2007年01月13日

2番目のキス (Fever Pitch)

監督 ボビー・ファレリー/ピーター・ファレリー 主演 ドリュー・バリモア
2005年 アメリカ映画 103分 コメディ 採点★★★★

昼間は「釣りだ!野球だ!カブトムシだぁ!」と駆け回り、夜になればロックと格闘技を熱く語る。そして、それ以外の時間は大概映画を観ている私。時間が足りません。「なんで人間は寝なきゃならないんだ?」と、本能にまで文句をつけ始める私のような人間と一緒にいれる人は、逆に尊敬しちゃったりも。大変でしょうに。

fepi4.jpg

【ストーリー】
10月のボストン。キャリアウーマンのリンジーが出会った教師のベンは、優しさとユーモアに溢れた理想的な男性。順調に交際を続けるが、春が来ると事態は一変。ベンは筋金入りのレッドソックスファンであり、生活の全てがレッドソックスを中心に回っていた。始めこそベンに合わせて野球観戦をするリンジーだったが、あくまでレッドソックスが“一番”のベンとすれ違いが生じ始め…。

fepi2.jpg

25年目のキス』といい本作といい、数字と“キス”の組み合わせでタイトルが無尽蔵に湧き出てくるドリュー・バリモア。“沈黙”と“○撃”を組み合わせるセガールのようですねぇ
松坂大輔が移籍したことで俄然日本でも注目を集めた、ボストン・レッドソックスに対するファンの痛々しいまでの愛情と恋愛模様を絡めたラブコメディ。怪我人いじりにその片鱗はうかがえるものの、『メリーに首ったけ』のファレリー兄弟作にしてはだいぶ大人しめの印象ではあるが、“レッドソックスファン”自体がもう既にアレな存在なので、“アレをメインに据えた愛の物語”といういつもの構図と、アメリカ人にとっての野球の位置づけはしっかりと押さえてある。
“笑い”という面では問題がないものの、確かに都合の良過ぎる展開は否めない本作。周囲は善人ばかりで、結局は趣味を捨てずに愛する人を手にいれる展開は、モテない男のファンタジーとも言える。そんな都合のいい女性がいるのならば、七つの海を渡ってでも駆けつけたいものだ。しかし、そんなファンタジーな様相を持ちながらも、登場するキャラクター、野球、そしてそれらを育んだアメリカに対する愛情がたっぷりと注がれた本作には嫌いになる要素が全く見当たらず、乱暴なまでに趣味人で、弱小球団の本拠地を地元に持つ私としては他人事とはとても思えないので、満足度は高い。

fepi3.jpg

スクリーン上と実生活でモテない男の最後の砦として女神の如く君臨するドリュー・バリモア。“ふくよか”とまとめるにはちょっとアレだったチャーリーズ・エンジェル』の頃と比べると、驚くほどスマートになっているが、持ち前の愛くるしさは健在。キャリアウーマン役が似合っているかといえば、それはまた別問題なのだが、趣味に没頭する私のような輩でも“こんな彼女にめぐり合えるかもしれないよ”というファンタジーとしては、ドリューははまり役。
ドリューのテーマ曲ともいえるスパンダー・バレエの“トゥルー”こそは流れないものの、その代わりにヒューマン・リーグの“ファショネイション”が流れる相変らずの80年代趣味。この辺が、ファレリー兄弟作というよりはドリュー映画っぽさを前面に出している要因でも。とは言っても、「いつものドリュー映画だから安心だぁ」と油断していると、メイン州在住のホラーの帝王が突然ボールを投げつけてくるので、ご注意を。

fepi1.jpg
正直、羨ましいかぎりですよ

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気blogランキングへ

        

