2007年01月09日

ザ・ダーク (The Dark)

監督 ジョン・フォーセット 主演 マリア・ベロ
2005年 ドイツ/イギリス映画 93分 ホラー 採点★★★

ホームレスの殺人鬼を追い詰めてみたら、目からビームを出しやがった『ザ・ダーク』までもがリメイクされたのかと驚いてもみたが、案の定違う映画で。よかった、よかった。

【ストーリー】
娘のサラと共に、別れた夫ジェームズの住むイギリス・ウェールズ地方へとやって来たアデル。再会の喜びも束の間、サラが波にさらわれ行方不明となってしまう。その夜、悲しみに暮れるアデルの下にエブリルと名乗る少女が現れる。しかし、彼女は50年前に死んでいるはずなのだが…。

dark8.jpg

舞台が舞台なだけに、『ウィッカーマン』や“猿の手”をどことなく髣髴させるが、製作にダメな方のポール・アンダーソンが名前を連ねちゃってるせいか、ダメな『サイレントヒル』どまりの作品に。
カルト教集団による過去の忌まわしき事件と、生贄によって亡き者が帰ってくるという設定は面白く、イギリスならではの海岸線の景色も美しい。しかしながら、“親子の絆”“邪教”“死者の復活”など、あれこれと突っ込んだ様々なテーマが全く整理されておらず、肝心の復活したはいいが中身は別物の少女が、結局は邪悪なのか違うのか最後の最後まで不安定なのもいただけない。危うく『3人のゴースト』になってしまいそうなところをギリギリで回避しなければならないほど、ストーリーラインに計画性が見えない
傑作だった狼少女映画『ジンジャー・スナップス』のジョン・フォーセットだけに、怖さと悲しさが同居する作品を期待してしまったのだが、突然大きな音を出して驚かせる以外に恐怖演出はなく、マリア・ベロ扮する主人公のあまりに突飛な行動の数々に、悲しい物語のはずも同情が出来ない始末。ところどころ非常にいい雰囲気を出しているだけに、残念な結果に。

dark9.jpg

ペイバック』『ヒストリー・オブ・バイオレンス』『アサルト13 要塞警察』と、“昔美人の成れの果て”を演じさせたら右に出る者はいない境地まで達してきたマリア・ベロなのだが、本作ではその“成れの果て”度合いが急増。「これに90分付き合わなきゃならないのか…」と初っ端から滅入っていると、大いなる救いの手が現れた。もちろんそれは、ショーン・ビーン
長めの髪にヨレたセーターを着込み、ブラック・ジャックでも住んでいそうな崖っぷちの家から出てきて、振り向きざまに微笑むショーン・ビーンの登場シーンの格好良さは、『リベリオン』のガン=カタに匹敵する格好良さ。もう、悶絶。そこを繰り返し観るためだけでも、お金を払う価値がある。ショーン・ビーンのフィルモグラフィの中でも、トップクラスにカッコいいショーン・ビーンなのではないだろうか?また、「スカーレット・ヨハンソンに似てるね」が最大かつ唯一の賛辞であろうソフィー・スタッキー扮する愛娘がアッチの世界に行ってしまって、母親が半狂乱になって探す『サイレントヒル』な物語なだけあって、今回もショーン、全く役に立たず。それもまた、悶絶。
ショーン・ビーンのカッコよさと、優しい眼差しと、ベソ顔と、役立たずっぷりをお腹一杯堪能できたので、★2つオマケで。

dark4.jpg

dark5.jpg

dark1.jpg
きゃー!もう、ショーンってば!

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気blogランキングへ

        

        


posted by たお at 02:41 | Comment(8) | TrackBack(6) | 前にも観たアレ■た行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ショーン・ビーン観たさに、またリベリオンを観てしまいました(笑)
Posted by りら at 2007年01月09日 20:34
りら様こんばんは〜♪
観てしまいましたか、リベリオンw
まぁ私も、なんかっていうと観ているんですが^^;
でもですね、これのショーン・ビーンは、リベリオンなんか目じゃないカッコよさですよ。と言ってもまぁ、“ショーン・ビーン”というジャンルの中での話しですが。
Posted by たお at 2007年01月10日 02:33
トラさせていただきます

