2007年02月13日

CODE46 (Code 46)

監督 マイケル・ウィンターボトム 主演 ティム・ロビンス
2003年 イギリス映画 93分 SF 採点★★★★

人間が授かった最も尊い才能は、“忘れる”ってことなんじゃないのかなぁと。忘れることで前へ進め、忘れることで強くもなれるんじゃないのかと。ただ、“何を忘れるか”を自由に選択出来れば尚良いんでしょうけど、まぁ、“忘れたい”思い出には大概“忘れたくない”思い出が絡み付いてるんで、なかなかそう都合良くもいかないんですよねぇ。

cofs3.jpg

【ストーリー】
“パペル”という滞在許可証を持つ者のみが都市間移動を許されている近未来。そのパペルの偽造事件の捜査を依頼されたウィリアムは、上海で容疑者である女性マリアに出会う。特殊なウィルスにより得た能力で犯人が彼女であることを見破ったウィリアムだったが、たちまち二人は恋に落ち、虚偽の報告で彼女を庇うウィリアム。しかし、彼らの間に同一遺伝子間の生殖を禁じる“コード46”が立ちはだかる。

cofs4.jpg

急激に成長し、立ちはだかる壁のように高層ビルが並ぶ上海を未来都市に見立てたSFラブロマンス。
クローン技術の向上により同一の遺伝子を持つ人間が多く存在し、その同一遺伝子間の生殖を禁じるための法律“コード46”が施行されている社会を舞台に、選ばれた者のみが住む事の出来る多数の言語が行き交う都市、ウィルスによって得れる特殊能力などSF的ギミックに溢れた作品ではあるが、SFとして観るとその法律の施行背景や都市生活の描写が中途半端で物足りなさを感じる作品でもある。謳い文句にあるサスペンス映画としても、ダメ調査員の物語にしか観えない可能性も。似たような題材を用いた傑作『ガタカ』を期待すると肩透かしを食らう作品ではあるが、ラブロマンスとして、別離を選んだ女性の物語としては、非常に良く出来た作品である。
出会いの経緯としては“遺伝子レベルの繋がり”と非常に曖昧ではあるが、愛した男性が妻子を持つ身であり、特殊な能力なくしても先に待ち構える運命を見越すことの出来る状況の下、考えれる中で最善で最も悲しい選択をする女性の行動が強く胸を打つ。“ウィルスの影響下による行動”として劇中では描かれているが、愛した男性の幸せを考えた上での自発的行動にも見える、“別れ”という選択。女性の記憶を全て消された男、事実を知りながらも夫を向かいいれる妻、そして運命を受け入れた結果都市を追放され、独り荒野を彷徨う女性の悲しげで真っ直ぐな眼差しと、「あなたに会いたい」で締めるラストショットが、この映画が描きたかった愛の物語をより明確にしている。記憶を消されたとは言え、結局のところ何事もなかったように家庭へと帰る男の姿は、男のズルさと弱さを表してもおり、全ての重荷を女性に背負わせてしまう身勝手な恋愛の側面をも表していると言える。幸せなだけではない恋愛の側面と、ラストショットに導く為にだけ、SFという設定が用いられているにすぎないのでは。

cofs2.jpg

本作でのキャスティングが某大手映画サイトでは評判の悪いサマンサ・モートンであるが、どうしてどうして。ツルンとした赤ん坊のようで中性的な顔立ちは、非常に未来顔で本作にピッタリなんですが。その中性的な顔立ちから連想させる強さが、自分を犠牲にする強さを持ちながらも、心の底でやせ我慢の叫びを上げている脆さを見事に表現している。
その異様にデカイ図体の割に、顔立ちは赤ん坊というアンバランスさが特徴のティム・ロビンス。何を考えているのか全く分からない役柄を得意とする彼だが、本作では“共鳴ウィルス”によって他者に共鳴する能力を持つ役柄のせいか、いつも以上に何を考えているのか分からず。これまた本作にピッタリ。
何十年も同じ歌を歌わされているミック・ジョーンズなどのサプライズゲストも登場するが、やはり本作の顔は急成長を遂げている上海の街並みや、貧しくも人間味溢れる中近東の荒野といったロケーション。コールドプレイやミューズを髣髴させるザ・フリー・アソシエイションによるサウンドトラックにより彩られた風景は、非常に魅力的。ラストに流れるコールドプレイの“ウォーニング・サイン”も絶妙な選曲。

cofs1.jpg
消せるものと消せないものが

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気blogランキングへ

        

        


posted by たお at 16:14 | Comment(2) | TrackBack(17) | 前にも観たアレ■か行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。TBありがとうございます。
いつもTBだけで失礼しててごめんなさい。

最初はSFサスペンスだと思ったのですが、
観てから随分時間が経つのに、今も切なく儚い思いがすぐに甦ります。
「もし自分の行動の結果がわかってしまっていても、同じように行動するだろうか?」
「あなたに逢いたい」
その台詞が今も強くインプットされています。
Posted by 悠雅 at 2007年02月14日 20:58
悠雅さまこんばんは!
観る人の恋愛観や経験で、受ける印象に大きな差が生まれそうな作品ではありましたが、世の中強い人間ばかりではなく、耐えなければならないという恋愛の一面を描いていると感じました。切ない話でしたねぇ。
Posted by たお at 2007年02月16日 02:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画『CODE46』
Excerpt: 原題:Code 46  −近親、禁断の恋− マリア(サマンサ・モートン)はウィリアム(ティム・ロビンス)の母と同じDNAを持つクローン人間だった。が、近未来の上海を舞台に運命に導かれ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2007-02-14 01:51

