのアップには慣れていたつもりだったが、今回のセガールはさすがにキツい。アップになると画面のほとんどがホッペになってしまう今回のセガールは、妙に浅黒い上に毛深い。なんと言うか、小汚い。面白い作品を作る前に、まず痩せて、顔剃りくらいはしていただきたいもので。
動かざるをえない出番を減らすが為に、登場人物ばかりが妙に多いのも、最近のセガール映画。今回もワラワラと人物が多いものの、誰が誰だか分からないうちに、ワラワラと死んでいく。女優陣には相変らずセガールの趣味が反映されているようで、異様なまでに胸が大きいフェイ・ピータースに、ダビングを重ねたキャサリン=ゼタ・ジョーンズのようなジャクリーン・ロードを配置。ニセ・ジョーンズには、ニセ『エントラップメント』風のサービスシーンまでも。まぁ、いくらサービスされても、不味いものは不味いんですが。

mfj4.jpg
ごっつぁんです

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気blogランキングへ

        

        


posted by たお at 01:47 | Comment(8) | TrackBack(6) | 前にも観たアレ■た行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!いつもありがとうございます!
沈黙シリーズはあたしにとって、まさに、

不味い〜、、、
もう1本!!
なんです、、、
あはは、、、、
Posted by 猫姫少佐現品限り at 2007年03月15日 22:45
こんばんは〜♪TB有難う御座いました♪
同じく”ダメな方”でした。:゚(。ノω\。)゚・。
しかも、セガールのあの膨れっぷりと言ったら・・・
セガール拳法の使えないセガールなんてセガールじゃないですよぉ。:゚(。ノω\。)゚・。
でも、次回作も観てしまうんですよね〜(^^ゞ

ではでは〜、これからもよろしくお願いします♪
Posted by Aki. at 2007年03月16日 05:34
猫姫さまこんばんは!
ダメでもダメでも「いつの日か」って、ついつい付き合ってしまうんですよねぇ。。。
もうすっかり年貢を納めている気分です^^;
Posted by たお at 2007年03月17日 23:07
Aki.様こんばんは!
もう、観る前から分かってるんですよねぇ。“ダメ”だって。でも観てしまうし、腹も立たないw
Posted by たお at 2007年03月17日 23:09
こんにちは☆
沈黙・・・ってどこからついたんでしょうかね。
実はシリーズはちゃんと観てないのですが、
なぜかコレ借りてしまいました^^;
何だかよくわからなかった、、、
Posted by ゆかりん at 2007年04月26日 13:18
ゆかりん様こんばんは〜♪
まぁシリーズっても『沈黙の戦艦』と『暴走特急』しかないんですが、あやかってやたらと“沈黙”がついちゃうのがセガール映画なんですよねぇ。正統派の続編には“沈黙”ついてないのにw
なんで借りちゃったんでしょうねぇ^^;
Posted by たお at 2007年04月27日 20:18
セガールもそろそろピンではきついから

何人かで大暴れして欲しいなあ

300はいらないから3で

もちろん組むのは

草野仁とチャックウイルソンで

世界最強

みんなが見なくてももるは観にいくよ
Posted by もる at 2007年11月10日 11:59
もる様、こんばんは!
どんな組み合わせであろうときっと観てしまうんでしょうねぇ、わたし。。。
Posted by たお at 2007年11月13日 22:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

沈黙の傭兵 07065
Excerpt: 沈黙の傭兵  MERCENARY FOR JUSTICE 2006年   ドン・E・ファンルロイ 監督スティーブン・セガール  ジャクリーン・ロード  ロジャー・グーンヴァー・ス..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2007-03-15 22:41

無敵のオヤジはまだまだ行く
Excerpt: 261「沈黙の傭兵」(アメリカ)  独裁政権打倒の名目でアフリカの小国へ渡ったジョン・シーガー。しかし、これはCIAのドレシャムが別の目的で仕掛けたもので、嵌められたことを知ると共に戦友を失ってしま..
Weblog: CINECHANの映画感想
Tracked: 2007-03-16 01:09

沈黙の傭兵
Excerpt: 4点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 『沈黙の戦艦』の出来が良すぎたばかりに、後の作品に勝手に『沈黙の・・・』と 付けられてしまう破目に遭っているスティーブン・セガールの..
Weblog: ぶっちゃけ…独り言?
Tracked: 2007-03-16 05:28

沈黙の傭兵
Excerpt: “沈黙シリーズ”のスティーヴン・セガール主演最新作。 戦友の遺された家族を人質に取られ、過酷なミッションを命じられた傭兵の孤独な闘いが幕を開ける。 監督は「沈黙の脱獄」のドン・E・ファンルロイ..
Weblog: ショウビズ インフォメーション
Tracked: 2007-03-18 19:28

沈黙の傭兵
Excerpt: 【MERCENARY FOR JUSTICE:2006/11/25】製作国:アメリカ監督:ドン・E・ファンルロイ出演:スティーヴン・セガール、ジャクリーン・ロード、ロジャー・グーンヴァー・スミス、ルー..
Weblog: 映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2007-04-26 12:58

沈黙の傭兵…セガール本人が“ごんぶと”に(古い?)
Excerpt: 台風{/kaeru_rain/}{/ase/}が来ております{/face_hekomu/} 現在(7月14日16:00現在)では、割と少し強い風が吹いております。 北九州にはあんまり近づかないと良いん..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2007-07-15 01:11
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。