2007年02月06日

マスターズ・オブ・ホラー/インプリント 〜ぼっけえ、きょうてえ〜 (Masters Of Horror:Imprint)

監督 三池崇史 主演 工藤夕貴
2005年 アメリカ映画 63分 ホラー 採点★★★

そっかぁ。あそこは地獄に通じる穴だったのかぁ。通りで、深入りするとろくな目に遭わないわけだ。

【ストーリー】
かつて愛した遊女の小桃をアメリカへ連れて帰るため、日本中の遊郭で彼女を探し歩いているアメリカ人ジャーナリストのクリス。辿り着いた川の中の浮き島にある遊郭で小桃が働いていたことを突き止めるが時既に遅し、小桃は死んでいた。彼女の最期を知るという醜い顔をした遊女の口から、おぞましい事実が語られる…。

impr4.jpg

ジョン・カーペンター、トビー・フーパー、ドン・コスカレリら、ホラー映画界を代表しつつも最近映画の仕事のない巨匠らが集まり短編を競い合うという夢のような番組“マスターズ・オブ・ホラー”に、日本人として唯一参加した三池崇史による一本。“恐怖表現”だけに関して言えば、三池以上の監督がゴロゴロといそうなものだが、やはり『オーディション』での激痛表現がまだ脳裏を離れないのか、今回の抜擢に。ただ、三池に言っては一番いけないセリフ、「思う存分やってくれ」を言っちゃったのが運の尽きだったようで。ホントに思う存分やっちゃう人なのに
叶わなかったとは言え、アメリカでの放送が前提で製作された本作。しかしながら、視聴者が何の事前説明もなく放り込まれるのは、日本の土着臭ぷんぷんの世界。“遊郭”“貧困”“近親相姦”“奇形”“堕胎”、これらは全て日本独自のものではないし、世界中どこにでもあることなのだが、この画面上に漂う濃密な空気は、日本でしか生まれ得ないもの。なんというか、画面中に土まんじゅうの奥底から染み出したメタンガスが充満しているかのようだ。もともと色彩感覚に秀でた監督ならではの際立った色合いと、時折見せる絵画的美しさを持つ構図、そして濃厚な湿度が支配する舞台の中で繰り広げられる、歪みきった愛と過剰なまでの暴力の物語である本作は、凄まじくパワフルだ。痛点を狙い撃ちする激痛表現も、その裏に笑いが隠されている分だけ非常に邪悪。

impr2.jpg

しかしながら、どうにも締りが悪い。もちろん、時間の短さからくる食い足りなさもある。だが、確信的にモラルとタブーを踏み躙る“堕胎”表現をこれでもかと見せ、ゴリ押しのストレートで攻めるかのような恐怖表現と痛点表現の連続の後に来るオチの部分、“アレの正体”と言うフォークの落差が弱いのだ。『極道恐怖大劇場 牛頭』を期待するのは酷だが、それまでの展開が見事なだけに、あのカワイイとも怖いともなりきれないアレの中途半端さが残念。出さないなら出さない、出すならストーンと落ちる勢いが欲しかったもので。まるで、人ごみに突っ込むつもりで確信的にブレーキを壊したトラックに乗り込みながら、ギアがローだったかのような半端さ。
しかし、そんな中途半端さは、役者の破壊力が帳消しにする。もちろんそれは、ジャーナリストにも憔悴しきった男にも見えないビリー・ドラゴではない。非常に日本的なむせ返る湿気に覆われながらも全編英語という特異な空間の中で、異様な輝きを見せる工藤夕貴と原作者ながらもゲスト出演を果たした岩井志麻子の存在感。特に、主役であり、そのキャラクターの持つ二面性をきめの細かい演技で魅せる工藤夕貴を凌駕する圧倒的なインパクトを持つ岩井志麻子の存在感は、もう反則である。セリフもなく満面の笑顔で針を歯茎に突き刺す岩井志麻子。あれは絶対に素だ。原作者が一番ぼっけえ、きょうてえだ

impr1.jpg
岩井志麻子に“キリキリキリキリキリ”ってされるのだけはヤダ

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気blogランキングへ

        

        

posted by たお at 21:14 | Comment(4) | TrackBack(22) | 前にも観たアレ■ま行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素敵な作品でしたよねぇ〜(* ̄▽ ̄*)
志麻子があまりにいい顔するんで、痛いシーンで笑っちゃったりして、さらにまたナイスなんですよねぇ(はぁと)
「原作本の前についている『インプリント』は、ああ“インプラント”だったのね」って、誰しも考えてしまいますね〜♪
とは言え、内容は決してギャグではなくて本当に怖い話ですし。
あのクリーチャーは、あまりのしょぼさに、胸キュンしてしまいました、わ・た・し♪
だって、あまりにベビーフェイスなんだもんっ☆