        


posted by たお at 16:48 | Comment(10) | TrackBack(28) | 前にも観たアレ■な行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リメイク元の『ぼくのプレミアライフ』の原作小説しか読んでなかったんですが、アーセナルがレッドソックスになったのか… ニック・ホーンビィと言えば『アバウト・ア・ボーイ』『ハイ・フィデリティ』もまた男のアレな部分満載でしたが、ドリュー製作だとそこらはマイルドになってるんでしょうなぁ…
Posted by USA-P at 2007年01月13日 20:07
大リーグはさほど興味がなかったのですが、21世紀に入ってから、ホワイトソックスやこのレッドソックスといった数十年も優勝から遠のいていたチームが勝ったんですね〜
「エイトメン・アウト」も面白かった(ほぼドキュメンタリーだけど)。
Posted by kossy at 2007年01月13日 20:25
ドリュー・バリモアの主演モノにヤケクソなまでに「キス」がつくのと、ファレリー兄弟の監督作にも気の毒なほど適当に邦題が付けられるのと両方ですからねw
コメディの宿命とはぃぇ。
TBありがとうございました♪
Posted by motti at 2007年01月14日 12:35
こんばんは〜♪TB有難う御座いました♪
中々楽しめました^^
ワタクシ、在京の某球団の熱狂的なファンだったので凄く感情移入し易かったです(^^ゞ
かつて自分もあーだったんだなぁ〜なんて(^^ゞ
まぁ、趣味かドリューかならワタクシは趣味をw

ではでは〜、これからもよろしくお願いします♪
Posted by Aki. at 2007年01月15日 04:54
USA-P様こんにちは〜♪
男の痛々しさを見ながら自分の思い出したくない過去を思い出しちゃうような作品というよりは、そんな男達にとって理想的な女性が現れる、いつものドリュー映画になってましたよー。
Posted by たお at 2007年01月15日 15:43
kossy様こんにちは!
ちょっと前だと、まるで映画『メジャー・リーグ』に合わせたかのように弱小球団インディアンズが快進撃を見せたこともありましたねぇ。
うわぁ、懐かしいですねぇ『エイトメン・アウト』♪
Posted by たお at 2007年01月15日 15:45
motti様こんにちは!
まぁ、それで客がワンサカと入ってくれるなら映画ファンとしては嬉しい限りなんですが、タイトルのおかしさばかり目に付いて客が入らないってのも多いですからねぇ・・・。
Posted by たお at 2007年01月15日 15:47
Aki.様こんにちは!
私も、趣味かドリューかだったら圧倒的に趣味なんですが、それでもドリューはついてきてくれるってファンタジーを演じ続けてくれるんですよねぇ^^
まぁ、夢のまた夢ですが^^;
Posted by たお at 2007年01月15日 16:01
>「なんで人間は寝なきゃならないんだ?」
以前は時間さえあれば貪る様に寝ていた哀生龍ですが、映画生活に入ってからは、寝る間ですら惜しいと思う日々(苦笑)

>モテない男のファンタジーとも言える
ベンは決してもてない男のはずじゃないのに、熱中し過ぎる物を持っていると恋との両立は難しいのでしょうか・・・
多くの場合、女は男の趣味にやきもちを妬き、男は女の仕事にやきもちを妬くようですね(笑)

>「いつものドリュー映画だから安心だぁ」
完璧に油断してました(^^ゞ
Posted by 哀生龍 at 2007年01月28日 15:58
哀生龍さまこんばんは〜♪
睡魔にさえ襲われなければ、いつまででも起きていたい私ですw
他人事とは到底思えぬ主人公であるが故に、ドリューが実際にいてくれたらなぁと羨ましくも。
>男は女の仕事にやきもちを妬く
基本的にヤキモチやきなので、なんにでも妬きますが^^;
Posted by たお at 2007年01月28日 20:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2番目のキス
Excerpt: 松坂大輔の入団が決まった今日本公開すれば、もっとヒットしたであろう映画。
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2007-01-13 20:21

映画のご紹介(226) 2番目のキス
Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(226) 2番目のキス-ドリュー・バリモアファンのための3つ目の「キス」映画 ..
Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス
Tracked: 2007-01-13 20:34

2番目のキス/ドリュー・バリモア、ジミー・ファロン
Excerpt: 劇場予告編も観たことはなくて全然ノーマークだったんですが、たまたま目にした映画紹介記事にビビビッときちゃったんですよ。というのも物語の内容が私のライフスタイルにあまりにシンクロしちゃってて、これは思い..
Weblog: カノンな日々
Tracked: 2007-01-13 21:52

