2007年03月06日

ボビー (Bobby)

監督 エミリオ・エステヴェス 主演 フレディ・ロドリゲス
2006年 アメリカ映画 120分 ドラマ 採点★★★

未だかつて交際を円満に解消したことがない私でも、街角などでふいに昔の彼女に出会ったりするのは、ちょこっと嬉しかったりもするもの。ただ見かけただけでも、当時の風景や香りなど些細なことまで思い出したりもするのだが、見かけた時に別の男と一緒だったりすると、また問題は別。「やぁ、久しぶりだねぇ。こちらが彼氏さんかい?」なんて、しゃぁしゃぁと声を掛けれる大人になりたいものですが。

bobb6.jpg

【ストーリー】
1968年6月。悲劇的な死を遂げたジョン・F・ケネディの弟ロバート・F・ケネディは、次期大統領候補として圧倒的な支持を受け、ロサンゼルスのアンバサダーホテルにやってくる。しかし、そこで彼を待ち受けていた運命は…。

bobb4.jpg

泥沼化するベトナム戦争と人種問題で国内外が荒れ狂っていた60年代末のアメリカを忠実に再現することで、建前が全く機能していないイラク戦争の泥沼にはまり、急激に右極化が進むアメリカに警鐘を鳴らす一本。
ジョン・F・ケネディ暗殺事件を扱った『JFK』と大きく異なり、“誰が?何の為に?”という暗殺事件自体を掘り下げる作品ではなく、現代のアメリカ人にも通ずる外見を気にするあまり内面を見失っていく人々や、立ちはだかる人種の壁に苦しむ人々の姿を映し出すことで、当時の状況と現代のアメリカが抱える問題を明確にし、そんな彼らに大なり小なり希望を与えていたロバート・F・ケネディを失った悲しみ、そしてその命は失えど、彼の言葉と意思が遺した僅かながらの希望を描き出す。しかしながら、“見事に描き出す”とは言い切れない浅さも。群像劇として多数の登場人物が入り乱れ多くのエピソードを擁する本作だが、120分というランニングタイムに収めるにはやや多過ぎで、一つ一つのエピソードの印象が薄い。名前を挙げるだけでレビューが埋まりそうなほど数多く登場する大物スターらも、「やぁ!」と登場しこちらの驚きが収まらない内に「じゃぁね!」と退場してしまうので、キャラクター自体も印象が薄くなってしまっていることも。
だが、エピソードの積み重ねがメインのテーマを上手に浮き彫りにしないとは言っても、クライマックスでサイモン&ガーファンクルの“サウンド・オブ・サイレンス”をバックに語られるローバート・F・ケネディの演説は、強く胸を打つ。確かに理想論であり現実味も薄いのだが、「本当にそうなればいいなぁ」と小さな希望の火を灯すだけの力強さを持っている。

bobb2.jpg

タカ派に押されっぱなしのリベラルを鼓舞するかのような本作を撮る為に、7年の月日を費やし、私財をも投げ打ったエミリオ・エステヴェス。技巧にこだわるのではなく、あくまで題材を重視する姿勢は『ウィズダム/夢のかけら』の頃から変わっていないが、いくら口髭を蓄えようが隠せない童顔も『飛べないアヒル』の頃から変わっていない。そんなエミリオの姿勢に感銘を受けたのか、“頑張れリベラル”の声に反応しちゃったのか、やたらと顔ぶれが豪華な本作。相変らず自分だけが気持ち良さそうな『M:i:III』のローレンス・フィッシュバーン、今回は誰も食べないが存在感で他者を食う『M:I−2』のアンソニー・ホプキンス、強気の役だが相変らず捨て犬の瞳をした『セルラー』のウィリアム・H・メイシー、大統領絡みの作品でよく観る気もする『デッドゾーン』のマーティン・シーンも、もちろん息子のバックアップに登場。

bobb3.jpg

かつてはたまらなく美しかったのだが、時の流れの残酷さを痛感させるヘレン・ハントやヘザー・グレアムらを前に、有り余る若さをギラギラと見せつけるファイナル・デッドコースター』のメアリー・エリザベスウィンステッドとリンジー・ローハン。ホビットか人肉喰いという極端な役柄に個性を発揮する『シン・シティ』のイライジャ・ウッドに、この役はチャーリーにやらせた方が良かった気もするが、それじゃぁ同じ顔が三人も揃っちゃうのでアレだと思ったのか、『マインドハンター』のクリスチャン・スレイターまでも登場。

