2007年01月17日

ハイテンション (Haute Tension)

監督 アレクサンドル・アジャ 主演 セシル・ドゥ・フランス
2003年 フランス映画 91分 ホラー 採点★★★★

未成年による事件が起こる度に取り沙汰される、ホラー映画とゲームが及ぼす悪影響。その当事者の人格や、そんな人間に育て上げてしまった親の責任、センセーショナルな報道で模倣犯しか生み出すことのないメディアの問題をそっちのけに、「キー!ゲームが悪いんざます!ホラー映画が悪いんざます!私が悪いんじゃないざますー!」と騒ぎ立てる始末。そのゲームを買うお金は、誰が出したんだい?私自身ホラー映画が好きなので、ホラーを擁護したいのはやまやまだが、そりゃぁ一日中10年間もぶっ通しで他者と深い関わり持たずにホラーを観続けてりゃ、誰かを殺したくもなる。まぁ、勉強だって恋愛だって、のめり込み過ぎれば同じような結果を生むんですが。

【ストーリー】
都会の喧騒から離れ試験勉強に没頭する為、親友のアレックスと共に彼女の実家を訪れたマリー。しかし、到着するや否や謎の中年男が現れ、アレックスの家族を惨殺。アレックスも連れ去られてしまう。彼女を救い出すため殺人鬼の後を追うマリーだったが…。

hate3.jpg

大体ネタバレしている方向で。
「一体どんなジョギリが出るのか?」とワクワクするも、“放射能実験で奇形&食人化した殺人鬼”がNGワードに引っかかってしまい、日本公開どころかDVD発売すら危ぶまれているリメイク版『サランドラ』のアレクサンドル・アジャ監督作。放射能で巨大化したトカゲは名産なのに。
全身がこわばってしまうほどの緊迫感を一瞬たりとも緩めず見せ切る力量が、まず見事。非常に効果的な音の使い方や、『サンゲリア』や『ビヨンド』などフルチ一連作でも知られるジャンネット・デ・ロッシの痛点を刺激する凄惨な特殊メイクも、でしゃばり過ぎて作品のバランスを崩すようなこともなく、作品に溶け込んでいる。MUSEの“New Born”の使い方もカッコいいですし。非難の多い“殺人鬼は実は○○○”も、確かに乱暴な大技ではあるし、「最初の生首はいつの被害者だ?」「そもそもあのトラックは、どこから乗ってきたんだ?」と、考えれば考えるほど致命的に辻褄が合わなくなるのも事実。しかしながら、冒頭の夢や、シャワー姿を見つめる表情とその後の自慰行為など随所にオチへ繋がるヒントは散りばめられているし、霧の立ち込めた森自体が幻想をイメージさせている。また、“一途なあまり歪んだ愛情”をスパイスに、“逃げる・追う・殺す”以外をとことん削ぎ落としたソリッドな世界に理屈が入り込む余地はなく、いくら揚げ足を取ろうが画面からみなぎる異常なまでに高い緊張感に身体が反応してしまった時点で、この映画の成功が決定付けられる。照れ隠しのように“笑い”へと逃げることなく、緊迫と恐怖とアンチモラルを追求する姿勢も、高い評価に値する。

hate2.jpg

で、序文の続きなのだが、そもそも“性衝動”と“暴力衝動”は人格形成期において無視することも切り離すことも出来ない要素。襲い来る衝動と向き合い、消化して、取り込んでこそ大人になれると言っても過言ではない。しかし、それらの衝動に対処する手助けともなるものが、次々と封印されている。最もその衝動が激しく、はけ口を必要としている思春期をピンポイントで狙ったR−15のように。それどころか、その衝動自体が悪しきものと考えられる風潮になりつつもある。もうここまで来ると、『キャリー』のお母さんや、子供が自分には理解出来ない力を見せ始めたのでさっさと施設へ送り込む『X−MEN』の親達と変わらないような気も。“無菌室育ちは雑菌に弱い”。社会全体が無菌室へと向かう中で育つ方が、何かと怖い気もするんですが。
確かに映画が与える影響は大きい。充分、引き金になり得る力を持っている。しかし、0からいきなり100にするまでの力はない。『悪魔のいけにえ』を観てチェーンソーを手にする子供は、教育番組の木こりの姿を観てもチェーンソーを手にするだけの臨界点に達している。そこに達するまでに、何度もサインを送っていたのだろうに
なんか、すいませんねぇ。映画のレビューなのに辛気臭い話になっちゃいまして。次はちゃんとレビューを書きます。