今携帯から書いているんで、後ほどTBしま〜す♪
Posted by とらねこ at 2007年02月07日 11:35
こんばんは。
とても痛い(痛そうな)印象が残る作品でした。
暴力描写に厳しいアメリカでも、ケーブルTVでなら
放送できそうな感じでしたけど、
やっぱり生理的に痛そうだから
ダメなんでしょうね!
Posted by @KOBA at 2007年02月07日 22:47
とらねこ様こんにちは!
微妙なバランスのズレが非常に三池らしくて良かったですねぇ。もうちょっとストーンと落ちれば、もっと良かったんですがね^^;
Posted by たお at 2007年02月08日 10:23
@KOBA様こんにちは!
いやぁ、痛そう痛そう^^;
ただ、アメリカで問題になったのは堕胎の部分のようですねぇ。まぁ、それも仕方がないですが。
Posted by たお at 2007年02月08日 10:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画「マスターズ・オブ・ホラー/インプリント ?ぼっけえ、きょ...
Excerpt: 「着信アリ」の三池崇史監督作品。アメリカのTV局“SHOWTIME”が企画したホラー・プロジェクト<マスター・オブ・ホラー>。トビー・フーパー、ダリオ・アルジェント、ジョン・カーペンターはじめホラー界..
Weblog: しょうちゃんの映画ブログ
Tracked: 2007-02-07 11:22

マスターズ・オブ・ホラー 三池崇史
Excerpt: 製作年度 2005年 製作国 アメリカ 上映時間 63分 監督 三池崇史 製作 井上文雄、ジェニー・ルー・トゥジェンド、ローレン・ワイスマン 脚本 天願大介 音楽 コージ..
Weblog: タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌
Tracked: 2007-02-07 15:47

『インプリント〜ぼっけぇ、きょうてぇ〜』
Excerpt: ----この映画は三池崇史監督のアメリカ・デビュー作だよね。 「うん。でもこれには裏話があってね。 実はアメリカの一般の人は、まだだれも観ていないんだ」 ----えっ?それってどういうこと? 「その前..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2007-02-07 16:52

インプリント 〜ぼっけえ、きょうてえ〜 06年213本目
Excerpt: インプリント 〜ぼっけえ、きょうてえ〜 2005年   三池崇史 監督   岩井志麻子 原作工藤夕貴  ビリー・ドラゴ  美知枝  根岸季衣 マスターズ・オブ・ホラー..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2007-02-07 17:02

ようやく観られた! 映画『インプリント ぼっけえ、きょうてえ』
Excerpt:  ようやく観ることができました映画『インプリント ぼっけえ、きょうてえ』。
Weblog: 海から始まる!?
Tracked: 2007-02-07 20:56

『マスターズ・オブ・ホラー』インプリント ぼっけい、きょうてい
Excerpt:  「マスターズ・オブ・ホラー」7番目の記事は、三池崇史監督の「インプリント ぼっけい、きょうてい」です。  余りの、残酷描写に、結局、本国アメリカで、TV放映できない(ケーブルTVでもネ)エピソードに..
Weblog: @KOBAのムービー!ムービー!
Tracked: 2007-02-07 22:41

インプリント ぼっけえきょうてえ:死んだものより生きているものがひどいことをする T.I.F
Excerpt: 月曜日夜9時半からのレイトショーというのに、やたらと入りがいい。1時間前に整理券もらったのに20番こんなこと初めてだ。三池監督は人気あるね。 夜の闇にまぎれて小船が進んでいく。船には人足のよう..
Weblog: 気ままに映画日記☆
Tracked: 2007-02-08 00:19

こわいじゃろ? 地獄へ堕ちるぞ
Excerpt: 113「インプリント ぼっけえ、きょうてえ」(アメリカ)  時は明治の頃か? アメリカ人の文筆家クリスは放浪の末女を買うために男が集まる川の中の小さな島を訪れる。クリスは一人の女・小桃を探していたの..
Weblog: CINECHANの映画感想
Tracked: 2007-02-08 00:30

35.インプリント/ぼっけえ、きょうてえ(トークショーつき)
Excerpt: ←三池崇史監督と、原作者/岩井志麻子の、サインも見てね♪ 先週、初日公開日の5/27の舞台挨拶に引き続き、6/3は原作者、岩井志麻子のトークショーつき。 私は、日本ホラー大賞、山本周五郎賞を..
Weblog: レザボアCATs
Tracked: 2007-02-08 00:41

※3.『ぼっけえ、きょうてえ』
Excerpt: 作者/岩井志麻子 “己、自ら地獄行きを選んだ、女” 第六回日本ホラー小説大賞と、山本周五郎賞を受賞。その他、『岡山女』が直木賞ノミネート・・・そして今年’06年に、映画『インプリン..
Weblog: レザボアCATs
Tracked: 2007-02-08 00:45