bobb5.jpg

コンスタンティン』のシア・ラブーフや、かつての恋人とその夫を出演させるエミリオの懐の深さに感心するも、あてがわれたのが麻薬の密売人という微妙な役柄だった『バタフライ・エフェクト』のアシュトン・カッチャーら大物ばかりの本作だが、鑑賞後一番印象に残ったのが、誠実さ溢れる透き通った笑顔が印象的な『レディ・イン・ザ・ウォーター』『ポセイドン』のフレディ・ロドリゲス。今回は片腕だけが異様に太いとか、「地図!」と呼ばれることもない非常に真っ当な扱い。
まぁ、もちろん好印象って意味ではフレディ・ロドリゲスに軍配が上がるが、クライマックス以上にスリリングだった静かな対決を見せるシャロン・ストーンとデミ・ムーアの圧倒的な存在感に霞んでしまうのは、言うまでもなく。

bobb1.jpg
まさかまたこの顔合わせが観れるとは

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気blogランキングへ

        

        
posted by たお at 01:49 | Comment(12) | TrackBack(63) | 前にも観たアレ■は行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たおさぁ〜ん おはようさんです♪
たおさんのレビューを拝見して、そうだった、あの人ってそういう作品に出てたとか、いつもの「たお節」が堪能できました!
うっフフフ「捨て犬の目」してます確かにW・H・メイシーさん。
それにしても、この作品作るのにエミリオさんはそんなに力と財力もつぎ込んだのですね!
それなのに、こういう作品ってアカデミーには入らないんですね残念です。
たおさん、女性との交際ではいろいろあったですかぁ。
オンナからすると、別れた人ともしばったり出会ったら・・・
「おっ、前よりイイ女になったな」な〜んて言わせてやるぅと別れた直後は決意するんですがねぇ。
Posted by なぎさ at 2007年03月06日 08:58
こんにちは。
弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。
こちらからもコメントとトラックバックのお返しを失礼致します。

この作品は、エミリオ・エステヴェス氏による、ボビーことロバート F.ケネディ氏を題材とした意欲的な仕上りであり、その映画世界での多くの個性的な登場人物に扮した出演者の皆さんの好演が大きな見所でありました。

また遊びに来させて頂きます。
ではまた。
Posted by たろ at 2007年03月06日 12:46
こんにちは、TBありがとうございます。
「ボビー』のキャストは、エミリオのコネを使いまくったキャスティングが良かったです。
『フリージャック』のホプキンスを始め、元カノのデミとその旦那のカッチャーやら、親父さんと一緒に『地獄の黙示録』に船に乗ったフィッシュバーンなど、色々な組み合わせを映画を見ながら楽しめました。
これからも『e−mono select」を宜しくお願いします。
Posted by masala at 2007年03月06日 13:49
なぎさ様こんばんは〜♪
キャスト紹介だけでお茶を濁したレビューですが、まぁそれだけ豪華な顔ぶれだったってことで^^;
それなりに長く生きてるんで、そりゃぁ人並みに色々と女性絡みでありましたが、なるほどー。だからバッタリ会う元カノが素敵に見えるんですねぇ^^
Posted by たお at 2007年03月06日 20:35
たろ様こんばんは!
エミリオの顔の広さもあるんでしょうが、まさか今になってエミリオの新作を、劇場で観れるとは思いもしなかったです^^;
Posted by たお at 2007年03月06日 20:37
masala様こんばんは!
かつての共演者をこぞって呼び出したエミリオの男気もさることながら、ハリウッドはリベラルが本当に多いんだなぁと驚きも。
Posted by たお at 2007年03月06日 20:53
TBありがとうございます。登場する俳優さんたちの豪華なことに、ただただ驚くばかりでしたが、こちらの記事では、過去の登場作品にも言及していて、そーだった!そーだった!と感心いたしております。
Posted by あかん隊 at 2007年03月08日 00:35
あかん隊さまこんばんは!
まぁ、それだけでお茶を濁したとも言えるんですけどね^^;
Posted by たお at 2007年03月10日 02:04
たおさん、こんばんわ。
やっぱり観に行かれたんですね? この作品、ずっと楽しみにしていたので、思ったより早く上映されたので嬉しいです。(思った通り早く終わりましたけど・・)
コレ、かなり良かったです。出演者は誰も沈まず浮き立たず(A・カッチャーは微妙、お笑い担当?)、良質の群像劇でした。日本では多分受けない政治色の強い作品ですけど、これは監督のRFK個人ではなく理念や政治姿勢に対する強烈なラブレター映画だったと思いますね。ラストの演説は感動モノでした。
一番印象に残ったロドリゲスさんも、相変わらずの厨房係ながら、今度は途中退場ならず影の主役といった役所で良かったですね^^。
Posted by 座敷わらし at 2007年03月21日 23:00
座敷わらし様こんにちは〜♪
日本では内容うんぬんよりも顔ぶれだけで上映された気配すらしましたが、それでも上映されただけ良かったなぁと。ラストの演説だけを皆に聞いてもらいたいって気持ちはヒシヒシと伝わる作品でした。
Posted by たお at 2007年03月27日 17:23
TB&コメントさせてもらっちゃいますね。
>相変らず自分だけが気持ち良さそうな〜
ホント、ローレンス・フィッシュバーンって
言うことなす事が全て説教クサくて、オマケに恩着せがましいw
あれがワザとじゃなくて自然体なトコロが良い。
結構好きですw
今回は好きなメンツばかりでしたが、最近見ないチャーリーの兄貴も是非仕事を回してあげたかった。
Posted by oguogu at 2012年05月02日 23:44
oguogu様、こんにちはー!
最近のフィッシュバーンって、なんか歌舞伎役者みたいな感じになって来た気も。大見え切って出て来ると、「待ってました!」って感じになるところとかもw
Posted by たお at 2012年05月07日 17:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35319408