2番目のキス
Excerpt: Fever Pitch(2005/アメリカ)【DVD】 監督:ピーター・ファレリー/ボビー・ファレリー 出演:ドリュー・バリモア/ジミー・ファロン/ジャック・ケーラー 原作はイギリスの作家ニック..
Weblog: 小部屋日記
Tracked: 2007-01-13 22:26

*2番目のキス*
Excerpt: {{{    ***STORY***        2005年    アメリカ ヒロインのリンジー(ドリュー・バリモア)は、サクセスの階段を駆け上がってきたビジネス・コンサルタント。これまで、自分と..
Weblog: Cartouche
Tracked: 2007-01-13 22:29

「FEVER PITCH」を観た
Excerpt: フォックスのラブコメディ「FEVER PITCH」を観た。主演はドリュー・バリモアとジミー・ファロンで、監督はピーター&ボビーのファレリー兄弟。「メリーに首ったけ」なんかのお下劣路線で名を馳せたファレ..
Weblog: King inK
Tracked: 2007-01-13 23:25

「2番目のキス / FeverPitchi(2006) 」松坂君の行くレッド・ソックスがわかる映画
Excerpt: 監督 : ピーター・ファレリー&ボビー・ファレリー 出演 : ドリュー・バリモア  / ジミー・ファロン  / 原作 : 「 「ぼくのプレミア・ライフ..
Weblog: MoonDreamWorks★Fc2
Tracked: 2007-01-14 00:23

2番目のキス☆独り言
Excerpt: さて、夏休みです。東京に遊びに来て1本目・・・シネアミューズでモーニングショー^^;もう、朝一しか上映してないんですねぇでも、公開中でうれしい『2番目のキス』観てきました。偶然知り合ったキャリアウーマ..
Weblog: 黒猫のうたた寝
Tracked: 2007-01-14 00:29

『2番目のキス』
Excerpt: 『メリーに首ったけ』のファレリー兄弟監督がドリュー・バリモアを主演に迎えたラブコメディ。性格も育ちも趣味も違うカップルが困難(?)を乗り越えながら育んでいく様子をユーモラスに綴る。それぞれ自分の世界を..
Weblog: моя комната ??まやこむなた??
Tracked: 2007-01-14 02:39

2番目のキス
Excerpt: 2番目のキスposted with amazlet on 06.12.1620世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2007/01/26)売り上げランキング: 697Amazon.c..
Weblog: 日々エンタメざんまい!
Tracked: 2007-01-14 06:33

『2番目のキス』
Excerpt: ----この映画、評判高いみたいだね。 「うん。それだけにぼくの期待も大きかったんだけど、 観てみて納得。 “映画はこうあってほしい”というのを地でいった感じ。 だれもがハッピーになれるラブストーリー..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2007-01-14 10:54

2番目のキス/FEVER PITCH
Excerpt: 「メリーに首ったけ!」「愛しのローズマリー」の ファレリー兄弟だから、頭ゆるゆるにして笑うぞー{/onpu/}と思ってたのに ファレリー兄弟作品中、いちばん笑えなかった〜{/ase/} というのも、..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2007-01-14 11:05

2番目のキス
Excerpt: 公開時は松坂の入団なんて念頭になかった。 この時期だったら日本ではちょっとは宣伝の仕方もあったかもw 2番目のキスposted with amazlet on 07.01.0620世紀フォック..
Weblog: ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!
Tracked: 2007-01-14 12:30

2番目のキス(DVD)
Excerpt: 好きなヒトの好きなコト、どこまで好きになれる?
Weblog: ひるめし。
Tracked: 2007-01-14 13:02

(今日の映画)2番目のキス
Excerpt: 2番目のキス (2005) FEVER PITCH
Weblog: Kozmic Blues by TM
Tracked: 2007-01-14 21:42

2番目のキス
Excerpt: 6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 「人の振り見て我が振り直せ」って言葉がありますが、自分で気が付けたワタクシ ってば、結構偉い? 実はワタクシにも超熱烈なTOKY..
Weblog: ぶっちゃけ…独り言?
Tracked: 2007-01-15 04:46