そうですね〜
調理を間違えなければいい素材(ねた)そろえてたのにどこで同間違ったのか?
あと、母親役のキャラがダメですね〜
あのヒステリックじゃ、単に娘を失った哀しさからと感情移入はできましぇん・・・

でもショー・ビーンバンザイ!な作品でしたね(笑)
Posted by じゅりまの at 2007年01月18日 12:17
じゅりまの様、こちらでもこんばんは〜♪
この作品、あれこれ文句もつけたくなりますが、ショーンだけを観ている分には大満足!!!
Posted by たお at 2007年01月19日 01:38
ホラーやサイコ・スリラーは苦手なので、ストーリーの方はじっくり味わう余裕はありませんでした(苦笑)
でも、ショーンのカッコ良さは堪能しましたよ!
ヒステリックなまでに娘を取り戻そうとする元妻と比べると、少々テンションが低めに見えますが、娘に対する愛情が足りない訳じゃないことがちゃんと伝わってくるんですよね♪
Posted by 哀生龍 at 2007年03月01日 06:18
哀生龍さまこんばんは〜♪
ジックリと楽しむほどのストーリーじゃないのが悲しい本作なんですが、カッコよかったでしょー、ショーン^^
ショーンはショーンなりに必死なんですが、それが全く役に立ってないのも悶絶ものなんですよねぇ。しまいには、知らん子に向かって「ウチの娘にする!」とたわけたこと言い出しますし。
Posted by たお at 2007年03月02日 20:04
たおさん、こんばんは〜。
やっと、観ましたよショーン・ビーン(あ、違う?)も〜、あんまりの空回りっぷりにくらくら。そんなショーンに思いっきり悩殺されました(笑) それにしても、なんだか微妙な内容でした〜。サイレント・ヒルもどき……のような。
Posted by りら at 2007年04月11日 20:43
りら様こんにちは〜♪
ダメな『サイレントヒル』って感じな物語ですが、こういうストーリーだからこそショーン・ビーンの役立たずっぷりを心置きなく堪能できるんですよねぇ^^
いやぁもう、カッコよかったなぁ、ショーン。
Posted by たお at 2007年04月12日 13:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『ザ・ダーク』【 THE DARK 】
Excerpt: 注)ネタバレに触れる記載があるかもしれませんので気になる方は読まないでください。 ザ・ダークソニー・ピクチャーズエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 『ザ・ダーク』【 THE DARK 】(2..
Weblog: きょうの子牛
Tracked: 2007-01-18 12:15

ザ・ダーク
Excerpt: 『THE DARK』公開:2005年劇場未公開製作国:ドイツ・イギリス監督:ジョン・フォーセット原作:サイモン・マギン出演:ショーン・ビーン、マリア・ベロ、グウェニス・ペティ、モーリス・ローヴ、リチャ..
Weblog: 映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2007-01-26 13:12

映画「ザ・ダーク」
Excerpt: 「キリング・タウン」「ジンジャー スナップス」ジョン・フォーセット監督作品。家族としての生活を取り戻そうと、アデルは娘・サラを伴い元夫の住むウェールズへ向かうが、到着翌日サラは海にさらわれ姿を消してし..
Weblog: しょうちゃんの映画ブログ
Tracked: 2007-02-08 16:20

ザ・ダーク
Excerpt: The Dark ウェールズの海辺の丘の上にポツンと建つ古い家に、ジェームズ(ショーン・ビーン)は1人で住んでいた。 改装を手伝ってくれるのは、地元のダヴィズ(モーリス・ローヴ)。 予定より1日早く..
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2007-03-01 06:06

ザ・ダーク
Excerpt: 【ザ・ダーク】 ★★★ DVD ストーリー アデル(マリア・ベロ)は娘サラを連れ、別れた夫ジェームズ(ショーン・ビーン)が住む地を訪れる。そ
Weblog: りらの感想日記♪
Tracked: 2007-04-11 20:32

娘のためなら、母は強くなれる!☆『ザ・ダーク / THE DARK』☆
Excerpt: この作品は『サイレント・ヒル』にとってもよく似てる。 どちらもショーン・ビーンが父親役だし、母親が娘を助けようと孤軍奮闘するっていうところも同じ。 そんな母親役を演じたのは『ER』でアンナ・デ..
Weblog: honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜
Tracked: 2008-02-10 20:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。