この記事へのトラックバック

BOBBY/ボビー
Excerpt: 製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 120分 監督 エミリオ・エステヴェス 製作総指揮 ダニエル・グロドニック 、アンソニー・ホプキンス 脚本 エミリオ・エステヴェ..
Weblog: タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌
Tracked: 2007-03-06 05:29

ボビー
Excerpt: エミリオ・エステヴェスさ〜ん! あなた、こ〜んなに引きつけられる脚本を書ける方だったのねぇ〜。 監督としても、とても素晴らしい出来栄えでした! 出演者が豪華なだけの映画かと思いき..
Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ
Tracked: 2007-03-06 08:58

ボビー / BOBBY
Excerpt: ボビーとは、アメリカ大統領 JFK(ジョン・F・ケネディ)の実弟であり、 後継者と目されていたロバート・F・ケネディの愛称。 ロバート・F・ケネディ 去年のトロント映画祭で観てきた作品、いよいよ..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2007-03-06 11:59

シリアスなTHE有頂天ホテル。『ボビー』
Excerpt: アンバサダーホテルを舞台にロバート・F・ケネディ暗殺事件当夜前日からを描いた群像劇です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2007-03-06 12:32

試写会鑑賞 一ツ橋ホールにて 〜 エミリオ・エステヴェス 「 ボビー 」
Excerpt: こんにちは。 雨の休日、日曜日です。 今日は、昨日 一ツ橋ホールにて行なわれた試写会で観させて頂いた、エミリオ・エステヴェス氏の新作映画について。 『 ボビー ( BOBBY ) 』 ( ‘06年 ..
Weblog: ** Paradise Garage **
Tracked: 2007-03-06 12:34

ボビー (2006) BOBBY 120分
Excerpt:  この映画の主人公は「1968年」という「時代」でした。
Weblog: 極私的映画論+α
Tracked: 2007-03-06 12:57

『ボビー』
Excerpt: ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がいいかも。 (原題:Bobby) 「う〜ん。う〜ん」 ----ど、どうしたのニャ? 「いやあ..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2007-03-06 13:07

感想/ボビー(試写)
Excerpt: 運命を変えた一日は、ボクの運命をも変えました。 『ボビー』2月24日公開。1968年6月5日、「ボビー」の愛称で親しまれた大統領候補ロバート・F・ケネディが暗殺された。悲劇の地となったアンバサダーホ..
Weblog: APRIL FOOLS
Tracked: 2007-03-06 13:29

映画「ボビー』を試写室にて鑑賞。
Excerpt:  1968年6月5日、ロバート・F・ケネディが暗殺される16時間前に暗殺場所になったアンバサダーホテルを舞台に、事実の中にフィクションを盛り込み、「グランド・ホテル」スタイルという、同じ場所で様々な人..
Weblog: e-mono select
Tracked: 2007-03-06 13:41