hate1.jpg
こう見えても、みすぼらしいオッチャン

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気blogランキングへ

        
posted by たお at 03:11 | Comment(14) | TrackBack(27) | 前にも観たアレ■は行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
Movie Killerとゆー妙チクリンな映画感想ブログをやっているwataruと申します。
アジャ監督の「サランドラ」のリメイク、「THE HILLS HAVE EYES」、輸入版DVDで観たんですが、物凄かったです。物凄かった、としか言えません(笑)。緊張感は「ハイテンション」以上。死ぬかと思いました・・・・
Posted by wataru at 2007年01月17日 23:13
wataru様こんばんは!
いいなぁ。観たいなぁ♪
ジョギリは出てましたか?w
アメリカじゃぁ、既に続編の予告編も公開されているのに・・・。
Posted by たお at 2007年01月18日 00:58
TBありがとうございます

「太陽が眩しいから」が犯罪動機として現実になりつつある現在、何かに責任を押しつけようとしても意味がないのですがどうしても何かの所為にしたい歪んだ良識が実は一番怖い魔女狩りなんですけどね。

映画の感想は本当に致命的に整合性が欠けているのが惜しいくらいのテンポで好きです。
とはいっても監視カメラの映像以降の展開にはずっこけましたが。
Posted by arudenteな米 at 2007年01月19日 00:25
arudenteな米さまこんばんは!
要は、ただの責任転嫁なんですけどねぇ。自分以外が悪ければいいという。
この作品、確かにメチャクチャな構成ですが、あのテンションは見事ですよねぇ。
Posted by たお at 2007年01月19日 01:42
こんにちは。TB&コメントありがとうございます。
『サランドラ』って日本で公開しないのかぁ残念。
で、リメイクではジョギリ出てくるの?w
Posted by もじゃ at 2007年01月21日 16:44
もじゃ様こんばんは!
DVD発売すらあやしい状況のようですが、もし出るんならジョギリキーホルダーとか付けて欲しいですねぇ。たぶんジョギリは出てないでしょうけどw
Posted by たお at 2007年01月23日 23:19
たおさん、はじめまして!

私(大のホラー好きです)も、身近な人から「スプラッター好きなんてどっかおかしいんじゃないか」とネチネチ言われている身でして、たおさんの序文に思いっきり「ウン!ウン!」肯いてしまいました。

ゴア映画には反応していても、実際に起きたバラバラ殺人(最近連続していましたが)のニュースを見てワクワクするハズも無く、むしろ嫌悪感いっぱいで、考えただけで胸がムカムカしてくるのですが・・・。

そういうのをひとくくりにしてタブーを増やしていく事が、本当に子供を守る道だと思っているバカな大人に、いい加減うんざりです。

初コメントなのに、長々とすみません。(汗)

TBさせて頂きますね♪
またお邪魔しまーす!
Posted by アガサ at 2007年01月31日 21:42
すみません・・。
TB重複してしまいました・・。

後から送らせて頂いた方が正解ですので、大変お手数なのですが、前のほうを削除して頂けないでしょうか・・。

本当にすみません・・・(涙)
Posted by アガサ at 2007年01月31日 22:33
アガサ様こんばんは!
ホラーに対する偏狭な認識、映画の楽しみ方の一極化と、なにかとイライラしてたのでつい突っ走った文を書いてしまいましたが、本音なので^^;
映画の与える影響は大きいですし、事実事件も起きてますが、それは臨界点まで放置された人間の所業なんじゃないのかなぁと。また、ホラーには「キーキー」騒ぐ割に、「国家の犬は殺しても構わない」という主張で進行する『マトリックス』(事実、殺人や傷害事件を多発させている)はスルーしちゃう感覚にも疑問を。教育放送の子供番組でマネさせたりしちゃってますし^^;
ただそれでも『マトリックス』に全ての非があるわけでもないんですよねぇ。
そもそも、映画には“観る・観ない”の選択肢があるわけなんですが、TVは垂れ流し。そっちの方が、アレな気もするんですけどねぇ。
Posted by たお at 2007年02月01日 02:17
あ、アガサ様。
TBは消しておいたので大丈夫ですよ〜♪
Posted by たお at 2007年02月01日 02:18
TB失礼します。
(TBとコメが前後してしまってすみません)
TB返しありがとうございました☆

この作品、予想以上の緊張感に鎮痛剤を飲む始末でした。大好きな作品ですが、怖くてもう観れません。

ということでホラー万歳!(笑)
Posted by ももも at 2007年02月02日 12:47
ももも様こんばんは!
ホラーは緊張ですね!
どっかで聞いたことあるセリフに似てなくもないですが、「ホラーは緊張だ!」。
Posted by たお at 2007年02月04日 02:29
たお様!! いつもありがとうございます
悪しきものは全て他人ののせい・・・
そう考えるのが、一番楽なんでしょうね。
私、そーいう考えの大人も子どもも嫌いです。
ハイテンション、かなりドキドキしました。
血みどろでイイですね。
でも私は変質者じゃないですヨン。