6/11(日) ぼっけえ、きょうてえ
Excerpt: この世の映画は、2つの種類に分けられる。 ひとつは、三池さんの映画。 もうひとつは、三池さん以外の映画。  * * * ……というわけで見てしまいました、現在公開中の 「インプリント〜ぼっけえ、..
Weblog: 「高橋祐太・脚本家ページ(仮)」のつぶや記
Tracked: 2007-02-08 01:29

インプリント/ぼっけえ、きょうてえ
Excerpt: この作品は、岩井志麻子の同名の小説を原作としている。 小説の巻頭に、 「ぼっけえ、きょうてえ」とは、岡山地方の方言で、「とても、怖い」の意 と注釈がある。 わたしは、この小説のことや作者のことは知って..
Weblog: minaの官能世界
Tracked: 2007-02-08 07:41

インプリント〜ぼっけぇきょうてぇ〜
Excerpt: 興味はすごくあったけど、田舎で上映なんて・・・ありえなさそう(笑)先週TUTAYAに行ったときはなかったんだけど、その後、もう一度出かけてみたら・・・あ、あるじゃないですか♪早速借りて鑑賞しました。一..
Weblog: 黒猫のうたた寝
Tracked: 2007-02-10 07:41

インプリント 〜ぼっけえ、きょうてえ〜(2005/アメリカ/三池崇史)
Excerpt: 【シアター・イメージフォーラム@渋谷】 おそらく、日本の明治時代のとある地方。愛する小桃(美知枝)を探し求めて日本を放浪するアメリカ人文筆家クリス(ビリー・ドラゴ)。ある時彼は、川の中の小さな浮..
Weblog: CINEMANIAX!
Tracked: 2007-02-13 20:13

インプリント 〜ぼっけえ、きょうてえ〜
Excerpt: マスターズ・オブ・ホラー 恐-1グランプリ 2005年:アメリカ 原作:岩井志麻子「ぼっけえ、きょうてえ」 監督:三池崇史 出演:ビリー・ドラゴ、工藤夕貴、美知枝、根岸季衣 おそら..
Weblog: mama
Tracked: 2007-02-15 08:16

『インプリント〜ぼっけえ、きょうてえ』('06/米)
Excerpt:  米国ケーブル・テレビが企画した【マスターズ・オブ・ホラー】シリーズの日本代表として招かれたにも関わらずあまりの内容にテレビ放映禁止、日本では映倫審査拒否という曰くつきの作品である。しかし、そんなにエ..
Weblog: 傍流点景
Tracked: 2007-02-15 23:52

『インプリント/ぼっけえ、きょうてえ』
Excerpt:   でーれーきょーてえで。 (←ネイティヴ講師による発音) 「あんたから岡山弁を取ったら、なんも残らんが」と、友人から言わしめた事があるアガサがお届けする、誰の何の役にも立たない岡山弁講座。 ..
Weblog: すきなものだけでいいです
Tracked: 2007-03-29 16:15

ぼっけえ、きょうてえ/岩井志麻子
Excerpt: ぼっけえ、きょうてえ/岩井志麻子 「ぼっけえ、きょうてえ」とは岡山弁で「とても、こわい」という意味だそうです。
Weblog: 仮想本棚&電脳日記
Tracked: 2007-05-02 18:27

ぼっけえ沈没
Excerpt: 「日本以外全部沈没」 「ぼっけぇ,きょうてぇ」 
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2007-05-12 17:54

マスタ−ズ・オブ・ホラー/インプリント〜ぼっけぇ、きょうてぇ〜
Excerpt:                                                                                 ..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2007-08-28 10:37

マスターズ オブ ホラー インプリント~ぼっけぇきょうてぇ~って怖いの?
Excerpt: ホラー映画洋画 ホラー映画初心者のすけきよです。マスターズ・オブ・ホラーでなぜか日本代表になった三池監督の「インプリント~ぼっけぇきょうてぇ~」観ました。 DMMでレンタルする あらすじ..
Weblog: ホラー映画って呪怨が怖いの?
Tracked: 2007-08-29 23:57

『インプリント 〜ぼっけえ、きょうてえ〜』この映画を見て!
Excerpt: 第183回『インプリント 〜ぼっけえ、きょうてえ〜』  今回紹介する作品は日本一忙しい映画監督・三池崇史がアメリカ進出を果たした『インプリント 〜ぼっけえ、きょうてえ〜』です。 本作品は世界のホラー監..
Weblog: オン・ザ・ブリッジ
Tracked: 2007-10-28 20:44
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。