ボビー
Excerpt: 『ロバート・F・ケネディは、ジョン・F・ケネディの弟で暗殺された人』という認識しかなかったが、豪華競演もあって鑑賞してみることに。。。【story】1968年6月5日、アメリカの希望ロバート・F・ケネ..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★
Tracked: 2007-03-06 14:00

1968年6月5日【ボビー】
Excerpt: 1968年6月5日、LAアンバサダーホテルで、次期大統領候補としてカリフォルニア
Weblog: 犬も歩けばBohにあたる!
Tracked: 2007-03-06 15:22

試写会:BOBBY
Excerpt: 「BOBBY」の試写会に行ってきました。 α-STATION(FM KYOTO)
Weblog: おととびのいろいろ
Tracked: 2007-03-06 15:34

BOBBY ボビー
Excerpt: 「ボビー」の試写会に行ってきました。 とても素晴らしい映画でした。 人気ブログランキング←ポチッとヨロシク♪ロバート・F・ケネディが暗殺された日に、事件が起こったアンバサダーホテルに居合わせ..
Weblog: 気ままにDIARY
Tracked: 2007-03-06 15:59

ボビー
Excerpt: 1968年6月5日。ロサンゼルス。‘その’1日。
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2007-03-06 17:20

ボビー/イライジャ・ウッド
Excerpt: ロバート・F・ケネディ暗殺事件前夜。アンバサダーホテルに集った22人の人間ドラマを描いた群像劇。そーいえば、そんな事件もあったらしいですね。というくらいにしか題材になってる史実を知らない私はネットでさ..
Weblog: カノンな日々
Tracked: 2007-03-06 17:54

#36.BOBBY ボビー
Excerpt:  ロサンゼルス、アンバセダーホテル、1968年。ロバート・ケネディ、通称BOBBYの暗殺事件の際に、偶然居合わせた22人の物語。この群像劇というものに、アメリカの歴史として衝撃的な、運命的な..
Weblog: レザボアCATs
Tracked: 2007-03-06 18:41

ボビー(2006年)
Excerpt: 1968年6月5日。民主党の大統領候補ロバート・F・ケネディ(RFK)が、カリフォルニア州予備選挙の勝利直後に暗殺されたその日に、様々な理由から暗殺現場となったアンバサダー・ホテルに集っていた、様々な..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2007-03-06 19:42

「ボビー」映画感想
Excerpt: ロバート・ケネディ暗殺事件を題材にした映画「ボビー」(原題BOBBY)を見てきま
Weblog: Wilderlandwandar
Tracked: 2007-03-06 20:22

BOBBY☆独り言
Excerpt: ケネディの暗殺の日の、ホテルでの出来事・・・かなり勘違いしてたのは、ジョンとロバートってオチもつきますが^^;;『BOBBY』観にいきました。レイトショーですが、さすがの注目作なのに・・・しかも結構広..
Weblog: 黒猫のうたた寝
Tracked: 2007-03-06 20:32

ボビー
Excerpt: ■ TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて鑑賞 ボビー/BOBBY 2006年/アメリカ/120分 監督: エミリオ・エステヴェス 出演: ハリー・ベラフォンテ/ジョイ・ブライアント/ニック・..
Weblog: Addicted to the Movie and Reading!
Tracked: 2007-03-06 20:49

ボビー(映画館)
Excerpt: 世界の運命が、変わるとき―――。彼らは何を見たのか。
Weblog: ひるめし。
Tracked: 2007-03-06 21:23

『ボビー』試写会☆2月13日大阪メルパルクホールにて
Excerpt: 2月24日よりロードショーされる『ボビー』の試写会に、友人と行って来た。ボビーとはロバート・F・ケネディの愛称。1968年6月5日、彼はアメリカの希望とまで言われ、次期アメリカ大統領候補としてカルフォ..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2007-03-06 21:24

ボビー 70点(100点満点中)
Excerpt: ぶっとくぶっとく生きよ〜♪ 公式サイト 1963年に暗殺されたアメリカ大統領、ジョン・F・ケネディの弟、RFKことロバート・F・ケネディが暗殺された1968年6月5日、事件現場となったアンバサ..
Weblog: (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)
Tracked: 2007-03-06 21:26