Posted by Lance at 2007年05月25日 00:06
Lance様こんばんは〜♪
客商売をしていると、本当にモラルの欠片もない大人たち(子供たちではなく大人たち)の多さにウンザリします。そんなダメ大人をまんま映し出しちゃった子供たちの不始末を、どうにかして他人のせいにしようとする根性もヘドが出るほどイヤ。あら、下品な物言いで^^;
いやぁ、映画はいいですねぇw
Posted by たお at 2007年05月26日 21:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ハイテンション
Excerpt: 3点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) えっと、フランス発のスプラッターホラーです。 ハイテンションですか・・・ 観終わったワタクシのテンションはめっちゃローなんですけど。..
Weblog: ぶっちゃけ…独り言?
Tracked: 2007-01-17 05:58

緊張の夜
Excerpt: 「ナイトウォッチ」 「ハイテンション」
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2007-01-17 12:10

ハイテンション
Excerpt: フランス初のスプラッター!というより・・・
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2007-01-17 21:33

『ハイテンション』
Excerpt: ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----フランスのスプラッター映画って、あまり聞いたことニャいなあ? ..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2007-01-17 21:44

ハイテンション
Excerpt: リュック・ベッソンがまたやった。フランス発のスプラッターホラー『ハイテンション』。タイトルとは裏腹に鑑賞中は終始ローテンションでした。 ネットのニュースで「水野晴郎が開始40分で席を立った」と..
Weblog: 5125年映画の旅
Tracked: 2007-01-17 22:32

ハイテンション(2003/フランス/アレクサンドル・アジャ)
Excerpt: 【新宿トーア】 女子大生のマリー(セシル・ドゥ・フランス)は親友のアレックス(マイウェン)とともに、彼女の実家へと向かう。2人は都会の喧騒を逃れ、静かな田舎で試験勉強に励む予定だった。夜遅く、よ..
Weblog: CINEMANIAX!
Tracked: 2007-01-17 22:41

ハイテンション
Excerpt: HAUTE TENSION un film de ALEXANDRE AJA 「ハイテンション」 監督/アレクサンドル・アジャ 出演/セシル・ドゥ・フランス、マイウェン、フィリップ・ナオン、他..
Weblog: Movie Killer
Tracked: 2007-01-17 22:59

もう誰にも邪魔させない
Excerpt: 175「ハイテンション」(フランス)  女子大生のマリーは親友のアレックスと共に、アレックスの家族が住む田舎へと向かう。静かな場所で勉強するつもりだった二人だったが、到着したその夜、謎の男がやって来..
Weblog: CINECHANの映画感想
Tracked: 2007-01-18 00:32

ハイテンション
Excerpt: 鎌倉レポは時間かかりそうなので、放置状態になっていたコンチクショウのレポを先に。 <公式ページ> 事前にリュック・ベッソンが関わってるとか聞いちまって一抹の不安を感じつつ、宣伝文句の【スプラッター最..
Weblog: TRIVIAL JUNK Blog
Tracked: 2007-01-18 00:54

映画「ハイテンション」
Excerpt: 2006年45本目の劇場鑑賞です。公開翌日劇場で観ました。「フリア」のアレクサンドル・アジャ監督作品。壮絶な残酷描写が話題を集めたフランス産スプラッター・ホラー。女子大生のヒロインが友人の家で惨劇に遭..
Weblog: しょうちゃんの映画ブログ
Tracked: 2007-01-18 11:30

86.ハイテンション
Excerpt: フランスのホラー・スプラッター映画。フランスのこういったジャンルということで、どういった物になるのかと、すごく期待していた。セシル・ド・フランスが主演と言うのも私にはすごく嬉しいことで。・・・英語が半..
Weblog: レザボアCATs
Tracked: 2007-01-18 16:54

ハイ・テンション
Excerpt: フランス産ホラー映画 ハイ・テンション (Haute tension) http://japan.unifrance.org/films/detail_film.asp?CommonUser=&la..
Weblog: arudenteな米
Tracked: 2007-01-19 00:26

ハイテンション
Excerpt: 女子大生のヒロインが友人の家で惨劇に遭遇、殺人鬼によってさらわれた友人を救出するため決死の戦いを挑む様子を描いたフランス産スプラッター・ホラー。 主演は「スパニッシュ・アパートメント」「ぼくセザール..
Weblog: Imagination From The Other Side
Tracked: 2007-01-19 18:25