「CODE46」
Excerpt: ミスティク・リバーとかに出ていたティム・ロビンス主演。 近未来系サスペンスなのかと思ってDVD借りたんだけど・・・ 2003年製作のSF・ドラマってとこでしょうか・・・93分もの。 あらすじ 近未来..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2007-02-14 03:19

CODE46
Excerpt:  背が高いティム・ロビンス。それが最も印象的。他には、偽造したパペルを○○の中に入れ、それをティムに渡したシーン・・・
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2007-02-14 07:14

「CODE46」を観た★★★☆/ChiantiClassico[2001]PogioP...
Excerpt: いやぁ〜、切ないラブストーリーでした。音楽が私好み(U2のヨシュア・トゥリーとか最近のA−haを思い起こすような感じなの♪)だったけど、映画に入り込めなかったのはなぜだろう・・。ストーリー&解説舞台は..
Weblog: kaoritalyたる所以
Tracked: 2007-02-14 08:18

『CODE46』
Excerpt: ■監督 マイケル・ウィンターボトム ■キャスト サマンサ・モートン、ティム・ロビンス ウィンターボトム監督の最新作。 彼にしては初めてのSF作品で、環境破壊の進んだ近未来を舞台にある禁断の恋を描いたラ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2007-02-14 08:59

恋愛経験豊富な人の方が楽しめる、かな?
Excerpt: 「CODE46」 うまくいっているうちはいいけれど、失恋した時にじゃまになるのは「記憶」の存在。「あの時は楽しかった」だの相手の表情だのが常に浮かんできて、早く
Weblog: 人生はお伽話もしくは映画のよう
Tracked: 2007-02-14 09:12

近未来恋物語「CODE46」
Excerpt: 環境破壊の進んだ近未来が舞台の低予算SFラブストーリー。タルコフスキー監督は「惑星ソラリス」で1960年代の東京の首都高を未来の風景として描いたが、この映画の監督ウィンターボトムは現在の上海を未来都市..
Weblog: 俺の明日はどっちだ
Tracked: 2007-02-14 11:44

CODE46
Excerpt: 【コード46】 ★★★ 2006/4/29  DVD ストーリー 環境破壊が進み地球全体が砂漠化した近未来。人々は徹底管理により安全が保たれ
Weblog: りらの感想日記♪
Tracked: 2007-02-14 19:45

CODE46
Excerpt: あなたに逢いたい
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2007-02-14 20:50

CODE 46
Excerpt: 【2004年9月11日劇場公開】 【ジャンル:SF・ドラマ】 【観た場所:レンタル・DVD】 面白かった度:★★★ オススメ度:★★★ もう一度観たい度:★★ そもそもこの作品がお店に並んだ時には、..
Weblog: 琴線〜心のメロディ
Tracked: 2007-02-14 20:59

CODE46
Excerpt: CODE46 スペシャル・エディション 監督:マイケル・ウィンターボトム 出演:ティム・ロビンス/サマンサ・モートン 近未来世界。 クローン技術が人にも適用され、 同じ遺伝子を含..
Weblog: あじさいの散歩
Tracked: 2007-02-14 22:25

CODE46 今年の36本目 3月6日
Excerpt: CODE46   近未来の禁断のラブストーリーなんだケド、ん〜、、何とも言えないわ、、 クライマックスのSEXシーンは、全身がしびれました。 それほど意味のある行為。禁断の行為。至高..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2007-02-14 23:04

CODE46
Excerpt: ぽすれんで借りました。   レンタル保証なんだけど、 あんま知らない作...
Weblog: 映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α
Tracked: 2007-02-15 01:44

映画:CODE46
Excerpt: CODE46@Gyao 「あなたに会いたい」 ・・・うーん、どんなにあの手この手で管理してもヒトの本能や衝動には敵わないってコトなのでしょうか? 仏の顔も3度、ってかんじで2回くらいなら..
Weblog: 駒吉の日記
Tracked: 2007-02-15 16:24

コンドームを忘れないで「CODE46」
Excerpt: [:映画:] 「CODE46 」 いきなりネタバレします。 時はクローン人間当たり前の時代の上海。 「法規46」というクローンの生殖に対する規定があって、4分の1以上、遺伝子が同じなら ..
Weblog: That's the Way Life Goes
Tracked: 2007-02-19 22:22

CODE46
Excerpt: 監督:マイケル・ウィンターボトム 出演:ティム・ロビンス サマンサ・モートン  オム・プリ 2003年 イギリス STORY 近未来の上海では、 パペルと呼ばれる、 選ばれた者のみ持つ..
Weblog: maimai's cinema land
Tracked: 2007-02-20 23:46

「UKロックファン必見映画 3選」
Excerpt: 5月に紹介した「UKロックファン必見映画5選」の続編で、「トム・ヨーク 髪型」なんてキーワードで検索して当サイトに来て下さるUKロック好きの方にもれなくオススメしたい映画を今回は3選、紹介します: ..
Weblog: SKETCHES
Tracked: 2007-07-11 23:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。