「ボビー」 入魂の一撃!
Excerpt: 2月24日より公開される映画「ボビー」の試写。2007年の映画史に間違いなくその名を刻むであろう傑作である。「語り尽くせない」という言葉があるが、この映画にはその言葉がぴたりと当てはまる。プロット、キ..
Weblog: やまたくの音吐朗々Diary
Tracked: 2007-03-06 21:54

映画 「ボビー」
Excerpt: 映画 「ボビー」 を観ました。
Weblog: ようこそMr.G
Tracked: 2007-03-06 23:48

【ボビー】
Excerpt: 1965年6月5日、 アメリカの希望 ロバート・F・ケネディ暗殺。 世界の運命が変わるとき・・彼らは何を見たのか。。 事件の起こったアンバサダーホテルには様々の思いの人達がいた。 ..
Weblog: NAO−C☆シネマ日記
Tracked: 2007-03-07 07:54

映画「ボビー BOBBY」
Excerpt: 気になっていた映画「ボビー BOBBY」を観た。 よかった!! 1968年の6月5日の1日を描いた映画 この日は、ジョン・F・ケネディの弟の ロバート・F・ケネディ(ボビー)が暗..
Weblog: ぼくと、師匠と・・・明日へ  DAO
Tracked: 2007-03-07 09:52

ボビー
Excerpt: ボビーって誰?
Weblog: 映画を観たよ
Tracked: 2007-03-07 15:36

「BOBBY ボビー」レビュー
Excerpt: 映画「BOBBY ボビー」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ハリー・ベラフォンテ、ジョイ・ブライアント、ニック・キャノン、エミリオ・エステヴェス、ブライアン・ジェラーティ、..
Weblog: 映画レビュー トラックバックセンター
Tracked: 2007-03-07 19:27

ボビー
Excerpt: 『BOBBY』2006年アメリカ、監督、脚本エミリオ・エステヴェス 1968年6月5日、大統領候補ロバート・F・ケネディが暗殺された LAアンバサダーホテル。事件16時間前から暗殺の瞬間まで、 22人..
Weblog: パフィンの生態
Tracked: 2007-03-07 21:27

ボビー
Excerpt: 《ボビー》 2006年 アメリカ映画 − 原題 − BOBBY 1968年6月
Weblog: Diarydiary!
Tracked: 2007-03-07 21:43

「ボビー」:白金小学校前バス停付近の会話
Excerpt: {/kaeru_en4/}ここは? {/hiyo_en2/}八芳園。昔は誰か偉い人の庭園だったらしいけど、いまでは有名な結婚式場よ。 {/kaeru_en4/}ひとくちに結婚ていってもいろいろな形が..
Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】
Tracked: 2007-03-07 22:10

ボビー(BOBBY)
Excerpt: ロバート・F・ケネディ上院議員が遊説先で暗殺された日、現場となったアンバサダーホ
Weblog: cococo
Tracked: 2007-03-08 00:20

ボビー
Excerpt: ボビー上映時間 2時間 監督 エミリオ・エステヴェス 出演 アンソニー・ホプキンズ シャロン・ストーン デミ・ムーア イライジャ・ウッド リンゼイ・ローハン ローレンス・フィッシュバーン 評価 ..
Weblog: メルブロ
Tracked: 2007-03-08 00:59

ボビー〜1968・6・5 希望が消えた日
Excerpt: 2008年のアメリカ大統領選挙。 知名度などから、ヒラリー・クリントン上院議員が 一歩リードかと思われますが、党の公認候補に なるためにも、まだまだ厳しい戦いが 続くと思います。 2008年..
Weblog: Osaka-cinema-cafe
Tracked: 2007-03-08 03:36

映画〜ボビー
Excerpt:  「ボビー」公式サイト1968年のロバート・F・ケネディ暗殺事件当夜、アンバサダーホテルに集った22人に焦点を当てた人間ドラマ。“ボビー”の愛称で国民に愛されたアメリカ大統領候補が凶弾に倒れるまでの一..
Weblog: きららのきらきら生活
Tracked: 2007-03-08 14:18

更なる希望を信じて
Excerpt: 56「ボビー」(アメリカ)  1968年、ロバート・F・ケネディ(ボビー)は大統領候補に立候補。深刻化するベトナム戦争、貧困、人種問題等に潔く立ち向かい、希望を与え続けた彼は国民の支持を得る。  ..
Weblog: CINECHANの映画感想
Tracked: 2007-03-09 00:58