映画:2番目のキス
Excerpt: 2番目のキス@アミューズCQN 「It's Only Game.」 たかが試合、されど試合・・・ そして「私と仕事どっちが大事!?」とか、友達、または親兄弟、趣味(アイドルも?)比べられ..
Weblog: 駒吉の日記
Tracked: 2007-01-15 17:04

2番目のキス
Excerpt: 2005年アメリカ、ファレリー兄弟監督作品。 ドリュー・バリモアが製作に関っているせいか「メリーに首ったけ」みたいな お下品な笑いを避けて、やや上品なラブコメになっている。 スタジアムの熱気が楽しめる..
Weblog: パフィンの生態
Tracked: 2007-01-15 22:47

2番目のキス
Excerpt:    生徒に人気者の数学教師ベン(ジミー・ファロン)と、ビジネス・コンサルタント会社で働くリンジー(ドリュー・バリモア)は、出会う。  リンジーは優しくて面白い彼に好意..
Weblog: とにかく、映画好きなもので。
Tracked: 2007-01-23 06:27

2番目のキス
Excerpt: Fever Pitch The Perfect Catch 頭が良く仕事も順調なキャリアウーマンのリンジー(ドリュー・バリモア)と、子供に大人気の幾何学の教師ベン(ジミー・ファロン)が偶然の出会いを..
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2007-01-28 15:46

「2番目のキス」
Excerpt: ドリュー・バリモア主演作って・・・数字が付いたタイトルが多いね・・・。 原題は「FEVER PITCH」=熱投とでも訳すのかなっ。
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2007-03-15 03:25

2番目のキス
Excerpt: 人はどこまで相手を受け入れられるのか― 製作年度 2005年 製作国・地域 アメリカ 監督 ボビー・ファレリー 、ピーター・ファレリー 原作 ニック・ホーンビィ 音楽 クレイグ・アームスト..
Weblog: to Heart
Tracked: 2007-03-31 01:15

『2番目のキス』
Excerpt: 2番目のキス 監督:ボビー・ファレリー、ピーター・ファレリー CAST:ドリュー・バリモア、ジミー・ファロン 他 STORY:教師のベン(ジミー・ファロン)は、キャリアウーマンのリンジ..
Weblog: Sweet* Days**
Tracked: 2007-05-24 09:43

2番目のキス
Excerpt: ドリュー・バリモアって大好きポッチャリしていてとってもキュートだから・・・これはまだ未見だったのでDVDで鑑賞してみた―【story】ビジネス・コンサルタントとして成功しているリンジー(ドリュー・バリ..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★
Tracked: 2007-05-30 19:16

映画『2番目のキス』
Excerpt: 原題:Fever Pitch 夢中になれるものがある、それはいいことなんだけど、周りが見えなくなっちゃうのはチョットね、でも現実にそんなこと結構あったりするんだな、これが・・・ リ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2007-09-17 01:59

『2番目のキス』を観たぞ〜!
Excerpt: 『2番目のキス』を観ました『メリーに首ったけ』『愛しのローズマリー』のファレリー兄弟監督が新ラブコメの女王、ドリュー・バリモアを主演に迎え贈る、『25年目のキス』、『50回目のファーストキス』に続く、..
Weblog: おきらく楽天 映画生活
Tracked: 2007-10-07 21:53

『2番目のキス』 FeverPitchi
Excerpt: 『2番目のキス』サクセスの階段を駆け上がってきたビジネス・コンサルタントの、リンジー(ドリュー・バリモア)。自分と同じ勝ち組男性としか付き合ったことがなかった彼女だが、ひょんなことで知り合った高校教師..
Weblog: *モナミ*SMAP・映画・本
Tracked: 2008-10-25 10:43

2番目のキス
Excerpt:  『恋人よりも、趣味が優先? それってどう思う?』  コチラの「2番目のキス」は、「ハイ・フィデリティ」や「アバウト・ア・ボーイ」の原作者ニック・ホーンビィの自伝的小説「ぼくのプレミア・ライフ」..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2009-06-11 21:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。