ハイテンション
Excerpt: さぁ、逃げまどえ。皆殺しの殺人パラダイスへようこそ。「ハイテンション」8月26日公開。「リング」「呪怨」といったジャパン・ホラーの台頭、そして「テキサス・チェーンソー」や「ドーン・オブ・ザ・デッド」な..
Weblog: CINEMA DEPOT's BLOG
Tracked: 2007-01-19 21:39

「ハイテンション」レビュー
Excerpt: 「ハイテンション」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:セシル・ドゥ・フランス、マイウェン、フィリップ・ナオン、他 *監督:アレクサンドル・アジャ 感想・評価・批評 等、レビュ..
Weblog: 映画レビュー トラックバックセンター
Tracked: 2007-01-20 05:42

ハイテンション
Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★☆☆☆  『ハイテンション』観てローテンション・・・  
Weblog: カリスマ映画論
Tracked: 2007-01-21 06:30

『ハイテンション』
Excerpt:  この映画の公開をどれほど強く待ち望んでいた事か!  この映画は2003年にフランスで製作された映画でして、実は日本でも2,3年前からアスミックエースの上映ラインナップに挙がっていました。僕はこの公..
Weblog: 映画大陸
Tracked: 2007-01-21 12:03

【 ハイテンション 】
Excerpt: 殺人鬼に連れ去られてしまった親友を助けるべく、ヒロインが殺人鬼と対決するホラー・サスペンス。 英語の吹き替えなので違和感あり。殺人鬼とヒロインの追っかけこが始まれば気にならないんだけどね。ドキド..
Weblog: もじゃ映画メモメモ
Tracked: 2007-01-21 16:33

ハイテンション
Excerpt:    フランス産のスプラッター作品。  マリー(セシル・ド・フランス)は、親友のアレックスのトウモロコシ畑に囲まれた実家に共に試験勉強をするためにやってくる。  ..
Weblog: とにかく、映画好きなもので。
Tracked: 2007-01-26 00:45

ハイテンション
Excerpt: 【2003 フランス】 『フランス産、スプラッター最終兵器 さてあなたは何分正視できるか?』 フランス産では珍しい殺人鬼系スプラッターホラー。 ということでかなり話題になってい..
Weblog: HORROR MODE
Tracked: 2007-01-26 09:40

ハイテンション
Excerpt: 久々にスプラッター観ました。あ、「SAW3」も、ですね。「ハイテンション」です。 子大生のマリーは、親友アレックスと人
Weblog: ○o。1日いっぽん映画三昧。o ○
Tracked: 2007-01-26 17:41

『ハイテンション』
Excerpt: TSUTAYAが旧作品レンタル半額キャンペーン開始{/hikari_blue/} 早速チェックしに行きましたが、新作で見つけてしまいました!   ハイテンション これ観たかったんですー めちゃめち..
Weblog: となりのケイコさん
Tracked: 2007-01-26 22:07

『ハイテンション』
Excerpt:   ← ある意味ネタバレ  先日、めざましテレビを見ていた時のことです。 エンターテイメントコーナーで、画面に映し出されたテロップに私は釘付けになりました。 「ゴア映画に噂のあの人が..
Weblog: すきなものだけでいいです
Tracked: 2007-01-31 22:27

ハイテンション
Excerpt: とうもろこし畑の中をプジョー206で走る時は変なオジサンに気をつけろー! っていう痛〜いフランス映画の 『ハイテンション』 (ホントは違いますよ・・ (^_^;) )フレンチ版スプラッター・・・ って..
Weblog: - HOW STYLE - プジョーのblog
Tracked: 2007-02-02 15:59

ハイテンション 07073
Excerpt: ハイテンション Haute tension 2003年  仏  アレクサンドル・アジャ 監督セシル・ドゥ・フランス  マイウェン  フィリップ・ナオン  フランク・カル..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2007-04-09 13:47

ハイテンション
Excerpt: 2003年:フランス 監督:アレクサンドル・アジャ 出演:セシル・ドゥ・フランス、フィリップ・ナオン、アンドレイ・フィンティ、オアナ・ペレア、マイウェン 女子大生のマリーとアレックスは試..
Weblog: mama
Tracked: 2007-04-18 13:21

ハイテンション
Excerpt:  2003年 仏 監督 アレクサンドル・アジャ 出演 セシル・ドゥ・フランス/マイウェン/ フィリップ・ナオン/ フランク・カルフン/ アンドレイ・フィンティ/ フランス産のスプラッター..
Weblog: オタク部屋
Tracked: 2007-05-22 23:45
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。