「ボビー」
Excerpt: 「ボビー」よみうりホールで鑑賞 またまた私の勉強不足というかあまりの常識の無さにへこみました。恥ずかしいので,そこに触れるのはよしましょう。 ロバート・ケネディ上院議員がアンバサダーホテルで暗..
Weblog: てんびんthe LIFE
Tracked: 2007-03-10 09:57

「ボビー」
Excerpt: この映画のチラシを初めて見たときは、てっきり故ケネディ大統領の話と思い込んでました。家にある「JFK」のDVD観て予習しなきゃと意気込んでいたのですが、弟のロバート・F・ケネディ(ボビー)と知って、結..
Weblog: the borderland 
Tracked: 2007-03-10 12:40

エミリオ・エステベス監督「ボビー」
Excerpt: 監督 エミリオ・エステベス 出演 アンソニー・ホプキンス、シャロン・ストーン、デミー・ムーア  いろいろなエピソードがからみあう群像劇。からみあいながら1968年を描き出す。出色は、なんといってもケ..
Weblog: 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)
Tracked: 2007-03-10 14:46

「ボビー」
Excerpt: 群像劇の肝は何かといえば、個別の人物設定や物語が充実していることに加えて、いかにそれらを一つの主題に収れんさせていくかにかかっています。昨年のアカデミー作品賞に輝いた「クラッシュ」も綿密に織り込まれた..
Weblog: −☆ EL JARDIN SECRETO ☆−
Tracked: 2007-03-12 03:18

「ボビー」 ラジー女王!
Excerpt: 「あの人が生きてはったら、こんな世の中には・・・」 故人を偲んでというより、今ある状況を嘆かわしく思った時によく言いますが、こんなに惜しくして逝った人やったんですね! そら、事あるごとにアメリカ人が、..
Weblog: 『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記
Tracked: 2007-03-14 19:25

不退転ホテル
Excerpt: 『BOBBY』を観た。 エミリオ・エステヴェス監督作品。 アメリカの希望、ロバート・F・ケネディの“その時”現場に居合わせた人々を描く。   豪華キャスト(監督の友達?)がこれでもか..
Weblog: ふかや・インディーズ・フィルム・フェスティバル
Tracked: 2007-03-17 23:50

映画「ボビー」
Excerpt:  ロバート・F・ケネディーのスピーチ! これが、この映画のすべてだと思う。     私が考えていることは明快だ。    我々は共に取り組んでいける。    ここ何年も、アメリカ..
Weblog: don't worry!な毎日
Tracked: 2007-03-18 20:34

ボビー
Excerpt:  1968年のアメリカ大統領選挙に名乗りを挙げていたロバート・ケネディ上院議員は、その勝利を目前にして、ロサンゼルスのアンバサダーホテルで凶
Weblog: シネクリシェ
Tracked: 2007-03-22 03:49

ボビー
Excerpt: エミリオ・エステベス監督大成功の一編でした。
Weblog: 夫婦でシネマ
Tracked: 2007-04-08 21:10

映画「ボビー」 試写会にて
Excerpt: 監督、脚本:エミリオ・エステヴェス 出演:ハリー・ベラフォンテ、エミリオ・エステヴェス、ヘザー・グラハム 、アンソニー・ホプキンス 、イライジャ・ウッド、ヘレン・ハント、ジョシュア・ジャクソ..
Weblog: 渋谷でママ気mama徒然日記
Tracked: 2007-04-20 04:38

ボビー
Excerpt: 満 足 度:★★★★★★★        (★×10=満点)  監  督:エミリオ・エステヴェス キャスト:アンソニー・ホプキンス       デミ・ムーア       シャロン・スト..
Weblog: ★試写会中毒★
Tracked: 2007-05-06 21:43

ボビー
Excerpt: 5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) ありゃりゃ? ワタクシてっきりロバート・F・ケネディのことを描いた映画だと思ってましたよ。 それこそ、『JFK』のよーな感じだったり..
Weblog: ぶっちゃけ…独り言?
Tracked: 2007-06-30 04:04

ボビー/BOBBY
Excerpt: 【BOBBY:2007/02/24公開】製作国:アメリカ監督:エミリオ・エステヴェス出演:アンソニー・ホプキンス、デミ・ムーア、シャロン・ストーン、ハリー・ベラフォンテ、ジョイ・ブライアント1968年..
Weblog: 映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2007-08-08 13:03

ボビー
Excerpt: ずっと見たかった「ボビー」です。 1968年6月5日未明、ボビーの愛称で親しまれたロバート・F・ケネディが銃弾に倒れる
Weblog: ○o。1日いっぽん映画三昧。o ○
Tracked: 2007-08-08 15:23

ボビー
Excerpt:    これを映画として捉えると完全な失敗作と思います。でも感動しました。何故でし
Weblog: eclipse的な独り言
Tracked: 2007-08-13 22:14

ボビーのソナタ
Excerpt: 「ボビー」 「善き人のためのソナタ」
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2007-08-15 14:59

ボビー BOBBY
Excerpt: 2039年でしたっけ?ジョン.F.ケネディ暗殺に関する資料が公開されるのは。全く持って、おかしな話ですけどね。でもやっぱり気になります。 今更とも思いますが、ケネディ家のネタは今でも注目ありというこ..
Weblog: しーの映画たわごと
Tracked: 2007-09-26 13:00

映画「BOBBY」
Excerpt: −1968年、僕が生まれた年。JFKの弟ロバート・F・ケネディーが大統領選に出馬した。兄同様破竹の勢いの予備戦と人々の熱望と期待を一身に受けて、次期大統領候補へと。 6月5日アンバサダーホテルで勝利..
Weblog: お〜い えっちゃん!
Tracked: 2007-09-27 08:39

ボビー BOBBY@我流映画評論
Excerpt: 今回紹介する作品は、豪華キャストが揃った映画『ボビー BOBBY』です。 まずはストーリーから・・・ その日もアンバサダーホテルには様々な人々が居合わせていた。 如才ないホテルの支配..
Weblog: ジフルブログは映画・音楽・札幌グルメを紹介|GFL BLOG
Tracked: 2007-10-10 00:41

『ボビー』'06・米
Excerpt: あらすじ様々な人々が居合わせていたアンバサダーホテルにカリフォルニア州予備選挙に勝利した次期大統領候補ロバート・F・ケネディ上院議員が現れる。誰もが歓喜に酔いしれたその夜、悲劇は起きた・・・。感想ボビ..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2007-11-01 00:02

ボビー
Excerpt: ショッキングな事件を市民目線で味わうシュミレーション映画。 ボビー BOBBY posted with amazlet on 07.12.14東宝 (2007/08/10)売り上げランキング: ..
Weblog: ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!
Tracked: 2007-12-14 14:56

ボビー
Excerpt:  『1968年6月15日、 アメリカの希望ロバート・F・ケネディ暗殺。 世界の運命が、変わるとき――。彼らは何を見たのか。』  コチラの「ボビー」は、2/24公開になるボビーことロバート・F・ケ..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2007-12-21 21:18

<ボビー> 
Excerpt: 2006年 アメリカ 117分 原題 Bobby 監督 エミリオ・エステヴェス 脚本 エミリオ・エステヴェス 撮影 マイケル・バレット 音楽 マーク・アイシャム 美術 パティ・ポデスタ ..
Weblog: 楽蜻庵別館
Tracked: 2008-03-04 14:27

独断的映画感想文:BOBBY
Excerpt: 日記:2008年3月某日 映画「BOBBY」を見る. 2006年.監督:エミリオ・エステヴェス. 出演:アンソニー・ホプキンス(ジョン・ケイシー),デミ・ムーア(ヴァージニア・ファロン), シャロン・..
Weblog: なんか飲みたい
Tracked: 2008-03-15 20:03

ボビー
Excerpt: こんなに大物集めちゃって大丈夫なの? ともかく豪華ですねー。 スターが集まると一人一人の見せ場が必要になって 失敗したりするのですが。。。 監督は、あの、エミリオ・エステベス! お手並み拝見..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2008-04-11 23:40

ボビー
Excerpt: 2007年4月上映 監督:エミリオ・エステベス 主演:アンソニー・ホプキンス他大勢w  暗殺事件当日に居合わせた22人の人間模様を描く社会派群像ドラマ・・スゴイ俳優陣に驚きw...
Weblog: oguoguの日々映画見っ放し!
Tracked: 2012-05-02 23:25